インスタライブを視聴・配信する方法──アーカイブや通知設定なども解説

インスタライブを視聴・配信する方法──アーカイブや通知設定なども解説

Instagramのストーリーズには、ライブ配信の機能が備わっています(インスタライブ)。手軽に最大4時間のリアルタイムの動画配信がおこなえますが、そもそも視聴したことすらないユーザーも多いかもしれません。

本記事では、インスタライブの見方をはじめ、コメントや質問の送り方、配信を見逃さないための通知設定、閲覧履歴(足跡)の仕様などを解説。自分がライブ配信する手順や、ウェーブ、アーカイブといった気になる機能についても紹介します。

インスタグラムの「ライブ配信」とは?

インスタグラムの「ライブ配信」とは?

インスタグラムのストーリー機能の一つに「ライブ配信」があります。“ライブ”とある通り、芸能人や著名人などがストーリー上にリアルタイムで配信する動画を視聴できるため、まるで生放送番組を見ているかのような感覚です。

ライブ配信中は、配信者へコメントやいいねを送ったり、「質問」機能を使って質問を投げてみたりと、配信者と閲覧者の間でコミュニケーションをとることも可能です。ライブの配信時間は最大4時間となっています。

リアルタイムで見逃してしまったライブ配信であっても、配信者がIGTVとしてそのライブをシェアしていれば、あとからでも視聴ができる仕組みになっています。詳しくは後述しています。

インスタライブの見方(コメント・質問・シェアなど)

インスタライブの視聴方法はもちろん、コメントや質問、動画のDMへのシェア、参加リクエストなど、見る側ユーザー向けの使い方を一通り紹介します。

インスタライブは、iOS/Android版アプリとPC版(パソコンのブラウザで使えるウェブ版)のどちらでも視聴可能です。ただし配信については、スマホアプリ版のみ対応となります。

インスタライブをPC(パソコン)から視聴する方法 配信や質問はできないので注意

1ライブ配信を視聴する

ライブ配信

アプリ版インスタグラム

フィード画面を開いて上部のストーリーズ欄(トレイ)を見ると、現在ライブ中のアカウントには「LIVE」と表示されています。これをタップすれば、フォロー中アカウントのライブ配信が視聴できます。

フォローしていないユーザー(公開アカウント)であっても、ライブ動画の視聴は可能です。ユーザー検索などから相手のプロフィール画面を表示し、アイコン付近に「LIVE」と表示されていれば、それをタップしてライブ配信を見られます。

ライブ配信 PC版

PC版インスタグラム

PC版インスタグラムでも、画面上部のストーリーズ一覧(トレイ)からインスタライブの閲覧が可能です。アカウント名付近に[ライブ動画]と表示されたものがインスタライブなので、クリックして視聴開始できます。

ただし、PC版インスタグラムでのインスタライブでは、ハートの送信やライブのシェア、質問などがおこなえません。

PC(パソコン)版インスタグラムでできること/できないこと総まとめ【ストーリーズ・複数投稿・アカウント切り替えなど】

2コメントやいいね(ハート)をする

ライブ配信中にハートを送っていいねしたり、リアルタイムでコメントしたりできるのも、インスタライブの特徴です。

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)

右下のハートマークをタップすると「いいね」ができ、視聴者がいいねをすれば画面右下からハートマークが浮かび上がるようになっています。ハートを長押しすると、連続でハートを出現させられます。

「いいね」だけでなく、画面下のコメント欄からは、配信者に対してリアルタイムでコメントを送信できます。投稿したコメントは、ユーザー名などとともに画面上に流れていくため、配信者の目にとまれば、その場であなたのコメントにリアクションしてくれるかもしれません。

注意
一度送信したコメントは取り消せない

コメントは、送信してしまった時点でライブ配信画面に反映されます。一度送信したコメントをその場で削除することはできません。

とはいえ、ライブ配信ではユーザーからのコメントや絵文字などが随時更新されるので、過去のコメントは画面からフェードアウトする仕組みです。ユーザーからのコメントが多いライブ配信では、自分のコメントが画面に映る時間は一瞬でしょう。

