LINEの通知が来ない・遅れる原因とは? 対処法をAndroid・iPhoneでそれぞれ紹介

LINEの通知が来ない・遅れる原因とは? 対処法をAndroid・iPhoneでそれぞれ紹介

LINE(ライン)を使っていると、なぜかプッシュ通知が「来ない」「遅い」といったトラブルが発生することがあります。

ただ、その現象を引き起こす要因はLINEアプリだけでなく、端末側の通知やサウンド設定によるものも多く含まれるため、スマホのOSを一括りにして対処法を紹介するのは難しいところです。

そこで本記事では、LINEの通知が「来ない」「遅い」ときに主に考えられる原因と、改善できる可能性がある対処法をiPhone・Androidスマホ別にまとめてみました。利用している環境に合わせて確認してください。

iPhoneで試したい6つの対処法

iPhoneでLINEの通知が来ないときに時に主に考えられる原因と、改善の可能性のある方法を紹介します。1つずつ確認してみてください。

LINEアプリの通知設定をオンにする

まずは、基本の通知設定を確認しましょう。

LINEアプリ設定の通知設定/一時停止/アプリ内通知

LINEの「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通知]で、各種通知設定が以下のようになっているかチェックしてください。

Phone版LINEの通知設定を確認
  • 通知:オン
  • 一時停止:オフ
  • 新規メッセージ:オン
  • アプリ内通知:オン

また、正しく設定されているのに通知が来ない場合は、[通知]のスイッチをオン→オフ→オンと数回繰り返し切り替えてみると、正常に戻るケースもあるようです。

チェック
個別のトークルームの通知がオフになっていないか確認

全体の設定で通知がオンになっていても、1対1トークやグループトークなど、個別のトークルーム通知がオフになっていると通知は届きません。

iPhone 個別のグループ通知 iPhone 個別のグループ通知

通知がオフになっているトークルームには、メガホンマークに斜線でサイレントマークが表示されます。トークリスト画面でトークまたはグループを右にスワイプ。表示される「メガホン」ボタンをタップして通知をオンに切り替えましょう。

LINEアプリに通知を許可する

端末側で通知の各項目が無効になっている場合は、いくらLINEアプリ側で通知を有効にしても通知を受信できません。

LINEアプリへの「通知を許可」する LINEアプリへの「通知を許可」する

本体の「設定」アプリから[通知]をタップし、アプリの一覧を表示します。その中から[LINE]を選択してください。

LINEアプリへの「通知を許可」する

ここで、[通知を許可]がオンになっているかをチェック。オフになっていた場合、LINEのすべての通知が届きません。オンに切り替えましょう。

各通知スタイルをオンにする

iPhoneでは、通知スタイルを「ロック画面」「通知センター」「バナー」の3種類から選べるようになっています。

通知スタイルをオンにする

通知自体が許可されていても、各通知スタイルがオフ(チェックが入っていない状態)になっていれば、思ったように通知が届きません。

iPhoneの「設定」アプリから[通知]に進み、「ロック画面」「通知センター」「バナー」と任意の通知スタイルに確実にチェックが入っているかを確認しましょう。

おやすみモードを解除する

iPhoneの「おやすみモード」は、電話の着信やアプリからの通知を一定の時間内オフにできる機能です。

おやすみモードを解除する

おやすみモードが有効になっていると、その時間内はLINEを含むすべての通知が画面表示や音、バイブなどでユーザーに知らせてこなくなります。

LINEの通知を受け取りたい場合は、おやすみモードをオフにしてください。

LINEアプリを取り除く(一時削除)

LINEの公式ヘルプによると、正しく設定しているのに通知が届かない場合、Apple社の通知配信サービス(APNS)に問題が発生している可能性があるとのこと。

公式ヘルプでは、以下の回避策が提示されています。不具合の原因がはっきりしない場合は、試してみましょう。

iPhoneストレージ iPhoneストレージ

iPhoneの「設定」アプリから[一般]→[iPhoneストレージ]の順にタップして進みます。アプリの一覧から[LINE]を選択してください。

APPを取り除く Appを再インストール

[Appを取り除く]をタップし、確認メッセージで再度[Appを取り除く]ボタンを押してください。なお、この操作をおこなってもLINEのデータが消えるといったことはないので安心してください。

