定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ厳選10アプリを比較──無料期間、楽曲数、音質、楽曲、オフライン再生、PC版など

2019-05-10 12:27
記事タイトルとURLをコピーする

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

日本レコード協会が発表した「2018年音楽配信売上実績」では、ストリーミングの年間売上が初めてダウンロードを上回るなど、音楽ストリーミングサービスのシェアが伸長しています。

なかでも、定額で聴き放題の音楽配信サービス(アプリ)が急増し、スマホユーザーの間で浸透してきています。これらの音楽配信サービスでは、月額料金を支払えば膨大な楽曲をいつでもどこでも好きなだけ楽しむことができます。

本記事では、Apple MusicやSpotifyをはじめ、Amazon Music Unlimited、LINE MUSIC、Google Play Music、YouTube Musicといった現在人気を集めているサブスクリプション型のおすすめ音楽アプリを10個ピックアップし、比較して検討できるよう特徴をまとめてみました。

料金はすべて税込での表記です

音楽配信サービスの現状と選び方【比較表/ランキング】

2015年頃からApple Music、LINE MUSIC、Google Play Musicなど定額制音楽配信サービスの参入が相次ぎ、2016年9月にはスウェーデンの「Spotify」が日本上陸し、2018年には「YouTube Music」もサービスイン。音楽配信サービスの主流がiTunesに代表されるダウンロード型から定額聴き放題へと移ってきており、ユーザーの楽しみ方も徐々に変わりつつあるのを実感します。

定額音楽サービス10選

日常生活の中で音楽をそれなりに聴く人や、好きなアーティストが決まっているのなら、定額制音楽配信サービスを検討したほうが今よりもおトクに、また幅広く音楽を楽しめるケースも多くなってきています。ICT総研の推計によれば、2020年末時点の国内における音楽配信サービス利用者数は2270万人に増加するとも推計されています。

まずは、今回紹介する定額制音楽配信10サービスの概要を一覧表にまとめてみました。いずれも楽曲単位で自由に聴ける方式のオンデマンド型サービスであり、「dヒッツ」や「うたパス」のようなラジオ型サービス(プレイリストやチャンネルのみで聴く方式)は除外しています。

定額制音楽配信10サービスの概要
サービス 運営 月額料金(税込) 楽曲数 音質(ビットレート)
Apple Music Apple 980円 ※1 約5000万曲 最大256kbps
LINE MUSIC LINE MUSIC 960円 ※2 約5000万曲 最大320kbps
Amazon Music Unlimited Amazon 980円 ※3 約6500万曲(Prime Musicは約100万曲) 最大256kbps
AWA AWA 960円 ※4 約5300万曲 最大320kbps
Spotify スポティファイジャパン 980円 ※5 約4000万曲 最大320kbps
RecMusic レコチョク 980円 ※6 約650万曲 最大320kbps
KKBOX KKBOX 980円 約4000万曲 最大320kbps
Rakuten Music 楽天株式会社 980円 /500円※7 約5000万曲 最大320kbps
Google Play Music Google 980円 ※8 約4000万曲 最大320kbps
YouTube Music YouTube 1280円/980円 ※9 非公開 最大256kbps

※1:ファミリープラン(月額1480円)、学生プラン(月額480円)もあり
※2:月20時間までのベーシックプラン(月額500円/Androidのみ)、学割(月額480円/300円)、ファミリープラン(月額1400円、年額14000円)、年額9600円のプランあり
※3:ファミリープラン(月額1480円)、Echoプラン(月額380円)、Amazonプライム会員なら月額780円、さらに追加料金なしで利用可能な「Prime Music」もあり
※4:機能制限付きのFreeプラン、年額9600円でスタンダードプランが使える年間プランあり
※5:広告および機能制限付きの無料プラン、6人までのファミリープラン(月額1480円)、学割プラン(月額480円)、PlayStationMusicプラン(月額980円)あり
※6:1500以上のプログラムが聴き放題で楽しめるライトプラン(月額324円)、機能制限付きの無料プランあり
※7:スタンダードプラン(楽天ペイ:980円、Apple決済:1080円)/ライトプラン(楽天ペイのみ対応:500円)
※8:ファミリープラン(月額1480円)あり
※9:機能制限付きの無料プランあり、ファミリープラン(月額1950円/1480円)、学割プラン(月額480円)あり

