【インスタグラム】邪魔な広告は消せる? フィード投稿・ストーリーの広告を非表示にする方法

【インスタグラム】邪魔な広告は消せる? フィード投稿・ストーリーの広告を非表示にする方法

インスタグラムのフィードやストーリーを閲覧していると、フォロワーの投稿の合間に広告が表示されます。広告の内容によっては不快な気分になったり、表示頻度の多さが煩わしくなったりして、「非表示にできたらいいのに」と思う人も少なくないでしょう。

残念ながら、これらをまとめて非表示にする方法はありません。ただし、特定の広告を非表示にする方法や、表示広告の内容を変更する方法は存在するため、それぞれの設定方法について解説します。

インスタグラムの広告が表示される仕組み

インスタグラムでは、スマホアプリやウェブサイト上での検索履歴などユーザーの行動にもとづいて、利用者の関心に近い広告をコンピュータが選んで掲載する「ダイナミック広告」というシステムを採用しています。

インスタグラムの広告が表示される仕組み インスタグラムの広告が表示される仕組み インスタグラムの広告が表示される仕組み

左:フィード中:ストーリー右:発見タブ

掲載場所は「フィード」「ストーリー」「発見タブ」の3カ所で、いずれもユーザー名の下に「広告」と表記されます。

アプリ版Instagramでは広告の完全削除はできない

インスタグラムの広告は、通常投稿(フォロワーの投稿)3~5本につき1本という頻度で表示されてしまうため、ストレスに感じる人も多いでしょう。

結論から言うと、インスタグラムのiOS/Android版アプリではこれらの広告をまとめて非表示にする方法はありません。その代わり、特定の広告を一つずつ非表示にする方法があります。詳細については後述します。

Web版インスタグラムなら「広告」は表示されない

前述のとおり、アプリ版インスタグラムでは、すべての広告を一括で非表示にする方法は存在しません。この点、Web版インスタグラムを利用すれば広告が一切表示されず、快適にインスタグラムで閲覧ができるでしょう(2019年11月時点)。

まずはiPhoneやAndroidスマホ、あるいはPC(パソコン)でSafariやChromeなどのブラウザからWeb版インスタグラムへアクセスします。

Web版インスタグラムなら「広告」は表示されない Web版インスタグラムなら「広告」は表示されない

スマホでWeb版を開こうとすると、自動的にアプリ版インスタグラムが表示されることがありますが、その場合は検索画面で該当のURLを長押し→[新しいタブで開く]を選択すれば、ウェブ版へのアクセスが可能になります。

Web版インスタグラムなら「広告」は表示されない Web版インスタグラムなら「広告」は表示されない

アプリ版では表示される広告が、Web版では一切表示されなくなります。

Web版インスタグラムなら「広告」は表示されない

PCでインスタグラムを閲覧した場合

PCでも同じように、Web版インスタグラムでは広告が表示されませんでした。

アプリ版Instagramで特定の広告を非表示にする方法

インスタグラムのiOS/Android版アプリでは、特定の広告を今後表示させないようにする機能があります。広告の数が減るわけではありませんが、非表示にした広告を再び見ずに済みます。

フィード・発見タブに表示される特定の広告を非表示にする方法

フィード投稿、発見(検索)タブで表示される広告のうち、特定のものを非表示に設定する方法です。

フィード・発見タブに表示される特定の広告を非表示にする方法

まず、今後非表示にしたい広告の右上にあるメニューボタン[]をタップして[広告を非表示にする]を選びます。

フィード・発見タブに表示される特定の広告を非表示にする方法 フィード・発見タブに表示される特定の広告を非表示にする方法

次の画面で「この広告を見たくない理由」から該当するものを選べば完了です。今後、非表示設定にした広告が再表示されることはありませんが、広告の数が1つ減ったわけではなく、他の広告が代わりに表示されるようになります

