インスタグラムで足跡がつく/つかないケースを徹底解説 相手の検索やハイライト閲覧はバレるのか?

インスタグラムで足跡がつく/つかないケースを徹底解説 相手の検索やハイライト閲覧はバレるのか?

Insttagramでフォローしている相手の写真・動画投稿、プロフィール画面などを閲覧すると「閲覧履歴が残ってしまいそうで怖い」「足跡はつくのか不安」「ユーザー検索は相手にバレるの?」などと心配するユーザーが多いようです。

ここでは、投稿などを閲覧した事実が相手に伝わってしまう何らかの履歴を"足跡"と呼ぶこととします。

結論から言えば、インスタグラムでは特定の行動によって足跡が残ってしまう機能が存在します。本記事では、インスタグラムで足跡が残るパターンと残らないパターンを徹底的に検証、解説していきます。

インスタグラムで足跡が残るパターン

インスタグラムでは、ユーザーが以下いずれかの行動を実行した場合に足跡が残ってしまいます。

ストーリーの閲覧(24時間以内に投稿されたハイライト含む)

ストーリーの閲覧(24時間以内に投稿されたハイライト含む)

インスタグラムのストーリーは、投稿するとフィードのストーリートレイに反映されます。ストーリーは投稿後24時間が経過すると、自動でストーリートレイから消えてしまい、第三者は閲覧できなくなる仕組みです。

ストーリーの閲覧(24時間以内に投稿されたハイライト含む) ストーリーの閲覧(24時間以内に投稿されたハイライト含む)

ストーリー投稿主の画面

ただ、気軽なのは投稿する側だけなのかもしれません。というのも、ストーリー機能には閲覧したユーザーを(投稿主だけが)確認できる機能が実装されているからです。

具体的には、投稿したユーザーはストーリーごとに誰が閲覧したかをリストで確認できます。

各ストーリーを表示すると、左下に目のアイコンと最近閲覧したユーザーが表示されるほか、ストーリーの管理画面で各ストーリーの閲覧ユーザーを一覧できるのです。なお、閲覧回数や閲覧時刻は表示されません。

ストーリーハイライトにも足跡がつく可能性がある

ストーリーの閲覧(24時間以内に投稿されたハイライト含む) ストーリーの閲覧(24時間以内に投稿されたハイライト含む)

ストーリーは投稿後24時間が経過すると、投稿主であっても閲覧リストが見られなくなります。そのため、24時間で消えてしまうストーリーをプロフィール画面上で保存・公開できる「ハイライト」の閲覧であれば、足跡がつくリスクは低いといえます。

ただし、ストーリー投稿の24時間以内にハイライトに追加されたストーリーの場合、たとえハイライトであっても足跡がついてしまう点には注意が必要です。

ダイレクトメッセージ(DM)の閲覧

インスタグラムダイレクトは、限定公開のメッセージ機能です。ここでやりとりされるダイレクトメッセージ(DM)は通常の投稿と異なり、指定した相手だけに公開されます。

ダイレクトメッセージの閲覧

受信したダイレクトメッセージを確認すると、メッセージ下部に既読表示がつく仕組みになっています。正確には、相手がスレッドを開いて閲覧した最新のメッセージに既読マークがつきます。

つまり、メッセージの内容を見たという事実が履歴として残ることになるため、これも一種の足跡機能だとみてよいでしょう。

消える写真・動画(ダイレクトメッセージ)の閲覧

ダイレクトメッセージには、消える写真・動画を個々のユーザーに送信できる機能があります。指定した相手だけに限定して送信し、相手が一度閲覧すると自動的にメッセージが消滅するというものです(再生回数は1回のみ/2回まで/制限なしの3タイプが設定可能)。

消える写真・動画(ダイレクトメッセージ)の閲覧

相手が消える写真を閲覧すると、ダイレクト画面で「開封済み」(iOS)または「既読」(Android)と表示されます。したがって、消えるダイレクトメッセージを閲覧した事実はバレてしまうことになります。

