【インスタグラム】ブロックより使える? 「コントロール」機能でストーリーの閲覧や投稿のコメントを制限する方法

2019-01-01 10:01
記事タイトルとURLをコピーする

【インスタグラム】ブロックより使える? 「コントロール」機能でストーリーの閲覧や投稿のコメントを制限する方法

Instagramには「ブロック」とは別に、相手からのコメントやストーリーズの閲覧を制限できる「コントロール」機能があります。コントロールでは、相手を”ブロックすることなく”投稿へのコメントだけを拒否する、ストーリーズだけ見られないようにする、といった設定が可能なため、ブロックまでには至らない相手に有効に使えるのではないでしょうか。

本記事では、インスタグラムにおけるコントロールとブロックの違いに触れた上で、コントロール機能の使い方や、実際にどんな現象が起こるのかなどを解説します。

Instagramのコントロール機能がブロックより使えるワケ

Instagramのコントロール機能がブロックより使えるワケ

Instagramでブロックをおこなうと、自分の写真/動画の投稿やストーリーズ、ダイレクトメッセージ、名前検索に至るまで、相手から自分のインスタ情報が何も見えないようにすることが可能ですが、ブロックした事実が相手にバレたくない人も多いでしょう。

ブロックを解除した際には、相手を再度フォローしなければフォロー関係は復活しないため、「ブロックがバレる」リスクが高いのが事実です。

インスタグラムでブロックすると/されるとどうなる? 確認方法や非公開との使い分けなど【iPhone/Android/PC】

しかし、「コントロール機能」を使えば、ストーリーズのブロック、投稿へのコメント非表示をブロックせずに実行できます。Instagramのコントロール機能は「ストーリーズコントロール」と「コメントコントロール」の2種類です。

ストーリーズと、投稿へのコメントに関してのブロック(制限)になるため完全なブロックにはなりませんが、ブロックのようにすぐにバレることなく使えるので、便利な機能といえるでしょう。

コントロール機能はどんな人におすすめ?
  1. 特定の人物に自分のストーリーズを見せたくない
  2. ストーリーズへの返信やシェアの可否を設定したい
  3. 投稿へのコメントによるいじめの被害や、不適切なコメントを避けたい

コントロール設定は相手に通知されない

コントロール機能の利用後に相手(A)に通知がいくことはありません。

ただし、共通の友達(B)を介してコントロールの存在がバレる可能性はあるでしょう。たとえば、Bには表示されているストーリーがAの画面では見られないといった現象から、相手にコントロールやブロックを疑われるかもしれません。

ストーリーズコントロールでできること

「ストーリーズコントロール」では、ストーリーズの公開範囲やメッセージの返信/シェアの可否などの設定ができます。ストーリーズは通常24時間が経つと消えてしまうとはいえ、特定の人物には見ないでほしい、コメントは控えてほしいといった場合に役立つ機能です。

ストーリーズのブロック

特定のフォロワーからストーリーズを見られないようにすることができます。

ストーリーを表示しない人を設定する方法 ストーリーを表示しない人を設定する方法

Instagramアプリを開き、プロフィール画面の右上にあるメニューボタン[]をタップし、設定ボタン[]を開きます。

下にスクロールしていき、[ストーリーズコントロール]から設定していきます。

ストーリーを表示しない人を設定する方法 ストーリーを表示しない人を設定する方法

[ストーリーズを表示しない人]をタップすると、あなたをフォローしている「フォロワー」が表示されます。

ストーリーズを表示したくないフォロワーにチェックを入れたら(複数可)、右上の[完了(またはチェックマーク)]で、ストーリーズの非表示設定ができます。

「親しい友達」機能を使った公開範囲設定

「親しい友達」機能を使って公開範囲を設定することも可能です。「親しい友達」とは、ストーリーズの投稿範囲を絞る機能で、ストーリーを投稿する際にそのリストを選択することで、全公開を防ぐことができます。なお「親しい友達」については、下記記事で詳しく解説しています。