上記多数のサービスから、どれを選んだらよいのでしょうか。身も蓋もないようですが、どのサービスも1カ月以上の無料お試し期間が設けられているので、トライアル体験で満足できたかどうかが決め手になります。

その際、特に重視したい点は以下の通りです。

コンテンツ(楽曲・アーティスト)

当然、楽曲数が多ければ多いほど様々な音楽に出会えますが、結局は自分が聴きたい楽曲(ジャンル)の充実度、お目当てのアーティストが配信しているかどうかがポイントになってくるでしょう。

利用料金

通常プランは、どのサービスも月額1000円弱の価格帯に集中しています。1日当たり30円ちょっと、という計算です。試用してみて、料金なりの価値を感じられたかどうか検討しつつ、多少の制限があるライトプランでも問題ないか、学割やファミリープランの有無、好きなアーティストの専用プランがあるかなども要チェック。

音質や機能

音質はほとんどが最大320kbpsと数字上は差がありません。ただ、楽曲や利用プラン、通信環境などによっても変わってくるため注意が必要です。このほかPCからも使えるかどうか、ダウンロード機能(オフライン再生)やレコメンドの使い勝手なども各サービスで異なるので、無料トライアルで相性を確かめておきたいところです。

チェック
音楽配信サービスの人気ランキング(シェア)

定額制音楽配信サービスのシェアに関する大規模調査はまだありませんが、ICT総研が実施したWebアンケート調査(2018年4月)では、対象者4012人のうち22.1%に当たる889人が有料ないし無料の定額制音楽配信サービスを利用しています。

このうち、Prime Music(Amazon)の利用者が最多で318人でした。次いで2位がApple Musicで276人、3位はLINE MUSICで198人、4位にSpotifyの174人となっています。

定額制の音楽配信(聴き放題)サービスおすすめ

さらにAmazon Music Unlimitedが150人、Google Play Musicが140人、AWAが122人、dヒッツが89人、レコチョクBestが83人と続いています。Prime Musicはプライムビデオのサービスも利用できて価格が安いことから人気を集めており、Spotifyは一昨年の利用率2.0%から昨年は3.9%へと倍増し、最も利用者を増やしたサービスとなっています。

Amazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

2017年11月に提供開始された音楽配信サービスです。似たようなサービスとしてAmazonは2015年から「Prime Music(プライムミュージック)」も提供しています。

Prime MusicやMusic Unlimitedをモバイルで楽しむ「Amazon Music」アプリの実力

Prime Musicは約100万曲以上が聴き放題の音楽配信サービスです。プレイリストやラジオなどの機能があり、さらにプライム会員なら追加料金なしで利用できるという、コスパの良さが際立っています。ただ、他の音楽配信サービスに比べると楽曲が少なく、プライム会員に用意された「おまけ」という位置づけで見られることが多かったのも事実です。

Amazon Music Unlimitedは、このPrime Musicの強化版です。有料ですが、新たに登録することで聴き放題で楽しめる楽曲が6500万曲以上へとアップグレードします。

プレイリストやラジオ、おすすめ、オフライン再生、歌詞表示(対象曲のみ)など、Prime Musicで使える機能はすべて使えます。曲を再生すると、「この曲を聞いたお客様はこんな曲も聴いています」や「こんな商品も買っています」とおすすめの楽曲が表示されるのはAmazonらしいところです。Amazonで購入した音楽もマイミュージックで一緒に管理できるようになっています。

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

料金プランは3つ用意されています。通常の個人プラン(月額980円)、6アカウント(本人+家族5人)で使えるファミリープラン(月額1480円)、そしてスマートスピーカーのAmazon Echo(アマゾンエコー)シリーズ端末1台で利用できるEchoプラン(月額380円)です。プライム会員はさらに、個人プランが月額780円(年額7800円)、ファミリープランは年額1万4800円のプランを選択でき、プライム会員やEchoユーザーが試してみたいと思わせる料金設定です。

【Echo Dot/Plus/Sub】Amazon Echoシリーズ新製品3台まとめてレビュー
アマゾン「Echo Show」レビュー、最新の画面付きスマートスピーカーの最適な用途とは?

