インスタグラム「検索」方法まとめ:ユーザー/名前/複数ハッシュタグ検索など

インスタグラムの「検索」方法まとめ:ユーザー/名前/複数ハッシュタグ検索など、上位(おすすめ)表示の仕組みも解説

Instagramで探したいユーザー(アカウント)がなかなか見つからなかったり、投稿を絞り込んで探せなかったりと、思うように検索できないと感じる人も少なくないようです。

本記事では、インスタグラム標準のアカウント(ユーザー)・ハッシュタグ・スポット検索の機能に加え、サードパーティサービスによる複数ハッシュタグによる検索方法などについて解説します。

インスタグラムの使い方 超入門──登録からフォロー、投稿、タグ付け、いいね、ストーリーまで

インスタの3つの検索機能「アカウント」「ハッシュタグ」「スポット」

インスタグラムには「アカウント」「ハッシュタグ」「スポット」と呼ばれる3つの検索方法が備わっており、目的別に使い分けができます。まずは、これらの標準的な検索機能を使ってみましょう。

3つの検索機能「アカウント」「ハッシュタグ」「スポット」

画面下部にある検索タブ[]を選択し、最上部に表示された検索窓をタップします。すると、検索窓の下に「上位検索結果」「アカウント」「タグ」「スポット」タブが表示されます。

  1. 上位検索結果:アカウント、タグ、スポットのすべてから上位の検索結果が表示される
  2. アカウント:アカウントに絞って検索できる
  3. タグ:ハッシュタグに絞って検索できる
  4. スポット:スポットに絞って検索できる

ユーザーで探す「アカウント」検索

アカウント検索とは、アカウント名(ユーザーIDや名前)だけで検索できる機能です。好きなタレントやクリエイターなどのインスタが見たい、という時に便利です。

ユーザーで探す「ピープル」検索 ユーザーで探す「ピープル」検索

アカウント検索をおこなうには、検索画面の「アカウント」タブに切り替えた状態で、検索欄にアカウント名(ユーザー名または氏名)を入力。すると候補となるアカウントが表示されます。アカウント名の上部が「ユーザーID」(例:official_mori_erika)、下部が「名前」(例:森絵梨佳)です。

アカウント検索で注意したいのが、“人違い”です。

アカウントの検索結果 人違い アカウントの検索結果 人違い

左:「ローラ」と入れると、本人らしき公式アカウントが見当たらない右:「rolaofficial」で検索してみると、検索のトップに公式アカウントが表示された

たとえば有名人の名前(例:ローラさん)で検索した場合、本人のものと判別が難しい複数のアカウントが表示されることがあります。

アカウントの検索結果 人違い

アカウント名の右側に青いバッジがついているものは、公式アカウントである場合がほとんどだ

そうした場合には、あらかじめ正式なアカウント名をきちんと調べた上でインスタグラムでも検索するのがおすすめです。また、Instagramが著名人などの公式的なアカウントと判断しているアカウントには、青い認証バッジが付いています。これも目安の一つになります。

キーワードで探す「ハッシュタグ」検索

ハッシュタグ検索は、「#」+「キーワード」で検索できる機能です。ハッシュタグとは、投稿者が画像に付ける名札のようなもので、投稿の文末に表示されます(例:#新宿、#夜景など)。自分の興味のあるテーマ(キーワード)などを入力して、関連した投稿(タグが付いたものだけ)を探せます。

キーワードで探す「ハッシュタグ」検索

ハッシュタグ検索をおこなうには、検索画面で「タグ」タブに切り替え、キーワードを入力します。入力したキーワードが入ったタグが、投稿数の多い順で表示されるようになっています。

投稿数やフォロワー数の「k」とは

投稿数やフォロワー数のところに、「431k件」というように「k」が表示されているタグやアカウントがあります。この「k」は「1000」を表す単位です。たとえば「20万k」は20万×1000となり、2億を表します。

キーワードで探す「ハッシュタグ」検索

「トップ」にはユーザー人気の高い画像、「最近」には投稿日時の新しい画像が選ばれて表示されます。

なお、[フォローする]をタップするとタグ自体をフォローでき、自分のフィードにそのハッシュタグ投稿が流れてくるようになります。

地図上の場所で探す「スポット検索」

スポット検索とは、特定の場所の位置情報が付けられた投稿を検索できる機能です。初めて訪れる場所や話題のレストランなど、気になる場所の写真や動画を探したい場合に便利です。

地図上の場所で探す「スポット検索」 地図上の場所で探す「スポット検索」

スポット検索をおこなうには、検索画面の「スポット」タブに切り替え、駅名や店の名前などのスポット名、または住所を入力します。すると、候補となるアカウントが表示されます。

検索結果では、入力した場所の周辺で撮影された写真や動画を見ることができます。

地図上の場所で探す「スポット検索」 地図上の場所で探す「スポット検索」

左:位置情報がオンになっている場合右:位置情報がオフになっている場合

スポット検索には、位置情報サービスを利用して「現在地周辺」の写真・動画を探す機能もあります。なお、位置情報の利用が許可されていないと、この機能は利用できません。

地図上の場所で探す「スポット検索」 地図上の場所で探す「スポット検索」

現在地の情報をもとにスポット周辺の情報が自動検索され、検索結果ではその周辺で撮影された写真や動画が表示されます。旅行中に周辺の観光地を調べたり、現在地から近い飲食店を探したりするのに重宝するでしょう。

