LINEで電話番号検索ができないときの原因と対処法

主に年齢確認や相手の「友だちへの追加を許可」設定などが原因

LINE(ライン)で友だちを追加する手段の一つとして「電話番号検索」があります。これは、電話番号に紐づくLINEユーザーを検索・友達追加できる機能で、知り合い同士でLINEを交換するにはとても便利な方法です。

ところが、利用にあたって年齢確認を求められたり、相手が検索にヒットしなかったりと、困っているユーザーが多くいるようです。本記事では、LINEで電話番号検索が「できない」場合の原因と対処法について解説します。

電話番号検索を利用できない原因とは?

LINEの「電話番号検索」は、電話番号をLINE上に入力して検索することにより、該当するユーザーを見つけて友だち追加できる機能です。

シンプルで非常に使い勝手のいい機能である反面、知らない人から勝手に友だち追加されてしまう危険性があるため、利用にはまざまな条件が設定されています。

電話番号検索ができないトラブルのほとんどは、検索する側およびされる側がこれらの条件を満たしていないことが原因だと考えられます。まずは、双方のLINEで検索ができる状態になっているか確認しましょう。

原因1:検索する側が年齢確認を済ませていない

LINEの電話番号検索の初回利用時には、必ず各携帯電話会社の年齢判定サービスを通じてユーザーが18歳以上かどうかを確認します。

年齢確認が完了していない、あるいは年齢確認で18歳未満と判断された場合、電話番号検索を利用できません。

年齢確認を済ませずに電話番号検索をしようとすると、年齢確認を求める画面が表示される

注意したいのが、年齢確認ができる回線とできない回線があること。年齢認証が可能なのは、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの大手キャリアのほか、LINEモバイル、ワイモバイル、IIJmioなど一部の回線ユーザーに限られます。

LINEで年齢確認が可能な回線
  • au(KDDI)
  • NTTドコモ
  • ソフトバンク
  • 楽天モバイル(MVNO回線は年齢確認不可)
  • ワイモバイル
  • UQモバイル(「くりこしプラン +5G」プランのみ)
  • LINEモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • イオンモバイル

上記以外の格安SIM(MVNO)では年齢判定サービスを利用できないため、年齢確認ができません。LINEで電話番号検索ができるのは、大手キャリアのユーザーが中心になってしまうのです。

原因2:検索される側が「友だちへの追加を許可」の設定をオフにしている

電話番号検索では、適当な数字(電話番号)をランダムに入力しても該当したアカウントがヒットします。そのため、知らない人から勝手に友だち追加されてしまう危険性があるのです。

相手が「友だちへの追加を許可」をオフにしていると、電話番号検索の対象にならない

そのようなトラブルを回避するためにあるのが、「友だちへの追加を許可」の設定です。「友だちへの追加を許可」の設定をオフにしている人は、検索対象から外れるためいくら検索してもアカウントがヒットしません。

電話番号検索をしてもらいたいときは、この設定をオンにしておく必要があります。

ただし、この項目をオンにすると、知らない人からの電話番号による検索が可能になるだけでなく、あなたの電話番号をアドレス帳に登録しているLINEユーザーの「友だち」として、あなたのアカウントが自動で追加される可能性があります。設定は慎重におこなってください。

原因3:検索される側がFacebook連携でアカウントを作成している(電話番号を登録していない)

そもそも電話番号検索の対象となるのは、LINEに電話番号を登録しているユーザーです。通常、LINEアカウントを作成するときに電話番号を登録しているはずですが、相手がFacebookアカウントと連携してアカウントを登録している場合、電話番号検索の対象になりません。

LINEアカウント作成時の画面。現在はFacebookアカウントと連携してアカウントを作成することはできない

現在はFacebookアカウントと連携してLINEアカウントを作成することはできず、電話番号の登録は必須となっています。

しかし、それ以前にFacebookアカウントと連携してLINEアカウントを作成していた人は、電話番号を登録しないままLINEを利用できるのです。

原因4:検索の上限回数を超えた

電話番号による検索ができる回数には制限があり、連続で5回ほど検索をおこなうと一時的に使えなくなります。無作為に電話番号を入力して友だち追加を繰り返し、メッセージを送りつけるような迷惑行為への対策だと考えられます。

この制限は1時間ほどの経過で解除されますが、相手のアカウントがヒットしないからといって、立て続けに何回も検索をおこなわないように注意しましょう。

年齢確認ができない場合は他の友だち追加方法も検討する

LINEで電話番号による検索機能は便利ですが、年齢制限などの制約があるため利用できる人はかなり限られてしまう方法です。電話番号検索できない原因を自身と相手においてすべて解決するのは現実的ではなく、別の友だち追加方法を考えるべきでしょう。

その場に居合わせている相手ならQRコード、遠くにいる相手ならURLを生成してメールやSMSで送信といったように、友だち追加をする手段はたくさんあります。相手との関係や利便性をよく考え、自分と相手にあった方法で友だち追加をしましょう。

LINEで電話番号検索についてよくある疑問と答え

LINEの電話番号検索に関して、よくある疑問点とその答えをまとめています。

電話番号検索すると相手にバレる?

電話番号検索を利用しても、友だち追加しない限り相手にバレることはありません。

電話番号検索で相手のアカウントがヒットしても、検索しただけでは相手に知られることはありません。検索結果画面で[追加]をタップして友だち追加すると、相手に知られることになります。

電話番号検索できないのはブロックされているから?

ブロックによって電話番号検索できなくなることはありません。

電話番号検索できないときに考えられるのは、上述した4つの原因です。いくら検索しても相手がヒットしないと「ブロックされているのでは?」と不安に思う人もいるかもしれませんが、ブロックは電話番号検索ができない原因にはなりません。

電話番号検索できないようにする(拒否する)には?

「友だちへの追加を許可」をオフにすれば、相手から電話番号検索されなくなります。

前述の通り、検索される側が「友だちへの追加を許可」の設定をオフにしていれば、そのほかの条件を満たしていても検索にヒットしなくなります。自身のアカウントを電話番号で検索されたくない場合は、「友だちへの追加を許可」を無効化することをおすすめします。

格安SIMは電話番号検索できない?

一部の格安SIM(MVNO)ではLINEで年齢確認できないため、電話番号検索も利用できません。

年齢確認できる主な格安SIM

前述の通り、2021年11月時点で年齢確認できる格安SIM(MVNO)はLINEモバイル、IIJmio、mineo、イオンモバイルのみです。そのほか、大手キャリアのサブブランドであるワイモバイルとUQモバイルでも年齢確認は可能です。

それ以外の格安SIMでは年齢確認に対応しておらず、電話番号検索もできません。友だち追加する際はほかの方法を試しましょう。

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.19.2
LINE
Android
11.19.1
EDITED BY
AO
MOEGI