LINE電話の通知が来ない/着信画面が出ないトラブルの解決法まとめ

対処法をiPhone・Androidスマホでそれぞれ紹介

LINEにおいて、電話の着信通知(着信画面)が表示されないトラブルに悩まされるユーザーが少なくありません。この状態だと常に不在着信を見てから折り返さなければならず、非常に不便です。

そこで本記事では、LINE電話の通知が来ないときに主に考えられる原因と、改善できる可能性がある対処法をiPhone・Androidスマホ別にまとめてみました。利用している環境に合わせて確認してください。

Androidスマホでまずチェックしたい設定

Androidスマホでは、OS特有の仕様や設定、アクセス権限などが原因の可能性が高いです。ひとつずつチェックしてみましょう。

チェック1:通知のポップアップがオンになっているか

まずは設定で着信通知のポップアップ表示がオンになっているか確認してみてください。

ホーム画面でLINEアプリのアイコンを長押しし、展開したメニューで[ i ]ボタンを押します。アプリ情報画面が開いたら、通知に進んでください。

LINEアプリで通知される動作が一覧で表示されます。一番上の「通知を表示」項目をオンにして、通話を選択。続く画面で「通知の表示」「アラートを受け取る(デフォルト)」をオンにした上で、「ポップアップ」のスイッチをオンにしましょう。

本来この設定は不在着信の通知にのみ適用されるもので、着信通知には影響しません。しかし、何かしらの不具合で着信通知や着信画面の表示にも影響を及ぼすケースが見受けられます。実際に筆者が同じトラブルに悩まされていたとき、この設定をオンに切り替えてすぐに着信画面が表示されるようになりました。

チェック2:「電話の発信と管理」「音声の録音(マイクの使用)」をLINEアプリに許可しているか

続いて、端末の設定で「電話の発信と管理」もしくは「音声の録音(マイクの使用)」がLINEアプリに許可されているか確認しましょう。

いずれかが不許可の状態だと、電話の着信時に「この機能を利用する権限がありません」と表示され、着信通知が届かない場合があります。

ホーム画面でLINEアプリを長押しし、メニューから[ i ]ボタンをタップしてください。アプリ情報画面で権限もしくは許可の項目を選択します。

ここで「マイク」と「電話」の項目が拒否リストに入っていた場合は、タップして「許可」にチェックを入れましょう。

チェック3:「サイレントモード」や「通知のミュート」はオフになっているか

Androidスマホで着信画面が表示されないトラブルが発生したときに、真っ先に確認したいのが「サイレントモード」や「通知のミュート」などの消音設定です。

従来のマナーモード/ミュートなどとは異なり、サイレントモードにはポップアップ通知やロック画面通知といった視覚的な通知も停止する効果があります。

結果的に、LINE電話の着信通知が表示されない原因にもなり得るので、必ずチェックしておきましょう。

画面を上から下にスワイプして表示する「クイック設定パネル」でサイレントモード項目を探してみましょう。

サイレントモードは、メーカーによってさまざまな名称で呼ばれています(下記)。ステータスバーやクイック設定パネルに表示されるアイコンは上の画像のもので統一されているので、見つからない場合は丸に一本線の入ったアイコンを目印に探してみましょう。

  • Pixel、Xperia、AQUOS sense4以降:サイレントモード
  • Galaxy:通知をミュート
  • AQUOS sense3以下:高度なマナーモード
  • arrows:高度なサイレントモード
クイック設定パネルに「サイレントモード」が見当たらない場合

(1)画面を上から下にスワイプしてクイック設定パネルを呼び出す

(2)左下の鉛筆マークをタップ

(3)画面下にある「サイレントモード」を長押ししながら上に移動させる

クイック設定パネルにサイレントモードがショートカット登録されていない場合は、上の手順で登録しておくと便利です。

チェック4:LINEアプリのデータ通信量を制限していないか

端末の「データ通信節約モード」などの影響を受けていることも考えられます。

というのも、着信通知は基本的にバックグラウンドの通信で受信するもの。データ節約モードによってバックグラウンド通信が制限されると、正常に着信通知が受信できなくなる可能性があるのです。

ホーム画面でLINEアプリのアイコンを長押しし、展開したメニューで[ i ]ボタンを押します。

前述と同じ手順でLINEのアプリ情報画面を表示したら、モバイルデータとWi-Fi項目に進んでください。ここで「バックグラウンドデータ」と「データ通信を制限しない」両方のスイッチをオンにします。

チェック5:端末が省電力モードになっていないか

端末の省電力モード(バッテリーセーバー、エコモード、STAMINAモード、省エネスイッチなど)が有効になっている間は、電池の消費を抑えるために処理速度が制限されたり、一部バックグランド動作が停止したりします。

