Androidアプリをアンインストール(削除)する方法──無効化・非表示にする方法も解説

Androidアプリをアンインストール(削除)する方法──無効化・非表示にする方法も解説

さまざまな機能を持つアプリをインストールしておくと、スマホでできることも広がりより生活が便利になります。その一方で、アプリをインストールしすぎて、スマホの容量が圧迫されてしまったという人も少なくないでしょう。

そこで本記事では、Androidスマホにインストールしたアプリをアンインストール(削除)する方法を解説します。また、アプリの削除はせずにホーム画面から非表示にする方法や、プリインストールアプリの無効化についても紹介します。

Androidアプリを「アンインストール(削除)」する3つの方法

Androidスマホには、アプリのアンインストール(削除)方法が主に3通りあります。どの方法でもアプリは完全に削除されるので、自身のやりやすい方法を試してみてください。

ただし、スマホ内に最初からインストールされていたアプリのほとんどは完全に削除することはできず、無効化または外部アプリを使って非表示にするしか方法はありません。無効化・非表示の方法については後述します。

間違って消したアプリを再インストール・復元する方法、アプリストアにない場合も【iPhone/Android】

ホーム画面で削除する

Android アプリ アンインストールAndroid アプリ アンインストール

ホーム画面で削除したいアプリのアイコンを長押ししながら少し動かすと、アイコンの並び替えができる状態になります。その状態のまま、画面上部にある[アンインストール]までアイコンをドラッグしてください。

アプリを削除するか確認メッセージが表示されるので、[OK]を選択するとアプリは完全に削除されます。最も手軽にアプリを削除できる方法なので、消したいアプリが決まっている人はこの方法がおすすめです。ほとんどのホームアプリ(ランチャー)で利用できるはずです。

「削除」と「アンインストール」は何が違う?

ホーム画面でアプリをアンインストールしようとすると、画面上部に[削除]と[アンインストール]の2つが表示されます。どちらもアプリを消す上では似たような文言ですが、それぞれの動作はまったく異なるのです。

[削除]は、ホーム画面上からアプリアイコンのみが消されることを意味します。ホーム画面上からアイコンが消えてもアプリのデータは残っているので、アプリ一覧画面から選択すれば問題なくアプリの利用ができます。そのため、[削除]を選んでもスマホの容量は一切変わりません。

一方で、[アンインストール]はアプリの完全な削除を意味します。アンインストールされたアプリのデータはすべて消去され、アプリの使っていたストレージが開放されます。

「設定」から容量を確認しながら削除する

端末の「設定」では、アプリが占めている容量を確認しながらアプリの削除ができます。

Android アプリ アンインストールAndroid アプリ アンインストール

「設定」の[アプリと通知]を開き、[○個のアプリをすべて表示]を選択します。

Android アプリ アンインストール

スマホ内にインストールされているすべてのアプリが一覧で表示されるので、削除したいアプリを選択してください。

Android アプリ アンインストールAndroid アプリ アンインストール

アプリの詳細画面を開いたら[アンインストール]をタップし、確認メッセージで[OK]を選択するとアプリが完全に削除されます。

「設定」では、各アプリがどれだけの容量を使用しているかが分かるので、使用容量の大きいアプリから優先的に削除するといったことできます。スマホのストレージに余裕のない人におすすめの方法です。

Google Playストアから複数アプリを一括削除する

上記2つの方法とは異なり、Google Playストアを使えば複数のアプリを一度にアンインストールできます。

Android アプリ アンインストールAndroid アプリ アンインストール

Google Playストアを開き、画面左上のメニューボタン[]から[マイアプリ&ゲーム]を選択します。続いて「インストール済み」タブを開き、[ストレージ]をタップしてください。

Android アプリ アンインストールAndroid アプリ アンインストール

スマホ内にインストールされているすべてのアプリが一覧で表示されます。削除したいアプリのチェックボックスをタップして[空き容量が○MB(GB)増えます]をタップ。確認メッセージでも[空き容量が○MB(GB)増えます]をタップすると、選択したアプリが一括で削除されます。

