【インスタグラム】ダイレクトメッセージ(DM)の使い方 総まとめ──送り方からプライバシー設定まで

インスタのチャット機能の使い方や知っておくべき設定を解説

Instagram上で、1対1もしくは複数人グループでクローズドに直接やりとりができるダイレクトメッセージ(DM)。

本記事では、インスタグラムのDMで写真や動画などのメッセージを送受信する基本的な使い方から、既読機能や通知、オンライン表示(緑の丸)など特有の仕様面まで詳しく解説。DMを使う上で知っておくべきプライバシー設定についても紹介しています。

インスタグラム公式の呼称は「Instagram Direct」または「ダイレクト」ですが、一般には「DM」「ダイレクトメッセージ」という呼び方が多くなっているため、本記事では便宜上、後者で表現しています。

インスタグラムのダイレクトメッセージ(DM)とは?

ダイレクトメッセージ(DM)では、LINEのトークのように、インスタ上で特定の相手と個別にやりとりができます。

テキストや消える写真・動画(消えないものも可)だけでなく、お気に入りのストーリーやフィード投稿、紹介したいユーザーのプロフィール情報などもシェア可能。複数人でグループを作り、チャットのようにコミュニケーションをはかることもできます。

DMで送受信できるものは下記のとおりです。

  • 撮影またはライブラリからアップロードした写真や動画
  • GIFアニメ
  • フィード/ストーリー/リール/GTV
  • 消える写真と動画、およびメッセージ
  • プロフィール
  • テキスト
  • ハッシュタグ
  • 地域(位置情報)
  • いいね(ハートやリアクションスタンプ)
  • ライブ動画
  • ボイスメッセージ

フォローしていない・されていない人にも送れるので、インスタ上で交流を深めるのに活用している人も多いでしょう。LINEのような「既読」機能もついており、相手が読んでくれたことをすぐに確認できます。

DMを使ってメッセージを送る方法

フィード画面から

DMで新規メッセージを送るには、まずフィード画面右上の吹き出しアイコンをタップするか、画面を右から左へスライドさせてDMページを開きます。続いて右上の新規作成ボタンを選択。

上の検索欄にアカウント名を入力するか、「おすすめ」に表示されたアカウントの中からメッセージを送る相手を決定し、チャットをタップすればOKです。

プロフィール画面から

あるいは、相手のプロフィール画面のメッセージを選択することでも、DMでチャットを開始できます。

インスタDMで使える10個の便利な機能

DMではメッセージの送受信だけでなく、写真・動画やインスタの投稿のシェア、複数人でのチャットやビデオ通話といった機能も利用できます。ここでは、DMのおすすめ機能を紹介していきます。

他人のプロフィールやフィード・ストーリー投稿のシェア

他人のアカウントプロフィールや投稿、ストーリーをDMにシェアできます。

プロフィールのシェア

相手のプロフィール画面右上にあるメニューボタン​からこのプロフィールをシェアするをタップし、送る相手を選んで送信します。

フィード投稿のシェア

フィード投稿の場合は、投稿のすぐ下にある紙飛行機マークをタップすると、DM経由で当該投稿をシェアできるようになります。

ストーリー投稿のシェア

ストーリーをシェアするには、再生中に右下に表示される紙飛行機マークをタップし、送る相手を選択後に送信します。それぞれ、送信した相手のDMにシェアされるようになります。

DMでシェアしたストーリーが、相手側の画面では非表示になっている

なお、非公開アカウント(鍵アカウント)のフィード投稿やストーリーのシェアに関しては、シェアする相手(DMの受信者)も当該アカウントをフォローしていない限り、内容が表示されません。

消える写真・動画の送信

DMでは、相手が一度閲覧すると自動的に削除される「消える写真・動画」を送ることができます。DM上に残しておきたくない、プライベートな写真などを共有するのに適しています。

