「LINE ID」とは? IDを設定・登録すれば友達検索が可能に

「LINE ID」とは? IDを設定・登録すれば友達検索が可能に

「ライン、教えてよ」といったときに、よく使われるのがLINEの「ID」です。LINE IDを使うと、友だち追加がより手軽におこなえる一方で、検索に年齢確認が必要だったり、その存在意義や登録設定・確認などの方法がわかりにくかったりする面もあります。

そこで本記事では、LINE IDとは何なのか、設定するメリット・デメリットを解説します。さらに、LINE IDを登録して友だち検索に活用する方法についても紹介します。

LINE IDとは? 設定・登録しなくてもいいの?

LINE IDは、LINEだけで利用できるユーザーの識別記号です。IDというと、サービスのログインに使うものというイメージがありますが、LINE IDはLINEのログインには使いません。プロフィールに表示される名前である「表示名」とも違います。

LINE IDは名前ではない LINE IDはログインにも使用されない

LINE IDは、友だちを追加する時に利用します。LINEで友だちになりたい場合は、LINE IDを相手に伝えるだけで、ID検索を通じて友だちに追加してもらえます。逆に、LINE IDを教えてもらった時は、相手の電話番号を知らなくても、友だちに簡単に登録できるのです。

LINE IDは友だち登録の手段のひとつ

LINE IDはあくまで友だち追加するための手段の1つなので、必ず登録しなければならないものではありません。とはいえ、LINE IDは文字(英数字)で表されているため、口頭やメモ書きで友だち追加ができる唯一の手段です。設定しておくと何かと便利でしょう。

ただしLINE IDは、万が一流出すると知らないユーザーから友だち追加され、迷惑メッセージが届きやすくなるというリスクがあります。そのため、LINE IDを設定せずに利用しているユーザーもいます。青少年保護の目的から、LINE IDの検索機能の利用には年齢確認が必要になっています。

LINE IDを登録・設定するには?

LINE IDは一度登録したら変えることができないので、慎重に決めましょう。

マイアカウントの「プロフィール」をタップ 「ID」をタップ

LINEの「ホーム」タブからマイアカウントを選択してプロフィール[]をタップ、または「ホーム」タブの設定ボタン[]→[プロフィール]と進み、[ID]の「未設定」と表示されている部分をタップします。

なお、LINE IDがすでに設定されている場合は、LINE IDが表示されてタップできません。

入力したIDが使用可能かを確認する 「保存」をタップする

LINE IDの最大文字数は、半角英数字で20文字以内です。LINE IDの取得は早いもの順で、他のユーザーと同じLINE IDは設定できません。同じIDが使われていた場合は、末尾に01や001などのように数字を足したり、まったく別のIDに変えたりして試してみましょう。

「このIDは使用可能です」と表示されたIDで問題なければ、[保存]をタップするとLINE IDを設定(登録)できます。

LINE ID検索で友だち追加をする方法は?

LINE IDを入力して検索する側と、相手にLINE IDを教えて検索してもらう側に分けて説明します。

相手のLINE IDを入力して検索する

友だち追加の画面で「検索」をタップする LINE IDを入力する

LINEの「ホーム」タブから友だち追加ボタンLINE 友だち追加ボタン をタップし、友だち追加画面に進んだら検索ボタン[]を押します。相手のIDを入力し、出てきたアカウントの下にある[追加]をタップすれば、友だち追加ができます。

自分のLINE IDを確認する(相手に教える)

「LINE IDを教えてほしい」と言われたときに自分のIDを忘れてしまっていても、いつでもかんたんに確認できます。

LINE ID 確認方法 LINE ID 確認方法

LINEの「ホーム」タブの一番上に表示されるマイアカウントをタップします。マイアカウントのTOPページで、名前の下にある[v]ボタンをタップして表示されるのが、自分のLINE IDです。何も表示されない場合は、LINE IDを設定していないということになります。

ちなみに、LINE IDはコピペすることができません。メールやSMSでLINE IDを伝える場合、1文字ずつ打つと誤って入力するかもしれないので、スクリーンショットを添付して送るといいでしょう。

Androidスマホでスクリーンショットを撮る方法
iPhoneでスクリーンショットを撮る方法まとめ

相手のLINE IDを確認するには?

LINE上では、友だちのLINE IDを確認できません。本人に直接問い合わせるのが一番確実な方法です。

なお、自分のLINE友だちAに別の友だちBのLINEアカウントを紹介したい(LINE IDから友だち追加させたい)といった場合に、BのLINE IDを直接教える機能はありません。LINEトーク内にある「連絡先」送信機能を使って紹介(共有)する方法が便利です。

ただし、本人の承認なしにLINE IDを共有するのは、トラブルの種となりやすいので注意してください。

LINE IDによる検索には年齢確認が必須なの?

スマホ(iOS/Android)版のLINE ID検索で友だち追加をするには、3つの条件を満たす必要があります。

  • 検索される側がLINE IDを設定(登録)している
  • 検索する側とされる側の両方が年齢確認を済ませている
  • 検索される側が「IDによる友だち追加」の設定をオンにしている

正しいIDを入力しているのに検索結果に相手のアカウントが表示されない場合、以下2つの設定(年齢確認/IDによる友だち追加設定)を見直してみましょう。

年齢確認が済んでいない場合はIDによる検索が使えない

LINE IDは、LINEのユーザーなら年齢関係なく「誰でも」設定できます。しかし、青少年保護の観点から「18歳未満」のユーザーは、LINE IDを設定してもID検索が使えないようになっています。

LINE ID検索を利用したいときは、18歳以上のユーザーなら大手3キャリア(ソフトバンク、ドコモ、au)もしくはLINEモバイル、ワイモバイルが提供するサービスを通じて年齢確認をおこなう必要があります。