通知が遅れたり、届かなかったりする原因にもなり得るので、以下の手順で一度オフにしてみましょう。

画面を上から下にスワイプし、エコモード/STAMINAモード/省エネスイッチ/バッテリーセーバーなどのモードがオンになっていないか確認してください。オンになっていた場合はタイルをタップしてオフにします。

常に省電力モードにしておきたい人は、下の手順でLINEアプリを対象外に指定してください。

ホーム画面でLINEアプリのアイコンを長押しし、展開したメニューで i ボタンを押します。バッテリー電池などの項目に進み、LINEアプリを省電力モードの対象外に指定してください。

iPhoneでまずチェックしたい設定

iPhoneでLINE電話の着信通知の表示を妨げていると考えられる設定項目は、「集中モード(旧おやすみモード)」と「iPhoneの基本通話を統合」の2つです。

チェック1:集中モード(おやすみモード)になっていないか

iOS 15で新たに登場した「集中モード(旧おやすみモード)」が有効になっていると、その時間内はLINEを含むすべての通知・着信が表示されません。

LINE電話の着信通知を受け取りたいなら、設定で「集中モード」の例外に指定しましょう。

iPhoneのホーム画面で「設定」アプリを開きます。

iPhoneをiOS 15以上にアップデートしている場合は、メニューに集中モードがあるはずです。これをタップしましょう。

続く画面で、普段利用している集中モードをタップしてください(ここではパーソナルを選択しました)。「通知を許可」項目のAppを選択します。

+追加をタップしアプリの一覧からLINEを選択します。これで集中モード(パーソナル)がオンになっていても、LINEアプリの通知だけは表示されるようになりました。

チェック2:「iPhoneの基本通話を統合」設定がオンになっているか

LINEの通話設定の「iPhoneの基本通話と統合」がオフになっていると、LINE通話の着信は単なるアプリ通知として処理されます。

LINE通話がかかってきても着信画面が起動せず、左上画像のようなバナー通知で着信が知らされます。また、iPhoneの設定でLINEアプリに通知を許可していない場合、このバナー通知さえも表示されません。

確実にLINE通話の着信画面を表示させたいなら、「iPhoneの基本通話と統合」をオンにしておきましょう。

「iPhoneの基本通話と統合」をオンに切り替えるには、LINEアプリを開き「ホーム」タブ右上にある設定ボタン​をタップ。

設定メニューの中から通話を選び、「iPhoneの基本通話と統合」をオンにしましょう。

試したい対処法(iPhone/Android)

Androidスマホ、iPhoneともに上記の設定見直しで解決しない場合、端末/通信環境/LINEアプリのいずれかに何かしらのトラブルが発生している可能性があります。

対処法1:端末を再起動する

通知に限らず、スマホの動作にトラブルが発生した際は、端末を再起動するだけで改善するケースも少なくありません。

また、前述の設定変更がうまく反映できていない場合にも再起動は効果的です。すぐに実践できるので、まず試してみることをおすすめします。

対処法2:スマホ本体かLINE、どちらに原因がありそうかを推定する

再起動でも改善しない場合は、LINEの着信通知が来ない/着信画面が表示されないときの状況を観察し、LINEとスマホ本体のどちらに問題がありそうかを探ってみましょう。

LINEに限らず、こういったアプリのトラブルが頻繁に起きる場合は、スマホのスペック不足という可能性も高いです。

古いスマホは積んでいるメモリ(スマホの作業領域。メモリが多いほど一度に多くのアプリを開ける)が少なく、常にカツカツ気味。そのため「まともに通知が届かない」「通知の表示が常に遅れる」といった状況に陥りやすくなります。

Android 7.0以上、iOS 14.0以上に対応していないような古い機種の場合は、LINEのサポートが終了しているため、通知が正常に届かない不具合が起きることはあり得るでしょう。

いずれにしても、スマホ本体のスペック不足である場合はユーザー側で対処するのは困難です。長年同じスマホを使い続けている場合は、寿命だと思って買い替えを検討してください。目安として、購入してから5〜6年以上経過している場合は注意が必要です。

対処法3:LINEで不具合・障害が発生していないか確認する

LINEが開けなくなった原因がユーザー側にあるとは限りません。特に「以前まで普通に使えていたのに、突然着信通知がこなくなった」といったようなケースでは、LINEアプリ側の不具合が原因である可能性もあります。

実際、過去にはAndroid 10へのアップデート後にLINE電話の着信画面が表示されない不具合が発生したことがありました(現在は改善済み)。

まずはLINEの公式サイトやTwitterアカウント(@LINEjp_official)で障害発生のアナウンスがないか確認しましょう。

続いて、Twitterのキーワード検索などで自身と同じような不具合が他ユーザーにも起きていないか調べてみることをおすすめします。何か情報が得られるかもしれません。