消える写真・動画(ダイレクトメッセージ)のスクリーンショット撮影

消える写真・動画(ダイレクトメッセージ)のスクリーンショット撮影

ダイレクトメッセージで受信した消える写真・動画をスクリーンショット撮影すると、相手側の画面には「スクリーンショット…」などと表示されてしまいます。

消える写真・動画(ダイレクトメッセージ)のスクリーンショット撮影 消える写真・動画(ダイレクトメッセージ)のスクリーンショット撮影

また、ダイレクトメッセージに残っている写真や動画を長押しして[詳細]をタップすると、その写真の送信時間と開封時間だけでなく、スクリーンショット撮影時間まで調べることができます。

スクリーンショット撮影された写真の横にフラッシュマークが付くので、このマークからもスクショが撮られた事実は一目瞭然となります。

消える写真・動画(ダイレクトメッセージ)のスクリーンショット撮影

相手がInstagramを開いていない場合は、OS標準のプッシュ通知によって「(ユーザー名)さんがあなたが送信した写真のスクリーンショットを撮影しました」といった内容が相手に届けられます。

なお、通常の投稿やストーリー投稿ならば、スクリーンショットを撮影しても投稿主にバレることはありません。

投稿へのコメント/いいね

これは言うまでもないことかもしれませんが、相手のフィード投稿に付けたコメントやいいねは、相手だけでなく他のユーザーに対しても公開されます。

注意してほしいのは、投稿写真をダブルタップしたときにいいねが付く仕様です。うっかり写真をダブルタップしてしまうと、相手に写真を見たことが確実に伝わってしまいます。

ライブ動画の視聴

ライブ動画の視聴 ライブ動画の視聴

インスタグラムのライブ動画では、動画配信に参加してきたユーザーの名前が画面左下にリアルタイムで表示されます。そのため、ライブ動画を配信しているユーザーとすでに視聴中のユーザーは、誰が新しく視聴を開始したのかを把握できる仕組みになっています。

また、画面上部の視聴マーク(目のマーク)をタップすると、リアルタイムの視聴者が一覧で把握できます。

ライブ動画の視聴 ライブ動画の視聴

ライブ動画の配信終了後にシェアした画面。ストーリーと同じように24時間表示される

ライブ動画はストーリー上に24時間シェアが可能です。ライブ動画の配信者は、画面左下の目アイコンから視聴者を確認できます。

自分のフィード投稿・ストーリーへのタグ付け

自分のフィード投稿・ストーリーへのタグ付け 自分のフィード投稿・ストーリーへのタグ付け

左:投稿にタグ付けした場合右:ストーリーにタグ付けした場合

フィード投稿・ストーリーに相手をタグ付けすると、タグ付けされた旨が相手に通知されます。投稿・ストーリーへのタグ付けも、相手に通知されてしまうという意味では、足跡を残すことになるでしょう。

フィード投稿の場合はアクティビティに、ストーリーの場合はダイレクトメッセージ内に通知されます。

ユーザーのフォロー(取り消し後は残らない)

ユーザーのフォロー(取り消し後は残らない)

ユーザーをフォローすると、相手のアクティビティに「◯◯さんがあなたをフォローしました」と通知されます。

ユーザーのフォロー(取り消し後は残らない)

間違えてフォロー/フォローバックしてしまった場合は、相手のプロフィール画面からすぐに[フォローをやめる]を選択すれば、アクティビティのフォロー通知も消えます。

フォローした瞬間に相手がフォロー通知を見ていなければ、フォローをなかったことにできるでしょう。

インスタグラムで足跡が残らないパターン

インスタグラムで足跡を残すパターンとして紹介した行動以外で、「足跡がつきそうな気がしてしまうけれども実際は足跡がつくことはない」ケースを5つ紹介します。

アカウント(ピープル)の検索

アカウント(ピープル)の検索

特定のユーザーを検索して相手のプロフィール画面や投稿を閲覧したとしても、検索した事実や閲覧履歴を相手に知られることは原則としてありません。

検索から相手のプロフィールに移動しても、足跡が残ることもありません。

通常の写真・動画投稿の閲覧

通常の写真投稿・動画投稿を閲覧しても、そこに足跡はつきません。タイムラインに流れている投稿に足跡がつかないのは当然として、個々の投稿のみを表示した場合でも足跡がつくことはありません。

なお、投稿に「いいね」したり、コメントしたりすると、相手に通知されます。投稿をダブルタップすると「いいね」してしまうので、閲覧したことを知られたくなければ注意してください。

