LINEの「友だち自動追加」とは?「友だちへの追加を許可」との関係も解説

LINEの「友だち自動追加」とは?「友だちへの追加を許可」との関係も解説

LINE(ライン)の「友だち自動追加」機能を使えば、スマホのアドレス帳に電話番号を登録している人が、自動的にLINEの「友だち」として追加されます。

ただ、電話番号を知っているというだけで勝手に友だち追加されては困る人も多いはず。そんな人のためにあるのが「友だちへの追加を許可」設定です。これをオフにしておけば、自動追加を回避できます。

少しややこしく思えるかもしれませんが、仕組みは難しくありません。本記事では、「友だち自動追加」および「友だちへの追加を許可」の適切な設定方法を解説します。

LINEの「友だち自動追加」をオンにするとどうなる?

LINE 友だち自動追加 LINE 友だち自動追加

左:友だち追加画面右:アカウントの引き継ぎ・登録画面

「友だち自動追加」設定は、LINEの友だち追加画面に表示されているほか、機種変更に伴うLINEのアカウント引き継ぎ時や、新規のアカウント登録時などに表示されます。

たびたび目につくこの「友だち自動追加」設定ですが、オンにすると自身やLINEの友だちにどのような影響があるのでしょうか。以下で説明していきます。

スマホのアドレス帳(連絡先)の情報がLINEと同期される

LINE 友だち自動追加

「友だち自動追加」項目をオンにすると、スマホのアドレス帳(連絡先)の情報、具体的には電話番号とメールアドレスが暗号化された安全な状態でLINEのサーバーに送られます。

LINE 友だち自動追加 LINE 友だち自動追加

自動追加するとアドレス帳の名前でLINEに登録される

結果として、スマホのアドレス帳に登録している人がLINEユーザー、かつ一定の条件を満たす場合に自動的に「友だち」として追加されるのです。

設定をオンにしたままでいると、アドレス帳に電話番号を登録する度に、LINEの友だちリストが自動で更新されるようになります。

LINEの友だちをいちいち手動で登録する手間が省ける半面、会社の上司や取引先の担当者など、プライベートではつながりたくない人とLINEでつながってしまうリスクも留意しておきましょう。

「友だちへの追加を許可」をオンに設定しているユーザーが自動追加される

LINE 友だち自動追加

先に述べたように、「友だち自動追加」項目をオンにすると、アドレス帳に電話番号を登録している人がLINEの友だちとして自動で追加されます。

ただし、アドレス帳に登録しているすべてのユーザーが友だち追加されるわけではありません。友だち追加される対象となるのは、次の条件をすべて満たす人だけです。

友だち自動追加の対象となる条件
  • 端末側でアドレス帳へのLINEアプリのアクセスを許可している
  • LINEアプリで「友だちへの追加を許可」設定をオンにしている
  • アドレス帳に登録された電話番号とLINEに登録された電話番号が一致している

相手の「知り合いかも?」欄に表示される可能性がある

LINE 友だち自動追加

アドレス帳に登録されている人物を一方的にLINEの友達に自動追加すると、同時に相手のLINE上に「知り合いかも?」の該当者としてあなたのプロフィール名やアイコンが表示されます。

これは、一方が連絡先を持ち、他方が持っていないケースなどで起こりうる現象です。連絡先を持つ側には相手が友だち追加されますが、連絡先を持たない側では友だち追加されず「知り合いかも?」の該当者として表示されます(「友だち自動追加」「友だち追加を許可」の両設定をオンにしているユーザー同士)。

もし「友だち自動追加」「友だち追加を許可」の両方をオンにしているにもかかわらず、友だちに自動追加できていないなら、「知り合いかも?」欄にいないかどうかも確認してみましょう。

「友だちへの追加を許可」をオンにするとどうなる?

