インスタグラムに投稿できる動画の長さは? 調整する方法も解説【フィード/ストーリー/リール/IGTV/ライブ】

機能ごとに動画の上限時間は異なる

ダンスや料理、ペット、メイクなど数多くの動画が投稿されているInstagram(インスタグラム)。投稿できる動画の長さにはフィード/ストーリー/リール/IGTV/インスタライブとそれぞれ機能ごとに制約があります。上限時間を超えると投稿自体できなかったり、途中で切れてしまったりします。

そこで本記事では、インスタで投稿できる動画の長さ(時間)は何秒までなのかを機能別に整理。尺がオーバーしてしまった長い動画を、規定の時間内に収まるよう調整・トリミング(分割)してアップする方法も解説します。

インスタグラムに投稿できる動画の長さ(時間)

投稿可能な動画の長さは、フィードストーリーリールIGTVインスタライブのそれぞれで異なります。

フィード投稿の場合

フィード投稿では、最大1分の動画投稿が可能です。ただし、再生回数が表示されるのは3秒以上の動画となります。

新規投稿画面で短尺動画または長尺動画を選ぶ

1分以上の動画を選ぶと、「シェア方法を選択」という画面が表示されます。動画を1分以内に収める「短尺動画」か、動画全般をIGTVでシェアする「長尺動画」のどちらかを選ぶ必要があります。

IGTVで投稿できる動画の長さは後述します。

ストーリーの場合

1つのストーリーで投稿可能な動画の長さは最大15秒です。実際には一度に60秒まで投稿できますが、ストーリーは15秒ごとに複数分割されてしまいます。

ストーリーは1つ15秒までで、超える場合は複数に分割される

15秒を超える動画を選択すると、15秒ごと分割されたストーリーが画面下部に表示されます。このとき、分割は4つまでが限度、つまり最大で60秒までの動画をストーリーに投稿できます。

投稿後、分割された動画は途切れず再生されるようになっているので、実質60秒までの動画であれば一度に投稿できると考えていいでしょう。ただし60秒を超える動画の場合、61秒以降は自動で切り捨てられてしまいます。

リールの場合

リール(Reels)は、最大60秒のショートムービーを投稿できます。

リールの画面

リール作成時に制限時間を15秒・30秒・60秒から選べます。ストーリーとしてリールを投稿するには、動画を15秒以内に調整する必要があります。

IGTVの場合

IGTV(Instagram TV)では、1分以上の長尺動画が投稿できます。スマホからアップロードする場合は1〜15分、パソコンからアップロードする場合は1〜60分の動画投稿が可能です。

スマホからは1分未満または15分以上の動画をIGTVに投稿できない

スマホからIGTVで投稿できる動画の長さは最長で15分です。それを踏まえて、1分未満あるいは15分以上の動画を選択すると、「この動画は投稿できません」といったアラートが表示されました。

PC版のインスタグラムの画面

以前はIGTVの動画を15分以上投稿できるのはインスタのフォロワー数が1万人以上のユーザーのみでした。しかし2021年9月現在、フォロワー数が1万人以下のユーザーでもPC版のインスタグラムを使えば1〜60分の動画をIGTVとしてアップロードできるようになっています。

インスタライブの場合

インスタライブの画面

インスタライブは、誰でもリアルタイムで最大4時間の動画配信ができます。動画配信終了後、ライブ配信者はそのままIGTVへ動画をシェアすることも可能です。

インスタのアプリ内で動画の長さを編集する方法

インスタのアプリ内で規定の尺に動画をうまく収めて、フィードストーリーリールに投稿する方法を紹介します。

IGTVはインスタ上で動画の長さを編集できないので、IGTV用に尺を調整したい場合は後述の「スマホのアルバム内で動画の長さを編集する方法」を参考にしてください。

フィード投稿の場合

フィードに投稿する動画を、インスタ上で60秒以内に編集する方法です。

  1. シェア方法を選ぶ

    プロフィール画面で[+]ボタンをタップし[投稿]を押します。ライブラリから60秒以上の動画を選ぶと「シェア方法を選択」の画面が表示されます。ここで[短尺動画]を選び、[次へ]をタップしてください。

  2. 動画の長さを編集する

    画面下部で[トリミング]タブに切り替えます。画面下の調整バーを左右に動かして長さを調整します。自動で編集後のプレビューも確認できます。

  3. 投稿をシェアする

    任意で、動画全体にかける[フィルター]と、シェアしたときに静止画として表示される[カバー]を選べます。カバーは、画面下の調整バーを左右に動かすことで画像を選択できます。