ストーリー・通常投稿のスクリーンショット撮影

通常のフィード投稿やストーリーをスクリーンショット撮影しても、相手に通知がいくことはありません。ただし、前述したダイレクトメッセージの消える写真・動画のスクショ撮影は、相手にバレてしまいます。

プロフィールの閲覧

プロフィールの閲覧

友達のプロフィール画面を閲覧しても、足跡は残りません。もちろん、プロフィール画面から投稿などをチェックしても、その事実が相手に伝わることはありません。

注意したいのは、プロフィール画面の「ハイライト」でしょう。このハイライトに追加されたストーリーが24時間以内に投稿されたものならば、閲覧すると足跡が残ってしまいます。そうはいっても、ハイライトとして表示されるストーリーは、24時間経過したものが多いでしょうから、その場合は閲覧しても足跡が残る心配はありません。

フィード投稿・ストーリーのシェア

インスタグラムのフィード投稿をFacebookやFacebook Messenger、Twitterなどに共有したり、投稿のURLをコピーしたりしても、投稿主に通知が飛ぶことはありません。無論、共有の仕方次第では、共有したという事実が知られてしまう可能性はあります(例:ツイートを相手が見てしまった)。

また、ストーリーをダイレクトメッセージを経由してシェアしても、投稿主への通知はありません。

【インスタグラム】相手のストーリーにメッセージが送信できない、シェアできない理由とは

投稿の保存(ブックマーク)

投稿の保存(ブックマーク)

相手の投稿は、インスタグラムの保存機能を使ってコレクション保存(ブックマーク)が可能です。投稿の右下にあるボタンからおこないます。

相手の投稿を保存しても、その行動を相手が知ることはできません。投稿の保存は相手に通知されず、ユーザーが保存したコンテンツは他の人に表示されないためです。

また、投稿の画像を保存した場合も同様に、その事実が相手に伝わることはありません。

インスタでついた足跡は削除できる?

誰しも、足跡を後から消せるのかどうかは気になるところでしょう。この点、一度付けてしまった足跡を削除するには、自分のアカウント自体を削除してしまうほかありません。

しかし、自分のアカウントを削除すると、再び同じユーザーネームでの登録や、アカウントの復活は不可能になります。できれば、アカウントの削除は避けたいところです。

ストーリーの閲覧であれば、足跡をつけずに見る方法を以下で詳しく説明しているので参考にしてください。

閲覧履歴を確認できるインスタ向けアプリは存在するのか?

Faccebook:足跡

さまざまなSNSで必ずと言ってもいいほどユーザーの関心を集めるのが、閲覧履歴ないし訪問履歴をチェックできる足跡確認アプリが存在するのか否かということです。

そもそも足跡機能とは本来、国内老舗SNS「mixi」に存在する訪問履歴の確認機能のことを指すのが一般的でした。そして、いまの30代以上のネットユーザーの多くが初めて触れたソーシャルサービスがmixiであったことから、訪問履歴を確認できる機能のことを「足跡」と呼び習わすようになった経緯があります。

たしかに、誰が自分のコンテンツを閲覧したかを確認できる足跡機能は便利です。しかし、自分の閲覧状況を友達に把握されることを嫌がるユーザーも多いのが現状。そのためか、現在では多くのSNSにおいてmixiのような足跡機能は存在しません。

そうなってくると「足跡確認アプリがほしい」と一部のユーザーが考えるのも無理からぬことでしょう。その一方で「足跡確認アプリがあると嫌だ」と感じるユーザーも出てくるわけです。いずれにせよ、足跡確認アプリの存在が一定数のユーザーの関心事項となってしまうのです。

この点、筆者が調べた限り、インスタグラム向けの足跡確認アプリは存在しません。そもそもインスタグラムに本来の意味での足跡機能が存在しない以上、当然でしょう。これはFacebookTwitterLINEなどでも同様です。

Facebook「知り合いかも」表示の仕組みと“足跡”機能の有無、相手ユーザーを検索したことはバレるのか?

もし、今この記事を読んでいるあなたが足跡確認アプリを探しているのであれば、そういった願望を抱くこと自体を止めた方がよいでしょう。なぜなら、足跡確認機能を有すると謳うような類のアプリやウェブサービスは、端的に言って"怪しい"ものが多いからです。

検証したInstagramアプリ:iOS版バージョン116.0.0.24.361 、Android版バージョン116.0.0.34.121

EDITED BY BOTAN