【インスタグラム】ストーリーで足跡(既読)をつけないで閲覧する方法まとめ

【インスタグラム】ストーリーで足跡(既読)をつけないで閲覧する方法まとめ

投稿者のライブ感の溢れる画像や動画を24時間限定で閲覧できるInstagramのストーリーには閲覧者リスト、いわゆる「足跡」「既読」と呼ばれる機能がついています。閲覧者リストから誰が自分の投稿を見たかがわかるため、“投稿者に見たことがバレるとまずい”人にとっては厄介な機能でしょう。

本記事では、インスタグラムで相手のストーリーを見たいけれど、事情があって自分が見たことがバレたくないという人のために、足跡を付けずにこっそりストーリーを閲覧する方法を紹介します。

ストーリーの閲覧者がわかる「足跡」「既読」機能とは?

インスタのストーリーは、投稿する画像・動画を簡単に加工ができるうえに24時間で削除されてしまう気軽さもあり、通常のフィード投稿よりもストーリー投稿をメインに愛用するユーザーも多いのではないでしょうか。

【注意】インスタのストーリー(ハイライト)には足跡がつく

ストーリーは、フィード画面上部のストーリーズトレイに表示される

ストーリーを投稿すると、フィードのストーリーズトレイに反映されます。ここに表示されている24時間(その間にハイライトに追加している場合も含む)は、ストーリーを閲覧すると「閲覧者リスト」の中にユーザーネームが履歴として残ります。

【注意】インスタのストーリー(ハイライト)には足跡がつく 【注意】インスタのストーリー(ハイライト)には足跡がつく

つまりストーリーの投稿者は、自分の投稿をチェックしたユーザーを一覧で確認することができるというわけです。これが、いわゆる「足跡」「既読」と呼ばれる仕様です。

また閲覧者リスト一覧は、「自分の投稿をよく閲覧してくれる人」「いいねをよくくれる人」など、自分への関心度の高いユーザーが上部に表示される仕組みになっているようです。ただし、「カウント」機能は備わっていないため、1つの投稿において何回チェックをしに来たのが相手に伝わることはありません。

ハイライトにも足跡がつく(ストーリー投稿後24時間以内に限る)

ストーリーの投稿から24時間以内に追加された「ハイライト」でも、通常のストーリーと同様に足跡がつきます。

【注意】インスタのストーリー(ハイライト)には足跡がつく

ストーリーズハイライトのストーリーでは、閲覧者リストが表示されない

とはいえ、投稿後24時間が経過したストーリーは閲覧者リスト・既読(足跡)が非表示になる仕様になっており、過去のストーリーをプロフィール画面上に投稿するハイライトでは、足跡をつけずに閲覧できる可能性が高いでしょう。

ただし、ハイライトには投稿主が厳選したストーリーしか表示されていない点に留意してください。

インスタで足跡をつけずにストーリーを見る方法

インスタで本来なら足跡がついてしまうリアルタイムのストーリーを、相手にバレないよう足跡をつけずに見る方法を紹介します。

方法1:ログインなしで閲覧できる「Gramho」を利用する

Gramho」は、Instagramアカウントにログインせずに、ストーリーの閲覧がおこなえる外部ウェブサービスです。唯一の欠点は、ストーリーハイライトには対応していない点でしょう。

1「Gramho」にアクセス後、相手のアカウントを検索

2:「Gramho」ならログインなしてアカウント検索ができる 2:「Gramho」ならログインなしてアカウント検索ができる

SafariやChromeなどのブラウザからGramhoにアクセスしたら、中央の検索窓に相手のユーザーネームを入れて虫眼鏡ボタンをタップします。

正確なユーザーネームでなくても、ひらがなや漢字などに対応しているので、候補アカウント一覧から該当のアカウントを選んでください。

2ストーリーをタップし閲覧する

Gramhoを使う Gramhoを使う

アカウントページを下へスクロールしていき、最初に表示されるのがストーリーです。24時間以内に投稿されたストーリーがあれば表示されているはずなので、丸いアイコンをタップして再生します。

再生画面右上にあるダウンロードボタンから、ストーリーを端末へ保存することも可能です。

方法2:リポストアプリ「PhotoAround」を利用する

インスタグラムのリポストアプリとは、フォロワーのストーリーや投稿を自分のアカウントからシェアするためのサードパーティ(非公式)アプリです。代表的なアプリ「PhotoAround」では、足跡をつけずにフォロワーのストーリーが閲覧できます。

1アプリをインストール後、Instagramアカウントでログインする

他人が投稿したストーリーを保存する方法 他人が投稿したストーリーを保存する方法

「PhotoAround」をインストールしてアプリを起動後、[Sign in with Instagram]をタップします。ユーザーネームとパスワードでInstagramアカウントにログインしてください。