    調整できたら、画面右上の[次へ]を押します。

    最後にキャプションなどを入力し、[シェア]をタップして終了です。

ストーリーの場合

ストーリーは、Instagramアプリ上では動画を秒単位でトリミング・調整できません。そのため、アプリ上では分割の一部分を削除して尺を縮めることのみ可能です。

どうしてもストーリー用に動画の尺を15秒以内に整えたい場合、後述の「スマホのアルバム内で動画の長さを編集する方法」を参考にしてください。

ストーリーで分割の一部を削除する方法は以下の通りです。

  1. 削除したいコマでゴミ箱ボタンをタップ

    ストーリー作成画面で、15秒を超える動画を選ぶと下部に分割予定のコマ割が表示されます。削除したいコマを長押しするかダブルタップし、ゴミ箱ボタン​をタップします。

    削除したコマはアプリ上で消えるだけなので、端末のアルバム内にある元動画には影響しません。調整が終わったら画面右下の[次へ]を押して進みます。

  2. ストーリーをシェアする

    最後に「ストーリーズ」で[シェア]をタップすれば投稿完了です。

リールの場合

リールは動画の長さを15秒以内、30秒以内、60秒以内のいずれかを選べます。使用する動画の尺はインスタアプリでも調整することができます。

  1. 投稿する動画の上限時間を選ぶ

    リール作成画面で、左側の縦に並んだメニューボタンから数字のボタンをタップすると、作成するリールの長さを選択できます。選べる動画の尺は15秒・30秒・60秒です。

    ただし、ストーリーに投稿する場合は15秒以内で作成する必要があります。

  2. 動画の長さを編集する

    左下の四角いボタンをタップすると端末のアルバムにアクセスでき、リールで使う動画を選べます。

    動画を選ぶと編集画面に移動するので、画面下の調整バーを左右に動かして動画の長さを調整します。自動で編集後のプレビューも再生されます。長さを調節し終わったら画面右上の[追加]ボタンを押して進みます。

    次の画面で[プレビュー]ボタンをタップしてください。

  3. リールをシェアする

    任意で文字やスタンプ、エフェクトなどを追加したら、[次へ]ボタンを押すとシェア画面に移動します。

    シェアしたときに静止画として表示されるカバーを選んで、キャプションを入力後、[シェア]を押して完了です。

スマホのアルバム内で動画の長さを調整する方法

インスタグラムに投稿する前に、iPhoneあるいはAndroidスマホのアルバムアプリ内で動画の長さを調整する方法です。これなら、ストーリーやIGTV用の動画も微調整しておけます。

iPhoneで編集する

iPhoneのアルバム内で動画の長さを調整する方法です。

  1. アルバムの編集画面を開く

    端末のアルバムアプリを開いて編集する動画を選択したら、右上の[編集]をタップします。

  2. 動画をトリミングする

    画面下に表示された調整バーを左右に移動させ、トリミングしていきます。範囲が決まったら[✓]ボタンをタップしてください。

    [ビデオを保存]を選ぶと、トリミング前の動画に上書き保存されます。

    一方で[ビデオを新規クリップとして保存]は、トリミング前の元動画を残したまま新しく動画が端末に保存されます。

Androidスマホで編集する

続いてはAndroidスマホで動画の長さを編集する方法です。

本記事ではPixel 3a(Android 11)を使用しています。Androidスマホは、機種やOSバージョンなどによって操作画面や手順が異なる場合がありますが、類似していることも多いので参考にしてください。

  1. 端末のアルバムアプリで編集画面を開く

    端末のアルバムアプリを開いて編集する動画を選択したら、画面下の中央に表示されたトリミングボタンをタップします。

  2. 動画をトリミングする

    画面下に表示された調整バーを左右に移動させ、トリミングしていきます。画面中央の再生ボタン[▷]からトリミング後の動画を視聴してみて、問題なければ右上の[コピーを保存]ボタンをタップしてください。

    端末内には、オリジナルの動画とトリミング済みの動画の両方が保存されます。

アプリ「Instagram」をダウンロード
検証バージョン
Instagram
iOS
204.0
Instagram
Android
204.0.0.30.119
iPhone XS Max
iOS
14.7.1
Pixel 3a
Android
11
EDITED BY
MIKAN