上位検索結果に表示される「おすすめ」「◯◯をフォロー中」「最近」の仕組み

上位検索結果に表示される「おすすめ」「◯◯をフォロー中」「最近」の仕組み 上位検索結果に表示される「おすすめ」「◯◯をフォロー中」「最近」の仕組み

インスタグラムの検索画面にある「上位検索結果」に、「おすすめ」「◯◯をフォロー中」「最近」の3つの項目が表示されています。これらに表示されるアカウントやタグ、スポットが、どのような仕組みで選ばれているのかを説明します。

「おすすめ」に表示されるアカウントはどう選ばれているのか

上位検索結果の「おすすめ」とは

検索タブ[]を開いて検索窓をタップすると、「上位検索」タブが表示されます。ここの「おすすめ」の項目には随時5件のアカウントが表示されるようになっています。

「おすすめ」にでてきたアカウントは非表示にできる

「おすすめ」に表示されたアカウントの右側にある[☓]をタップします。そうすることで、表示されるおすすめアカウントを削除し、以後表示されないようにすることができます。その場合、自動的に新しいアカウントが「おすすめ」に追加されます。

このおすすめに表示されるアカウントは、ユーザーの行動履歴から自動的に提案されます。よく検索するアカウントや、共通の友達、その人の知りありかもしれない人など、その人がフォローしそうな類似のプロフィールがおすすめとして表示されるといいますが、残念ながら明確な基準は公表されていません。

なお誰かを検索すると、その相手にバレるのかという不安をときどき耳にしますが、結論から言えば検索しただけで相手にそのことが知られることはありません。詳しくは、下記の記事を参照してください。

「◯◯をフォロー中」の仕組み

「◯◯」をフォロー中とは

上位検索結果「おすすめ」の下の項目に「◯◯をフォロー中」があります。最近フォローしたアカウントをフォローしているアカウントで、その人がフォローしそうな類似のプロフィールがおすすめとして表示されているようですが、残念ながら明確な基準は公表されていません。

なお、表示されたアカウントの右側にある☓をタップすれば、今後表示されなくなります。

「最近」の仕組み

「最近」の仕組み

上位検索結果の「最近」には、閲覧したアカウント、タグ、スポットの検索履歴が表示されるようになっています。

注目
「最近」に表示される検索履歴をまとめて削除する方法

「最近」に表示される検索履歴は、右側に表示された[☓]から、ひとつずつ削除できます。ただし、削除したアカウントやキーワードを再び検索してしまうと、検索履歴に表示されてしまいます。いちいち削除するのが面倒ならば、検索履歴をまとめて削除するといいでしょう。

「最近」に表示される検索履歴をまとめて削除する方法 「最近」に表示される検索履歴をまとめて削除する方法

まずは、プロフィール画面のメニューボタン[]から設定ボタン[]を開き[プライバシー設定とセキュリティ]へ進みます。

一番下へスクロールすると[検索履歴をクリア]があるので、そこをタップしてください。

「最近」に表示される検索履歴をまとめて削除する方法 「最近」に表示される検索履歴をまとめて削除する方法

確認画面で[はい]を選択すると、検索履歴の削除が完了です。上位検索結果では、表示されていた「最近」の項目が全て消えていました。

インスタで検索してもアカウント・投稿・タグなどが見つからない原因

いくら検索しても目的のアカウントやハッシュタグ、投稿などがヒットしない場合、それらが存在しない以外には、主に2つの以下の可能性が考えられます。

  1. 非公開アカウントである
  2. 相手にブロックされている

そのユーザーとフォロー関係にない第三者は、非公開アカウントによる投稿(フィード、ストーリーとも)を閲覧できません。非公開アカウントが投稿にハッシュタグを付けていても、その投稿は第三者によるハッシュタグ検索の検索対象とならない仕様です。

また、Instagramでブロックされると、ユーザー名で検索しても名前が表示されなくなります。詳しくは下記の記事などを参照してください。

インスタを複数ハッシュタグで検索する方法

「#花火 #東京」など、2つ以上のハッシュタグを同時に検索したいときもあるでしょう。しかし現時点では、インスタグラム内での複数タグの検索はできない仕様です。

複数タグの検索やキャプション検索はできない 複数タグの検索やキャプション検索はできない

たとえば、タグで「花火」と「東京」の間にスペースを入れた状態で検索すると、ワンワードで「花火東京」が入ったハッシュタグのみが検索されます。「花火 東京 お台場」とワードを足していくと、「花火東京お台場」というワンワードがインスタ上のタグに存在しないため、検索結果がヒットしませんでした。

ところが、Instagramハッシュタグ検索を利用することで複数ハッシュタグの検索が可能になります。

複数ハッシュタグを検索する方法

スマホまたはPC(パソコン)で、Instagramハッシュタグ検索にアクセスします。ワードとワードの間にスペースをいれて(全角・半角どちらでも可)[あいまい検索]を選択してください。

[直接検索]では、完全一致のハッシュタグ検索ができます。

複数ハッシュタグを検索する方法

下へスクロールしていくと、入力した複数ワードのハッシュタグを含む検索結果が表示されるので、見たいURLを選択してください。

複数ハッシュタグを検索する方法 複数ハッシュタグを検索する方法

そのままブラウザで閲覧できますが、ログイン済みのInstagram上で見れば、アーカイブしたり、ダイレクトメッセージ(DM)を使って友だちにシェアしたりと便利でしょう。

スマホから閲覧している場合は、画面下の[アプリを利用]をタップし、「このページを”Instagram"で開きますか?」と表示されたら[開く]をタップします。PC版Instagramでは、画面下の[ログイン]をタップし、次の画面でインスタグラムのアカウント情報を入力してログインすれば完了です。

検証したInstagramのバージョン:iOS版93.0.0.14.101、Android版93.1.0.19.102

EDITED BY BOTAN