インスタグラムの運営側に広告を”報告”することもできる

インスタグラムの運営側に、広告を”報告”することもできる インスタグラムの運営側に、広告を”報告”することもできる

広告に明らかな虚偽や暴力、性表現が含まれる場合には[広告を報告]から報告する理由を選び送信しましょう。インスタグラム側の判断次第では、その広告(広告主)に対して警告や広告の表示を禁止するといった措置がとられるでしょう。なお、報告は匿名でおこなわれます。

ストーリーに表示される特定の広告を非表示にする方法

インスタのストーリーに表示される広告も、フィード・発見タブと同様に個別で非表示にできます。

ストーリーに表示される特定の広告を非表示にする方法 ストーリーに表示される特定の広告を非表示にする方法 ストーリーに表示される特定の広告を非表示にする方法

ストーリーで流れてきた広告の右下にあるメニューボタン[]から[広告を非表示にする]を選択します。続いて、非表示にしたい理由を選べば完了です。

今後、非表示にした広告が再表示されることはありませんが、広告の数が減ったわけではなく、代わりに他の広告が表示されるようになります。

ストーリーでは”左右スワイプ”で簡単に広告を飛ばせる

左右にスワイプすれば読み飛ばせる

ストーリーの広告は、指で左右どちらかにスワイプさせれば読み飛ばしができます。すぐに広告をスワイプして次のストーリーを表示させれば、広告へのストレスも少しは軽減できるでしょう。

インスタ以外のサイト検索やアプリに基づく広告表示をOFFにする方法

冒頭でお伝えしたように、インスタグラムの広告は、Web検索やアプリ利用などユーザーの行動に基づいて選定・表示されています。たとえば、旅行に関するウェブサイトを閲覧すれば、ホテル、航空券販売などの旅行に紐づくような関連広告がインスタグラム上に表示されます。

こうした広告表示の設定をオフにすれば、インスタグラム以外で自分の行動に基づいた広告の表示をなくすことが可能です。

ただし、設定はインスタグラムの姉妹サービスであるFacebook上でおこなう必要があります。インスタグラムとFacebookを連携させる工程が発生するため、インスタとFacebookのアカウントを紐付けたくないユーザーは注意してください。

1インスタグラムとFacebookを連携させる

まずはインスタグラムとFacebookの連携を完了させておきます。

インスタグラムとフェイスブックを連携させる インスタグラムとフェイスブックを連携させる インスタグラムとフェイスブックを連携させる

プロフィール画面右上のメニューボタン[]から[アカウント]→[リンク済みのアカウント]をタップします。

インスタグラムとフェイスブックを連携させる

インスタグラムとリンクできるサービス一覧が表示されたら、[Facebook]をタップし[リンク]を選択してください。

この時点でFacebookのアイコンに色(青色)がついている場合は、すでにFacebook連携が完了しています。次のステップへ進みましょう。

インスタグラムとフェイスブックを連携させる インスタグラムとフェイスブックを連携させる インスタグラムとフェイスブックを連携させる

次の画面で[ログイン]→[◯◯としてログイン]と進めば完了です。Facebookのアイコンが青く着色されます。

2Facebookで広告設定を変更する

続いて、フェイスブックの広告表示設定ページへアクセスします。ログインを求められた場合は、先ほどインスタグラムでリンクさせたFacebookアカウントでログインしてください。

手順02:Facebookで広告設定を変更する 手順02:Facebookで広告設定を変更する

[広告設定]をタップし、[パートナーからのデータに基づく広告]へと進みます。

手順02:Facebookで広告設定を変更する 手順02:Facebookで広告設定を変更する

画面右下の[次へ]と進み、「パートナーからのデータに基づく広告を表示」の項目で「許可する」を[オフ]にした状態から[保存]すれば完了です。

インスタグラムによれば「広告の表示数は変わらないが、広告の関連性が低くなる可能性がある」としており、他のウェブサイトやアプリの利用とは関係のない広告が表示されるようになります。

ただ実際には、Facebookからの広告設定をしていてもしていなくても、表示される広告の内容(ジャンルなど)はほぼ変わりませんでした。設定の反映にはある程度時間を要するのかもしれません。

検証したInstagramのバージョン:iOS版120.0.0.18.116、Android版120.0.0.29.118

EDITED BY BOTAN