アプリが大量にインストールされていて、1つずつ削除していくのが手間になる人はGoogle Playからアプリを削除しましょう。また選択したアプリの削除で、どれだけの容量が確保できるかを確認できるのも利点の一つです。

Androidスマホの容量不足を解消する方法──いっぱいになった内部ストレージの空き容量を増やす基本テク

プリインストールのアプリを「無効化」する方法

Androidスマホに最初からインストールされているアプリの多くは、アンインストールできないように設定されています。とはいえ、どうしてもアプリ一覧などから非表示にしたいアプリがある場合は、スマホの「設定」からアプリの無効化をおこないます。

Android アプリ 無効化Android アプリ 無効化

「設定」の[アプリと通知]を選択し、[○個のアプリをすべて表示]からスマホ内のアプリ一覧画面を開きます。

Android アプリ 無効化Android アプリ 無効化

一覧の中から無効化したいプリインストールのアプリをタップし、[無効にする]を選択。アプリの無効化に関する注意メッセージでも[アプリを無効にする]をタップすれば、プリインストールアプリの無効化は完了です。

ただし、アプリの無効化はアンインストールとは異なり、プリインストールのアプリを停止させているだけなので容量の開放などの効果はありません。また、無効化時の注意文の通り、プリインストールアプリの無効化によってスマホ本体、または他のアプリの動作に影響を及ぼす可能性があります。邪魔だからと安易にプリインストールアプリの無効化をするのは避けたほうが良いでしょう。

Android アプリ 無効化

無効化したプリインストールアプリを再び有効にするには、[アプリと通知]のアプリ一覧画面で無効化したアプリを選択し、[有効にする]をタップします。

Androidスマホでアプリのバックグラウンド通信を個別に無効(オフ)にする設定方法

アプリを削除せずに「非表示」にする方法

アプリをアンインストールや無効化したくないけれど、ホーム画面やアプリ一覧からは非表示にしたい、という人もいるでしょう。ホーム画面のみの非表示とアプリ一覧も含めた非表示は、それぞれ方法が異なるので、それぞれの方法を解説します。

アプリをホーム画面上のみから非表示にする

Android アプリ 非表示Android アプリ 非表示

ホーム画面上のみからアプリを非表示にする方法は簡単。非表示にしたいアプリのアイコンを長押しして、画面上部の[削除]までドラッグするだけです。ホーム画面上からアプリアイコンのみが削除されます。

もちろんアプリのデータはスマホ内に残っているので、アプリを使いたいときはアプリの一覧画面から選択して起動してください。

アプリをホーム画面とアプリ一覧から非表示にする

アプリをアプリ一覧(ドロワー)からも非表示にしたいときは、サードパーティのランチャーアプリを活用しましょう。

本記事では、定番のサードパーティ製ホームアプリ「Nova Launcher」を利用したアプリ非表示化の方法を紹介します。ただし、Nova Launcherでもアプリの非表示は有料版(600円前後)のPrimeにおいてのみ提供される機能となります。

アプリ「Nova Launcher Prime」をダウンロード
Nova Launcher Prime
アプリ「Nova Launcher」をダウンロード
Nova Launcher

Android アプリ 非表示Android アプリ 非表示

まずNova Launcherを起動して、アプリ一覧にある「Novaの設定」アイコンをタップ。メニューから[アプリとウィジェット ドロワー]を選択してください。

Android アプリ 非表示Android アプリ 非表示

画面をスクロールして、[非表示にするアプリ]をタップして進みます。

あとは、非表示にしたい(隠したい)アプリにチェックを入れます(複数選択可)。左上の矢印で戻れば、ホーム画面からもアプリ一覧からもアプリが非表示になっているはずです。

非表示にしたアプリは、同じ要領で該当アプリからチェックを外すことで、再び表示することができます。

検証端末:Pixel 3a(Android 11)

EDITED BY
TOKIWA