インスタグラムの「アクティビティ」とは? 履歴の見方や非表示方法、活用術を解説

インスタからアクセスしたリンク履歴の見返しにも便利

インスタグラムで目にする「アクティビティ」には、3種類の機能があります。オンライン状況の表示、投稿へのリアクション通知、そしてInstagramの利用状況やサイト履歴の確認です。

本記事では、インスタの3つのアクティビティの使い方や、アクセスリンク履歴の見方、アクティビティステータスの非表示方法などを解説します。

インスタグラムの3つの「アクティビティ」とは?

インスタグラム上で「アクティビティ」と表示される機能は3種類存在し、それぞれの使い方や表示場所は異なります。

インスタの3つの「アクティビティ」
  1. DM画面の「アクティビティ」:オンライン状況の表示
  2. ホーム画面のハートマーク:投稿へのコメントやフォロー通知など
  3. 設定画面の「アクティビティ」:インスタの利用状況や閲覧サイトの履歴確認

3つの「アクティビティ」について、解説していきます。

1:DMでオンライン状況がわかる「アクティビティがありました」

DM(ダイレクトメッセージ)画面を開くと、各スレッドに薄くグレーアウトした文字で「アクティビティがありました」などと記載されているのが確認できます。

インスタへのログインや直近の利用時間がわかる

DM(ダイレクトメッセージ)画面を開くとスレッド上に表示される「今日アクティビティがありました」は、インスタの使用履歴を表すものです。

今日の時点で相手はインスタにログインし、利用していたことがわかります。ただし、いつ利用していたかはわかりません。

一方、「○○分前(○○時間前)にオンライン」とスレッドに表示されている場合は、相手が直近でいつ頃インスタを利用していたかが分かります。

オンライン中がわかる緑の点も表示される

DMのスレッド一覧画面では、「オンライン中」の表示と一緒に緑の点がつくことがあります。

これは、当該ユーザーがリアルタイムでインスタグラムアプリを開いているのを意味します。ただし、相手側のオンライン状態が見えるということは、自分側のオンラインステータスも見られている点に注意してください。

以下、オンライン情報(緑の点)を隠す方法を解説していきます。

アクティビティ(オンライン情報)は非表示にできる

自分のログイン情報を他の人から非表示にする設定があります。この設置をおこなうと、他人のログイン情報(アクティビティやオンライン中)も見られなくなる点に注意してください

プロフィール画面のメニューボタン​から設定​をタップし、[プライバシー設定]を開きます。

続いて[アクティビティのステータス]を選択してください。

「アクティビティのステータスを表示」をオフにすればOKです。

これで、オンライン中の緑の点や、使用した日時などのステータスが相手側のDM画面に反映されなくなります。

2:投稿へのいいねやコメント、フォロー通知などが届く場所(ハート)

「ホーム」タブの右上にあるハートマークが、2つ目のアクティビティです。

ここは、自分の投稿への「いいね!」やコメント、フォロー通知などが集まります。

また、アカウントを非公開にしていると、誰かからのフォローが「フォローリクエスト」としてアクティビティに溜まっていきます。アクティビティ画面上部の[フォローリクエスト]をタップすると、フォロー申請中アカウント一覧が表示される仕組みです。

3:インスタからアクセスしたリンク履歴や利用時間が確認できる(設定画面)

3つ目の「アクティビティ」は、インスタ経由でアクセスしたサイトのリンク履歴や、自分がインスタグラムを利用した1日の平均時間が確認できる場所です。

インスタからアクセスしたリンク一覧の確認

プロフィール画面右上のメニューボタン​から[アクティビティ]を選択します。「リンク」タブでは、インスタのフィードやストーリー、プロフィールを経由してアクセスしたウェブサイトなどの履歴一覧が見られます。

過去にインスタ経由でチェックした商品ページや、Twitter、TikTokページなどをチェックできるのが利点です。各リンクの画像部分またはURL部分をタップし、当該リンクを開いてください。表示を消すには、右上の[履歴を非表示にする]をタップすればOKです。

インスタグラムの利用時間がわかる

自分がインスタを使っている時間の合計や平均が見られるのも「アクティビティ」です。

1日の平均利用時間

7日間のうち指定した日の利用時間

画面上には、直近7日間で1日のうちどのくらいインスタを利用していたかの平均時間が表示されます(画像右、ここでは23分が平均)。

グラフ部分を長押しすると、1日の利用時間がわかる仕組み。たとえば日曜日のグラフを長押しすると、直近の日曜日に何分(時間)インスタを利用したが表示されます。

「毎日のリマインダーを設定」では、1日の利用時間が設定時間を超えるとリマインダーがセットできるようになります。

インスタの利用時間を制限したいユーザーや、子ども(13歳以上)の利用時間の上限を決めておきたい保護者にとって、有効な設定でしょう。

検証バージョン
Instagram
iOS
196.0.0.21.120
Instagram
Android
196.0.0.32.126
EDITED BY
BOTAN