Amazonが定額制の音楽配信サービスに本格参入する理由は、スマートスピーカーのEchoの利用を促進する狙いがありそうです。

一つ注意したいのは、個人プラン/ファミリープランはスマホやPC、Fireタブレット、Fire TVデバイスなどで利用できますが、EchoプランはEcho端末でのみ利用できるプランということです。他のデバイスで利用する場合は、個人/ファミリープランへ変更する必要があります。

Amazon Music Unlimitedの概要
  • 運営:Amazon
  • 楽曲数:6500万曲以上(Prime Musicは約100万曲)
  • 月額料金:980円/1480円(ファミリープラン)/ 380円(Echoプラン)
  • 無料試用期間:30日間
  • 音質:最大256kbps
  • 歌詞表示:○(一部)
  • オフライン再生:○(無制限)

Spotify(スポティファイ)

Spotify

2008年スウェーデンで開始された音楽配信サービスで、2016年11月には日本でもサービスの提供を開始。2019年1月には全世界で月間アクティブユーザーが2億人を突破しました。

無料プランでは、数曲再生するたびに30秒程度の広告が流れるなど制限があるものの、4000万以上ある楽曲のすべてを「無料」でフル再生できるのは嬉しいポイントです。

また、2018年4月のアップデートにより、再生履歴からパーソナライズされる15種類のプレイリストから自由に楽曲を選んで再生できる「オンデマンドプレイリスト」が利用可能になり、自由度が広がりました。それ以外のプレイリスト等も、従来同様に1時間に6回まで曲をスキップして聴くことができます。

音質は最高音質(320kbps)は選べませんが、ストリーミングなら高音質(160kbps)まで、ダウンロード再生なら標準音質までを設定可能です。

有料のPremiumプランでは、こうした制限がすべて取り払われます。聴ける曲は同じですが、広告が非表示になり、選曲やスキップが自由におこなえるようになります。また、オフライン再生も可能になります。有料プランは月額980円で、初回は30日間無料で利用可能です(60日間無料の場合も)。2018年11月の発表によると、有料会員数はなんと8700万人を突破しています。

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

Spotifyの画面は非常にシンプルながら音楽を探す機能とおすすめ機能が充実しています。「Search」にはヒットチャートやニューリリース、好きな音楽のジャンルなどから様々なプレイリストを探すことができます。気になるアーティストやプレイリストはフォローでき、新曲やトレンドの曲が自動で追加されるため、常に新しい音楽と出会うことができます。

また「Home」画面には、さまざまな再生履歴やお気に入りに追加した曲からおすすめを表示するレコメンド機能があります。ローンチ当初は、少ないと言われていた邦楽のラインアップも徐々に充実してきています。最近ではDREAMS COME TRUEのニューアルバム「THE DREAM QUEST」がSpotifyで独占配信されたことが話題になりました。

音楽配信聴き放題サービス Spotify

Spotifyの魅力は、何と言っても無料で楽曲をフルで聴ける点です。期間が終わると有料プランに自動更新されるといったことはなく気軽に使えるので、まずはインストールしてみましょう。その上で、シャッフル再生中心のまま使い続けられるか、オフライン再生が必要かどうか、広告が挟まるのを耐えられるかなどが、有料プランへアップグレードする際の判断ポイントになりそうです。

学生ユーザーなら、月額480円でフル機能が使える学割プランも用意されています。また2018年2月には、同じ住所の家族最大6人がそれぞれプレミアムアカウントを所有できる「ファミリープラン」(月額1480円)も登場しています。

4000万曲以上が聴き放題、無料でフル再生を楽しめる世界最大手の音楽配信アプリ「Spotify」

Spotifyの概要
  • 運営:スポティファイジャパン株式会社
  • 楽曲数:4000万曲以上
  • 月額料金:980円(Spotify Premium)/480円(学割プラン)/1480円(ファミリープラン)/無料プランあり
  • 無料試用期間:初回3カ月100円(時期等により30日間の無料体験が付く場合も)
  • 音質:最大320kbps
  • 歌詞表示:○(一部)
  • オフライン再生:○(3333曲まで)

Rec Music(レックミュージック:旧レコチョクBest)

