インスタグラム「ストーリー」の使い方 完全ガイド【2022年最新版】

見方・投稿方法から各種加工、プライバシー設定、FAQまで

新機能が次々に追加され、Instagramの主役になりつつある「ストーリーズ」。フィードとは別枠で短時間の動画や写真を気軽にシェアでき、24時間で自動消滅するのが特徴です。

この記事では、インスタストーリーの見方・投稿方法はもちろん、作成・編集に欠かせない加工テク、保存やシェア、プライバシー設定まで、最新の使い方をすべてまとめました。

インスタグラムでは、ストーリーズ(Stories)は一般に「ストーリー」と呼ばれることが多く、本記事でも「ストーリー」の表記を用いています。

インスタグラムの「ストーリー」とは?

フィード上部のトレイに並んだストーリー投稿

インスタのストーリーとは、通常のフィード投稿(タイムライン)とは別に、より日常的な写真や動画の投稿、ライブ配信がおこなえる機能です。フィードでは逆時系列か独自のおすすめ度によって投稿が流れてきますが、ストーリーは画面上部の別枠(ストーリートレイ)に表示されます。

短めの動画や画像をフルスクリーンでスライドショーのように投稿でき(1ストーリー最大15秒まで、それ以上は自動分割されて表示)、それらを盛れる加工・編集機能が豊富に用意されています。また、投稿後24時間が過ぎると削除されるのも大きな特徴です(自動的に消えずにアーカイブ保存できる設定あり)。

日本では、デイリーアクティブアカウントの約70%がストーリーズを利用しており、1日あたり700万件を超えるストーリーズ投稿がシェアされています。これは映画1万本分の投稿数であり、日本は世界でも有数のストーリー大国なのだといいます。

ストーリーで動画・写真を投稿(作成)する

インスタグラムでストーリーに動画・写真を投稿する基本手順と、まずは挑戦してほしい加工テクニックをいくつかピックアップして紹介します。

基本の投稿方法と、ストーリー加工テク
  • 基本の投稿手順3ステップ
  • 文字入れ(手書き・フォント・カラー変更)
  • メンション(タグ付け)・位置情報・ハッシュタグ
  • 動くGIFスタンプ
  • BGMスタンプでストーリーに曲をつける
  • コラージュ機能(レイアウト)
  • リンクスタンプ
  • おしゃれ・面白い撮影モードやフィルタ
  • ライブ配信

基本の投稿手順3ステップ

ストーリーへ投稿するまでの手順は最短で3ステップ。まずはシンプルに解説します。

  1. ストーリー編集画面へ移動する

    どのパターンでもOK、ストーリー作成画面に遷移できる

    ストーリー作成画面へ遷移するには、

    • フィード画面(タイムライン)上部のストーリートレイで自分のアイコンをタップ
    • フィード画面を左端から右方向へスワイプ
    • フィード画面またはホーム画面右上の[+]ボタンから[ストーリーズ]を選択

    このいずれかを実行します。

  2. 写真・動画を撮影する/端末のアルバムから選ぶ

    写真・動画を撮影する場合

    画面下のメニューが[ストーリーズ]になっているのを確認します。

    ストーリー投稿画面下部の中央にある丸い白ボタンを押すと(すぐ離すと)写真が撮影され、それを長押ししたままにすれば動画の撮影(1ストーリー最大15秒まで、それ以上の動画は自動分割されて表示される)が始まります。途中で指を離すだけで、動画撮影は止まります。

    端末のアルバムから写真・動画を選択する場合

    自分の端末に保存されている写真や動画を選択するには、ストーリーの撮影画面左下の四角いアイコンをタップします。

    端末のアルバムが表示されるので、ストーリーに投稿したい写真や動画を選びましょう。

  3. ストーリーを投稿する

    画面下部の[ストーリーズ]をタップすれば、投稿が完了。フィード画面上部のストーリートレイでは、自分のアイコンにピンクグラデーションの輪っかがつきます。

    手順が大まかにわかったら、次はストーリーの醍醐味である「加工」を楽しみましょう。

加工1:文字入れ(手書き・フォント・カラー変更)

