【インスタグラム】投稿・ストーリーに位置情報をつける方法 位置情報が出ない場合の対処法も

【インスタグラム 】投稿・ストーリーに位置情報をつける方法 出ない場合の対処法まで

インスタグラムでは、フィード投稿やストーリーズに位置情報を追加できます。店名や地名などの名称はもちろん、地図や住所、電話番号などまで自動で反映されるため、お気に入りの飲食店や風景などを紹介するのに便利な機能です。

本記事では、インスタの投稿・ストーリーに位置情報をつける方法と、該当の位置情報が見つからない場合の対処法を解説します。

インスタの投稿やストーリーに位置情報を追加する方法

Instagramでは、フィードやストーリーに投稿する写真や動画に位置情報を追加できます。

インスタのフィード投稿やストーリーに位置情報をつける方法

「新宿」といった単純な地名から、「スカイツリー」「スターバックス渋谷マークシティ店」などの具体的な観光名所・店名まで検索できるので、お出かけ先や気に入った飲食店の位置情報を投稿につけておけばスポット名が一目瞭然です。

また、海外のスポット名や有名なホテル、レストランなどの名前がつくことで、投稿がよりオシャレに見える効果もあります。

インスタのフィード投稿やストーリーに位置情報をつける方法 インスタのフィード投稿やストーリーに位置情報をつける方法

投稿の位置情報をタップすると、その場所の詳しい情報が得られます。地図やウェブサイト、電話番号のほか、同じ位置情報がついた投稿を一覧で見られます。

フィード投稿に位置情報をつける

フィード投稿の写真・動画に位置情報を追加する方法を解説します。

フィード投稿に位置情報をつける フィード投稿に位置情報をつける

投稿を作るときに、キャプションの下にある[位置情報を追加]をタップします。位置情報の利用を許可していない場合は[許可]を選んでください。

次に、店名や地名などを入力すると位置情報の候補が表示されるので、正しいものをタップするだけです。

投稿後も後から編集で位置情報を追加できる

フィード投稿に位置情報をつける フィード投稿に位置情報をつける

すでにシェア済みの投稿に位置情報を追加するには、投稿右上にあるメニューボタン[]から[編集]を選び、[位置情報を追加]をタップしてください。

フィード投稿に位置情報をつける

フィード投稿の位置情報は、ユーザーネームのすぐ下に反映されます。

ストーリーに位置情報をつける

ストーリーに位置情報を追加することも可能です。

ストーリーに位置情報をつける ストーリーに位置情報をつける

ストーリー編集画面で、画面を下から上にスワイプし(画面上部のニコちゃんマークでもOK)、[位置情報]をタップします。検索欄に店名やスポット名を入力し、位置情報一覧から該当する場所を選びます。

ストーリーに位置情報をつける ストーリーに位置情報をつける

位置情報スタンプが表示されたら、タップで文字色を変えたり、指をでつまんで大小を調整したり、位置を移動させたりするとよいでしょう。

ストーリーに位置情報をつける ストーリーに位置情報をつける

投稿後のストーリー

投稿後にスタンプに触れると、[場所を確認]と表示されるようになります。タップすれば、同じ位置情報をつけた投稿や地図などの詳細が表示されます。

インスタで位置情報が出ないときの原因と対処法

フィード投稿やストーリーで位置情報を検索しても、スポット名が候補に表示されない場合、以下のような原因が考えられます。

そもそも位置情報(スポット名)の入力が間違っている

そもそも位置情報名が間違っている(入力ミス) そもそも位置情報名が間違っている(入力ミス)

間違った名称を入力すると「該当するものがありません」と表示される

かなや漢字などの表記、名称が一致しないと、位置情報の候補にあがらない場合があります。一般的な名称を調べた上でもう一度試してみてください。

端末やアプリの位置情報サービスがオフになっている

端末・アプリ両方の位置情報サービスがオフになっている

スマホ端末とインスタアプリの位置情報サービス機能がオフになっていると、「位置情報サービスをオンにしてください」と表示されてしまいます。

まずは端末の位置情報をオンにする まずは端末の位置情報をオンにする

iPhoneの画面

「位置情報サービスをオンにしてください」と表示された画面で[設定を開く]をタップすると、自動的に端末の設定画面へ遷移します。[位置情報]→「このAppの使用中のみ許可」にチェックをいれてください。

