インスタグラム「消えるメッセージモード」の使い方と注意点

モード中のスクショ撮影や通知についても解説

インスタグラムのDMには、「消えるメッセージモード」機能があります。このモード下でメッセージを既読にすると、次回スレッドを開いたときには対象メッセージが消滅するというものです。

本記事では、Instagramの消えるメッセージの送り方や同モードの仕組みをわかりやすく解説。消えるメッセージはスクショ撮影すると相手にバレるのか、また通知から読めるのかなど、知っておきたい注意点についても解説します。

インスタの「消えるメッセージモード」とは?

自動で消えるメッセージは、SnapchatやWhatsAppなど他のSNSやメッセンジャーにも同様の機能が存在します(LINEにはノート投稿にタイマー機能がありましたが提供終了予定)。記憶にも残らないような他愛のない話ができたり、一瞬だけの秘密のやりとりを楽しめたりと、さまざまなシーンで活用されているようです。

インスタグラムのDMで使える「消えるメッセージモード」では、モード中のメッセージが閲覧(既読)後に消えるようになります。どのようなことが起きるのか、具体的に仕様を見ていきましょう。

モード中のやりとりはスレッドを閉じれば消える

消えるメッセージを送るには、相手とのスレッドを「消えるメッセージモード」に切り替える必要があります(後述)。

消えるメッセージモード中は、画面が黒く切り替わります。ダークモードで利用している場合は、通常も背景が黒いためあまり変化はありませんが、画面上部に「消えるメッセージモードをオフにする」ボタンが表示されます。

消えるメッセージモード中

スレッドを一度閉じる

もう一度開くとやりとりが消えている

  1. 消えるメッセージモードに切り替えメッセージを送受信
  2. 相手がメッセージを既読し、スレッドを閉じる
  3. 相手がスレッドを再び開くとメッセージが消えている

消えるメッセージモード中に送受信したやりとりは、上の手順を踏むと消える仕組みです。モード中に送った写真や動画、シェア投稿なども消えます。

つまり、消えるメッセージモード中に送ったメッセージを相手が閲覧(既読に)してスレッドを一度閉じてしまえば、以後は相手に当該メッセージが再び表示されなくなるということです。また、自分の画面からもメッセージが消えます。

モードのオン・オフはスレッド内の全員に反映される

消えるメッセージモードは、自分だけでなく、スレッドに参加しているメンバー(相手)全員に影響が及ぶ機能です。自分がモードをオンにすれば相手もオンに、オフにすれば相手もオフになります。

消えるメッセージモードを開始すれば、相手側も同時に切り替わるため「今からのやりとりは消えるメッセージに該当する」ことがわかるでしょう。

また、消えるメッセージモードは開始した側(自分)だけがオフにできる機能ではありません。相手が消えるメッセージモードをオフにすれば、その時点でモードが解除されます。

モード中のスレッドには、点線の丸(青い丸)がつく

消えるメッセージモード中であることは、メッセージを送信する際に表示されるマークから判別できます。ユーザーネームの横に点線の丸が表示されていれば、「消えるメッセージモード中」です。また、モード中のユーザーからメッセージを受信するとグレーから青色の点線に変わります。

相手がオンライン中だと表示される緑色の点とは異なります。

消えるメッセージモードの使い方

消えるメッセージモードの設定・解除の手順を解説します。モード設定をしたとき、相手と自分のスレッドでどのような現象が起こるのかについても紹介します。

相手とのチャット画面を上方向にスワイプ(モードON)

相手とのスレッドを開いたら、画面を上方向へスワイプしてください。画面上部に「消えるメッセージモードをオフにする」ボタンが表示されていれば、モードがオンになっています。

消えるメッセージモード中にメッセージを送る

消えるメッセージモードをオンにすると、自動的に相手側にもモードが適用されます。

どちらか一方がモードを解除しない限り、お互いに送り合ったメッセージ(動画や画像、投稿のシェア含む)は消えるメッセージの対象となります。

受信側が既読後、スレッドを閉じるとお互いのメッセージが消える

消えるメッセージを受信した側は、内容を確認後に一度スレッドを抜け、再びスレッドに入った時点で当該メッセージが見られなくなります。

送った側の画面では、相手が当該メッセージを閲覧するまでやりとりを確認できます。ただし、相手がメッセージを閲覧後、スレッドに入り直すとメッセージは消えます。

消えるメッセージモードを解除する方法

消えるメッセージモードを解除する手順や相手側への影響について解説します。チャットに参加しているメンバーなら誰でも解除操作がおこなえます。

オフボタンをタップするか、画面を上にスワイプすると解除できる

消えるメッセージモードをオフにするには、画面上の[消えるメッセージモードをオフにする]をタップするか、画面を上方向にスワイプします。

モードが解除されると、自分だけでなく相手側も解除されます。

モードの解除はスレッドのメンバーなら誰でもできる

消えるメッセージモードの解除は、チャットに参加しているメンバーであれば、誰でもできます。開始した側だけでなく、相手やグループメンバーも解除可能ということです。

画面上の[消えるメッセージモードをオフにする]をタップするか、画面を上方向にスワイプして解除します。

消えるメッセージモードで知っておくべき注意点

インスタの消えるメッセージモード機能を使うなら、スクショや通知まわりなど押さえておきたい注意点をまとめました。

消えるメッセージモード中のスクショ撮影・画面録画はバレる

消えるメッセージモード中にスクリーンショット撮影をすると、相手側のスレッドに「〇〇さんがスクリーンショットを撮影しました」と表示されます。

ただし、内容を確認後にスレッドを閉じる、あるいは消えるメッセージモードを解除すれば、メッセージやスクショ撮影、既読などの通知が相手側のスレッド上から消えるようになっています。

iPhoneでは、画面収録でも履歴が残ってしまう点に注意してください。Androidスマホでは画面録画をしても、通知は相手に届きません。

プッシュ通知によるメッセージの確認はできない

ロック画面に届いたプッシュ通知、内容は表示されない

ロック・ホーム画面への通知をオンに設定していても、消えるメッセージモードで送られたメッセージは通知上で内容を確認することはできません。

既読回避アプリなどを利用してもモード中のメッセージは読めない

Androidアプリ「既読回避サポーター」などを利用して、DMで既読をつけずにメッセージを読む方法があります。しかし、消えるメッセージモード中に送られたメッセージは、こうした既読回避専用のアプリを利用しても読めない仕様になっているのです。 

消えるメッセージモードに関するよくある疑問と答え

消えるメッセージモードでのやりとりは復元できるのか、スタンプや画像なども消えてしまうのかといった疑問に答えていきます。

消えるメッセージモード中のやりとりは復元できる?

消えるメッセージモード中のやりとりは復元できません。スクショや画面録画で内容を保存することはできますが、その事実は相手に伝わります(詳細)。

モード中のやりとりを残しておきたい場合は、スクショ撮影するか画面録画するしか方法はありません。

注意したいのは、スクショ撮影すると画面に通知が表示されてしまう点。また、iPhoneでは画面収録であっても通知されてしまいます(Androidスマホではバレない)。

消えるメッセージモード中に送受信したスタンプや画像はどうなる?

消えるメッセージモード中は、スタンプや画像も例外ではなく、スレッドを閉じれば消滅します。

消えるメッセージを既読を付けずに読む方法はある?

消えるメッセージモード中のやりとりを既読を付けずに読むことはできません。

前述したように、プッシュ通知やスレッド一覧から内容を確認できない仕様になっています。
 

検証バージョン
Instagram
iOS
234.0.0.19.114
Instagram
Android
234.0.0.19.113