写真や動画を選んだら、文字入れを楽しみましょう。手書き文字・フォント・カラー変更についてを紹介していきます。

手書きで文字やイラストを書いてみよう

画像や動画に自由に落書きしてみましょう。作成画面右上のメニューボタン​から[落書き](または落書きアイコン)をタップすると、ペンが表示されます。

左から「ノーマル」「矢印」「マーカー」「ネオン」と4種類の手書きペンが用意されており、一番右は「消しゴム」になっています。

ペンの太さは、左側にあるバーを上下に動かして調整します。画面下のカラーパレットから、好きな色を選択し、落書きしてみてくだださい。

カラーパレットは、左方向へスワイプすると他のバリエーションも出てきます。

9種類のフォントを使った文字入力

ストーリーに用意されたフォントを使って文字入力する方法です。

編集画面で、画面上部の[Aa]をタップすると、全部で9種類のフォントが選べるようになります。

画面上の左から2番目のボタン(カラーボタン)では、文字色を変更できます。

左から2番目のボタンで追加できる文字エフェクトや、一番左側のボタンをタップで楽しめるアニメーションはフォントごとに異なるので、それぞれ試してみてください。

アニメーションを使う方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

インスタストーリーで動く文字(アニメーション)を使う方法まとめ

スポイトやカラーパレットを使った色変更

落書き(手書き文字)や文字入力をするなら、カラー変更のテクニックも知っておくと便利です。

まずは、画面下に表示されるカラーパレットを左方向へスワイプしてみましょう。隠れていた18色が選べるようになります。パレット上の色を長押しすると、より詳細にカラー選択が可能です。

カラーパレットの一番左にあるスポイトボタンをタップすると、画面中から色を抽出できます。

ストーリーでの落書きや文字入力に慣れてきたら、色を使った加工テクニックを試してみるのもいいでしょう。以下の記事ではおすすめの「背景塗り潰し」について解説しています。ぜひやってみてください。

インスタストーリーの背景色を変更する方法──塗りつぶし、半透明、グラデーション

加工2:メンション(タグ付け)・ハッシュタグ・位置情報

インスタグラムのストーリーでも、通常のフィード投稿と同じように、「@メンション」「位置情報」「#ハッシュタグ」が付けられます。

友達をメンションする(タグ付け)

「@~(ユーザー名)」と入力すると、そのユーザーのプロフィールへのリンクが付けられます。これを「メンション」と呼びます(フィード投稿では「タグ付け」といいます)。

ストーリー画面を上に引き上げて表示されるメニューからメンションボタンを選ぶか、「@」と打った後にメンションしたい相手のユーザー名を入力すると、アカウント候補が出てきます。その中から該当する相手をタップすれば、メンションできます。

反映されたストーリーでメンションのリンクをタップで表示される、相手の名前のポップアップを選択すると、メンションされたユーザーのプロフィール画面に遷移します(詳しくは下記記事も参照)。

インスタストーリーの「メンション」とは? やり方・返し方を解説

ストーリーにハッシュタグ(#)をつける

ストーリーに付けるハッシュタグはフォントやカラー、大きさを変えることが可能です。

文字入力[Aa]から「#」に続く文字を入力すると、画面上におすすめのハッシュタグが表示されるので、そこからタグを選んでもOKです。

ストーリーを投稿後、ハッシュタグ部分をタップすると[ハッシュタグを見る]ボタンが表示されます。ここを選択することで、キーワードに関連する世界中の投稿が集まるページに遷移できます。

ストーリーに位置情報を付ける

画面上部のスタンプボタンから編集メニューを開くか、画面を上方向へスワイプして[場所]をタップします。

Instagramに位置情報の提供を許可している場合、自動で現在地が表示されますが、現在地以外も検索ウィンドウから検索・設定することが可能です。

ストーリーに付けた位置情報タグをタップすると[場所を確認]ボタンが表示されます。ここから、周辺の地図情報や同じ位置情報タグが付いた投稿ページへ遷移可能です。

インスタで位置情報(場所)を追加する方法──おしゃれな位置情報200選も

加工3:動くGIFスタンプ

ストーリーの「GIFスタンプ」では、動くスタンプを使って投稿を加工できます。

ストーリー作成画面で写真・動画を選択し、画面を上にスワイプするか、右上の四角い顔マークからメニューを表示されたら、[GIF]をタップしてください。

「GIPHYを検索」と表示された検索窓で「キラキラ」や「春」などのキーワードを入力すると、関連するGIFスタンプが見つかります。

好きなスタンプをタップし、位置や大きさなどを調整すれば簡単にGIFスタンプ加工の完成です。

GIFスタンプの検索や投稿方法、おすすめの手書き風GIFスタンプなどについては以下の記事で詳しく解説しています。

インスタストーリー「GIF」スタンプの検索・使い方──かわいい・おしゃれなGIFまとめ

加工4:BGMスタンプでストーリーに曲をつける

ストーリーには、好きなアーティストや楽曲をBGMとして設定できます。

ストーリー作成画面で、上に表示された音符マークをタップします。

続いて、画面上部の検索窓でアーティスト名や曲名を入力し、候補として表示されたものの中からBGMに設定したい曲を選択。あとは、サビの部分やイントロ部分など、楽曲のお気に入り箇所を設定するとよいでしょう。設定できるBGMの尺は最大15秒となっています。