一度送信したコメントは消せない

コメントが更新され、過去のものはフェードアウトする

コメント履歴が残ってしまうケースとしては、IGTV動画が挙げられます。

一度終了したライブ動画はIGTVとしてシェアできるため、ライブ配信を見逃してしまった人や、もう一度見返したいユーザーにとってはありがたい機能です。ただしIGTV動画を再生すれば、ライブ配信中に送った自分のコメントも表示されます。

3配信者に「質問」をする(はてなマーク)

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)インスタライブ質問

画面の右下にクエスチョン「?」のボタンが表示されていれば、配信者へ質問を投げることができます。質問はコメントとは異なり、送信した質問はその場で画面上に配信されません。

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)

配信者の画面

閲覧者から寄せられた質問は、配信者しか見られないようになっています。画面下の[?]ボタンをタップすると表示される質問一覧から、ライブ配信中に答えたいものを選択すると、それが閲覧者側にも表示される仕組みです。

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)

閲覧者全員の画面上にも質問内容が表示されるので、それに対して投稿者がライブ中に答えるといった使い方ができます。ライブ配信をおこなっている芸能人や著名人へ質問を送れば、数ある質問から自分のものが選ばれる可能性もあるということです。

質問ボタンが見当たらない?

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)

配信者が質問機能をオフにしていると、[?]ボタンがライブ画面に表示されません。その場合は、質問内容をコメント欄から送るといいでしょう。他のコメントに埋もれてしまう可能性もありますが、配信者の目に止まれば質問に答えてくれるかもしれません。

4ライブ配信をDMでシェアする

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)4.ライブ配信のシェア

ライブ配信動画は、インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)を経由して友達へシェアできるようになっています。画面の右下にあるシェアボタンをタップし、友達を選択後に[送信]するだけでOKです。

4.ライブ配信のシェア4.ライブ配信のシェア

シェアされた側の画面

シェアされたライブ動画は、DM(ダイレクトメッセージ)に届きます。相手が[ライブ動画を見る]を選択すると、すぐにライブ動画へ参加できます。

5ライブ動画への参加(コラボ)リクエストを送る

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)

リアルタイムでライブを視聴しているときには、ライブ動画への参加リクエスト(いわゆる「コラボ配信」のリクエスト)を配信者に送れます。参加リクエストを送ると、配信者側が承認次第、LINEのグループ通話のように画面が分割され、一緒にライブ動画の配信が始まる仕組みです。

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)コラボ配信

視聴中のライブ配信上に表示される[リクエスト]、または[+]マークのついたビデオボタンをタップします。

次の画面で[リクエストを送信]を選択すると、相手にライブ動画への参加リクエストが送信されます。

インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)コラボ配信

配信者側の画面

配信者の画面には、リクエストが届きます。配信者がリクエストを承認後、カメラとマイクへのアクセス許可をするとすぐに画面が分割され、最大4人でのライブ配信がスタート。ライブ配信に参加すると、配信者と自分、両方のフォロー/フォロワーにライブ動画が配信されるようになります。

ライブ配信者側が自分以外に最大3名をライブへ招待できる「Liveルーム」機能については後述しています。

インスタライブ、4人までのコラボ配信ができる「Liveルーム」が登場

6ライブの視聴をやめる(終了する)

4.ライブ配信のシェア4.ライブ配信のシェア

ライブ配信動画の視聴をやめたくなったら、画面を左へスワイプして次のストーリーを表示させるか、あるいは右上の[×]で終了させてください。

自分でインスタライブを配信する方法

インスタライブは、最大4時間のリアルタイム動画を配信可能です。ここでは、インスタライブを配信する手順を解説します。なお、PC版Instagramからのライブ配信はできません。

0ライブ配信の公開範囲設定(指定ユーザーのみ非公開など)

ライブ配信では、指定したアカウントやフォロワー以外のアカウントから見られないようにする非公開設定が可能です。配信前に公開範囲を設定しておくといいでしょう。特に範囲を限定しない場合は、次のステップに進んでください。

