iOS 15の「集中モード」とは? 使い方をざっくり解説

メッセージで相手に集中モードかどうかも伝えられる

iOS 15へのアップデートで「集中モード」が利用可能になりました。勉強や仕事、睡眠などユーザーが何に集中したいかに基づいて、気が散らないように通知やアプリを絞り込む新しい機能です。

ゲームアプリの利用を制限したり、SNSアプリからの通知を止めたりできるほか、集中モード設定中である状況(通知が知らされていないこと)を他の人に伝えられるなど、その機能は多彩です。

本記事では、iOS 15のiPhone設定できる「集中モード」の基本的な使い方を解説します。

iPhoneの「集中モード」とは?

集中モードでは、ユーザーのおかれている状況に応じて、通知やアプリが自動的にフィルタリングされます。仕事や勉強、趣味などでいくら集中していても、友だちからのメッセージやゲームのプッシュ通知が画面に表示されると、ついついiPhoneを開いてしまうもの。それらの余計な着信やアプリの通知を届かないようにしてくれるわけです。

また通知が来なくても、仕事などから逃避したくなってスマホをいじってるうち、ついアプリを開いてしまうといったこともあるでしょう。そんなときも、集中モードでホーム画面のページを整理(非表示化)すれば、惑わされずに作業に専念できるかもしれません。

最初に提案されている集中モード

そのほかの集中モード

自分好みにカスタマイズもできる

「設定」アプリで[集中モード]へと進んだ画面で、最初に提案されているのが「おやすみモード」「パーソナル」「仕事」「睡眠」の4つです。このほかに「ゲーム」「フィットネス」「マインドフルネス」「読書」「運転」の集中モードも選択できます。

また自由に名前を付けて、許可するアプリや連絡先、時間などの条件を自分好みにカスタマイズできるオリジナルの集中モードもつくれます。

パーソナル集中モードは、いますぐ集中したいという時に便利です。最もオーソドックスなので、まずはこのパーソナル集中モードから始めてみるのもよいかもしれません。

通知を許可する連絡先やアプリを指定し、ホーム画面やロック画面の表示オプションなどを設定後(詳細は後述)、「パーソナル」のトグルをオンにすればすぐにパーソナル集中モードが有効になります。

睡眠集中モードは、文字どおり就寝前に設定するのがおすすめです。ヘルスケアアプリとも接続しているので、睡眠スケジュールや就寝準備をおこなう際にも便利です。

仕事集中モードには、設定した時刻、場所、または特定のアプリ使用時に自動的にオンになる機能があります。職場に到着した時や就業開始時間など仕事前に自動的にオンに設定できるのはうれしいポイントです。

従来からある「おやすみモード」は、集中モードの一つとして組み込まれました。これにより、以前のおやすみモードとは設定できる内容が変わっています。なお、おやすみモードをオンにすると、稼働中の他の集中モードが自動的にオフになります。

ホーム画面のページを非表示にできる

ホーム画面のページを特定の集中モード専用に設定できます。関連性のあるアプリだけを表示させることで、集中モード中にiPhoneを開いても、ついつい見てしまうアプリの誘惑から逃れられます。

集中モードにするとこの専用ページが表示されるので、アプリが消えてしまったと勘違いするかもしれませんが、ページが非表示になっているだけですのでご安心ください。

該当の集中モードでホーム画面のページを非表示設定するには、[ホーム画面]と進み、[ページをカスタマイズ]をオンにします。

ホーム画面のページがすべて見られるので、集中モード中に表示させるページのみチェックを入れ、右上の[完了]をタップしてください。

集中モードの設定画面に戻り、集中モードをオンにすれば設定完了です。

集中モードの設定前(左)と設定後(右)を比べてページ数が少なくなっているのが分かる

集中モードをオンにした際、設定前と設定後のページ数を見比べると、チェックを入れていないページがホーム画面に反映されていないことがわかります。

ここでは、ゲームアプリやSNSアプリなど集中したい時に邪魔なアプリを集中モードで非表示にするのをおすすめします。

特定の連絡先からの通知許可も可能

いくら集中したい時とはいえ、緊急時の連絡が突然くる可能性もあります。そういった時に備えて、集中モード中にも家族や仕事先の上司らといった特定の連絡先からの着信通知を許可することができます。

「通知を許可」の[連絡先]をタップし、「許可された連絡先」の[+]から通知を許可したい連絡先を選びます。設定が完了すると、「許可された連絡先」に連絡先が追加されているので、緊急の出来事にも遅れずに対応できます。

メッセージで相手が集中モード中かどうか分かる

集中モード中は基本的に通知を許可されている人以外の通知が届きません。集中モード中だと知らずに友だちがメッセージアプリであなたに連絡しようとすると、あなたの状況がすぐに表示されるようになっています。

メッセージを送った後に「この人は、通知を受け取らないようにしています」と表示されるので、相手は邪魔をしないよう配慮できます。

コントロールセンターでもオン/オフの設定が可能

集中モードは設定画面のほかに、コントロールセンターからもオン/オフの切り替えができます。

コントロールセンターを開き、左中央にある[集中モード]を長押しすると、集中モードの一覧が表示されます。設定したい集中モードをタップし、表示が白くなると設定完了です。

中には仕事集中モードなど自動で設定できるモードもありますが、コントロールセンターでは設定したい時に瞬時に切り替えられます。

検証バージョン
iPhone 12
iOS
iOS 15.0
EDITED BY
KON