原因がサービス側にある場合、ユーザーは不具合の修正を待つほかありません。急ぎの用事であれば、通常の電話やメールなど別サービスの利用を検討しましょう。

対処法4:キャッシュを削除する

LINEアプリのキャッシュが溜まりすぎると、動作が重くなったり、誤作動を起こしやすくなったりといった悪影響を及ぼすことがあります。

特にLINEアプリは利用頻度や更新率が高いため、数ギガバイト単位のキャッシュが溜め込まれていることも少なくありません。一度、LINEアプリのキャッシュを削除してみてください。

Androidスマホでキャッシュを削除する

Androidスマホでは、LINEアプリのキャッシュデータを一括で削除できます。

ホーム画面でLINEアプリのアイコンを長押しし、展開したメニューで[ i ]ボタンを押します。

アプリ情報画面を開いたらストレージとキャッシュに進みます。ここでキャッシュを削除ボタンをタップしてください。

なお、キャッシュはあくまで読み込み速度を向上させるための一時保存データなので、削除しても問題はありません。

iPhoneでキャッシュを削除する

iOS版LINEアプリでは、全トークルーム内のキャッシュデータを削除する方法のほか、アルバムのキャッシュデータだけを削除する方法、トークルームごとにキャッシュデータを削除する方法があります。

以下の記事を参考に、実行してみてください。

対処法5:ストレージの空き容量を確保する

ストレージ空き容量が不足すると、処理速度の低下やアプリの強制終了などさまざまなトラブルを引き起こします。

目安として空き容量が10%以下だと動作が重くなったり、画面が固まったりといった不具合を起こしやすくなるといわれています。以下の記事を参考に、ストレージの空き容量を確保してください。

対処法7:LINEアプリを最新版にアップデートする

原因がアプリのバージョン特有の不具合によるものであることも考えられます。LINEアプリを最新版にアップデートすることで、エラーが解消するかもしれません。

対処法6:LINEアプリを強制終了させない

LINEアプリの通知設定画面では「アプリを強制終了すると、通知が遅れたり、受信できない場合があります」と注意が促されています。

LINEアプリを開くごとに強制終了(タスクキル)させることがクセになっている人も多いと思いますが、なるべく控えたほうがいいかもしれません。

対処法8:LINEアプリを削除して再インストールする

ここまで紹介した手順をすべて試しても、改善しないケースがあります。

そんなときは最終手段として、LINEアプリをいったんアンインストールし、再びインストールしてみることをおすすめします。実際、過去に筆者のiPhoneでLINE電話の着信通知が来なくなったときも、LINEアプリをインストールし直したら改善しました。

ただ、LINEアプリの再インストール後は、電話番号認証によるログインが必要です。また、バックアップを取得せずにアンインストールするとトーク履歴がすべて消えてしまいます。

必ず以下の手順で事前準備をしてからアンインストールをおこなってください。

自身のアカウント情報を確認しておく

LINEアプリをアンインストールして再インストールすると、ログアウトされた状態になります。以前と同じように使うには、自身のアカウントにログインしなければなりません。

スムーズにログインできるように、アカウント情報を確認しておきましょう。

「ホーム」タブ右上にある設定ボタン​からアカウントに進むと、登録中の電話番号・メールアドレス・パスワードを確認できます。すべて登録済になっているかチェックしましょう。

何らかの事情で電話番号を登録できない場合は、必ずFacebookアカウントもしくはApple IDの情報を登録してください。

最新のトーク履歴をバックアップ

LINEアプリをアンインストールするとトーク履歴がすべて消えてしまいます。事前に必ずトーク履歴をバックアップしてください。

iPhone版LINEでトーク履歴をバックアップする

iPhoneは「iCloud」にトーク履歴のバックアップデータを保存します。iCloudを無料で使える容量は、1ユーザーあたり5GBまでです。

トーク履歴のバックアップに必要な容量としては十分ですが、すでに他の保存データでいっぱいになっている場合、容量不足でバックアップに失敗する可能性があります。あらかじめiCloudの空き容量を確認・整理しておくとよいでしょう。

「ホーム」タブ右上の設定ボタン​からトークのバックアップに進みます。

「今すぐバックアップ」を押せば、即座にバックアップが開始します。完了するまでしばらく待ちましょう。完了後、「前回のバックアップ」欄に当日の日付と容量が表示されていればOKです。

Android版LINEでトーク履歴をバックアップする

Androidスマホは「Googleドライブ」にトーク履歴のバックアップデータを保存します。

Googleドライブは、無料会員のままでも15GBと十分な容量が利用できますが、この15GBは「Gmail」「Googleフォト」と共同で使わなければなりません。

たとえばGmailで5GB、Googleフォトで10GBを消費している場合、Googleドライブで使える容量は「0」GBです。

GmailやGoogleフォトを日常的に使用している人は、気づかないうちに容量がいっぱいになっている可能性があります。事前に空き容量を確認・整理しておきましょう。