上の2つの公開範囲を設定する手順を解説します。

指定したフォロワーにだけ非公開にする

ライブ配信は通常、すべてのユーザーに向けて公開されますが、指定したフォロワーにだけ非公開にすることもできます。

ライブ配信の非公開(公開範囲設定)ライブ配信の非公開(公開範囲設定)

まず、ストーリー投稿画面などから設定ボタン[]をタップします。ストーリーズコントロールの画面に遷移するので、[ストーリーを表示しない人]を選びます。

ライブ配信の非公開(公開範囲設定)

ライブ配信を公開したくない相手を選択し、[完了]をタップすればOK。この設定はいつでも変更できるので、ライブ配信の時だけ見られないようにするといった使い方も可能です。

ただし、ここで選んだアカウントは、ストーリーズの配信時も非公開になります。

フォロワー以外の全ユーザーに対して非公開にする

フォロワー以外のユーザーに対して、インスタライブを非公開にする設定方法です。

自分でインスタライブを配信する方法自分でインスタライブを配信する方法

自分のプロフィール画面(タブ)を開き、メニューボタン[]から設定ボタン[]をタップ。続いて[プライバシー設定]へと進みます。

自分でインスタライブを配信する方法自分でインスタライブを配信する方法

次の画面で「非公開アカウント」をオンに設定すればOK。これでフォロワー以外のユーザーからライブ配信は見られなくなります。

この設定もいつでも切り替えられるので、ライブ中だけ非公開にするなど使い分けるといいでしょう。

1撮影を開始する

配信方法配信方法

画面を右方向へスライドさせ、ストーリー作成画面を表示させたら、画面下のメニューから[ライブ]画面に切り替えます。中央のシャッターボタンをタップすれば、ライブ配信が始まります。

ポイント
ライブ配信にはタイトルがつけられる

配信方法配信方法

ライブ配信開始前に、画面左側に表示されたボタンをタップすると、そのライブにタイトルが付けられます。タイトルはライブ配信中の左上に表示されるので、視聴者にライブのテーマを伝えるのに一役買うでしょう。

2いいねやコメント、閲覧中ユーザーの確認

自分でインスタライブを配信する方法視聴者 足跡

左:音声やカメラの切り替え、エフェクトなどのメニューボタン右:視聴者の確認

ライブ配信中は、新しい視聴者やいいね、コメントなどが画面上に流れていきます。画面の右上に表示されたメニューボタンでは、撮影をイン(前面)カメラとアウト(背面)カメラで切り替えられるほか、音声のオン・オフ、動画へのエフェクトも楽しめます。

また、画面上部の[LIVE]をタップすれば経過時間を、目のマークをタップすればその時に視聴しているユーザーの確認ができるようになっています。

3視聴者をライブ配信へ招待する(最大4人)

ライブ動画の配信中に視聴者をゲストとして迎え入れ、会話しながら最大4面で一緒に配信できる「Liveルーム」機能があります。

自分でインスタライブを配信する方法自分でインスタライブを配信する方法

ライブ配信画面の下にある[+]マークのビデオアイコンをタップすると、現在のライブ視聴者一覧が表示されます。一緒にライブ配信をしたい人を1〜3人選び、[リクエストを送信]を選択してください。

この時点でライブ配信を視聴していないアカウントを呼びたい場合は、検索欄から該当するアカウントを探します。

自分でインスタライブを配信する方法自分でインスタライブを配信する方法

相手側へ申請通知が届きます。ライブ画面に表示された[○○とライブ配信を開始]または[ルームに参加]がタップされれば、参加人数に応じて画面が分割され、コラボ配信が始まります。

インスタライブで「コラボ配信」する方法──参加リクエストや最大人数についても解説

4コメント/参加リクエスト/質問の拒否設定

視聴者からのコメントや参加リクエスト、質問を一切受け付けない方法も用意されています。

自分でインスタライブを配信する方法自分でインスタライブを配信する方法

コメント入力欄の[…]をタップし、[コメントをオフにする]を選択すれば、視聴者がコメントを書き込みできなくなります。

同様にコメント入力欄の[…]から[ライブ配信リクエストをオフにする]を選ぶと視聴者は参加リクエストが送れなくなる、[質問をオフにする]を選択すれば質問できなくなる、といった効果があります。