取り除いたアプリ内のデータはiPhoneに残るので、Appが取り除かれた後に表示される[Appを再インストール]をタップすればデータを元に戻すことができます。

LINEアプリ・iOSバージョンをアップデートする

2020年4月現在、iPhoneのLINEアプリ推奨環境はiOS 11.0以上です。あまりにも古いバージョンだと、通知を含めLINEの各機能の動作がスムーズに動かない場合があります。

iOS 11.0未満の場合は、OSをアップデートすることをおすすめします。

また、LINEアプリが最新バージョンにアップデートされているかも、App Storeで確認しておきましょう。バージョンが古いのであれば、最新バージョンにアップデートしてください。

Androidスマホで試したい6つの対処法

Androidスマホで通知が来ないときに時に主に考えられる原因と、改善の可能性のある方法をまとめてみました。

なお、例としてPixel 3aで手順を紹介していますが、項目名が異なる場合などは注釈で記載しているので、機種に合わせて確認してください。

LINEアプリの通知設定をオンにする

まずは、基本となるLINEアプリで通知設定を確認しましょう。

INEアプリ設定の通知設定/一時停止

LINEの「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通知]で、各種通知設定が以下のようになっているかチェックしてください。

Android版LINEの通知設定を確認
  • 通知:オン
  • 一時停止:オフ
  • メッセージ通知:音声とポップアップで知らせる
チェック
個別のトークルームの通知がオフになっていないか確認

全体の設定で通知がオンになっていても、1対1トークやグループトークなど、個別のトークルーム通知がオフになっていると通知は届きません。

Android LINE 通知 Android LINE 通知

トークリスト画面でトークルームの横に「サイレントマーク」が表示されていたら、そのトークルームの通知はオフになっています。該当するトークまたはグループを長押しして、展開したメニューから、通知のオンに切り替えましょう。

LINEアプリに「通知の表示」を許可する

LINEアプリに「通知の表示」を許可 LINEアプリに「通知の表示」を許可

LINEの「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通知]と進んだ画面で、[通知設定]の項目をタップ。

端末の設定画面に推移するので、[通知の表示]がオンになっているかをチェック。オフになっていた場合、LINEのすべての通知が届きません。オンに切り替えましょう。

ポップアップなど各機能の通知スタイルをオンにする

各機能の通知がオフになっている

多くのAndroidスマホでは、[通知を表示]の項目の下で、メッセージやLINE Payなど、機能ごとに通知のオン・オフを設定できます。ここで、何らかの機能がオフになっていないかチェックしてください。

オンになっていることが確認できたら、[メッセージ通知]など各機能の項目部分をタップします。

各機能の通知がオフになっている

メッセージ通知の詳細設定画面が開いたら、[アラートを受け取る]をタップしてオンにします。

さらに、ポップアップ通知はオフにして通知ドットはオンにしたい、といったような通知のされ方(種類)を細かく指定できます。ポップアップ通知やロック画面通知など、表示したい通知スタイルがオンになっているか確認しておきましょう。

サイレントモード・通知のミュート・通知の鳴動制限などを解除する

Pixel・Xperiaの「サイレントモード」やGalaxyの「通知をミュート」、AQUOSの「高度なマナーモード」など、通知表示がオフになる端末固有の機能が原因の可能性もあります。一度チェックしてみるといいでしょう。

Android 通知のオン・オフ Android 通知のオン・オフ

端末の「設定」アプリから[音]→[サイレントモード]の順にタップして進みます。

Android 通知のオン・オフ 通知の非表示からチェックを外す

サイレントモードのメニューから[通知の制限]をタップします。続いて表示される画面で、[通知の非表示、通知音なし]の項目にチェックが入っているか確認しましょう。もし入っていれば、外してください。

ここで[通知音なし]の項目にチェックを入れると通知は表示されますが、通知音だけが鳴らない設定になります。

  • Galaxy:[設定]→[通知]→[通知をミュート]→[通知を非表示]→[すべて非表示]の項目をオフに切り替える
  • AQUOS:[設定]→[音]→[高度なマナーモード]→[通知]→[通知の非表示・通知音なし]の項目からチェックを外す

自動調整バッテリーをオフにする

Pixelなど一部の機種では、設定アプリの[バッテリー]項目に「自動調整バッテリー」という機能があります。オンにしておくと、使用頻度の低いアプリのバッテリー使用が自動的に制限されるようになります。

バッテリーの省電力やデータセーバーをオフにする バッテリーの省電力やデータセーバーをオフにする

注意書きにあるように、自動調整の対象になったアプリは通知が遅れる可能性があります。LINEの使用頻度が低いケースはかなり稀だと思われますが、どうしても原因が分からない場合は、試しにオフにしてみてください。