インスタストーリーに音楽を設定する方法 曲や歌詞が流せるミュージックスタンプの使い方

加工5:複数の写真(動画)のコラージュ・レイアウト機能

1つのストーリーに2枚以上の複数画像を並べ、雑誌風に投稿する加工も人気です。

ストーリーのコラージュスタンプ機能を利用すれば2枚以上の写真や動画をコラージュできます。

ストーリーメニューを開き、コラージュボタンをタップすると端末のアルバムが展開されるので、そこから写真や動画を選べばOKです。サイズや写真の形、位置の調整も自由にできます(詳しい使い方は下記記事を参照)。

インスタストーリーで写真・動画を複数枚(2枚以上コラージュ)投稿する方法

加工6:リンクを貼る

好きなアイテムの商品ページやレストランの情報サイトなどのリンクをストーリーに貼り付け、共有する方法があります。

あらかじめ、WebサイトのURLをコピーしておき、ストーリー作成画面のメニューから[リンク]を選択します。次の画面で上の段にコピーしたURLを貼り付けてください。

下の段では、自由に文字や絵文字を組み合わせて、リンクスタンプが作れます。例えば「ここをタップ!」や「詳しくはこちら」といった文言を入力すると、リンクスタンプ部分がそのテキストになります。

誰でも可能、インスタストーリーでリンクを貼る・共有する方法

加工7:おしゃれ、面白い撮影モードやフィルタ

Instagramオリジナルの撮影モードやARエフェクトを使って、インスタならではの加工が楽しめます。

ブーメランを使った加工

ストーリーの編集画面で[ブーメラン]を選び撮影すると、上のような早送りと巻き戻しを繰り返す動画になります。

ブーメランの撮影時間は約3秒。短い撮影時間の中で、いかに動きをつけられるかがポイントです。

ARエフェクトでは、撮影する写真や動画にさまざまな演出をつけられます。顔部分にキャラクターが表示されたり、瞬きの動きに合わせてゲームができたりなど、たくさんのエフェクトが用意されているので、お気に入りのものを見つけてみてください。

ストーリーの作成画面を開くと、画面下に表示されているのがARエフェクトボタンです。タップするとエフェクトが画面に反映されるので、シャッターボタンを長押しで動画撮影する、あるいはタップで写真を撮ってみましょう。

端末のアルバム内から選択した写真や動画にも、エフェクトがつけられます。写真・動画を設定した状態で、画面上のキラキラボタンをタップすると、エフェクトボタンが表示されます。

インスタグラム「エフェクト」の使い方──検索・保存方法、人気おしゃれエフェクトまとめ

ライブ配信(インスタライブ)やリール(Reels)投稿も楽しめる

インスタグラムのストーリーには、写真や動画を投稿する以外の楽しみ方も。代表格は、リアルタイムでライブ配信を楽しめる「インスタライブ」と、ショートムービーの作成・編集ができる「リール」の機能です。

リアルタイムで配信ができる「インスタライブ」

インスタライブでは、芸能人や著名人などがストーリー上にリアルタイムで配信する動画を視聴できるため、インスタ上でしか見られない一面や情報を入手できるのも人気の理由です。

ライブ配信中は、配信者へコメントやいいねを送ったり、「質問」機能を使って質問を投げてみたりと、配信者と閲覧者の間でコミュニケーションをとることも可能です。ライブ配信にゲストを招待して、最大4人で中継できるコラボ配信も楽しめます。

インスタライブについては、以下の記事で詳しく解説しています。

インスタライブを視聴・配信する方法 アーカイブやコメントなども徹底解説

最大60秒のショートムービーを撮影・編集できる「リール」

ストーリー作成画面から撮影ができる「リール」では、最大60秒間のショートムービが作成・編集できます。

音源やARカメラエフェクトなど豊富なクリエイティブツールが使えるほか、倍速・スロー再生・タイマー設定などの機能も充実しているため、簡単にオリジナリティのあるムービーが作れるでしょう。

