Androidスマホでバックグラウンドで動くアプリや通信を確認/終了する方法

裏で動くアプリが重さや通信量・バッテリー消費の原因であることも

スマートフォンが動いている裏では、さまざまなアプリが稼働しています。ユーザのための機能ですが、たまに意図しない動作を招くことも。今回は、Androidスマホ上のバックグラウンドで動いているアプリや通信を確認/終了する方法をまとめました。

バックグラウンドで動くアプリは通信量・バッテリーの消耗や重くなる原因にも

複数のアプリを切り替えて利用できる

Androidスマホは複数のアプリを切り替えて利用できます。音楽を聴きながらインターネットを見たり、タイマーをかけながらゲームで遊んだり。一度に操作するのは1つのアプリでも、バックグラウンドでは複数のアプリが動いています。このようなマルチタスクを実現しているおかげで、さまざまなことを同時に進行できるのがスマートフォンの便利なところです。

ただ、アプリをいくつも同時に起動して何の影響もないのでしょうか?

実は、たくさんのアプリがバックグラウンドで稼働していると、Androidスマホの動作が重たくなることがあります。たいていはOSがうまく処理してくれるおかげで、多数のアプリを起動しても影響は感じられません。しかし、見えないところで働いていることもあり、バッテリーの消耗を早めたり、ユーザーの知らないところでデータ通信をおこなっていたりという場合もあります。

バックグラウンドで動くアプリは、普通はユーザーの便宜を図っています。とはいえ、スマホが重くなった、バッテリーの消耗が激しい、通信量が多くなったなど自覚的な症状があるときは、バックグラウンドでどのようなアプリが動いているか確認し、終了する方法を知っておくと対処できます。

この記事では、おもにPixelシリーズで機能を検証しています。お手持ちの機種に該当しない場合でも、操作手順は似ていることも多いため、本記事を参考に試してみてください。なお、機種だけでなく、キャリアやOSバージョンなどによっても設定項目名や操作などが異なることがあります。予めご了承ください。

バックグラウンドで動いているアプリを確認/終了する

バックグラウンドで動いているアプリは、アプリの切り替え(マルチタスク)画面で確認できます。

画面下から上方向に向けて少しスワイプしたままの状態にすると、アプリの切り替えが表示されます。

Galaxy S21(Android 11)のマルチタスク画面

機種によっては、画面下部のナビゲーションバーのボタンからマルチタスク画面を表示させることもできます。

マルチタスク画面を左右にスワイプしアプリをタップすると、アプリがすぐに切り替わります。これは、バックグランドでアプリが稼働、または作業状態がキャッシュされているおかげです。

表示されているアプリのすべてが稼働中というわけではありません。しかし、しばらく使わないのであれば、上方向にスワイプしてアプリを終了しましょう。

次回の起動時間は延びますが、保存されているキャッシュが削除され、動作が軽くなることも期待できます。

バッテリーを消費しているアプリを確認/停止する

端末の「設定」で[電池]→メニューボタン​→[電池使用量]と進むと、バッテリーを消費しているアプリを調べられます。

電池使用量の多いアプリの一覧が表示されるので、アプリをタップします。アクティブ時とバックグラウンド時の電池の使用状況を確認できます。

バックグラウンド時の使用が多いときは、前述したマルチタスク画面を表示して、アプリを終了させましょう。

または[バックグラウンドでの使用の制限]で、バックグラウンドでの電池使用を停止できます。通知が必須なメッセージアプリなどではおすすめできませんが、制限をかければ電池を長持ちさせられます。

バックグラウンドで通信しているアプリを確認/停止する

バックグラウンドでは、アプリが通信をおこなうこともあります。ユーザーが操作していなくても、通知を受け取ったり、クラウドへデータをバックアップしたりするためです。しかし、そのために通信量がかさむこともあります。通信量が増えたなどの症状があるときは、一度調べてみましょう。

バックグランド通信の有無は「設定」の[アプリと通知]で調べます。

確認したいアプリをタップして、[モバイルデータとWi-Fi]を開くと、バックグラウンドで通信をしたかどうかがわかります。[強制停止]をタップすれば、アプリを終了できます。

データセーバーでバックグラウンド通信をまとめて制限する

具体的なアプリが分からない場合でも、データセーバーを使えばバックグラウンド通信を止めることができます。

「設定」の[ネットワークとインターネット]→[データセーバー]で「データセーバーを使用」をオンにするだけで、バックグラウンドのデータ送受信を一括して停止できます。

バックグラウンド通信が必要なアプリは、同じ画面にある[モバイルデータの無制限利用]で例外を設定できます。

データセーバーをオンにすると、Wi-Fi接続以外でメールやSNSなどの通知が届かなくなります。ライフライン的なアプリに関しては、「モバイルデータの無制限利用」で無制限のアクセスを許可しておくとよいでしょう。

「開発者モード」で実行中のサービス一覧を表示する

実行中のアプリやサービス(プロセス)は目に見えません。スマホの動作が重く感じる場合は、プロセスやキャッシュでメモリが圧迫されているせいかもしれません。

開発者向けオプション」を表示できるなら、端末の「設定」で[システム]→[詳細設定]→[開発者向けオプション]→[実行中のサービス]を開きます。常駐アプリなど起動中のアプリやサービス、プロセスの一覧が表示されます。

「開発者モード」はビルド番号を7回タップしてオンにする

「開発者モード」は初期状態ではオフになっています。オンにするためには、「設定」の[デバイス情報]を開き、画面最下部にある[ビルド番号]を7回連続でタップします。

7回タップしたあと、デバイスに設定しているPINコードを入力すれば「開発者モード」にアクセスできるようになります。

右上にあるメニューボタン​から[キャッシュしたプロセスを表示]をタップして切り替えると、メモリにキャッシュされたプロセスの一覧が表示されます。起動や作業の再開をスムーズにおこなうために一時保存されたデータの一覧です。

リストからアプリを開いて[停止]をタップすれば、キャッシュを削除してメモリを解放できます。

キャッシュを削除すると、次回の起動時間が延びたり、作業の内容(表示していた画面の情報など)が失われたりすることもあるので注意してください。また実行中のサービス(プロセス)には、Android OSの動作に不可欠なものも含まれています。よくわからない項目について、安易に停止するのは避けてください。

検証バージョン
Pixel 4
Android
11
EDITED BY
TOKIWA