インスタグラム「親しい友達」リストの作り方、ストーリー投稿を限定公開する方法 通知や緑の輪っか等の仕様も全解説

ストーリーを表示しない人を設定する方法 ストーリーを表示しない人を設定する方法

ストーリーズコントロールを開き、[親しい友達]からリストを作っていきます。

まずは「おすすめ」で表示されているアカウントから、親しい友達リストに[追加]していきましょう。

ストーリーを表示しない人を設定する方法 ストーリーを表示しない人を設定する方法

「リスト」には追加したフォロワーが入っています。おすすめで見つからなかったアカウントは、検索ウィンドウで探すことも可能です。

ストーリーを表示しない人を設定する方法

親しい友達リストが完成したら、[完了]をタップします。

ストーリーを表示しない人を設定する方法

ストーリーズを投稿するときに、左下の[親しい友達]と表示された緑色の★マークを選べば、今回設定した親しい友達リストに含まれているメンバーにしかストーリーズは公開されないようになります。

ストーリーズへのメッセージ返信/シェアの可否を設定

ストーリーズコントロールでは、ブロックだけではなく、投稿への返信ができる範囲設定や、シェアの可否を決めることが可能です。

ストーリーズの「メッセージ返信許可」設定

ストーリーズへのメッセージ返信/シェアの可否を設定できる

ストーリーズコントロールの「メッセージ返信を許可」では、投稿したストーリーズに返信できる人を3パターンから選択できます。誰からも返信されたくないならば「オフ」を、フォロワーの中でもフォロー中の人にだけ見せる場合は「フォロー中の人」にします。

ストーリーズへのメッセージ返信/シェアの可否を設定できる ストーリーズへのメッセージ返信/シェアの可否を設定できる

相手の画面から見たストーリーズ。メッセージの返信許可が「オフ」になったことで、メッセージ欄が消えた

返信許可を[オフ]にすると、ストーリーズの下段の「メッセージを送信」と記載された返信欄が、相手の画面からは消えていました。ダイレクト(DM)へのシェアアイコン(紙飛行機マーク)は残っています。

ストーリーズの「シェアを許可」設定

ストーリーズへのメッセージ返信/シェアの可否を設定できる

デフォルトでオンになっている状態。オフにする場合は、スイッチをタップする

「シェアを許可」は、デフォルトでオンになっています。これをオフにしておけば、あなたのストーリーズは誰からもシェアされることはありません。

ストーリーズへのメッセージ返信/シェアの可否を設定できる ストーリーズへのメッセージ返信/シェアの可否を設定できる

メッセージもシェアも両方オフにすると、どちらも画面から消える

メッセージ返信をオフにした状態で、シェアもオフにすると、相手の画面から見たストーリーにはメッセージ欄もシェアアイコン(紙飛行機マーク)もなくなりました。

「ストーリーズを表示しない人」に設定されていたらどうなる?

ストーリーズブロックを適用されてしまった側に起こる変化を解説します。

「ストーリーズを表示しない人」に設定されていたらどうなる? 「ストーリーズを表示しない人」に設定されていたらどうなる?

左:ストーリーズコントロールで制御される前右:された後

ストーリーズコントロールで「ストーリーズを表示しない人」にされていた場合、右上の画像のように、インスタのホーム(フィード)画面上部のストーリーズトレイから相手のストーリー(リング)がなくなります。

または、相手がストーリーの公開範囲を「親しい友達」にしているときも、リストに入っていない場合は同じようにストーリー(リング)がなくなります。

インスタグラム「親しい友達」リストの作り方、ストーリー投稿を限定公開する方法 通知や緑の輪っか等の仕様も全解説

「ストーリーズを表示しない人」に設定されていたらどうなる?