5リクエスト(コラボ)の承認

インスタライブのリクエストでは、視聴者が配信者へ向けてライブ配信への参加を要求できます。

自分でインスタライブを配信する方法自分でインスタライブを配信する方法

リクエストが届くと画面下の[+]ボタン(カメラマーク)への通知と、リクエストが届いたことが画面に表示されます。

[+]ボタンか[リクエストを表示]をタップすると、リクエストを送ってきたユーザーの一覧が表示されます。最大3人まで選び[リクエストを送信]をタップしてください。

自分でインスタライブを配信する方法インスタライブを視聴する方法(コメント・質問・シェアなど)

リクエストした側が[×]ボタンで参加を辞退しない限り、数秒後に画面が分割され、コラボ配信が開始されます。

6撮影の終了とIGTVへのシェア/端末への保存

自分でインスタライブを配信する方法7.撮影の終了とリプレイ

画面右上の[×]をタップし、[今すぐ終了]を選択すればインスタライブが終了します。

ライブ配信

終了後、すぐに[IGTVへシェア]または[動画をダウンロード]ボタンが表示されます。ライブ動画を自分のプロフィール画面に公開しておきたいときは、[IGTVへシェア]を選択してください。

自分でインスタライブを配信する方法自分でインスタライブを配信する方法

通常のIGTVを投稿する場合と同じように、カバー写真の選択やタイトル、キャプションの入力をして[投稿する]をタップしましょう。

プレビューを投稿をオンにしておけば、当該ライブ動画がプロフィール画面・フィードに投稿されるため、ライブ動画の配信を見られなかったユーザーにもライブ動画を公開できます。

IGTVで見逃したライブ動画を見られるIGTVで見逃したライブ動画を見られる

IGTV動画は、プロフィール画面のIGTVタブから見られるほか、フィードの投稿として流れます。

IGTVでシェアしたライブ動画はストーリーでも告知できる

IGTVで公開したライブ動画は、ストーリー上で告知もできます。

インスタライブ IGTVインスタライブ IGTVインスタライブ IGTV

ストーリー作成画面で右上のリンクボタンから[IGTV動画]をタップしたら、告知したいライブ動画を選択し[完了]でOKです。あとはストーリーを投稿してください。

インスタライブがIGTVへシェア/端末保存できるように リプレイよりも長く表示が可能インスタライブがIGTVへシェア/端末保存できるように リプレイよりも長く表示が可能

閲覧者側の画面

閲覧者は、ストーリーの画面下部に表示された「動画を見る」を上方向にスワイプすると、そのままIGTV動画を視聴できる仕組みです。

インスタライブに関するよくある疑問と答え

ここでは、インスタライブについてよく挙がる疑問点とその答えをまとめています。

Q1:視聴開始時の「ウェーブ」とは?

A:配信者からライブ視聴者に送られる「挨拶」のようなものです。

インスタライブ ウェーブインスタライブ ウェーブ

ライブを視聴し始めたときに、相手から「ウェーブ」が届いたと画面に通知されることがあります。

この「ウェーブ」とは、配信者からあなたへの挨拶のような意味を持ち、「見に来てくれてありがとう」や「視聴してくれてるのわかってるよ」といった意思表示をリアルタイムで送れるツールになっています。

ウェーブとはウェーブとは

配信者側の画面

ライブ配信を誰かが視聴し始めると、上の画像のように配信者の画面にウェーブボタンが表示されます。これをタップすれば、その視聴者にウェーブが送られるという仕組みです。

Q2:ライブ配信を見ると閲覧履歴(足跡)は残る?

