【インスタグラム】DMの消える写真・動画とは? 使い方やスクショ通知の有無まで

【インスタグラム】DMの消える写真・動画とは? 使い方やスクショ通知の有無まで

Instagramのダイレクトメッセージ(DM)には、送信した画像・動画の視聴再生回数を1回または2回に限定できる「消える写真・動画」機能があります。

消える写真・動画を相手が閲覧するとそれらは二度と見られなくなるため、希少性を高めて楽しめるだけでなく、第三者にシェアされたりSNS上に残ったりといった心配も軽減されます。

本記事では、インスタDMにおける消える写真・動画の仕組みや送り方を解説。受信者側では再生後どうなるのか、スクショ撮影や画面録画すると相手にバレるのかなどについても紹介します。

インスタの「消える写真・動画」とは?

インスタグラムのDMで使える「消える写真・動画」は、どのような仕様になっているのか解説します。

閲覧すると再生できなくなる

消える写真・動画は、第三者に写真や動画を見られたり、インスタ上にデータを残したりしたくないといった場合に使える機能です。必然的に、写真や動画にレアな要素をもたせる効果も生じます。

閲覧すると再生できなくなる

写真・動画の再生可能回数を1回のみ、または2回に限定ができるのが特徴で、指定した回数を受信者が閲覧すると自動的にデータが消えるようになっています。つまり閲覧すると、相手は再び当該写真・動画にアクセスできなくなります。

再生回数は3種類用意されている

送信者は、以下の3つから写真・動画の再生回数を指定できます。

  • 1回表示:再生は一度のみ。閲覧後消える
  • リプライを許可:2回まで閲覧が可能
  • チャットに保存:回数制限はなく、消える写真・動画ではない

誰かに再シェアされたくない写真や動画を送る場合は、「1回表示」を選ぶのがおすすめ。相手が見逃したときにもう一度だけ再生できるようにしておくなら、「リプライを許可」を選択するといいでしょう。

注意:DMチャット内の写真・動画は消えないパターンもある

注意:DMチャット内の写真・動画は消えないパターンもある 注意:DMチャット内の写真・動画は消えないパターンもある

相手とのチャット内右下にある画像アイコンをタップすると、端末のアルバムにある写真や動画を送れます。

ただし、このボタンから送る写真・動画に消える設定を加えることはできません。相手は何度でも写真・動画を閲覧でき、保存やシェアも可能です。

インスタDMで消える写真・動画を送る方法

DMから消える写真・動画を送る方法は2つ用意されています。

以下それぞれの送り方を解説します。なお、消える写真・動画をストーリーから送る方法については後述します。

DMスレッド一覧画面からの送り方

消える写真・動画をDMのスレッド一覧画面から送るときは、自動的に再生回数が2回で設定された状態で相手に届きます。

DMのスレッド一覧画面から送る場合 DMのスレッド一覧画面から送る場合

まず、画面右上にあるDMアイコン(飛行機マーク)をタップし、DMスレッド一覧を表示させます。

次に画面下部に表示された青い[カメラ]ボタンを選択してください。

DMのスレッド一覧画面から送る場合 DMのスレッド一覧画面から送る場合

ストーリー作成時と同じ編集画面に遷移します。写真や動画を撮影するか、右下のボタンまたは画面を上スワイプでアルバムから画像などを選択し、編集してください。その後、画面右下の[送信先]を選択します。

ここで左下の[ストーリーズ]や[親しい友達]を選んでしまうと、通常のストーリーとして投稿されてしまうため注意してください。

DMのスレッド一覧画面から送る場合

最後に、送り先のアカウントを上の検索欄または「おすすめ」一覧から選択し、[送信]をタップすれば完了です。

相手とのDM個別スレッド/チャット内からの送り方

消える写真・動画を相手との個別スレッドまたはチャット内から送るときは、再生回数を1回・2回・制限なしの3種類から選択できます。

相手との個別スレッドまたはチャット 相手との個別スレッドまたはチャット

相手とのスレッドの右側にあるカメラアイコンか、相手とのチャット内左下の青いカメラアイコンをタップします。

相手とのチャット内から送る場合 相手とのチャット内から送る場合

ストーリー編集画面が表示されるので、写真・動画を撮影または選択してください。すると、画面下に3つの再生回数メニューが表示されます。

  • 1回表示:再生は一度のみ。閲覧後消える
  • リプライを許可:2回まで閲覧が可能
  • チャットに保存:回数制限はなく、消える写真・動画ではない

消える写真・動画に設定するには、[1回表示]か[リプライを許可]を選んでください。選択後、中央にあるアイコンボタン[送信]で完了です。

消える写真・動画を閲覧するとどうなるのか

DMのスレッド一覧画面から送る場合 DMのスレッド一覧画面から送る場合

消える写真・動画を受け取った側の画面

消える写真・動画を受け取ると、DMのチャット内に[写真を見る]ボタンが表示されます。タップすると再生が開始され、「1回再生」に設定されている場合は再生が終了すると、以後閲覧ができなくなります。

「リプレイ許可」に設定されている場合、2回まで同じ写真・動画が閲覧でき、2回目が終了した時点で当該写真・動画にアクセスできなくなります。

消える写真・動画のスクショ撮影/画面録画はバレる

消える写真・動画を見逃すまいとスクリーンショット撮影または画面録画をすると、それが相手に通知されてしまうので注意しましょう。

スクショはバレる スクショはバレる スクショはバレる

左:ホーム画面中:DMスレッド右:チャット内

スクショの通知や痕跡は、3つの場所に残ります。

  • ホーム・ロック画面にプッシュ通知される
  • DMスレッドに「スクリーンショット」と表示
  • チャット内にスクショ/画面録画済みのマークが表示

スクショや画面録画がバレてしまうと気まずいものです。どうしても撮影したいときは、送信者にあらかじめ「個人的に見るようにするから」などと伝えておくのが無難かもしれません。

ストーリーからも消える写真・動画が送れる

消える写真・動画はDMからだけでなく、ストーリーからも送信できます。

ストーリーからも消える写真・動画は送れる DMのスレッド一覧画面から送る場合

ストーリーが完成したら、画面右下の[送信先]をタップします。左下の[ストーリーズ]または[親しい友達]を選択すると、通常のストーリー投稿になってしまうため注意してください。

DMのスレッド一覧画面から送る場合 DMのスレッド一覧画面から送る場合

ストーリーから送った消える写真・動画は、自動的に2回再生が設定された状態で相手のDMへ届きます。相手は当該ストーリーを2回閲覧すると、再度タップしても再生ができなくなります。

検証したInstagramのバージョン:iOS版144.0、Android版142.0

EDITED BY BOTAN