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

Rec Music(旧レコチョクBest)は音楽配信大手のレコチョクが提供している音楽配信サービスです。

2013年からサービスを提供してきた老舗で、今年3月に「Rec Music」としてリニューアルを実施。従来の音楽聞き放題サービスに加え、ミュージックビデオを楽しめる機能やアーティストのランキングチャンネルなどが追加されました。そのほか「Myプレイリスト」「Myアーティスト」「お気に入り」などの便利な機能は引き続き利用できます。

プランにおいては、レコチョク時代に用意されていた1人のアーティストの楽曲を割安で聴ける「アーティストプラン」は廃止されましたが、プレイリストを聴き放題できる「レコチョク Best ライトプラン」は「RecMusic ライトプラン(月額300円)」に名前を変えて引き続き利用可能です。

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

リニューアル後も邦楽、特にJ-POPに強いという印象で、DREAMS COME TRUEやTHE BLUE HEARTSなど独占配信のアーティストも目立ちます。国内のレーベルで配信されているほとんどの音源が聴けるという安心感に加え、日本人の好みに合わせたプレイリストが豊富なのが特徴です。

プレイリストは1500種類以上と多く、10代の頃に聴いた名曲など時代を意識させるものが充実しています。一度聞いた曲は自動でキャッシュされるので、オフライン用にいちいちダウンロードしなくて済むのが便利です。

なお、初月無料の特典を受けるには、会員登録の上、公式サイトで支払い方法を登録する必要があります。

Rec Musicの概要
  • 運営:株式会社レコチョク
  • 楽曲数:650万曲
  • 月額料金:980円(聴き放題プラン)/300円(RecMusic ライトプラン)
  • 無料試用期間:最大1カ月
  • 音質:最大320kbps
  • 歌詞表示:○
  • オフライン再生:○(4000曲まで)

LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSIC

LINE MUSICはLINE、ソニー・ミュージックエンタテインメント、エイベックス・デジタルの3社が中心となって立ち上げた、LINE MUSIC株式会社による音楽配信サービスです。楽曲数は5000万曲以上もあり、開始当時は少なかった洋楽のラインナップが増えています。また、2018年5月にはアプリダウンロード数が2600万件を突破しました。

検索機能のほかに「ホーム」や「ランキング」にある様々なプレイリストや、「検索」にある33種類のジャンルから聴きたい曲を探すことができます。オフライン再生や歌詞表示、ミュージックビデオの視聴などの機能も一通りサポートしており、そつなく音楽を楽しめる印象です。

LINE MUSICならではの機能といえるのが、お気に入りの曲をLINEの友だちにシェアできる機能でしょう。シェアされた曲やアルバム、プレイリストは、トーク画面やタイムラインからすぐに聴くことができます。また配信されていないアーティストなどに関しては、楽曲をダウンロード購入(LINE MUSICコインを利用します)してLINE MUSIC内で楽しむこともできます。

また、LINE MUSICから好きな楽曲をLINEのプロフィールやトークルームにBGMとして、さらにLINE無料通話の呼出音・着信音として設定することもできます。2017年3月にはLINE独自の音楽レーベルを立ち上げ、話題となりました。

LINEで好きな音楽(BGM)を無料でプロフィールに設定する方法
LINEで「トークBGM」を設定する方法 便利機能も紹介

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

LINE MUSICを利用するにはチケットを購入します。チケットは、時間無制限で月額960円または年間9600円の「プレミアムプラン」、月20時間まで聴けて月額500円の「ベーシックプラン」の2種類があり、アプリ内での購入では自動更新となっていますが、LINEストアでは自動更新のない都度購入も可能です(ベーシックプランはAndroid端末のみのプランです)。

なお、チケットを購入しなくても30秒の試聴ができるので、聴きたい曲があるか手軽に試せます。また、チケットには学割も用意されています。プレミアムプランとベーシックプランをそれぞれ半額の480円/300円で利用でき、学生ユーザーが多いLINEらしいサービスと言えるでしょう。6人まで使えて月額1400円、年間14000円のファミリープランも新設されました。