ストーリーが投稿されて24時間以内であれば、相手のプロフィール画面のプロフィールアイコンをタップするとストーリー閲覧できますが、ブロックされると見られなくなります。

コメントコントロールでできること

「コメントコントロール」では、自分の投稿へのコメントを拒否する、コメント内容に表示してほしくないワードをフィルターにかけることが可能です。いじめ対策や、不適切な投稿への対処としても使えるでしょう。

コメントコントロールは、投稿自体を相手から見られないようにする機能ではありません。相手の投稿が自分のフィードに表示されないようにしたい場合は、ミュート機能を利用してください。

インスタグラムで「ミュート」機能が登場、相手にバレずに投稿を非表示にする方法

コメント許可の範囲設定

自分の投稿へコメントできるアカウントを制限する方法です。

コメント許可の範囲を設定する コメント許可の範囲を設定する

プロフィール画面の右上にあるメニューボタン[]から設定ボタン[]をタップ。スクロールしていくと、「プライバシー設定とセキュリティ」の項目に[コメントコントロール]があります。

インスタグラム:コメントコントロール インスタグラム:コメントコントロール

コメントコントロールを開いたら、一番上の「コメント許可の対象」からコメントの許可範囲設定をしていきます。選択肢は4つ設けられています。それぞれチェックをいれるだけで設定は完了します。

特定アカウントからのコメントをブロック

特定のアカウントから、投稿へのコメントをブロックすることができます。ブロックされた本人以外にコメントは表示されません。

インスタグラム:コメントコントロール インスタグラム:コメントコントロール

プロフィール画面でメニューボタン[]→設定ボタン[]→[コメントコントロール]へ進みます。「コメントをブロックする相手」から特定アカウントからのコメントブロックが可能です。検索ウィンドウでアカウントを探して[ブロックする]をタップしてください。

特定のアカウントからのコメントをブロックする インスタグラム:コメントコントロール

ブロックすると、[ブロックを解除]にボタンが切り替わります。コメントコントロール画面の「コメントをブロックする相手」には、ブロックしている人数が表示されます。

コメントフィルター(不適切なコメントの制限)

自分の投稿に、暴力的な表現や性的な発言などを含む言葉がコメントされないように対策ができます。

フィルター設定で自動非表示にする

インスタグラム:コメントコントロール

コメントコントロール内の「不適切なコメントを非表示にする」をオンにすると、Instagram側が判断するすべての不適切な言葉、絵文字、数字や表現を含むコメントが自動で非表示にされるようになります。

自分でコメントフィルターを作ることも可能

インスタグラム:コメントコントロール

フィルターにかける言葉やフレーズ、数字などを自分で設定することもできます。コメントコントロール内の[手動フィルター]をオンにすると、入力ができます。

コメントにフィルターをかける(不適切なコメントの制限) コメントにフィルターをかける(不適切なコメントの制限)

左:フィルターキーワードを含む、馬鹿やばかなどをコメントした。右:フィルター設定していたのは「バカ」と「馬鹿」だったので、平仮名の「ばか」は反映されてしまった

実際に設定をした言葉を相手の投稿にコメントしてみると、「バカ」「馬鹿」は排除されていました。フィルター設定していなかった、仮名の「ばか」はコメントされてしまったので、フィルター設定は細かく行うほうがいいでしょう。言葉と言葉の間は濁点(、)ではなく、カンマ(,)で区切ってください。

インスタグラム:コメントコントロール コメントにフィルターをかける(不適切なコメントの制限)

左:通報頻度の高いコメントを非表示にする設定右:通報は自分の投稿のコメントを左スワイプ→[!]マークからおこなう(Android版はコメントを長押し)

「手動フィルター」の下にある「報告が徳に多い言葉をフィルター」をオンにしておくと、投稿でよく通報するコメントは自動で非表示になります。

コメントブロックされた側からはどう見えている?

コメントブロックされた側からはどう見えている?

上の画像は、「botan.botan.botam」がコメントブロックされている状態です。

コメントブロックされた側からはどう見えている?

ブロックされた側から見ると、コメントは反映されており、普段となにも変化はありませんでした。

コメントブロックされた側からはどう見えている? コメントブロックされた側からはどう見えている?

コメントが1件来ているのでタップして開いたが、コメントブロックした相手からの場合は反映されない

ブロックした側の投稿には、「コメント1件」とでているものの、実際にコメントを見ようとしても反映はなく、コメントブロックがきちんと機能しているのがわかります。

また、他のアカウントがこの投稿を見ようとしても、コメントブロックは効力を持っているため表示されることはありません。

検証したInstagramのバージョン:iOS版75.0.0.23.99、Android版74.0.0.21.99

EDITED BY BOTAN