インスタグラムの「リール」とは? 作り方や編集テク、注意点まとめ

ストーリーにコメント(リアクション)やいいねをする

ストーリーへは、リアクションスタンプ・コメントや「いいね!」を送信できます。

ストーリーにリアクション・コメントを送る

ストーリー再生中に、画面下のコメント欄をタップすると、「クイックリアクション」と表示されたスタンプが出現します。

顔マークや炎、クラッカースタンプなどが選べるので、好きなスタンプを送信してみましょう。LINEスタンプのような感覚で、気軽にリアクションができます。

ストーリー再生画面下の「メッセージを送信」部分にコメントを入力し、[送信]をタップすれば、当該ストーリーへのコメントが送れます。

投稿者側のDM画面

送った「いいね」(リアクションスタンプ)やコメントは、相手のDMに届くようになっています。

なお、ストーリーへのリアクションやコメントができないときの原因については以下の記事で解説しています。

ストーリーに「いいね」する

ストーリー再生画面の右下にあるハートマークをタップすると、「いいね」がつけられます。フィード投稿やリールへのいいねと同じ感覚で使え、もう一度タップすれば取り消しも可能です。

投稿者側の画面

いいねがつくと、投稿者側のストーリー再生画面左下からハートがランダムに出現。いいねの通知は、投稿者のアクティビティに届きます。

ストーリーを保存する

自分や他人のストーリーを端末へ保存する方法を紹介します。

リアルタイムで投稿中、自分のストーリーを端末に保存する方法

投稿して24時間以内の自分のストーリーを、端末へ保存するやり方です。

自分のストーリー投稿を開いたら、右下の[…(その他)]をタップし、[保存]を選択します。

iPhone版インスタグラムでは、2枚以上のストーリーで[保存する]をタップすると、[写真(動画)を保存]または[ストーリーズを保存]が表示されます。

  • 写真(動画)を保存:その時に表示されている画像もしくは動画のみを端末に保存
  • ストーリーズを保存:投稿されている画像と動画をまとめて1本のスライドショーとして保存

好みの保存方法を選ぶといいでしょう。

自分が投稿した過去のストーリーを閲覧・保存する方法(アーカイブ)

ストーリーは投稿後24時間が経過すると、ストーリーズトレイから消えてしまいます。この点、自分のストーリーであれば、「ストーリーアーカイブ」を確認することで、過去のストーリーの閲覧・保存が可能です。

プロフィール画面右上のメニューボタン​から[アーカイブ]を選択後、遷移先で「ストーリーズアーカイブ」を表示させます。

ここに、これまで投稿してきた過去のストーリーが一覧表示されます。

保存したいストーリーをタップし、右下のその他​から[写真(動画)を保存]を選択すればOKです。

インスタグラムで過去のストーリーを閲覧する方法

他人のストーリーを端末にダウンロード保存する方法

インスタグラムでは、他ユーザーのストーリー投稿は原則として保存できません。ただし、専用の外部ウェブサービスやサードパーティ製アプリを利用し、ストーリーの写真や動画を保存する方法は存在します。

詳しい手順については、下記の特集を参照してください。

インスタグラムのストーリーを保存する方法まとめ

過去のストーリーを公開できる「ハイライト」

投稿後24時間が経過したストーリーでも、自分のプロフィール上で常時公開しておける機能が「ハイライト」です。

ハイライトは、自分のプロフィール画面の中央部分に表示されます。これまでのストーリーの中から、お気に入りのものや、自分で決めたジャンルのものだけを一つにまとめて、タイトルやカバー写真を自由に編集ができるのも特徴です。

ハイライトの作り方・編集の仕方については以下の記事で詳しく解説しています。

インスタグラム「ハイライト」機能とは? 作成からカバー画像編集、保存まで使い方まとめ

ストーリーの削除と復元(最近削除済み)

ストーリーの投稿は、放っておいても24時間経てば自動的に表示されなくなりますが、間違えて投稿してしまったときなどに手動で削除することも可能です。

削除したいストーリーの再生画面で、右下の[…(その他)]をタップします。続いて[削除]を選択すると、確認のポップアップが表示されるので、再び[削除]をタップすれば完了です。

