インスタグラムのストーリーハイライトに足跡(既読)はつく? 閲覧履歴は残るのか

インスタグラムのストーリーハイライトに足跡(既読)はつく? 閲覧履歴は残るのか

Instagramのストーリーは、投稿後24時間でフィード上部のストーリーズトレイから削除されてしまいます。そんな過去のストーリーを自分のプロフィール画面上に公開しておけるのが「ハイライト」機能です。

本記事では、インスタのハイライトを閲覧すると、通常のストーリーと同様に閲覧者リストとして足跡がついてしまうのか、また既読数がカウントされるのか否かを解説します。

ストーリーハイライトに足跡(既読)はつく?

インスタグラムのストーリーは、投稿後24時間が経過するとストーリーズトレイから消えます。ただしハイライト機能を使えば、それ以降の過去のストーリーを自分のプロフィール上に公開しておけます。

閲覧する側の立場で気になるのは、ハイライトを見ると閲覧者リスト(足跡や既読)が残ってしまうかどうか。この点、ハイライトに公開されているストーリーに足跡がつく可能性はほぼありませんが、例外が存在します。

インスタグラム「ハイライト」機能とは? 作成からカバー画像編集、保存まで使い方まとめ

ハイライトに足跡がつくケース

ハイライトに足跡がつくパターン

ハイライトを見ると、足跡が残ってしまうことがあります。それは、投稿後24時間以内のストーリーが追加されている(含まれている)ハイライトの閲覧です。

ハイライトに足跡がつくパターン ハイライトに足跡がつくパターン

投稿者は、ストーリーズトレイに表示されているストーリーと同じように、再生画面下の閲覧者リストから足跡(既読)を確認できます。つまり、ハイライトにも足跡機能が引き継がれる、ということです。

インスタグラムのストーリーを足跡(既読)をつけないで閲覧する方法まとめ

ほとんどのハイライトには足跡や既読数はつかない(バレない)

ハイライトに足跡がつくパターン ハイライトに足跡がつかないパターン

ハイライトに追加されているストーリーのほとんどは、投稿後24時間が経過してストーリーズトレイから消えてしまった“過去のストーリー”です。この過去のストーリーには閲覧者リストが存在しないため、投稿主は足跡(既読)の履歴を確認できません。相手のプロフィール画面からハイライトを閲覧しても、基本的に足跡が残る心配をしなくていいでしょう。

ただし前述のように、投稿後24時間が経過していないストーリーをハイライト上で閲覧してしまうと、足跡が残るため注意してください。なお、足跡が残っても24時間が経ってしまえば、投稿者は閲覧履歴を確認できなくなります。

ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント

ほとんどのハイライトには足跡はつかない、と解説しましたが、投稿後24時間以内のストーリーが追加されているハイライトには閲覧履歴が残ってしまうのはやはり気になるところです。

ここでは、ハイライトを見ても足跡をつけずに済む可能性が高まる対策を紹介します。ただし、以下の注意点を守ったとしても、足跡がつくストーリーハイライトを引き当ててしまうかもしれない点に留意してください。

ハイライトの更新に要注意、左側のハイライトほど新しい

ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント

ハイライトは作成・更新されるたびに画面の左側に追加されていきます。つまり、一番左のハイライトは最新で、一番右は最も古いハイライトということです。

検証のため、現在のハイライトを左側からNo.1〜3とナンバリングしました。

ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント

ストーリーを投稿後、再生画面上でハイライトに新しく追加。このとき、「No.3」のハイライトを選択しました。

ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント

ハイライトを確認すると、先ほど追加したハイライト「No.3」が一番左側に繰り上がっているのが確認できます。「No.3」に追加したストーリーは投稿後24時間以内のものですから、当該ハイライトを閲覧すれば足跡が残ります。

ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント

左:「No.3」に最初に追加されたストーリー右:「No.3」に追加された”最新の”ストーリー、このとき投稿後24時間以内のため閲覧者リストがある

ただし、ハイライトに複数のストーリーが追加されている場合は足跡が残らない可能性も。左画像のように、ハイライトは一番最初に追加された古いストーリーから再生されるため、頻繁に更新・追加されているハイライトであればタップしてすぐに足跡がつくことはないでしょう。

ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント

また、複数のハイライトが作成してある場合、右側にあるほど古いハイライトになります。まずは右端のハイライトから閲覧していけば、足跡がつくリスクは低いと言えます。

ストーリーとハイライトの連動をプロフィール画面で確認する

ハイライトにうっかり足跡をつけないためのヒント

もう一つ注意すべき点は、現在進行系でストーリーが投稿されているかどうか。相手のプロフィール画面を表示させ、アイコン付近にピンクグラデーションの輪っか(ストーリーリング)がついていれば、ストーリーが投稿されている証拠です。

このとき、一番左側にある最新のハイライトに投稿中のストーリーが追加されているかもしれません。相手のストーリーリングに印がついているなら、一番左側のハイライトの閲覧は避けておいたほうが無難でしょう。

アーカイブされたストーリーに足跡は残る?

ストーリーのアーカイブには、これまでに投稿してきた過去のストーリーが保存されています。

ストーリーアーカイブ 足跡 ストーリーアーカイブ 足跡

プロフィール画面右上のメニューボタン[]から[アーカイブ]をタップし、[ストーリーズアーカイブ]を選択すると、ストーリーの一覧が表示可能です。

ストーリーアーカイブ 足跡

アーカイブ上にある過去のストーリーを再生すると、閲覧者リスト(足跡や既読)は画面上から消えています。つまり、アーカイブ上のストーリーには足跡が付きません。

ただし、ストーリーズアーカイブには投稿直後のストーリーも追加されます。このストーリーが投稿してから24時間以内のものであれば、閲覧者リストが確認できてしまう点に注意してください。

検証したInstagramのバージョン:iOS版178.0.0.22.119、Android版175.1.0.25.119

EDITED BY BOTAN