A:視聴開始通知がライブ画面に表示されるので「残る」といえます。

視聴開始

ライブの視聴を始めると、ライブ画面上に「(ユーザー名)さんが視聴し始めました」と表示され、配信者や他の視聴者に知られることになります。しかし視聴者が多いライブでは、自分と投稿者の画面のみに表示され、他の視聴者には表示されないようです。

足跡 ライブ配信

またコメントをすると、他の視聴者の画面にもあなたのコメントは表示されます。ただし視聴者の多い人気ライブでは、必ずしもすべて表示されるわけではなく、視聴者それぞれの画面で表示されるコメントは異なるようです。

視聴者 足跡視聴者 足跡

ライブ配信をしているユーザーからは視聴者が確認できる

配信者は、ライブ配信時に目のマークをタップすると、いつでもその時に視聴しているユーザー名を確認できます(左上の画面)。

ライブ終了後には、視聴していたユーザーのアイコン、視聴人数が表示されます。ただし視聴人数が多い場合は、全員分のアイコン確認はできないようです。

Q3:見逃したライブ配信動画はあとから視聴できる?

A:配信者がライブ動画をIGTVにシェアしてくれていれば見られます。

IGTVで見逃したライブ動画を見られるIGTVで見逃したライブ動画を見られる

IGTV動画は、相手のプロフィール画面のIGTVタブをタップするか、フィードに流れてきたIGTV投稿から再生できます。リアルタイムで見られなかったライブ動画を何度でも閲覧可能です。

Q4:ライブ配信が始まったら通知が届くように設定できる?

A:設定可能です。フォローしているユーザーや特定ユーザーのライブ配信が始まると通知が届くようになるので、見逃したくない場合に便利です。

ライブ配信の通知を設定する(見逃し防止)

ライブ配信の通知設定をオンにしておく

ライブ配信の通知を設定する(見逃し防止)ライブ配信の通知を設定する(見逃し防止)

まずは自分のプロフィール画面(タブ)のメニューボタン[]を開き、一番下にある設定ボタン[]からオプションメニューを開きます。設定メニューの中から[お知らせ]を選びます。

ライブ配信の通知を設定する(見逃し防止)ライブ配信の通知を設定する(見逃し防止)

次に[ライブとIGTV]を開き、ライブ動画の設定をオンにしてください。これで、フォローしている人の配信が始まったときに通知が届くようになります。

特定アカウントのライブ動画通知をオンにする(見逃し防止)

特定のアカウントのライブ配信通知を受け取ることも可能です。タイミングやフォロー中アカウントの数が多いと、ライブ配信の通知を逃すことも考えられるため、見逃したくないアカウントがいるならば個別に通知設定しておくのがおすすめです。

通知設定通知設定

相手のプロフィールページ右上のベルマークをタップし、[ライブ動画]を選択します。続いて「すべてのお知らせをオンにする」を選択すればOKです。

Q5:インスタライブは録画・保存できる?

A:他人のインスタライブを保存する機能は、Instagramでは提供されていません。そのため、現時点ではスマホやパソコンに備わっている「画面録画」機能を使って保存するほかありません。

具体的な方法は下記記事で解説しています。どうしても録画したいインスタライブがあるなら、参考にしてみてください。

Q6:過去に配信したライブ動画はアーカイブに残せる?

A:残せます。配信後30日間限定で、「ライブアーカイブ」に自動保存されるようになっています。

ライブ動画アーカイブライブ動画アーカイブ

プロフィール画面右上のメニューボタン[]から[アーカイブ]を開いたら、画面上のメニューを展開させて[ライブアーカイブ]をタップします。

ライブ動画アーカイブライブ動画アーカイブ

配信後30日以内のライブ動画一覧が表示されます。動画をタップすると、IGTVへの投稿または端末への保存ボタンが表示されます。

配信直後でなくても、あとから保存や投稿ができる点は便利です。ただし、配信後30日が過ぎたライブ配信は保存期間を経過し、削除されてしまうので注意してください。

ライブアーカイブへの保存がオンになっているか確認

ライブアーカイブライブアーカイブ

プライバシー設定の[ストーリーズ]内にある、「ライブ動画をアーカイブに保存」がオフになっていると、ライブ配信後のアーカイブ保存が適用されません。注意してください。

検証したInstagramのバージョン:iOS版189.0.0.28.119、Android版189.0.0.41.121

EDITED BY
BOTAN