このほか、格安SIM/スマホの「LINEモバイル」ではLINE MUSICの通信量がカウントフリーのプランもあり、ヘビーに使いこなしたい人にはオススメです。

LINE MUSICの無料期間と使える機能──料金プラン、有料チケットの買い方、学割(認証)の方法も解説

LINE MUSICの概要
  • 運営:LINE MUSIC株式会社
  • 楽曲数:5000万曲以上
  • 月額料金:960円(プレミアムプラン)/500円(ベーシックプラン)/1400円(ファミリープラン)
  • 無料試用期間:最大3カ月
  • 音質:最大320kbps
  • 歌詞表示:○
  • オフライン再生:○(無制限)

Apple Music(アップルミュージック)

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

当初Apple Musicは“邦楽に弱い”というイメージがありましたが、ソニー・ミュージックエンタテインメントやビクターエンタテインメントといったレーベルが楽曲の提供を開始したことで、ラインアップが拡充されています。これにより邦楽のタイトルについても、他のサービスに見劣りしていません。

Apple Musicの特徴は、iOSに統合されており、標準の「ミュージック」アプリから利用できることです(Androidにも対応しています)。利用を開始すると、iCloudミュージックライブラリが有効になり、iTunesで購入した楽曲やPCから転送した曲と一緒にApple Musicの曲を管理できるようになります。

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

レコメンド機能には、再生した曲やハートを付けた曲を学習しユーザーの趣向に合わせた音楽を表示する「For You」を筆頭に、さまざまなプレイリストやジャンル、ランキングなどから曲を探せる「見つける」があります。音楽のエキスパートが選曲した数々のプレイリストは洗練され、機械的なアルゴリズムでなく人の手による「生きた」キュレーションは他サービスにない大きなアドバンテージ。気分やアクティビティに合った音楽を見つけるのにも便利です。

このほか、24時間リアルタイムでオンエアされているラジオステーション「Beats 1」など、新しい音楽を見つけるための手段がたくさん用意されています。オフライン再生に対応するほか、歌詞の表示機能もサポートされています。

Apple Musicの使い方──料金プランから基本機能、歌詞表示、オフライン再生、ギフトカード、退会方法まで

やはり洋楽を中心としたラインアップの豊富さと、iOSとの親和性の高さがApple Musicの強みです。iOSユーザーなら、iTunesで購入した音楽をまとめて管理できるなど、メリットも少なくありません。また、家族で使えるファミリープランや学生プランの存在も決め手の一つになるでしょう。

Apple Musicの概要
  • 運営:Apple
  • 楽曲数:5000万曲
  • 月額料金:980円(個人プラン)/1480円(ファミリープラン)/480円(学生プラン)
  • 無料試用期間:3カ月(auでは6カ月無料も)
  • 音質:最大256kbps
  • 歌詞表示:○
  • オフライン再生:○(無制限)

AWA(アワ)

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

AWAは、エイベックス・グループとサイバーエージェントが手掛ける音楽配信サービスです。特徴はユーザーが作ったプレイリスト群。こだわりの詰まったプレイリストを検索して再生したり、気に入ったものをお気に入りに登録したりできるほか、自分のプレイリストを公開するなどソーシャル的にも楽しめます。

カラオケ好きに気に入られそうなのが歌詞の表示機能です。すべての曲ではありませんが、アルバムジャケットをタップすると歌詞が表示されます。再生箇所がハイライト表示されるので、歌いながら聴きたいという人にはぴったりでしょう。

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

フル機能が使える「Standardプラン」の月額料金は960円ですが、無料で使える「Freeプラン」もあります。

Freeプランは、最大90秒間のハイライト再生(楽曲の盛り上がる箇所を途切れることなく聴ける機能)を月20時間まで利用できるプランです。オフライン再生ができないことを除けば、Standardプランとほぼ同じ機能が利用できます。広告も表示されず、プレイリストの作成や公開も可能なので、実際に使い勝手を検討するのにちょうどよいでしょう(登録も不要です)。

音楽配信サービス「AWA」、無料で月20時間聴ける新Freeプランの提供スタート 広告表示なし

PC用のクライアントが用意されているのも強みと言えます。スマホ版と同様、美しいユーザーインターフェイスを備えており、クールな世界観の中に直感的に使える操作性を実現しています。