削除したストーリーは、「最近削除済み」に30日間保管されています。間違えてストーリーを削除してしまったときなどに、復活させられる便利な機能です。

インスタグラムで削除したストーリーや投稿を復元するには?「最近削除済み」の使い方

ストーリーをシェア・リポストする

ストーリーは引用シェア(リポスト)が可能です。自分のストーリーをシェアする場合と、他人のストーリーをシェアする場合に分けて解説します。

自分のストーリーをフィードにシェア(投稿)する

ストーリーをそのまま自分のフィードに投稿として反映させるには、まずストーリー再生中に右下のメニューボタンから[投稿としてシェア]をタップします。

投稿の編集画面へ切り替わるので、フィルタやキャプション、位置情報などのフィード投稿編集をおこない、シェアするだけでOKです。

自分や他人のストーリーをDM経由でシェア

自分や他人のストーリーは、ダイレクトメッセージ(DM)で簡単に共有できます。

自分のストーリーをシェア

自分のストーリーをシェアするには、ストーリー再生中に右下のメニューボタンから[宛先を指定して送信]をタップ。次の画面で、送信先アカウントを選択し、[送信]するだけです。

他人のストーリーをシェア

他人のストーリーを再生した状態で、右下の送信(紙飛行機)ボタンをタップします。送信先リストが表示されるので、選択したアカウントにDM経由でのシェアがおこなえます。

ストーリーの「リポスト」

他人のストーリーにタグ付け(メンション)された場合、その投稿を自分のストーリーでリポスト(シェア)できます。メンションされると、DM経由で通知が届くので[ストーリーズに追加]をタップすればOK。自分のストーリーにリポストができます。

また、インスタ公式の機能ではありませんが、専用アプリなどを利用して他人のストーリーをリポスト(引用シェア)するテクニックもあります。詳しい手順は下記記事で紹介しています。

インスタグラムのストーリーをリポスト(引用して再シェア)する方法まとめ

ストーリーのプライバシー設定

特定の相手にだけストーリーを非公開にする方法や、ストーリーを他人にシェアされるのを防ぐ設定など、押さえておきたいプライバシーに関する機能を解説します。

ストーリーのブロック(非公開)

アカウントをブロックすることなく、自分のストーリーを特定の相手に対してだけ非公開にできる公開範囲設定があります。非公開が相手にバレることはありません。

プロフィール画面のメニューから[設定]をタップし、[プライバシー設定]で[ストーリーズ]を開きます。

続いて「ストーリーを表示したくない人」で該当する相手にチェックを入れ、[完了]をタップ。これで、当該相手に対してストーリーを非公開にできます。

緑の輪っか「親しい友達」で限定公開

ストーリーズトレイで緑の輪っかに囲まれたアカウントを目にしたことはないでしょうか。これは「親しい友達」に限定公開されたストーリーです。

投稿者が指定した「親しい友達リスト」に入っているアカウントにしか表示されない仕組みになっています。

親しい友達リストは、プロフィール画面右上のメニューボタンで[親しい友達]を選択すると作成できます。親しい友達リストの作り方や使い方、注意点については以下の記事で詳しく解説しています。

インスタグラムのストーリーをリポスト(引用して再シェア)する方法まとめ

ストーリーをミュートする(相手のストーリーを非表示にする)

特定の相手のストーリーを、自分のフィード上で非表示にするのがストーリーの「ミュート」です。

ストーリーズトレイに表示された相手のストーリーを長押しし、メニューから[ミュート]を選択します。次の画面で[ストーリーズをミュート]をタップすれば、非表示設定が完了です。

相手のプロフィール画面からもミュート設定はおこなえます。また、ミュートしたことは相手にバレません。

インスタの「ミュート」とは? 設定・解除方法──バレずに投稿を非表示にする

メッセージ(リアクションスタンプ)/シェアの許可設定

投稿者からストーリーに寄せられるメッセージ、あるいはストーリーのシェアを制限する設定も用意されています。メッセージの制限を活用して、誹謗中傷や不快なメッセージを受信しないよう対策をしているアカウントも少なくありません。

メッセージ(リアクションスタンプ)の受信を拒否できる

プロフィール右上のメニューを開き、[設定]から[プライバシー設定]へと進んだら[ストーリーズ]をタップします。

「返信」を[オフ]にすることで、ストーリーへの返信およびリアクションスタンプを拒否できます。

ストーリーがシェアされるのを拒否できる

コメント(返信)・リアクションスタンプの受信設定と同じ画面にある「シェア」の項目では、「メッセージのシェアを許可する」をオフに設定してストーリーがシェアされるのを拒否できます。

拒否設定をおこなうと、第三者側にはコメント欄やシェアボタンが非表示になります。

インスタストーリーに関するよくある疑問と答え

閲覧履歴(足跡)や投稿可能な動画の長さなど、ストーリーに関する気になる疑問についてまとめて答えています。

ストーリーに投稿できる動画の最大の長さは?

