インスタグラムでストーリーをリポスト(引用して再シェア)する方法まとめ

友達のストーリーを自分のストーリーにも載せたい

Instagramでは、友達のストーリーをそのまま自分のストーリーに載せる「リポスト(再シェア)」という機能があります。

本記事では、インスタグラムでメンションされたストーリーや、他のユーザーの気になるストーリーを引用して自分のストーリーにリポストするやり方を解説。また、他人のフィード投稿を自分のストーリーにリポストする方法も紹介します。

インスタのストーリーをリポスト(引用して再シェア)する2つの方法

インスタグラムのストーリーを見ていると、本人以外のユーザーのストーリーが引用されているのを見かけたことはないでしょうか。これは、メンションされたストーリーや拡散したいストーリーなどをそのまま自分のストーリーに再シェアするテクニックで、本記事では「リポスト」と表記しています。

ストーリーをリポストするには、大きく以下の2種類があります。

誰かにメンションされたストーリーであれば、Instagramアプリの機能で自分のストーリーにリポストできます。一方で、メンションされていない他人のストーリーを自分のストーリーでシェアするには、専用のリポストアプリをインストールする必要があります。

以降では、それぞれのリポスト方法を順に解説していきます。

方法1:メンションされたストーリーをリポスト

インスタの「メンション」とは、投稿した写真や動画に関連する人を紹介するための機能です。ストーリーのユーザーネーム部分をタップすると、そのアカウントの投稿一覧やプロフィールなどの詳細が確認できます。

メンション通知(DM)を開く

誰かのストーリーに自分がメンションされると、上の画像のようにDM(ダイレクトメッセージ)にメンション通知が届きます。

チャットを開くと、「ストーリーズであなたをメンションしました」とストーリー画像が表示されるので、そこで[ストーリーズに追加]をタップしてください。

ストーリーを編集してリポスト

自動的にストーリー編集画面へ遷移します。

タグ付けされたストーリーがそのままの状態で貼り付けてあるので、大小や位置などを調整して普段どおりにストーリーを投稿すればリポストが完了します。

リポストすると相手に通知される

リポストされた側から見たストーリー画面

リポストされた側のDMにも通知が届く

メンションされたストーリーをリポストすると、相手側にリポスト通知が届く仕組みです。相手のDM画面でも「ストーリーズであなたをメンションしました」と通知されます。

方法2:外部の無料アプリで他人のストーリーをリポスト

メンションされていないストーリーは、残念ながらインスタのアプリ上ではリポストができません。そこで、専用の外部アプリを使ってストーリーをリポストするテクニックを紹介します。

アプリの中には、独特のリポスト(引用)マークを付けて再シェアできるもあります。ストーリーを引用風に見せられるため、あえて使う人も多くなっています。

外部アプリにはアカウントのログインが求められるものが多い

ただ、外部のアプリを利用するときにはユーザーネームやパスワードを入力し、Instagramアカウントと連携させるアプリが多いです。外部のアプリに何かしらのトラブルが起きると、情報の流出やアカウント乗っ取りなど安全面のリスクがあることを承知したうえで利用しましょう。

iPhone向け「Repost for Instagram」の使い方

iPhoneユーザーであれば、「Repost for Instagram」というアプリが簡単に使えておすすめです。アプリ内課金もありますが、基本的には無料で使えます。

ただし、非公開アカウントのストーリーはリポストできません。

アプリ「Repost for Instagram」をダウンロード

アプリ「Repost for Instagram」でInstagramアカウントにログイン

ファーストビューの画面が表示されたら、左上のメニューボタン​をタップし、[アカウント]→[アカウントを追加]をタップしてください。

Instagramアカウントへのログインが求められるので、ユーザーネームやパスワードなどを入力しましょう。

二段階認証を設定している人は、届いたセキュリティコード(4桁の数字)を入力して[実行]をタップします。

リポストしたいストーリーのリンクをコピー

リポストアプリの右上にあるInstagramアイコンを押すと、自動でInstagramアプリに移動します。リポストしたいストーリーを表示し、右上のメニューボタン​を押して[リンクをコピー]を選びます。

相手が非公開アカウントだった場合、この時点で[リンクをコピー]ボタンが表示されないので、リポストできないことがわかります。

リポストアプリに戻って引用マークを編集

再度リポストアプリに戻ると、コピーしたストーリーが自動で表示されます。そのストーリーをタップしましょう。リポストマークの表示位置とカラーを選び、[再投稿]を押してください。

「Instagramに投稿」画面で画面下部の[ストーリーズ]を選択します。

ストーリーをリポストする

Instagramアプリが開き、自分のストーリー編集画面へと遷移します。

このとき、先ほどリポストマークをつけた相手のストーリー投稿が表示されているので、大きさや位置を調整してください。あとは、通常どおりストーリーを投稿すればOKです。

「Repost for Instagram」を利用してストーリーをリポストしても、それが相手に通知されることはありません。ただし、リポストしたストーリーに相手をメンションした場合は、DMでメンションが送信されます。

Androidスマホ向け「Story Saver for Instagram 2022」の使い方

Androidスマホでは「Story Saver for Instagram 2022」が手軽で使いやすいでしょう。

アプリ「Story Saver for Instagram 2022」をダウンロード

アプリ「Story Saver for Instagram 2022」でインスタのアカウントにログイン

「Story Saver for Instagram 2022」のアプリを開き、[LOGIN INSTAGRAM]をタップします。Instagramアカウントへのログインが求められるので、ユーザーネームやパスワードなどを入力してください。

二段階認証を設定している人は、届いたセキュリティコード(4桁の数字)を入力して[実行]をタップしてください。

リポストしたいストーリーを選択

端末内の写真やメディアへのアクセスが求められるので、[許可]をタップします。

画面右上の検索ボタン​からストーリーをリポストしたいアカウントを検索できます。

次の画面でリポストしたいストーリーを選びましょう。

ストーリーをリポストする

画面下部にあるリポストマークを押し、[Instagram Stories]をタップしてください。

自動でインスタアプリのストーリー作成画面に遷移します。リポストマークなどが付かないので、投稿主をメンションするなどしてリポストであることがわかるようにするのがおすすめ。

あとは通常どおりストーリーを投稿すればリポスト完了です。メンションを付けていれば、相手にDMでメンション通知が届きます。

フィード投稿をストーリーにリポストする方法

相手が公開アカウントであれば、フィード投稿をストーリーにリポストできます。

相手が非公開アカウントであった場合や、相手がリポストを拒否する設定にしている場合は、Instagramアプリからはリポストできないので注意してください。

リポストしたい相手の投稿を選択したら、紙飛行機マークをタップします。続いて[ストーリーズに投稿を追加]を選択してください。

ストーリー編集画面で投稿の大きさや位置、文字入力などを自由におこない、ストーリーへシェアするだけでOKです。

投稿されたストーリーでリポストされた投稿部分をタップすると、[投稿を見る]ボタンが表示されます。ここをタップすれば当該投稿ページへ移動します。

アプリ「Instagram」をダウンロード
検証バージョン
Instagram
iOS
220.0
Instagram
Android
220.0.0.16.115
Repost for Instagram
iOS
8.2
Story Saver for Instagram 2022
Android
2.3.4
EDITED BY
MIKAN