相手とのDMスレッド内の左下にあるカメラアイコンをタップすると、消える写真や動画が送れます。

画面下部の白いシャッターボタンで写真が撮影でき、長押しすれば動画撮影モードになります。左にある小さいサムネイルボタンからは、端末内にある画像や動画も選べます。

撮影(選択)した写真や動画をどのように送るかは、画面下にある設定を左右に切り替えて選びます。

  • 一回表示:1回再生されたら消える
  • リプレイを許可:2回再生されると消える
  • チャットに保存:送った写真・動画がずっとDM上に残る

中央の送信ボタン(アイコン)をタップすれば、送信完了です。

1回再生の写真が送られた場合の相手の画面

1回表示またはリプレイ表示の消える写真・動画を開くと、画面上部に導火線が表示されます。火が右端に到達した瞬間に写真・動画の閲覧が終了。

1回再生に設定されている場合は再生後の閲覧はできず、リプレイ再生の設定であればもう一度だけ閲覧が可能です。

消える写真・動画はDMのスレッド一覧画面の下からも送れる

消える写真・動画はDMのスレッド一覧画面の下からも送れる

DMを開いたすぐの画面一番下にあるカメラアイコンからも、消える写真・動画は同じく送ることができます。送信先から送りたい相手へ送信すればOK。ストーリーへシェアしてしまわないように注意してください。

ただし、デフォルトで「リプレイ許可」の設定になり、相手は2回しか写真・動画を閲覧できません。

消えるメッセージモード

DMには「消えるメッセージモード」という機能があります。

消えるメッセージモード中に送受信したやり取りは、次回スレッドを開いたときに消滅するといった仕組みで、プライベート性の高い会話をするときなどに便利な機能でしょう。

相手とのスレッドを上方向にスライドさせると、画面が「消えるメッセージモード」へと切り替わります。

メッセージを受け取った側の画面

上の画像のように、消えるメッセージモード中に届いたメッセージを既読にすると、次回スレッドを開きたときには当該メッセージは消えてしまいます。このモードは、グループや複数人のスレッドにも適用されます。

自分側の画面

相手側の画面

画面上の消えるメッセージモードをオフにするをタップすると、モードが解除されます。解除は、設定者側だけでなく、相手もおこなえます。

注意したいのは、消えるメッセージモード中に画面をスクショ撮影すると、その履歴が残ってしまう点。「○○さんがスクリーンショットを撮影しました」とスレッド上に表示され、相手スクショしたことがバレてしまいます。

メッセージへのいいね(ハートやリアクションスタンプ)

写真や動画などを含むあらゆるメッセージには、ダブルタップで「いいね」のハートマークが付けられます。メッセージに「いいね」すると、その通知が相手のDMに届くようになっています。

メッセージを長押しすれば、顔文字なども選択できるようになります。絵文字右側のマークをタップで、より多くの絵文字が表示されるので、メッセージに合ったリアクションスタンプを付けるといいでしょう。

引用返信(リプライ)機能

特定のメッセージに対して返信ができる「リプライ機能」があります。埋もれてしまったメッセージを引用返信して話題を戻せる、といった利点があります。

リプライしたいメッセージを選択しながら、メッセージの左側に矢印が表示されるまで右へいっぱいにスライドしてください。矢印を確認したら、指を離します。

あとはいつもどおりメッセージを入力して送信すればOKです。

送信した返信メッセージの上に引用元のメッセージが薄く表示されています。これで、どのメッセージに対してリプライしたかがわかるというわけです。

GIFスタンプやボイスメッセージの送信

メッセージ入力欄の横にあるボタンから、GIFアニメスタンプやボイスメッセージも送れます。

GIFアニメスタンプ

顔マーク(スマイルボタン)からGIFアニメが選択できます。

検索欄に入力したキーワードに関連したスタンプ一覧が表示されるほか、画面下のGIF切り替えで、好みのGIFスタンプを探せます。

ボイスメッセージ

音声を録音して送信できるボイスメッセージ機能もあります。

メッセージ入力欄に表示されるマイクのアイコンを長押ししながら、スマホのマイクに向かって話すと音声の録音がスタート。マイクアイコンから指を離せば、自動的にボイスメッセージが送信されます。

送信されたボイスメッセージは、再生ボタンをタップすると聞こえます。

グループ/複数人チャット

DMでは、複数人グループの作成も可能です。

DM画面右上の新規作成ボタンをタップしたら、おすすめのユーザーの一覧または、ユーザー名を手入力して複数のメンバーを追加します。画面右上のチャットを選べば、グループの作成は完了です。