今回紹介している中では、Apple MusicとAWA、KKBOX、Amazon Music Unlimited、でPCクライアントが利用できますが(LINE MUSICやGoogle Play Music、Rec Music、YouTube Musicはブラウザ版)、スマホでもPCでも快適さを求める人に嬉しいポイントです。

AWAの概要
  • 運営:AWA株式会社
  • 楽曲数:5000万曲
  • 月額料金:960円(Standardプラン、年9600円の年間プランあり)/無料(Freeプラン)
  • 無料試用期間:30日間
  • 音質:最大320kbps
  • 歌詞表示:○
  • オフライン再生:○(無制限)

Rakuten Music(楽天ミュージック)

Rakuten Music

楽天が2016年8月に提供を開始した音楽配信サービスで、370万を超えるアーティストの5000万曲以上が聴き放題です。プランは、聴き放題の「スタンダードプラン」と、月間20時間まで再生できる「ライトプラン(楽天ペイ支払限定)」の2つ用意されています。無料プランはありません。

全体的に邦楽が多く、洋楽はやや少ない印象。ちなみにアニメソングや、TVドラマ・映画で使用した楽曲なども揃っています。

Rakuten Musicを利用するには、楽天IDの取得が必須となります。1つアカウントを所有していれば複数台の端末で利用が可能ですが、複数端末での同時再生はできません。なお、Webブラウザには非対応であるため、スマホにインストールしたアプリなどで聴く必要があります。

Rakuten MusicRakuten Music

Rakuten Musicには、アーティストのLIVE音源や、LIVEで演奏する曲の一覧を順番に記した”セットリスト”が配信されているところ。小田和正や松任谷由実、大塚愛、クイーンなどの楽曲を聴くことができました。

Rakuten MusicRakuten Music

またファミリー層の利用を意識しているのか、ポップやロック、クラシックなどのほか、ファミリーやアニメのカテゴリがあります。

たとえば「ファミリー」では、ディズニーやドラえもんの映画サウンドなどが揃ってい、アニメ」では、舞台・映画化された「僕のヒーローアカデミア」の歴代主題歌や、2019年1月以降に放送されたアニメの楽曲の一部を聴くことができます。

Rakuten MusicRakuten Music

機能面では、オフライン再生に対応しており、端末の空き容量に応じて最大2000曲まで設定が可能。好みの曲は、お気に入りに登録したり、プレイリストを作成してシャッフル再生したりできます。歌詞の表示機能も搭載(未対応曲もあり)しています。

Rakuten Musicでは、楽天ペイで決済することで利用料がお得になります。

たとえばスタンダードプランは980円で契約でき、Apple決済よりも100円安くなります。月額500円で20時間まで聴き放題のライトプランに加入できるのも「楽天ペイ決済」限定です。さらに、毎月の支払いで貯まる楽天スーパーポイントを、Rakuten Musicの決済に充当できる点も嬉しいポイントです。

Rakuten Musicの概要
  • 運営:楽天株式会社
  • 楽曲数:5000万曲
  • 月額料金:スタンダードプラン(楽天ペイ:980円、Apple決済:1080円)/ライトプラン(楽天ペイのみ:500円)
  • 無料試用期間:30日間
  • 音質:最大320kbps
  • 歌詞表示:一部あり
  • オフライン再生:○

KKBOX(ケーケーボックス)

KKBox

台湾発の音楽配信サービスで、国内では2013年よりスタートしている老舗ブランドです(前身の「LISOMO unlimited」は2010年に開始)。4000万曲以上という楽曲の多さもさることながら、最大の特徴はなんといってもK-POPやC-POPといったアジア圏の楽曲が多いことです。アジア圏のアーティストに関しては、他のサービスで聴けなくてもKKBOXでなら聴けるというものが少なくありません。

KKBOXでは、友だちやアーティストがオンラインになっていれば、リアルタイムで同じ音楽を聴きながらチャットができる「Listen with」があります。アーティストのオンライン時間はあらかじめ予告され、国外アーティストのライブ中継などを聴くことができます。

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

また地味に便利なのが、一度再生した音楽を自動的にキャッシュする機能です。2回目からはオフラインで再生でき、Wi-Fi環境で再生しておけば、外出中でも320kbpsの音質で楽しめます。キャッシュは4000曲までスマートフォンやタブレットに保存され、古いものから削除される仕組みです。このほか、曲とともに歌詞をハイライト表示する機能や、歌詞から曲を検索する機能まで用意されています。

