【インスタグラム】過去のストーリーを閲覧する方法

【インスタグラム】過去のストーリーを閲覧する方法
インスタグラムのストーリーは、投稿後24時間で自動的にフィード(ストーリーリング)から消える仕組みです。

では、投稿から24時間経った「過去のストーリー」を閲覧するにはどうすればいいのか。他人・自分の過去のストーリーを閲覧する方法を解説します。

本記事では、投稿後24時間が経過したストーリーを「過去のストーリー」と定義します。

他人の過去のストーリーは「ハイライト」でのみ閲覧できる

他人の過去のストーリーのうち、「ハイライト」に投稿されたストーリーだけは、時間に関係なくいつでも閲覧できます。

他人の過去のストーリーは「ハイライト」でのみ閲覧できる

プロフィールページの中央部分にハイライトが表示される

ハイライトは、過去のストーリー(24時間経過後のものを含む)をプロフィール上に公開しておける機能です。そのため、これまでのストーリーの中から投稿主が取捨選択したものがハイライトとして公開されていれば、第三者もそれら(過去のストーリー)を閲覧できる、というわけです。

ハイライトに表示された丸枠をタップするとすぐにストーリーが再生されます。

ハイライトの閲覧によって足跡がつく可能性は低いと言えるでしょう。投稿から24時間が経過したストーリーであれば足跡はつかない仕様であるためです。もちろん、ストーリーがフィード(ストーリーリング)から消えるまでの24時間のあいだは、ハイライトの閲覧であっても足跡がついてしまうので、足跡をつけたくない人は注意してください。

自分の過去のストーリーを閲覧するには?

他人のストーリーと同様、自分のストーリーも投稿して24時間が経過するとフィードから消えてしまいます。しかし、投稿者本人であれば過去のストーリーをいつでも見返せる仕組みが用意されています。

ストーリーアーカイブから過去の全ストーリーが見られる

投稿したストーリーがフィードから消えても、「ストーリーアーカイブ」にこれまで投稿した全てのストーリーは保存されているので安心してください。

ストーリーアーカイブから過去の全ストーリーが見られる ストーリーアーカイブから過去の全ストーリーが見られる

自分のプロフィール画面右上のメニューボタン[]をタップし、[アーカイブ]を選択します。

画面上部で[ストーリーズ]へ切り替えると、これまでに投稿したストーリーが全て自動保存されています。

アーカイブにストーリーが保存されていない?

アーカイブにストーリーが保存されていない? アーカイブにストーリーが保存されていない?

これまでのストーリーがアーカイブに自動保存されていない場合は、ストーリーアーカイブ右上のメニューボタン[]から[設定]→[アーカイブに保存]をオンにしてください。

「ハイライト」に追加したストーリーは24時間経過しても公開されたまま

24時間後には消えてしまうストーリーを自分のプロフィール画面上で公開できるのが「ハイライト」です。とっておきの思い出やコレクションの記録など、これまでのストーリーの中からずっと公開しておきたいものだけを厳選してハイライトに追加するといいでしょう。

「ハイライト」に追加したストーリーは24時間経過しても公開されたまま 「ハイライト」に追加したストーリーは24時間経過しても公開されたまま

ハイライトを作成するには、まずプロフィール画面のハイライト表示部分(画面中央あたり)にある追加ボタン[+]をタップします。ストーリーアーカイブが表示されるので、ハイライトしたいストーリーを選択し、右上の[次へ]で進みます。

「ハイライト」に追加したストーリーは24時間経過しても公開されたまま 「ハイライト」に追加したストーリーは24時間経過しても公開されたまま

次の画面では、ハイライトのタイトルとカバー写真を編集します。どちらも後から変更可能です。よければ、右上の[追加]をタップしてください。

ハイライトが追加されると、プロフィール画面の紹介文の下にタイトルとカバー写真が丸枠で表示されます。

ハイライトにストーリーを後から追加する方法やストーリーを削除する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

検証したInstagramのバージョン:iOS版121.0.0.18.122、Android版121.0.0.29.119

EDITED BY BOTAN