LINEアプリをアップデートする方法 2021【iPhone/Android】

アップデートできないときはどうすればいい?

LINE(ライン)のアプリでは、アップデートでさまざまな新機能の追加や仕様変更、不具合の修正が提供されています。古いバージョンのままアップデート(更新)しないと、最悪の場合、サポートが終了してLINEが使えなくなってしまうこともあります。

本記事ではiPhoneとAndroidスマホに分け、LINEアプリを最新版にアップデート(バージョンアップ)する方法を解説。また、アプリを自動で更新する設定を活用して、いつでも最新の状態でLINEを使うための方法も紹介します。

LINEアプリをアップデート(更新)しないとどうなる?

アプリをアップデートすることで、最新の機能が使えるようになったり、不具合の修正やセキュリティ強化が享受できたりと、さまざまなメリットがあります。アップデートしなければ、新機能が使えないだけでなく、セキュリティ上の脆弱性を放置してしまうリスクが伴います。

あまりに長い間アップデートしていないと、アプリの一部機能が使えなくなるケースもあります。たとえば、iOS版LINEのバージョン9.1.0以下、またはAndroid版LINEのバージョン9.1.1以下では、LINEアプリにログインできなくなる可能性があります。

アプリのアップデートは、これまでとデザインや使い勝手が変わることもあるため、それらを回避したい向きもあるでしょう。とはいえ、今後もLINEを使っていく以上、アップデートを避け続けるのは現実的ではありません。とりわけ、セキュリティに関するアップデートを放置することは問題です。

2020年9月中旬以降、安全で安定したサービスを提供する観点から、一部の対象機種でLINEアプリが利用できなくなりました。さらに対象機種以外であっても、LINEアプリのバージョン8.17.0未満のサポートも同時に終了しています(全機能が使えません)。

ただし、Android 4.4以上またはiOS 10以上を搭載する端末なら、LINEアプリをアップデートすれば引き続き利用可能です。後述する内容を参考に、LINEアプリのバージョンアップを実行してください。

LINEアプリ内のメニューからアップデートはできない

かつてはLINEアプリ内の設定メニューからアップデートすることが可能でしたが、現在App StoreやGoogle Playストアからしかアップデートできなくなっています。

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

なお、LINEアプリ内で現在のバージョンを確認することは可能です。「ホーム」タブの設定ボタン​→[LINEについて]の順でタップして確かめてください。

アプリストアからLINEをアップデートする方法

iPhoneならApp Storeから、AndroidスマホならGoogle Playストアから、それぞれアップデートできます。一度アップデートしたら以前のバージョンに戻すことはできません。

アップデートに伴う通信量が大きくなるケースもあるため、基本的にWi-Fi環境による操作が望ましいでしょう。なお、PC版LINEをアップデートする方法は、下記記事を参照してください。

App StoreでLINEをアップデートする手順(iPhone)

iOS版LINEアプリをアップデートする場合、App Storeアプリからおこないます。

  1. App Storeを開き、画面右上の人型ボタンをタップ

    まず「App Store」アプリを開いたら、画面右上にある人型ボタンをタップしてください。

  2. 「アップデート」をタップしてLINEアプリをアップデート

    LINEアプリのみをアップデート

    LINEアプリを含むアップデート可能なアプリをすべてアップデート

    LINEアプリのアップデートがリリースされていれば、「アカウント」画面にアプリ名が表示されます。

    LINEの横にある[アップデート]をタップしましょう。[すべてをアップデート]をタップすると、LINEアプリを含むアップデート可能なすべてのアプリをまとめて順次アップデートできます。

  3. アップデート完了

    LINEアプリが「最近のアップデート」に移動した

    「アップデート」ボタンが「開く」ボタンに変わる

    アップデート履歴

    LINEアプリのアップデートが完了すると、LINEアプリが「最近のアップデート」に移動し、[開く]ボタンに変わります。

    これで、LINEアプリが最新バージョンにアップデートされました。[開く]をタップする、あるいはホーム画面などからLINEアプリを開けば、最新バージョンのLINEを利用できます。

    また[バージョン履歴]をタップすると、比較的近い期間のアップデートのリリースノートが一覧表示されます。アップデートで追加された新機能などのチェックに便利です。

Google PlayでLINEをアップデートする手順(Android)