LINEアプリの「ホーム」タブから設定ボタンをタップし​トークトーク履歴のバックアップ・復元の順に進んでください。

「Googleドライブにバックアップする」を押すと、スマホで使用中のGoogleアカウントが表示されます。

新しいスマホでも利用するGoogleアカウントを選び、OKをタップしましょう。すぐにバックアップが開始されます。

トークで共有されている写真・動画・ファイルをKeepに保存する

トークルーム内で共有されているだけの写真や動画は、トーク履歴をバックアップしていたとしても、機種変更の際に消えてしまうおそれがあります。

大切な写真・動画は端末にダウンロードしておくか、あらかじめLINEのストレージ機能「Keep(キープ)」に保存しておきましょう。

任意の相手とのトークルームを開き、右上のメニューボタン​をタップ。

メニューの「写真・動画」項目にそのトークルームで送受信した写真・動画が集約されているので、横の < ボタンをタップしてください。

右上の選択ボタンを押して、保存したい写真にすべてチェックを入れたら、中央の共有ボタンをタップしましょう。メニューの中から[Keep]を選べば、保存完了です。

​ダウンロードボタン​を押すと、端末の内部ストレージに写真・動画が保存されます。いずれか好みのほうを選んでください。

LINEアプリをアンインストールする

続いて、LINEアプリをアンインストールします。

iPhoneでLINEアプリをアンインストールする

ホーム画面上で、LINEアプリのアイコンを長押しします。クイックアクションメニューが表示されるので、Appを削除をタップ。これでアンインストールできます。

AndroidでLINEをアンインストールする

ホーム画面でLINEアプリを長押しし、展開したメニューで i ボタンをタップ。

アンインストールボタンをタップし、確認画面でOKを押します。これでアンインストールできます。

LINEアプリを再インストールしてログインする

アプリ「LINE」をダウンロード

Google Play ストアやApp StoreでLINEアプリをインストールし、起動します。

「LINEへようこそ」の画面が表示されるので、ログインをタップします。ログイン方法から電話番号でログインを選択しましょう。

もしFacebookアカウントやApple IDとLINEを連携している場合は、それぞれ案内に従ってログインを進めてください。

LINEをApple ID連携(ログイン)で引き継ぐ方法 機種変更時にLINEをFacebookログイン(連携)で引き継ぐ方法

端末の電話番号をLINEアプリに入力する

SMSや音声通話で6桁の認証番号を受け取る

認証番号をLINEアプリに入力する

端末の電話番号を入力すると、SMSや音声通話などで電話番号宛てに認証番号が届きます。これをLINEに入力して認証をおこないます。

SMS経由で認証番号が届かない場合は、以下の記事を参考に対処してみてください。

LINEでSMSの認証番号が届かないときの対処法まとめ【iPhone/Android】

トーク履歴を復元する

「トーク履歴はバックアップ済みですか?」と表示されます。事前にトーク履歴のバックアップを取得していた覚えがあるならはい、トーク履歴を復元しますをタップしてください。

「トーク履歴を復元しますか?」という確認ポップアップが表示されます。続行を押しましょう。「前回のバックアップ:」にバックアップを実施した日付が表示されていればトーク履歴を復元を押してください。

ちなみに、Android版LINEはトーク履歴をいつでも復元できる仕様です。ログインを済ませた後に、LINEの設定からトーク履歴を復元させてもOKです。

各種設定を済ませる

続いて、「友だち追加設定」のオン・オフを設定します。とりあえずデフォルトの「オフ」のままにしておくのが無難です(後からオンにする設定も可能です)。

「友だち追加設定」や「友だちへの追加を許可」の項目をオンにすると、スマホのアドレス帳に登録してある電話番号とLINEが紐付きます。結果として、会社の上司や元カレ・元カノ、疎遠になった友人などつながりたくない人が意図せず友だちリストに追加されてしまう可能性があるからです。

年齢確認は、LINE IDによる友だち検索・追加をおこなう際などに必要なものです。

普段からLINE IDや電話番号検索を活用している人は、指示に従って年齢確認をおこなってください。引き継ぎ完了後にも設定できるので、先を急ぎたければ後回しにしても大丈夫です。

これで、LINEアカウントへのログイン・トーク履歴の復元は完了です。各種アクセス権限の許可/不許可を設定すれば、いつものホーム画面が表示されます。友だちリストやトーク履歴が問題なく復元されているか確認してみてください。

なお、スタンプ・着せ替えなどのコンテンツは再ダウンロードが必要です。設定からスタンプマイスタンプに進んでダウンロードしてください。

【LINE】機種変更でスタンプを引き継ぐ方法 新端末で消えたスタンプを復元

検証バージョン
LINE
iOS
11.15.0
LINE
Android
11.15.3
EDITED BY
MOEGI