ストーリーで投稿可能な動画の長さは1~15秒です。実際には60秒まで可能ですが、15秒ごとにストーリーが複数分割された状態になります。

1分35秒(95秒)の動画を選択すると、60秒以降は自動で切り捨てられた

投稿後、分割された動画は途切れず再生されるようになっているので、実質60秒までの動画であれば投稿できますが、61秒以降は切り捨てられてしまいます。

ストーリーを見ると足跡(閲覧履歴)が残る?

ストーリーが表示されている24時間(その間にハイライトに追加されている場合も含む)は、ストーリーを閲覧すると「閲覧者リスト」の中に自身のユーザーネームが履歴(足跡)として残る仕組みです。

閲覧者リストは投稿主のみが確認できます。以下の記事では、裏ワザ的に足跡を残さずストーリーを閲覧する方法を紹介しています。

削除してしまったストーリーは復活できる?

削除後30日以内であれば可能です。削除してしまったストーリーやフィード投稿などが一時的に保管されている「最近削除済み」から復元できます。

削除したストーリーは「最近削除済み」に保存されています。プロフィール画面右上のメニューボタンから[設定]へと進み、[アカウント]をタップします。

最近削除済みを開くと、削除してから30日以内の投稿が一覧表示されます。画面上部の右側にあるタブで、ストーリーの削除済み投稿が確認可能です。

戻したいストーリーを選んだら、右下の[その他]から[復元する]をタップ。もう一度[復元する]で復活が完了です。

投稿後24時間以内のストーリーを復元させると、ストーリーズトレイへ戻り、24時間以上が経過しているストーリーはストーリーズアーカイブへ保存されます。

なお、ストーリーを削除してから30日が経過すると、当該ストーリーは完全削除されてしまうので注意してください。

ストーリーをスクショすると相手に通知される(バレる)?

ストーリーをスクショ撮影しても、相手には通知されません。

スクショによって相手に通知が届くのは、DMにおける「消える写真・動画のスクショ」および「消えるメッセージモード」中にやりとりしたメッセージです。

ストーリー再生画面をスクショしただけでは何も起こりません。

他人のストーリーを見逃さない方法はある?

ストーリーには、見逃し防止に役立つ通知設定があります。

ストーリーは投稿されてから24時間でフィードのストーリーリングから消えてしまうため、絶対に見逃したくないアカウントがある場合は通知設定をしておくのがおすすめです。

相手のプロフィール画面右上のベルマークをタップし、「ストーリーズ」の部分をオンにすればOKです。ただし、インスタグラム全体のプッシュ通知をオンにしておく必要があります。

ストーリーの通知設定について詳しくは以下の記事で解説しています。

ストーリーに流れてくる広告は削除できないの?

Instagramアプリでは、ストーリーに流れてきた広告を"非表示"にはできても、他の広告数を減らしたり、削除したりできません。完全に広告を非表示にした状態で閲覧したい場合、ウェブ版Instagramを利用してください。

ストーリーで流れてきた広告の右上にあるメニューボタンから[広告を非表示にする]をタップし、非表示にしたい理由を選べば完了です。ただし、非表示にした広告が表示されなくなるだけで、流れてくる広告数に変化はありません

一切広告表示がない状態で閲覧したいなら、ブラウザでアクセスするウェブ版Instagramがおすすめ。ストーリーに広告が流れてこないため、快適にインスタを利用できるでしょう。

PC版インスタグラムでストーリーを閲覧・投稿できる?

閲覧も投稿も可能です。ただし、現時点で投稿として選択できるのは写真だけで、動画のアップロードには非対応です。

PCからストーリー投稿をおこなうには、SafariやChromeなどのWebブラウザでInstagramを開いた後、モバイル版の表示に切り替える操作が必要になります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

検証バージョン
Instagram
iOS
216.0.0.12.135
Instagram
Android
216.1.0.21.137
EDITED BY
BOTAN