Android版LINEアプリをアップデートする場合、Google Playストアアプリからおこないます。

  1. Playストアアプリを開き、画面右上のアイコン→「アプリとデバイスの管理」→「詳細を表示」と進む

    まずは「Playストア」アプリを開きましょう。

    画面右上にあるアイコンをタップし、[アプリとデバイスの管理]をタップします。

    「概要」に「利用可能なアップデートがあります」と表示されていたら、[詳細を表示]をタップしてください。

  2. 「更新」をタップしてLINEアプリをアップデート

    LINEアプリのみをアップデート

    LINEアプリを含むアップデート可能なアプリをすべてアップデート

    LINEアプリのアップデートがリリースされていれば、アプリの一覧に表示されます。

    LINEの横にある[更新]をタップしましょう。[すべて更新]をタップすると、LINEアプリを含むアップデート可能なすべてのアプリをまとめて順次アップデートできます。

  3. アップデート完了

    「更新」ボタンが「開く」ボタンに変わる

    アップデート履歴は直近の内容のみ確認できる

    アップデートが完了すると、「保留中のダウンロード」の一覧からLINEアプリが消えます。

    また、アプリの詳細画面で[更新の内容]をタップすると、最新の更新内容を確認できます。過去のアップデート内容まで詳しく記載されているわけではありませんが、直近のアップデートによる新機能をチェックするのに有用です。

アプリを自動更新する設定も便利

ここまでLINEアプリのアップデート手順を紹介してきましたが、配信のたびにわざわざ手動で更新するのも面倒に感じます。そんな人は、アプリの自動更新の設定を有効にしておけば、自動アップデートできるようになります。

iPhoneでのアプリ自動更新の設定方法

iPhoneの「設定」アプリで[App Store]を選択し、次の画面で「自動ダウンロード」の項目にある「Appのアップデート」をオンにすれば、アプリの自動アップデートが有効となります。

すべてのアプリが自動アップデートの対象となり、LINEアプリだけに限定するといったことはできません。

なお、アプリのアップデートにはモバイルデータ通信量を多く消費してしまいます。

「モバイルデータ通信」の項目にある「自動ダウンロード」をオフにしておけば、Wi-Fi接続時のみ自動アップデートされるため、通信量を気にする必要もありません。

Androidスマホでのアプリ自動更新の設定方法

Androidスマホでは、通常デフォルトで自動アップデートが有効になっているので、特別な設定は必要ありません。もし自動アップデートされていないようであれば、設定を確認してみましょう。

「Playストア」アプリを開いて、右上のアイコン→[設定]の順に進みます。

[ネットワーク設定]→[アプリの自動更新]と進みます。このとき、[Wi-Fi経由のみ]を選択するのがおすすめです。

「ネットワークの指定なし」を設定すると、Wi-Fiに接続されていない状態でも自動アップデートが実行されるため、知らない間にモバイルデータ通信量を消費してしまいます。「Wi-Fi経由のみ」に設定しておけば、Wi-Fi接続時のみ自動アップデートされ、モバイルデータ通信量が消費されることはありません。

「アプリを自動更新しない」を選択していると、LINEアプリを含むすべてのアプリは自動でアップデートされなくなり、手動でのアップデートのみとなります。

LINEアプリのアップデート情報はどこでチェックできる?

LINEアプリをアップデートすれば、新機能を利用できたり、不具合が修正されたりするため、いち早くアップデート情報を知りたいという人もいるでしょう。

アップデート情報を知る手段のひとつは、LINEのTwitter公式アカウントです。

公式アカウントをフォローしていれば、アップデート情報を素早くキャッチできます。

ただし、公式アカウントがすべてのアップデート情報を必ず知らせてくれるわけではありません。アップデート情報が気になる人は、App StoreまたはGoogle Playストアのアップデート情報をこまめにチェックするしかないでしょう。

LINEアプリのアップデートが「できない」ときの要因と対処法

アップデートがうまくいかない場合や、いつまでも更新中のまま止まってしまう場合の主な原因と対処法を紹介します。

端末やアプリの再起動、通信環境のリフレッシュを試す

iPhoneの場合

Androidスマホの場合

アップデートが更新中のまま止まってしまう場合、Wi-Fiや機内モードのオン/オフを切り替えて通信環境をリフレッシュさせてみましょう。

そのほか、App StoreまたはGoogle Play ストアを終了して再び開く、それでも解決しなければ端末の再起動を試してみましょう。

端末のストレージ容量を減らす

iPhoneの場合

Androidスマホの場合

端末のストレージ容量に空きがないと、LINEアプリをアップデートできない場合があります。ストレージの容量を確認し、空きがなければ不要なアプリを削除するなど整理しましょう。

端末のストレージ容量を減らす方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.12.1
LINE
Android
11.12.3
iPhone XR
iOS
14.7
Pixel 3a
Android
11
EDITED BY
AO