インスタグラムで「ログインできない」ときの対処法まとめ

2相手のプロフィールページを表示

2.「PhotoAround」アプリでストーリーをダウンロード保存 2.「PhotoAround」アプリでストーリーをダウンロード保存

ログインが完了すると、Instagramアプリとよく似たホーム画面へ遷移します。

画面上部のストーリーズトレイから保存したいストーリーズアイコンをタップするか、画面下の検索ボタンからアカウントを特定しましょう。

2.「PhotoAround」アプリでストーリーをダウンロード保存

上段:24時間以内のストーリー下段:ストーリーズハイライト

タップしたストーリーのアカウントページを表示させ、中央部分にあるストーリーズ一覧の中から保存したいものをタップします。上の段が24時間以内に投稿されたストーリーで、下の段がハイライトとなっています。

3ストーリー/ハイライトを閲覧

 リポストアプリ「PhotoAround」を利用する

あとは、見たいストーリーまたはハイライトをタップすればOKです。画面下部の保存アイコンをタップすると、端末へストーリー(ハイライト)投稿の保存も可能です。

方法3:サブアカウントを作成して閲覧する

厳密には、足跡を「つけずに」ストーリーを閲覧する方法ではありませんが、通常のアカウントとは別に、サブアカウントを使って閲覧するのも1つの手です。作ったサブアカウントの足跡自体は残ってしまいますが、そのアカウントがあなただと特定されなければ、相手にバレずにストーリーが見られます。

またインスタの設定で「連絡先をリンクする」をオンにしていると、サブアカウントだとしても連絡先がサーバ上で同期され、相手にフォロー候補として表示される可能性があるので注意してください。

1まずはサブアカウントを作成する

サブアカウントを利用する サブアカウントを利用する サブアカウントを利用する

サブアカウントは、画面上部のアカウント名部分をタップし、一番下の[ログインまたは新しいアカウントを作成]→[新しいアカウントを作成]から作ります。

続いて、画面に従ってアカウント名やパスワードなどを決定してください。アカウント名は相手にバレにくい名前にしておくといいでしょう。複数アカウントの追加については、以下の記事で詳しく解説しています。

2連絡先同期の設定をオフにし、サブアカウントでストーリーを見る

サブアカウントを作成して閲覧する

サブアカウントが作成完了したら、まずは連絡先の同期設定をオフにしておきましょう。連絡先がサーバ上で同期され、相手にフォロー候補(おすすめ)として表示されるのを防げます。

サブアカウントを作成して閲覧する サブアカウントを作成して閲覧する

プロフィール画面の右上メニューボタン[]から設定ボタン[]→[アカウント]と進み、[連絡先の同期]を開きます。[連絡先をリンク]をオフにしてください。

サブアカウントならば、相手を検索してストーリーを閲覧しても、閲覧リスト(足跡)に表示されたアカウント名からあなたを特定するのは難しいはずです。

注意
相手が非公開(鍵)アカウントだとストーリー閲覧はできない
サブアカウントを作成して閲覧する

上記いずれの方法も、相手が非公開アカウント(鍵アカウント)だとストーリーの閲覧はできません。相手からフォロー許可がもらえなければ、ストーリーやプロフィール、通常のフィード投稿などはすべて非表示になってしまうためです。

アカウント検索ができたとしても「このアカウントは非公開です」とプロフィール画面に表示されるため、当然ストーリーも閲覧できません。

ストーリー以外にインスタで足跡(既読)が残る可能性はある?

インスタグラムにおいて足跡が残るのは、原則ストーリーズトレイに投稿されたストーリーの閲覧時のみ。フィード投稿の閲覧のほか、相手プロフィールの閲覧、ユーザーの検索、投稿のシェアやスクリーンショット撮影などをしても、足跡が残ったり相手に気づかれたりすることはありません。

ストーリー以外で足跡(既読)が残る可能性はあるのか? ストーリー以外で足跡(既読)が残る可能性はあるのか?

ストーリーにクイックリアクションをすると、相手側のDMに履歴が残る

しかし、相手のDM(ダイレクトメッセージ)や投稿にコメントやいいねを残すなど、自分から何らかのアクションを起こせば、当然その履歴は相手に表示されます。

たとえば、サブアカウントだからといって投稿者のストーリーにクイックリアクションやメッセージを送信すると、お互いのダイレクトにメッセージとして履歴が残ってしまい、あなたであることがバレる可能性もあるのです。

インスタのストーリーで一度つけた足跡を消す方法は?

ストーリーの閲覧によって一度つけてしまった足跡(既読)は、基本的に削除することはできません。そのため閲覧がバレたくないのであれば、前述の専用アプリ・サービスやサブアカウントを利用してストーリーを見るのが賢明でしょう。

強硬手段として、自分のアカウント自体を削除するという方法はありますが、ストーリー閲覧履歴が消えると同時に、自分のアカウントが一切利用できなくなります。これまでの投稿やストーリーアーカイブ、DMのやりとりやいいね、コメント、フォロワーリストなどをすべて失います。

検証したInstagramのバージョン:iOS版152.0.0.21.114、Android版152.0.0.25.117

EDITED BY BOTAN