インスタグラムでスクショすると通知等でバレる? ストーリー・DM・投稿で徹底検証

画面録画でもバレるケース・バレないケースを調査

インスタグラムには、他人のストーリーや投稿(写真・動画)を自分の端末に保存する機能は備わっていません。そこで、スマホでスクリーンショットや画面録画による保存を考えますが、それが相手に通知されてしまうのではないかと不安に思う人も多いでしょう。

この記事では、Instagramの投稿やストーリー、DM(ダイレクトメッセージ)、リールなどをスクショ・画面録画すると、相手にバレてしまうのか否かを調べました。一部、iPhoneとAndroidスマホで挙動が異なるケースもあるので要チェックです。

スクショ・画面録画が相手にバレる(通知される)ケース

インスタにおいて、スクリーンショットまたは画面録画をおこなうと相手にそのことが通知されてしまうケースとして、以下の3つが存在します。

  1. 個別に送信されたストーリー
  2. DM内で撮影した「消える写真・動画」
  3. DMの「消えるメッセージモード」で送受信したやりとり

それぞれの仕組みや挙動を解説していきます。

個別送信されたストーリー

  • スクリーンショット:通知される(バレる)
  • 画面録画:iPhoneのみ通知される(バレる)、Androidスマホでは通知されない

個別に送信されたストーリーとは、フィードのストーリーズトレイへ公開するのではなく、特定のアカウントだけにDM(ダイレクトメッセージ)を経由して送られたものを指します。

ストーリーの作成画面で、[→(送信先)]を選択後、[メッセージ]から特定のアカウントに[送信]すると、当該ストーリーはDMを経由してその相手へと届きます。これらをiPhoneやAndroidスマホでスクショ撮影するか、iPhoneで画面録画をすると相手に通知されてしまいます。

一方、Android 11以上で使える標準のスクリーンレコードを使ったケース(Pixel 3a)では、画面録画の履歴は残りませんでした。また、画面録画ができるサードパーティアプリ(AZスクリーンレコーダー)を利用した場合でも同様に通知されませんでした。

送られたストーリーはDMスレッドに届きます。そのまま再生をタップするか、メッセージを開いて再生すると写真(動画)が表示されます。

スクショ撮影(画面収録)をおこなった瞬間、DMスレッド上「スクリーンショット撮影」と表示されます。これにより、あなたがスクショ撮影(画面録画)したことが相手に知られてしまいます。

また、スレッドを開くと、送信したストーリー(写真または動画と表示される)の横にフラッシュマークがつきます。これはスクショ撮影によって出現するもので、あなたがストーリーをスクショ撮影(画面録画)したことがわかってしまいます。

DM内で撮影した「消える写真・動画」

  • スクリーンショット:通知される(バレる)
  • 画面録画:iPhoneのみ通知される(バレる)、Androidスマホでは通知されない

DM内のメッセージ欄近くにあるカメラボタンからは、「消える写真・動画」の作成ができます。これらをiPhoneやAndroidスマホでスクショ撮影するか、iPhoneで画面録画をすると相手に通知されてしまいます。

一方、Android 11標準の画面録画機能(Pixel 3a)を使ったケースでは、画面録画の履歴は残りませんでした。また、画面収録ができるサードパーティアプリ(AZ スクリーンレコーダー)を利用した場合でも同様に通知されませんでした。

メッセージ欄のカメラボタンをタップすると、ストーリーの作成画面が表示されます。ここでは通常のストーリーと同様に、写真や動画の撮影や、スタンプや文字入力による加工もできます。

ストーリーとの大きな違いは、相手に送信するときに画面下のメニューから[1回表示][リプレイを許可][チャットに保存]のどれかを選ぶという点です。

  • 1回表示:再生は一度限り
  • リプレイを許可:一度表示した後にもう一度だけ再生可能
  • チャットに保存:常時表示

ここで相手が[1回表示]または[リプレイを許可]にした写真や動画をスクショ撮影(画面録画)すると、それが通知されるようになっています。

スクショ撮影を実行した瞬間、相手側のDMのスレッドには「スクリーンショット」などと表示されてしまいます。

スレッド内には、送信済みの消える写真・動画の横にフラッシュマーク(スクショマーク)がついてしまうため、スクショ撮影(画面録画)したことが相手にバレてしまいます。

DMの「消えるメッセージモード」で送受信したやりとり

  • スクリーンショット:通知される(バレる)
  • 画面録画:iPhoneのみ通知される(バレる)、Androidスマホでは通知されない

DMの「消えるメッセージモード」は、モード中のやりとりが閲覧(既読)後に消える機能です。DMでよりプライベート性の高い会話をしたいときに役立ちます。

相手側は、メッセージを一度閲覧した後にスレッドを閉じた時点で、当該メッセージを再表示できなくなります。

この消えるメッセージモード中のやりとりは、iPhoneやAndroidスマホでスクショ撮影するか、iPhoneで画面録画をすると相手に通知されてしまいます。

スクショを撮影すると、スレッド上に「○○さんがスクリーンショットを撮影しました」と表示されてしまいます。また、DMのスレッド一覧画面にも、スクショ撮影したことが表示される仕組みです。

消えるメッセージモード中にiPhoneで画面収録を開始した場合も、「○○が画面収録を開始しました」と表示されました。

ただし、Android端末(Pixel 3a・Android11)で画面収録をおこなったケースでは、画面録画の履歴は残りませんでした。

スクショ・画面録画が相手にバレない(通知されない)ケース

通常のストーリー・フィード投稿に関しては、スクリーンショット撮影および画面録画による相手への通知はありません。

通常のストーリー/ストーリーハイライト

フィードのストーリーリングに投稿されたストーリーをスクショ(または画面録画)しても、それが相手に通知されることはありません。また、プロフィール上に保存されているストーリーハイライトのスクショ(または画面録画)も同じく通知されません。

とはいえ、ストーリーは「閲覧履歴」として足跡が残ってしまう仕様のため、ストーリーを見ると相手にバレてしまうことを心得ておく必要があります。

通常のリール投稿

リール動画のスクショ撮影・画面収録は、相手にバレません。ストーリーとは異なり、閲覧するだけで足跡がつくといったことはないため安心してください(閲覧数にはカウントされる)。

ただし、いいねやコメントをすると、第三者に対してもあなたのユーザー名が表示されます。

通常のフィード投稿

フィードに投稿された写真や動画をスクショあるいは画面録画しても、相手には通知されません。投稿のコレクションシェア(リポスト)も相手に通知されないため、安心してください。

DMスレッド内のやりとり(メッセージ)

相手とのDMでメッセージのやりとりをスクショ(または画面録画)したとしても、それが通知されたり履歴として残ったりすることはありません。

ただし、前述した「消える写真・動画」や「消えるメッセージモード」のスクショは、通知されてしまうので注意してください。

インスタライブ

インスタライブの視聴中に、画面をスクショ・録画しても、相手に通知されることはありません。もちろん、他の視聴者側にもバレないため安心してください。

検証バージョン
Instagram
iOS
214.0
Instagram
Android
214.1
EDITED BY
BOTAN