まずは端末の位置情報をオンにする まずは端末の位置情報をオンにする

Androidの画面

Android端末では、位置情報オンの許可が求められるので、[OK]→[許可]と進めば完了です。

注目
「位置情報」がタップできないときはどうする?

まずは端末の位置情報をオンにする

iPhoneでは、Instagramで表示された指示どおりに[設定を開く]をタップして操作を進めていたにもかかわらず、[位置情報]ボタンが選択できないことがあります。端末の設定で、すべてのアプリに対して位置情報サービスの利用を許可しない状態になっているためです。

「位置情報」がタップできないときはどうする? 「位置情報」がタップできないときはどうする? 「位置情報」がタップできないときはどうする?

端末の「設定」アプリで[プライバシー]→[位置情報サービス]と進み、「位置情報サービス」をオンにすればOKです。そのまま下へスクロールして[Instagram]を選択し、「このAppの使用中のみ許可」をチェックしておきましょう。

スマホ端末とアプリのバージョンが最新にアップデートされていない

スマホのOSやInstagramアプリが古いバージョンだと、位置情報サービスがうまく機能しないケースもあります。

1. 端末のOSバージョンを確認

まずはスマホ端末のiOS(Android)の更新状況を確認 まずはスマホ端末のiOS(Android)の更新状況を確認

iPhoneの画面

iPhoneでは「設定」アプリから[一般]→[ソフトウェア・アップデート]へと進み、[ダウンロードとインストール]からiOSをアップデートします。パスワードが求められたら入力して進みましょう。

まずはスマホ端末のiOS(Android)の更新状況を確認 まずはスマホ端末のiOS(Android)の更新状況を確認

Androidの画面

Androidスマホなら、端末の「設定」アプリから[システム]→[システムアップデート]へと進み、[ダウンロード]を選択すると、アップデートが開始されます(機種により項目の名称は異なります)。

Instagramアプリのバージョンを確認

インスタグラムのバージョンも最新かどうかチェックします。

インスタアプリのバージョンがアップデートされているか確認

iPhoneでは「App Store」アプリで[アップデート]タブ画面を表示し、「Instagram」が更新リストにないか確認します。アプリの右側が[アップデート]と表示されていれば、タップして最新バージョンにしましょう。

インスタアプリのバージョンがアップデートされているか確認 インスタアプリのバージョンがアップデートされているか確認 インスタアプリのバージョンがアップデートされているか確認

Androidスマホでは「Playストア」アプリを起動。画面上部の検索欄にあるメニューボタン[]→[マイアプリ&ゲーム]と進みます。「アップデート」の項目に「Instagram」がある場合は最新版へ更新しましょう。

Wi-Fiなど通信状態が悪い

Wi-Fiの接続など通信状態がよくないときには、それが原因で位置情報がうまく表示できていない可能性があります。機内モードなどを活用して、通信のリフレッシュを試してみましょう。

地図上に位置情報が存在しない

インスタグラムの地図は親会社であるFacebookが管理するもので、Googleマップ、Yahooマップなどの地図アプリとは仕様が異なります。そのため、インスタのマップには該当スポットが存在しないケースもあります。

インスタに追加する位置情報は自分で作れる?

以前はインスタの親会社であるFacebookで位置情報を自分で作成すれば、インスタへ新規登録場所として反映できましたが、現在はその方法は無効です。

店名やスポット名が見つからなければ、エリア名を登録するなど、すでに登録されている情報を使うしかありません。

検証したInstagramのバージョン:iOS版108.0.0.9.119、Android版108.0.0.23.119

EDITED BY BOTAN