【インスタグラム】ストーリーをリポスト(再シェア)する方法まとめ

タグ付けストーリーのリポスト、引用リポスト、フィード投稿のリポストも解説

【インスタグラム】ストーリーをリポスト(再シェア)する方法 タグ付けストーリーのリポストから、引用リポスト、通常投稿のリポストまで

Instagramでは、フォローアカウントのストーリーをそのまま自分のストーリーに「リポスト(再シェア)」する方法があります。

本記事では、インスタグラムでタグ付けされたストーリーや気になるストーリーを”引用風”にリポストするやり方を解説。また、通常のフィード投稿をそのままストーリーにリポストする方法も紹介します。

インスタのストーリーのリポスト(再シェア)とは?

インスタグラムのストーリーを見ていて、本人以外の人のストーリーが引用(再シェア)されているのを見かけたことはないでしょうか。自分がタグ付けされたストーリーや、拡散したいストーリーなどをそのまま自分のストーリーに再シェアするテクニックを指しており、本記事では「リポスト」と表記します。

リポスト リポスト

ストーリーのコメント欄横にある紙飛行機マークをタップしてもリポストはできないので注意

ストーリーに表示された紙飛行機マークからはリポストはできません。これはDM(ダイレクトメッセージ)を経由して、指定した自分のフォローアカウントにストーリーが送信できる機能です。そのため、他人のストーリーを自分のストーリーでシェアするには、相手のストーリーにタグ付けしてもらうか、専用のリポストアプリが必要になります。

タグ付けされたストーリーをリポストする方法

インスタグラムで誰かのストーリーにタグ付けされた場合、そのストーリーから簡単にリポストができます。

タグ付けされたストーリーを「リポスト」する

相手のストーリーに自分がタグ付けされていると、画面下に[これをストーリーズに追加]というボタンが表示されます。このボタンをタップすると、自分のストーリー投稿画面へと切り替わります。

タグ付けされたストーリーを「リポスト」する

あとは、いつものようにスタンプや文字、位置調整などを施してシェアするだけです。

タグ付けされたストーリーを「リポスト」する

リポストすると、すぐに相手のDMにその旨がメッセージとして通知された

リポストすると、DM(ダイレクトメッセージ)経由で相手(もともとの投稿主)に通知が届くようになっています。

アプリ「PhotoAround」で他人のストーリーを引用風にリポストする

タグ付けされていないストーリーは、残念ながらインスタグラム上ではリポストができません。そこで、専用のアプリ「PhotoAround」を使ってストーリーをリポストするテクニックを紹介します。アプリを使うと、それ独特のリポストマークが表示されます。ストーリーを引用風に見せられるため、あえて使う人も多くなっています。

1「PhotoAround」にインスタアカウントでログインする

アプリ「PhotoAround」で、他人のストーリーを引用風に「リポスト」する アプリ「PhotoAround」で、他人のストーリーを引用風に「リポスト」する

アプリ「PhotoAround」を開いたら、まずは[Instagramアカウント]から、自分のインスタアカウントのユーザーネームとパスワードを入力してログインしてください。ログインに成功すると、PhotoAroundでいつものインスタグラム画面が表示されます。

いつも使っているインスタと多少ボタンが違うことや、投稿ができないこと以外は、見方はほぼ同じです。

2ストーリーを再生してリポストマークを付ける

アプリ「PhotoAround」で、他人のストーリーを引用風に「リポスト」する

いつものインスタと同じように、画面上部のストーリーリングからアイコンを選択すると、アカウントのプロフィールページへ遷移します。

プロフィール画面の通常投稿の上に、ストーリーの一覧が表示されます。ハイライトも同時に表示されますが、ハイライトのリポストはできません。

アプリ「PhotoAround」で、他人のストーリーを引用風に「リポスト」する

リポストしたいストーリーを再生したら画面を少しスクロールし、リポストボタンをタップしてください。

アプリ「PhotoAround」で、他人のストーリーを引用風に「リポスト」する

一番右の空白を選ぶと、リポストマーク無しになる

リポストマークがついた状態でストーリーが表示されます。このマークは、上下左右の好きに配置ができ、色も黒・白・ブルー・ピンクと四色から選べるようになっています。もちろん、リポストマークを付けない選択もここで可能です。

3ストーリーにリポスト(再シェア)する

ストーリーにリポスト(再シェア)する

最後に[Repost Instagram]をタップします。この時点で、自分の端末のカメラロールにもリポスト加工済みのストーリーが保存されます。

ストーリーにリポスト(再シェア)する ストーリーにリポスト(再シェア)する

次の画面で[ストーリーズ]を選択すると、自分のインスタグラムが開き、通常のストーリー投稿と同じ手順でリポストできるようになります。ただし、リポストストーリーのサイズや位置は自由に設定ができません。

そこでおすすめなのが、[Repost Instagram]をタップした時点で端末に保存されたリポストストーリーを使う方法です。

ストーリーにリポスト(再シェア)する ストーリーにリポスト(再シェア)する

いったんPhotoAroundから離れて、あらためてインスタグラムを開き、ストーリー作成へ進んでください。ここで画像・動画を選択するときに、さきほど端末に自動保存されたリポストストーリーを選択します。

この方法ならば、リポストマークがついた状態のまま、自由に位置や大小を操作できます。

通常のフィード投稿もストーリーにリポストできる

通常投稿もストーリーへリポストできる

通常のフィード投稿は、投稿直下の紙飛行機マークからストーリーへのリポスト(再シェア)ができます。

通常投稿もストーリーへリポストできる 通常投稿もストーリーへリポストできる

左:相手が非公開アカウントの場合。リポストボタンが表示されない右:相手が公開アカウントの場合

ただし、リポストしたい投稿の主が鍵アカウント(非公開アカウント)である場合、リポストはできません。公開アカウントであれば、右上の画像のように[ストーリーズに投稿を追加]というボタンが表示されます。

通常投稿もストーリーへリポストできる

[ストーリーズに投稿を追加]をタップすると、ストーリー作成画面へと遷移します。いつもどおり画像の大小や位置の調整、スタンプや文字入力が完了後、ストーリーへシェアすればリポスト(再シェア)されます。

通常投稿もストーリーへリポストできる 通常投稿もストーリーへリポストできる

ストーリーへリポストされた投稿をタップすると[投稿を見る]ボタンが表示されるので、そこから該当の投稿が閲覧可能です。

検証したInstagramのバージョン:iOS版112.0.0.17.121、Android版112.0.0.29.121

EDITED BY BOTAN