LINE 友だち自動追加 LINE 友だち自動追加

LINEのアカウント引き継ぎ・作成時に「友だち自動追加」とセットで表示されるのが、「友だちへの追加を許可」設定です。設定ボタン[]から[友だち]に進んだ画面でも、オン・オフの切り替えができますが、オンにした場合にどのような影響が及ぶのでしょうか。

「友だち自動追加」をされる対象になる

まず第一に、「友だちへの追加を許可」をオンにすると「友だち自動追加」をされる対象になります。

LINE 友だち自動追加

つまり、自動追加をオンにしているLINEユーザーがあなたの電話番号をアドレス帳に登録しているとき、そのLINEユーザーの「友だち」として、あなたのアカウントが自動で追加されます。

あなたの電話番号は、会社の上司や取引先の担当者のほか、現在では疎遠になった人など、誰がアドレス帳に登録しているかわかりません。不特定多数の人とLINEではつながりたくないなら、友だちへの追加を許可をオフにしておくのがおすすめです。

電話番号検索による友だち追加の対象になる

「友だちへの追加を許可」をオンにすると、友だち自動追加だけでなく、電話番号による友だち検索・追加機能の対象にもなります。

LINE 友だち自動追加 LINE 友だち自動追加

左:友だち追加画面の虫眼鏡マークをタップ右:相手の電話番号を入力すると該当するユーザーがヒットする

電話番号検索は、知り合い同士で友だちに追加する手段としてとても便利な機能です。ただし、適当な英数字を入れて検索すれば該当するアカウントが表示される仕組みなので、まったく知らない人から友だち追加されてしまうリスクがあります。

そんなリスクを回避するため、「友だちへの追加を許可」設定がオフの状態では、電話番号で検索してもアカウントがヒットしない仕組みが採用されています。

自分側のアドレス帳(連絡先)の情報は同期されない

「友だちへの追加を許可」をオンにしても、自身の連絡先の情報がサーバーに送られることはありません。

あくまで「友だち自動追加」や「電話番号検索」をするLINEユーザーに対して、友だち追加を許可するだけです。

「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」に関する気になる疑問

「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」両設定でよくある疑問ついて、Q & A形式で答えをまとめました。

Q1:アドレス帳に登録しているのに友だち自動追加されない

A:「友だち自動追加」をオンにしているにもかかわらず特定の相手が友だち追加されない場合は、下記の要因が考えられます。

相手が友だち自動追加されないときに考えられる主な原因
  • 自分もしくは相手がアドレス帳のLINEアプリへのアクセスを許可していない
  • 相手が「友だちへの追加を許可」設定をオフにしている
  • 自分がアドレス帳に登録している相手の電話番号と、相手がLINEに登録している電話番号が一致していない
  • 相手が「知り合いかも?」欄に表示されている

最も可能性として高いのは、相手が「友だちへの追加を許可」設定をオフにしていること。相手がオンにしない限り自動追加はされません。

また、端末の設定で連絡先へのアクセスが許可されていない可能性もあります。この場合、電話番号とLINEが紐付かないため、友だち自動追加機能は働きません。

友だち自動追加をすると相手に通知は届く?

A:自動追加した相手には「○○があなたを電話番号で友だちに追加しました。」という通知が届きます。

LINE 友だち自動追加

さらに、あなたが一方的に相手を友だち追加している場合は、「知り合いかも?」欄にあなたの名前やアイコンが表示される可能性もあります。

いずれにせよ、アドレス帳の同期によって友だち追加した事実は相手には高い確率でバレてしまうでしょう。

Q3:「友だちへの追加を許可」をオフにしたのに自動追加されてしまうのはなぜ?

A:過去に一瞬でも「友だちへの追加を許可」をオンにしていた場合は、その時に自動追加されている可能性があります。

あとからオフにしても、すでに同期された電話帳のデータの取り消しや、友だち追加のキャンセルはできません。意図せず友だち追加されてしまった場合は、相手のアカウントを非表示もしくは削除・ブロックするしかないでしょう。

Q4:自動で友だち追加したくない・されたくない場合は?

A:「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」を両方オフしておきましょう

両方をオフにすれば自動で友だちが増えることはなくなり、友だちの追加は手動でのみ可能になります。手動追加の種類や実際の手順については、下記の特集で解説しています。

Q5:特定の相手だけを友だち自動追加させない方法はある?

A:アドレス帳の登録名の前に「#」を追記すると、友だち自動追加の対象から外せます

LINE 電話帳 同期

「#山田 太郎」のように、電話帳の登録名の前に「#」を追記するだけで、特定の友だちを自動追加の対象外にできます(バージョン5.6.0以降の機能)。

アドレス帳にLINEでつながりたい相手とそうでない相手が混在しているときには、「#」で友だち追加の必要がない相手をあらかじめ除外しておくといいでしょう。友だち自動追加したくない相手が限られるときには便利な方法です。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.11.0、Android版10.11.1

EDITED BY MOEGI