グループには名前をつけることもできるので、わかりやすい名前にしておくとよいでしょう。

グループでは、既読マークの横にユーザーネームが表示されます。これにより、誰がメッセージを既読にしたかがわかるというわけです。

ただし、既読は最新のメッセージにのみ適用されます。そのため、表示されていないユーザーがどこまで読んだかは、ここからは判断できません。

音声通話とビデオチャット

DMには、無料で音声通話・ビデオチャットができる機能があります(通話料はかかりませんが、Wi-Fi環境以外ではモバイル通信量を消費します)。

相手とのトークスレッド右上にある電話アイコンまたはビデオアイコンをタップすると、発信が開始されます。

音声のみの通話をする場合は電話アイコンを選択してください。

着信した側の画面

音声通話またはビデオチャットがかかってくると、画面上に着信通知が表示されます。

チェックボタン(参加する)をタップするか、画面のボタンを右方向(または上方向)へスライドすると、通話を開始できます。

音声/ビデオ通話について詳しくは以下の記事で解説しています。

メッセージの送信取り消し

LINEの送信取消と同じように、DMで送ったメッセージをお互いのスレッド内から削除する機能があります。

取り消したいメッセージや画像を長押しし、送信を取り消すをタップするだけでOKです。取り消し後、スレッド上にその痕跡は残りません。

ただし、ロック画面やホーム画面に届いたプッシュ通知に表示されたメッセージから、送信取り消しがバレてしまうリスクがあります。

送信取り消し後もロック画面のメッセージは消えなかった

手元のスマホで確認した限りでは、送信取り消し後もロック画面上ではメッセージが読める状態でした。インスタや別のアプリを利用している場合は、ホーム画面上にメッセージの通知が届きます。

それにもかかわらず、スレッドを開くと当該メッセージが消えていることから、相手は送信取り消しに気がつくでしょう。

プッシュ通知のオン・オフ

頻繁にDMでやりとりをしていると、メッセージ受信のたびに届くロック画面やホーム画面へのプッシュ通知が煩わしく感じられるかもしれません。その場合は、プッシュ通知を「オフ」にしておくのがおすすめです。

プロフィール画面右上のメニューボタン​から設定​へと進み、お知らせを選択。続いてメッセージへと進み、メッセージの項目を「オフ」にすればOKです。

特定の相手やグループスレッドのプッシュ通知を切る方法については後述しています。

【注意】DMでは「既読」や「オンライン中」が相手にバレる

DMを利用する上で注意しておきたいのが、「既読」と「オンライン」の機能でしょう。それぞれ解説してきます。

DMにおける「既読」の仕様

DMには、相手がメッセージを読んだことがわかる「既読」機能が備わっています。LINEのようにすべてのメッセージに付くわけではなく、最新のメッセージにのみ既読が表示されるのが特徴です

上のように、インスタのDMの「既読」は最新メッセージにのみ表示されます。インスタグラムにおける「既読」は、”相手が自分のメッセージをここまで読んだ”ということがわかる機能と言えます。

新しくメッセージを送ると、「既読」マークは消えてしまいます。

DMはあくまでも互いにやりとりをする場であり、どちらかが一方的に情報提供するという使い方には向いていないようです。

オンライン表示(緑の点)の意味

DMのスレッド一覧画面では、誰が現在オンライン中なのかがわかる緑の点(ドット)が、写真アイコンの脇などに表示される仕様です。同時に、ユーザーネームの下には「オンライン中」と出ます。

オンライン中ではなくても、メッセージを交わしたことのあるアカウントのスレッドには「○○時間(分)前にオンライン」と表示されるため、最後にインスタを開いていた時刻がわかります。

相手のオンライン時間がわかるということは、裏を返せば自分がいつインスタを使っていたのかも知られるということ。自分のオンライン状況がバレたくない人は、設定から表示をオフにしておきましょう。

プロフィール画面右上のメニューボタン​から設定​をタップし、プライバシー設定へと進みます。

「アクティビティのステータス」の項目をオフにすれば、オンラインマークは非表示になりますが、他のアカウントのオンラインステータスもわからなくなってしまう点に注意してください。