「年齢確認」をタップする 「年齢確認結果」をタップする

年齢確認は「ホーム」タブから設定ボタン[]をタップし、[年齢確認]を開き、「未確認」や「不明」と表示されている[年齢確認結果]の項目をタップします。

使用しているキャリアを選択 キャリアのアカウントでログインする

確認ポップアップが表示されたら、契約している通信キャリア(携帯電話会社)もしくはLINEモバイルをタップします。続いて、キャリアのアカウントでログインしてください。ここではソフトバンクの例を紹介していきますが、基本的な流れは同じです。

参考:携帯電話会社のログインID・パスワードを忘れた場合

ソフトバンクの年齢認証画面 年齢認証結果が表示される

ログインするとキャリア(ソフトバンク)の認証ページが開くので、注意事項を読み、問題なければ「注意事項を確認しました」にチェックを入れて[同意する]をタップします。キャリアのシステムで18歳以上であると判断されれば、認証は完了です。

参考:認証の手順詳細

年齢確認が完了すると、「未確認」「不明」となっていた部分が「ID検索可」の表示に変わります。また、LINE IDで検索がおこなえるようになり、自分のIDも検索結果に表示されるようになります。

ちなみに、LINEモバイルやワイモバイル以外のMVNO(格安SIM)を利用しているユーザーは年齢確認がおこなえません。この場合、別の端末に装着されている(キャリア契約の)SIMを利用することで年齢確認することも可能です。

IDによる友だち追加の設定がオフになっている場合はID検索できない

登録しておくと便利なLINE IDですが、知らないユーザーからID検索されてLINE IDが流出し、スパムなどの迷惑なメッセージが届いてしまうリスクがあります。

そんなリスクを回避するためにあるのが、「IDによる友だち追加を許可」の設定です。相手がIDによる友だち追加を許可のオプションをオフにしている場合は、検索しても相手のアカウントはヒットしません(年齢確認が済んでいないユーザーは「IDによる友だち追加」の設定が強制的にオフになります)。

もし友だちにID検索をしてもらう場合は、この設定をオンにしておく必要があります。

設定画面で「プライバシー管理」をタップ 「IDによる友だち追加を許可」をオンにする

IDによる友だち追加をオンにするには、「ホーム」タブから設定ボタン[]をタップし、[プライバシー管理]と進みます。[IDによる友だち追加を許可]をオンにしていると、相手がIDを検索したときにアカウントがヒットし友だちに追加されます。

ずっとオンにしたままだと、知らないユーザーからもID検索で一方的に友だち追加されてしまうリスクが伴います。普段はオフにしておき、ID検索が必要になった時のみ設定をオンにすることをおすすめします。

ID検索できない場合の対処法については、以下の記事を参照してください。

LINE IDで検索できない場合のアカウントの送り方は?

LINE IDで検索できない場合に友だち追加する代替手段としては、相手がすぐ近くにいるなら「ふるふる」機能を、相手の電話番号がアドレス帳に登録されているなら友だち追加のオプションを有効にしてアドレス帳の連携機能を使います。

また、相手が遠方にいて、かつ電話番号も知らない時に便利なのが「QRコード」を送る方法です。

QRコードを共有する SMSでQRコードを送る

LINEの「ホーム」タブから友だち追加ボタンLINE 友だち追加ボタン を選択し、[QRコード]から[マイQRコード]をタップします。

右上の[V]ボタンを押すと共有メニューが表示されるので、メールやSMSなど用途にあったものを選択します。共有する時にQRコードがURL化されるので、受け取った側がリンクをタップすれば友だち追加ができます。

LINEで友達を追加する10の方法──電話番号による自動追加と様々な手動追加

PC版LINEなら年齢確認なしでもID検索できる?

PC(パソコン)版LINEであれば、年齢認証をおこなわなくてもID・電話番号検索ができます。PC版LINEでID検索して友だち追加することで、スマホ版LINEにも反映されます。

PC版LINEでもLINE IDを使用した友だち検索ができる

ただし、相手側が年齢認証をして「IDによる友だち追加を許可」設を有効(オン)にしていなければ、検索自体は可能でも検索結果に相手のアカウントがヒットしません。

詳しい手順は下記の特集を参照してください。

LINE IDは変更・削除・複数作成できない

LINE IDは一度作成すると、あとから変更・削除することはできません。何らかの理由でLINE IDを使いたくない時は、ひとまず「IDで友だち追加を許可」をオフにして、IDで検索されるのを避けましょう。

「IDによる友だち追加を許可」をオンにする

「ホーム」タブから設定ボタン[]→[プライバシー管理]と進み、[IDによる友だち追加を許可]をオフにする

どうしても変更・削除したい場合は、アカウントを削除して作り直します。しかし、アカウントを作り直すと購入したスタンプがすべて消えるほか、友だちリストやトーク履歴もすべてなくなってしまいます。

LINE IDを変更・削除する唯一の手段であるアカウントの再作成については、以下の記事を参照してください。

またLINE IDは、1つのアカウントにつき1つしか作成できません。そのため、同じ端末でクローズドに複数のIDを運用することは不可能です。

LINE@で複数アカウントを作成する

複数のIDを作成できるのはLINE@のみ

ただし、公開型のLINE公式アカウント(旧LINE@)を利用すれば、個人でも複数のアカウントを運用できます。顧客やファン、仕事上つながりがある人々などへオープンに情報発信をするためのアカウントで、別途LINE IDも取得できます(キャリア連動の年齢認証が必要です)。

検証したLINEのバージョン:iOS版 9.15.1、Android版 9.15.1

EDITED BY MOEGI, AO