LINEアプリ・Android OSをバージョンアップする

2020年5月現在、AndroidスマホのLINEアプリ推奨環境はAndroid 5.0以上です。これより古いバージョンだと、通知を含めLINEの各機能の動作がスムーズに動かない場合があります。

Android 5.0以下のバージョンを利用している場合は、OSをアップデートすることをおすすめします。

また、LINEアプリが最新バージョンにアップデートされているかも、Google Playで確認しておきましょう。バージョンが古いのであれば、最新バージョンにアップデートしてください。

iPhone・Androidスマホ共通で試したい5つの対処法

LINEの通知が来ない・遅れるときに試したい、iPhone・Androidスマホ共通の対処法を紹介します。

端末の再起動をする

基本中の基本ですが、iPhone・Androidスマホを再起動するだけで改善することも少なくありません。すぐに実践できるので、まず試してみることをおすすめします。

Android 再起動

多くのAndroid端末では端末の側面にある電源ボタンを長押し、もしくは電源ボタンと音量ボタンを両方長押しすると、再起動ボタンが表示されます。

iPhoneの再起動の仕方は、機種のシリーズごとに異なります。詳しくは以下の記事を参照ください。

LINEアプリを強制終了しないようにする

強制終了しない

一度使うごとにアプリを強制終了させることがクセになっている人も多いはず。しかし、LINEアプリの通知設定画面で「アプリを強制終了すると、通知が遅れたり、受信できない場合があります」と注意が促されていることから、アプリの強制終了はなるべく避けたほうがよさそうです。

なお、メモリ解放系アプリやタスクキラーなどは、アプリを一括で終了させてしまいます。もし、そういった類のアプリを利用しているなら、アンインストールすることで通知が届くようになるかもしれません。

PC版LINEの通知設定を見直す

PC版を使用している場合はスマートフォン版への通知をオフ

PC版LINEの設定には、PC版LINEのを使用中、スマホ側でLINEの通知を受け取らないようにする設定があります。意図せずこの設定がオンになっていることで、スマホ側で通知を受け取れていない可能性もあります。

PC版LINEの設定から[通知]へと進み、[PC版を使用している場合はスマートフォン版への通知をオフ]の項目のチェックを外しましょう(デフォルトではオンになっています)。

LINEのキャッシュを削除・端末の空き容量の確保する

LINEの通知が来ない、または通知が来るのが遅い場合、LINEのキャッシュを削除するのも有効的な手段です。不要なキャッシュデータを削除することで、改善につながる可能性があります。

LINEのキャッシュを削除 LINEのキャッシュを削除

iPhoneでLINEのキャッシュを削除する手順は、LINEの「ホーム」タブ画面で設定ボタン[]→[トーク]と進みます。

[データの削除]をタップし、推移した画面で「キャッシュデータ」にチェックを入れた状態で、[選択したデータを削除]をタップすれば、キャッシュの削除は完了です。

LINE キャッシュ削除

Android版LINEでは、LINEの「ホーム」タブ画面で設定ボタン[]→[トーク]と進み、[トークルーム内の一時ファイルを削除]をタップすればOKです。

このほか、端末の内部ストレージの空きが少ないと、LINEの各種動作に支障をきたすことがあります。ストレージ容量が大幅に不足している場合には、空きの確保を試してみる価値もありそうです。

通信状態をリフレッシュする

通信状態が不安定になっていることが原因で、通知が届かない、ないし通知が遅れるといったトラブルが起きている可能性もあります。その場合は、「機内モード」のオン・オフを切り替えることによる、通信のリフレッシュが有効です。

機内モードのオン・オフ

iPhone 8以前の端末なら画面下から上にスワイプ、iPhone X以降の端末なら画面上から下にスワイプし、コントロールセンターを開きます。機内モードボタンをタップしてオンにし、再びオフにしてみましょう。通信がリフレッシュされます。

LINE 機内モード

Androidスマホでも同様に、ホーム画面上端のステータスバーを引き下げ、さらに引き下げてクイック設定パネルを表示。機内モードボタンをタップしてオン・オフを切り替えましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.3.0、Android版10.5.2

検証端末:iPhone XS(iOS13.3.1)、Xperia 5(Android 10)、Pixel 3/Pixel 3a/Pixel 4(すべてAndroid 10)、AQUOS sense plus(Android 9)、Galaxy A20(Android 9)

EDITED BY MOEGI