DMを安全に使うためのプライバシー設定

インスタのDMでは、知らないアカウントから勝手にメッセージが送られるのを未然に阻止したり、メッセージの受信をブロックしたりと、安心して使うためのプライバシー設定が用意されています。

アカウントの制限:DMだけの受信拒否ができる

プライバシー設定のひとつ「アカウントの制限」では、特定の相手からのコメントやDMをブロックできます。アカウント自体をブロックするわけではないため、DMだけ受信拒否したい相手には有効です。

DMのスレッドから相手とのメッセージ画面を開き、左上のユーザーネーム部分をタップします。次の画面で制限するを選ぶと、アカウント制限が適用されます。

アカウントを制限した相手とのスレッドは、DM画面上の「メッセージリクエスト」に移されます。スレッドとして画面上に表示されない、というわけです。ホーム画面・ロック画面やアクティビティにメッセージ受信通知が届くこともありません。

リクエスト画面からメッセージを開いても相手側に既読は付かず、トーク画面下で制限を解除を選ばない限り、DMのやりとりが開始できない仕様です。

ただしアカウント制限は、コメントやDMのオンラインマーク(緑の点)にも影響があります。詳しくは下記記事で解説しています。

メッセージリクエストの拒否:フォローしていないアカウントからのDMを制限

自分がフォローしていない人からメッセージが届いた場合、その人からのメッセージを受け取るか否かを選択できます。

フォローしていない人からダイレクトメッセージが届くと、DMのスレッド一覧の画面でリクエスト○件と表示されます。ここをタップすると、メッセージリクエストの一覧が開きます。

リクエスト画面で相手のスレッドを開くと、メッセージがすべて読めるようになります。この時点で相手に既読はつきません

当該メッセージに返信したい場合は、スレッド下のボタンから承認をタップしましょう。

もし知らない人から不快な内容やスパムが送られてきた場合はブロックを選択してください。以後そのアカウントからはメッセージリクエストさえ届かなくなります。

グループDMの拒否:知らないアカウントから勝手に追加されなくなる

フォローしていないアカウントから、勝手に知らないグループへ追加されるのを防ぐ設定があります。

プロフィール画面右上のメニューボタン​から設定​を開き、プライバシー設定へ進みます。続いてメッセージを選択してください。

画面を下へスクロールし、「グループの設定」のグループにあなたを追加できる人をタップ。次の画面で「Instagramでフォロー中の人のみ」を選択すればOKです。

DMミュート:受信通知のオフ

特定の相手やグループDMからのメッセージ通知をオフにできるのが「ミュート」です。

iOS版インスタグラム

Android版インスタグラム

iOS版では相手とのスレッドを左へスワイプ後にミュートを選択し、もう一度ミュートをタップ。Android版では、相手とのスレッドを長押ししてメッセージをミュートをタップしてください。

ミュートした相手とのスレッドには斜線の入ったメガホンマークが付き、ロック画面・ホーム画面などへのDM受信通知がオフになります。

相手とのメッセージが非表示になったり、メッセージが届かなくなったりするわけではない点に注意してください。

ブロックした/されたときにDMで生じる現象

インスタグラムでブロックした、あるいはブロックされた場合、DMの既読や共有したコンテンツの表示などに変化が起きます。

前述したように、DMにおける「既読」は最新メッセージにのみ表示されます。つまり、最後に送ったメッセージに既読がつけば「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということ。
ところが、ブロックされてしまうと相手にはメッセージが届かないので、ブロック後に送ったメッセージにはいつまで経っても既読がつきません

また、過去に”相手の投稿”をDMで共有していると、ブロックされた瞬間に投稿部分に「投稿を見ることができません」と表示されます。

相手が投稿を削除したケース。ブロックされたときとは違う表示に

単純に該当の投稿を相手が削除しただけなら、上の画像のように「この投稿は削除されたため表示できません」と記載されます。この違いから、ブロックの存在に気が付くユーザーも少なくないでしょう。

検証バージョン
Instagram
iOS
193.0.0.29.121
Instagram
Android
192.0.0.35.123
EDITED BY
BOTAN