インスタグラムの「タグ付け」とは──やり方や通知の仕組み、削除方法などを解説

インスタグラムの「タグ付け」とは──やり方や通知の仕組み、削除方法などを解説

Instagramで写真や動画をアップロードする際、写っている人を「タグ付け」することができます。その人物が誰であるかを端的に紹介できるうえに、その人のフォロワー獲得にも貢献できる便利な機能です。

ただ、それだけに写真うつりが悪かったり、意図しない写真にタグ付けされたりしたら困るもの。そこで本記事では、インスタグラムで「タグ付け」する手順や通知の仕組みはもちろん、タグの削除や非表示にする方法まで解説します。

インスタの「タグ付け」とは? されたらどうなる?

インスタ タグ付け

インスタグラムにおける「タグ付け」とは、フィードで投稿した写真や動画に関連するアカウントを紐付けられる機能です。タグをタップすると、タグ付けされたユーザーのプロフィール画面に移動するので、その人物が誰であるかを自身のフォロワーに紹介できます。

タグ付けされるとアクティビティに通知が届く

タグ付けされたユーザーのもとには、必ず「○○さんが投稿にあなたをタグ付けしました」と通知が届きます。

インスタ タグ付けインスタ タグ付け

画面下部のハート型アイコン(アクティビティ)に通知が入るほか、オンにしている場合はバナー通知やプッシュ通知も届きます。

これは、投稿と同時に自動的に届くものなので、回避はできません。タグ付けすると、その相手には確実にバレてしまうことになります。

プロフィール上の「タグ付けされたコンテンツ」に表示される

タグ付けされた投稿は、自身のプロフィール上に「タグ付けされたコンテンツ」としてまとめて表示されます。

インスタ タグ付けインスタ タグ付け

プロフィールタブを開いて、「吹き出し+人型アイコン」をタップすると、他ユーザーからタグ付けされた投稿をまとめて確認できるようになっています。

タグ付けされたコンテンツの一覧は、プロフィール画面を訪れた人なら誰でも閲覧可能です。見られたくない投稿は、非表示にしておきましょう。

インスタ タグ付けインスタ タグ付け

方法は簡単。「タグ付けされたコンテンツ」の一覧を開き、任意の投稿で自身のアカウント名が記載されたタグをタップ。展開したメニューで[プロフィールに表示しない]を選択すればOKです。

これで、「タグ付けされたコンテンツ」の一覧にその投稿が表示されなくなります。プロフィールから非表示にしたことを相手に気づかれる可能性は低いはずです。

とはいえ、あくまで自分のプロフィール上からタグ付けされた写真を非表示にできるだけなので、相手の投稿にはタグが残り続けます。

インスタグラム投稿で「タグ付け」する方法

ここからは、実際にフィード投稿で誰かをタグ付けする方法を2つ紹介します。

フィードへの新規投稿時にタグ付けする

インスタ タグ付けインスタ タグ付け

新規投稿画面で[タグ付け]を選択して、タグ付けしたいアカウント(人物)のユーザーネームを入力、該当するユーザーを選んでください。

1回の投稿につき最大30人をタグ付けできます。なお、人物以外に対してもタグ付けは可能で、画像内のどこにでも付けられます。

インスタ タグ付けインスタ タグ付け

ドラッグしてタグの位置を調節したら、[完了]ボタンをタップ。最後に、任意でキャプションや撮影場所などを入力したら[シェア]ボタンを押せば、フィード投稿へのタグ付けは完了です。

過去のフィード投稿を編集してタグ付けする

過去にフィードへ投稿した画像に、後からタグを付けることもできます。

インスタ 過去のフィード投稿 タグインスタ 過去のフィード投稿 タグ

プロフィール画面からタグ付けしたい画像をタップし、メニューボタン[]→[編集]へ進みます。

基本データを編集する画面に遷移したら、[タグ付けする]をタップ。あとは通常のタグ付けと同様、検索ウィンドウにユーザーネームを入力し、該当するユーザーを選べばOKです。

インスタのタグ付けに関してよくある疑問と答え

インスタグラムの「タグ付け」について、よく挙げられる疑問点をQ&A方式で解説していきます。

Q1:非公開アカウント(鍵垢)にもタグ付けはできる?

A:対象が非公開アカウントであっても、タグ付けは可能です。

インスタ タグ付けインスタ タグ付け

非公開アカウントをタグ付けすると、公開アカウントと同様に投稿した画像上にユーザーネームが記載されたタグが表示されます。

とはいえ、プロフィールに「非公開です」と表示される仕様は変わりません。タグをタップしてプロフィールに飛ぶことはできても、フォローリクエストを許可しないかぎり投稿の閲覧はできない状態です。

Q2:タグ付けは拒否できる?

A:事前にタグ付けできる人を絞り込んでおくことで、対象外の人からのタグ付けを拒否できます

インスタ タグ付けインスタ タグ付け

左:プロフィールタブでメニューボタン[]→設定[]の順にタップする右:「プライバシー設定」をタップする

タグ付けは、フォロー・フォロワー関係でなくても一方的にできる仕組みです。まったく知らない人からタグ付けをされたり、悪意のあるタグ付けをされたりといったトラブルも考えられるでしょう。

そのようなトラブルを回避するためにも、あらかじめプライバシー設定でタグ付けできる人を絞り込んでおくことをおすすめします。

インスタ タグ付けインスタ タグ付け

「タグ付け」項目をタップし、タグ付けを許可する人の設定を任意のものに変更しましょう。拒否設定にしている相手をタグ付けしようとすると、編集時点ではタグ付けができるものの、投稿完了後付けたはずのタグが表示されません。

Q3:付けられたタグは削除できる?

A:自分のタグに限って投稿者の許可なく削除できます。また、相手にその通知もされません。

インスタ タグ 削除インスタ タグ 削除

左:自分のアカウント名が書かれたタグをタップ右:展開したメニューから[投稿から自分を削除]を選択

写真うつりが悪かったり、他人に見せてはまずい内容だったりして、タグ付けされて困ることもあるでしょう。そんなときは、タグ自体を投稿者の許可なく削すことができます。

なお、タグを削除しても、投稿者に通知はされません。ただし、投稿者が後から画像を見返し、タグが削除されたことに気づく可能性はあります。できれば、理由と合わせてあらかじめ相手に伝えておきたいところです。

Q4:メンションとの違いは?

A:フィード投稿につけるのが「タグ」、ストーリー投稿につけるのが「メンション」だと認識してもらえればいいでしょう。

インスタ タグ付けインスタ メンション

似たような機能として「メンション」がありますが、用途や効果はほぼ同じ。フィード投稿とストーリー投稿でそれぞれ名称が異なっているだけで、どちらも投稿した写真や動画に関連するアカウントを紐付けられる機能です。

また、よく間違われるのが「#」に続けて文字を入力する「ハッシュタグ」ですが、これはまったくの別物。ハッシュタグは投稿をさまざまなキーワードでカテゴライズし、検索しやすくするために付けるタグを指します。多くの人に自分の投稿を見てもらったり、好きな投稿を見つけたりする用途で使われています。

検証したInstagramのバージョン:iOS版184.0.0.23.117、Android版187.0.0.32.120

EDITED BY
MOEGI