インスタグラムで検索した履歴を完全に削除する方法

インスタグラムで検索した履歴を完全に削除する方法

Instagram(インスタグラム)で何かを検索すると、履歴がアプリ内に残ります。繰り返し検索したいユーザーやハッシュタグ、スポット(場所)があるときは非常に便利な仕様です。

しかし、スマホを家族や友人に見せたり貸したりした時にインスタの検索履歴を見られてしまうと恥ずかしいと感じる人もいるはず。また、インスタで検索した内容は「プライバシーの塊」とも言えるものなので、取り扱いには細心の注意を払う必要があります。

本記事では「検索履歴を残しておきたくない」「検索履歴を消したい」という人向けに、インスタグラムの検索履歴を完全に削除(リセット)する方法を紹介します。

インスタグラム「検索」方法まとめ:ユーザー/名前/複数ハッシュタグ検索など

インスタグラムの検索履歴を削除する方法

インスタグラムの検索履歴を削除する方法は大きく分けて2つあり、検索履歴をまとめて消去する方法と、個別に消去する方法です。それぞれについて手順を紹介していきます。

検索履歴をまとめて一括リセットする

インスタグラムの検索履歴を一括でリセットする方法を紹介します。iOS版とAndroid版で若干操作手順は変わりますが、基本的な流れはほぼ同じです。

1プロフィールタブのメニューボタンから「設定」を開く

メニューボタンをタップ 設定をタップ

Instagramアプリ画面の最下部にあるプロフィールタブを選択します。続いて右上にあるメニューボタン[]をタップし、表示された項目の中から一番上にある設定ボタン[]を選択してください。

Android版では、メニュー[]を開くと設定ボタン[]は最下部にあります。

2「セキュリティ」をタップする

セキュリティをタップ

「設定」画面で[セキュリティ]をタップします。

3「検索履歴をクリア」をタップする

「検索履歴をクリア」をタップ

「セキュリティ」画面の項目の中から、[検索履歴をクリア]をタップします。

Android版の「セキュリティ」画面では、[検索履歴]をタップしてください。

4「すべてクリア」をタップする

「すべてクリア」をタップ 「すべてクリア」をタップ

「最近の検索」画面に移動したら、右上の[すべてをクリア]をタップしてください。「検索履歴をクリアしますか?」という確認アラートが表示されるので、[すべてクリア]をタップして完了です。

確認アラートの表示で[後で]を選択すると、検索履歴を一括リセットする直前の画面に戻ることができます。

検索履歴をすべて消すことができた

検索履歴をすべて消すことができた

検索タブからも履歴を一括削除できる(iOS版のみ)

インスタグラムの検索履歴を一括でリセットする方法は他にもあります。Instagramアプリの検索タブから履歴を一気に削除する方法です。

検索タブから履歴を一括削除できる

検索タブ[]で検索窓をタップ→[すべて見る]→[すべてクリア]→確認アラートの表示で[すべてクリア]をタップしても、検索履歴を一括削除できます。

この操作は画面をタップする回数が少ないので、より手早く検索履歴を削除できる方法と言えます。

ただし、現状iOS版Instgramアプリにのみ対応しており、Android版では利用できません。

検索履歴を個別に消去する

インスタグラムの検索履歴の中で、一部分だけ選んで削除したいときにおすすめの方法です。

1検索(虫眼鏡)タブを選択し、検索窓をタップ

検索(虫眼鏡)タブを選択し、検索窓をタップ

画面最下部にある検索タブ[]を選択し、次に画面上部の検索窓をタップします。

2右端の「×」ボタンをタップ

右端の「✕」ボタンをタップ

検索窓の下にあるタブ「上位検索結果」「アカウント」「タグ」「場所」の中から消したい検索結果が表示されているタブを選びます。

検索結果の右端にある[×]ボタンをタップすると、個別に検索結果を削除することができます。

検索ページに一覧で表示される写真・動画を非表示にする

検索タブ[]を選択すると、自分はフォローしていないユーザーが投稿した写真・動画が一覧で表示されます。

検索画面

ここには、自分が過去に検索したハッシュタグやアカウントなどに関連した写真や動画が自動的に選ばれて表示されます。自分がまだフォローしていない新しいユーザーを見つけられるという利点があります。

とはいえ、自動でランダムに表示されるので、投稿の中にはまったく興味がないものや、見ていて不快になるものなども含まれてしまう可能性があります。そんな投稿を非表示にする手順は以下の通りです。

1非表示にしたい投稿をタップ→メニューボタンをタップ

メニューボタンをタップ

非表示にしたい投稿をタップすると、投稿が拡大表示されます。その画面右上にある、黒丸が横に3つ並んだメニューボタン[]をタップしてください。

Android版アプリの場合、メニューボタンは黒丸が縦に3つ並んだボタン[]です。

2「興味なし」をタップ

興味なしをタップ

表示された項目の中で、[興味なし]をタップしてください。

投稿が非表示になった 投稿が非表示になった

「発見」画面に移動し、投稿が非表示になりました。今後このような投稿が表示されることが少なくなります。

検索ページに戻ると、投稿が非表示にされたことが確認できます。

興味なしをタップ

非表示にしたい投稿を長押し→[興味なし]をタップし、投稿を非表示にすることもできます。

インスタの検索履歴に関するよくある疑問と答え

インスタグラムの検索履歴に関して、気になる疑問点とその答えをまとめました。

どのようにしたらインスタに検索履歴が残る?

検索(虫眼鏡)タブを選択し、検索窓をタップ 検索窓に検索ワードを入力

検索タブ[]で検索窓をタップし、そこに調べたいハッシュタグやアカウントなどを入力します。

入力しただけでは検索履歴は残りません。

ハッシュタグをタップ 検索したハッシュタグのページに移動する

検索結果に出てきたハッシュタグやアカウントなどをタップし、ページ遷移することで初めて検索履歴が残る仕様になっています。

検索履歴に検索したハッシュタグが残った

検索したハッシュタグが履歴に残った

インスタで検索履歴を残さないように設定できる?

もしInstagramアプリで検索した履歴を残らないようにする設定があれば、いちいち履歴を消す作業は不要になります。

しかし、残念ながら検索履歴をデフォルトで非表示化する方法は用意されていません。インスタグラム側としては、後から削除することができれば十分だと考えているのでしょう。

インスタでアカウント検索したら相手にバレるのか?

Instagram:足跡

インスタグラムのユーザーの中には、「アカウントを検索すると、その事実が相手に伝わってしまうのではないかと心配だ」という人も少なくないはずです。

しかし、検索したことやプロフィールを閲覧した事実が相手にバレてしまう機能は、インスタグラムに存在しません。詳しくは下記記事で解説しているので、参考にしてみてください。

検証したInstagramのバージョン:iOS版161.0、Android版161.0.0.37.121

EDITED BY MIKAN