アジア系の音楽に強いので、好きな人にはたまらないサービスです。KKBOXでしか聴けない楽曲や独自機能が豊富で、横並び傾向の強い音楽配信サービスの中で異彩を放っています。Facebookアカウントまたはメールアドレスで登録すれば1カ月無料で試用できるため、まずは聴きたい曲があるか調べてみるとよいでしょう。

【1カ月無料】会員登録はこちら
KKBOXの概要
  • 運営:KKBOX Japan
  • 楽曲数:4000万曲以上
  • 月額料金:980円
  • 無料試用期間:1カ月
  • 音質:最大320kbps
  • 歌詞表示:○
  • オフライン再生:○(4000曲)

Google Play Music(グーグルプレイミュージック)

Google Play Music

今回紹介している音楽配信サービスの中では、Spotifyの次に後発であるGoogle Play Music。サービスイン当初は3500万曲以上という曲目の圧倒的な多さが話題になりました。

Goole Play Musicは後発のサービスだけに他サービスをよく研究し、なかでもApple Musicを強く意識した機能を提供しています。自分のライブラリから最大5万曲をアップロードして他の端末からストリーミング再生することができる「クラウド」機能や、ユーザーのライブラリにある曲や好きなアーティストを元に選曲する「ラジオ」機能といった具合に、Apple Musicとよく似たサービスが利用できます。

特にクラウド機能は定期購読しなくても利用できるのがポイント。スマホの容量が不足気味の人に重宝します。また、最近は機械学習による楽曲のレコメンド機能を強化し、位置情報や天気、時間などに合わせたプレイリスト表示にも対応し、新しい音楽を発見できるようになっています。

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

料金面では家族6人で使えるファミリープランも用意されており、家族が多いほど割安になります。

そして、嬉しいポイントなのが、Google Play Musicの定期購入をすることで同時にYouTube Music premiumを追加料金無しで利用できること。YouTube Music と Google Play に同じアカウントでログインしていることが条件となるので注意してください。

Google Play Musicの概要
  • 運営:Google
  • 楽曲数:4000万曲以上
  • 月額料金:980円/1480円(家族プラン)
  • 無料試用期間:90日間
  • 音質:最大320kbps
  • 歌詞表示:なし
  • オフライン再生:○(無制限)

YouTube Music(ユーチューブミュージック)

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

2018年11月に提供開始した「YouTube Music」の最大の魅力は、膨大な楽曲数。他の配信サービスと比べても「聴けない曲」が圧倒的に少なく、幅広い歌手の曲を聴くことができます。機能面ではプレイリストや類似アーティスト情報、ヒットチャートなどの基本的な機能を用意。また、うろ覚えでも楽曲を探せるスマート検索機能や、一部の楽曲に限るものの字幕機能(歌詞表示が可能)なども備わっています。

【YouTube Music】楽曲ラインナップがもはや反則? 魅力と惜しい点をレビュー

定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など定額聴き放題の「音楽配信サービス」おすすめ9選を比較──無料期間や楽曲数、音質、料金、シェア、オフライン再生、PC版など

有料版の「YouTube Music Premium(プレミアム)」に加入すれば「広告なし」「オフライン再生」「バックグラウンド再生」といった機能も利用でき、より快適に音楽を楽しめます(※3カ月の無料期間などもあり)。

また、YouTubeで動画や音楽をより楽しむための有料会員サービス「YouTube Premium」も登場(月額1180円)。すでにGoogle Play Musicの有料会員なら、実質プラス月200円で利用できるようになります。

「YouTube Premium(プレミアム)」の機能と料金、無料で登録して解約するまでの方法・注意点まとめ

YouTube Musicの概要
  • 運営:YouTube
  • 楽曲数:非公開
  • 月額料金:個人1280円(iPhone)・980円(Android) /家族プラン:1950円(iPhone)・1480円(Android)/学割プラン480円
  • 無料試用期間:90日間
  • 音質:最大320kbps
  • 歌詞表示:一部あり
  • オフライン再生:○
EDITED BY CK