【2019年】スマホ決済アプリおすすめ7選まとめ メリット・デメリットや還元率、使える店などを徹底比較

激戦と混迷、◯◯Pay系のスマホ決済サービス

【2019年】スマホ決済アプリおすすめ7選まとめ メリット・デメリットや還元率、使える店などを徹底比較

各種キャンペーンで話題を呼び、また政府主導のキャッシュレス推進の動きなども背景に、徐々に広まりつつある「スマホ決済」。なかでも、機種を問わず利用できるハードルの低さや、独自のポイント還元などのメリットがある「QRコード決済」機能を搭載したアプリが注目を集めています。

とはいえ、立て続けにさまざまなスマホ決済サービスがリリースされ、どれを使ったらいいのか戸惑っている人も多いでしょう。本記事では、おすすめできる主要なスマホ決済アプリ7つをまとめて取り上げ、そのメリット・デメリットや機能、使える店舗などを比較して紹介します。

スマホ決済アプリ比較:自分に合ったスマホ決済はどれ?

スマホ決済アプリを選ぶうえでの重要なポイントである「利用者数の多さ」「特典・還元率」「機能性」「支払い方式」に注目し、それぞれのサービスを比較してみました。

1. 利用者数の多さで選ぶ

MMD研究所が18歳~69歳の男女30,000人を対象に実施した「2019年7月 QRコード決済利用動向調査」によると、最も利用されているQRコード決済は1位が「PayPay」、2位に「LINE Pay」、3位に「楽天ペイ」という結果になりました。

MMD総研による「2019年7月 QRコード決済利用動向調査」

出典:MMD研究所

現在乱立しているQRコード決済サービスも、いずれは絞られていくことになるでしょう。利用者数が伸び悩んでいるサービスは、使える店舗や利用シーンの拡大、キャンペーンといった面で遅れをとってしまう可能性があります。

まだどのサービスも利用したことがなければ、現時点ですでに頭一つ抜けている「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」の3つから選んで優先的に使っていくと安心かもしれません。

2. 特典・還元率で選ぶ

特典・還元率で選ぶスマホ決済(PayPay)

PayPayは常時3%を実現

決済ごとにもらえる利用特典は、ユーザーが一番気になるところ。還元率という観点で選ぶのであれば、やはり常時3%を実現する「PayPay」でしょう。

各サービス還元率・特典一覧
還元率 主な付与特典 1000円あたりの還元額
LINE Pay 0.5〜2% LINE Payボーナスなど 5円〜20円
PayPay 0.5〜3% PayPayボーナス 5円〜30円
楽天ペイ 0.5〜1.5% 楽天ポイント 5円〜15円
メルペイ 割引クーポン
  • メルカリポイント(キャンペーン時のみ)
  • 割引クーポン
-
d払い
  • 実店舗:0.5%
  • オンライン決済:1%
dポイント
  • 実店舗:5円
  • オンライン決済:10円
au PAY
  • 通常:0.5%
  • auスマートパスプレミアム会員:1.5%
au WALLETポイント
  • 通常:5円
  • auスマートパスプレミアム会員:15円
Origami Pay 基本2%
(例外あり)
割引クーポン 基本20円

ただ、各サービス競うようにキャンペーンをおこなっており、還元率は時期によってかなり変動します。普段はPayPayを使い、キャンペーンが開始されたら「LINE Pay」でまとめ買いをする、といったように複数サービスを使い分けるのもひとつの手です。

3. 使える機能で選ぶ

使える機能で選ぶスマホ決済(メルペイ・LINE Pay)

メルペイ・LINE Payは非接触型決済も可

いくら還元率が高くても、利用機会が少なければ意味がありません。食材や消耗品の買い物、ネットショッピング、友達との割り勘など、日常生活の中でどれだけ頻繁に使えるかという点も重要となってきます。

各サービス搭載機能一覧
コード決済/スキャン決済 非接触型決済 オンライン決済 個人間送金
LINE Pay
(Androidのみ:QUICPayによる決済が可能)
PayPay
楽天ペイ
メルペイ
(iDによる決済が可能)
d払い
au PAY
(iOSのみ:QUICPayによる決済が可能)

(Apple Payに対応したサイトのみ)

(じぶん銀行と連携したユーザーのみ)
Origami Pay

QRコード決済に加え、スマホを専用端末にかざして決済する非接触型決済が利用できる「メルペイ」「LINE Pay」は、利用できる店舗数が他サービスと比べて格段に多くなります。

4. 支払い方式で選ぶ

支払い方式で選ぶスマホ決済(楽天ペイ・PayPay・d払い・Origami Pay)

楽天ペイ・PayPay・d払い・Origami Payはクレカ決済できる

支払い方式が個人の性格やニーズに合っていることも大切なポイント。事前チャージが面倒な人は、クレジットカード決済や銀行口座振替で支払えるサービスを選ぶといいでしょう。逆に使いすぎが気になる人は、入金した分だけを使えるチャージ形式だと計画的な利用がしやすくなります。

各サービス支払い方式一覧
事前にチャージした残高から払う クレジットカード決済 銀行口座振替 キャリア決済で携帯料金に合算
LINE Pay
(限られた場合のみ)
PayPay
楽天ペイ
メルペイ
d払い
(ドコモのみ)
au PAY
(auのみチャージ可能)
Origami Pay

クレカ決済を選ぶと二重取りというメリットが生まれるパターンもあり。「楽天ペイ」「PayPay」「d払い」「Origami Pay」であれば、クレジットカード固有のポイントと決済時の特典を二重取りできるのでおすすめです。

以降では、今回ピックアップしたスマホ決済アプリの特徴やメリット・デメリットを、それぞれまとめていきます。

LINE Pay:利用シーンが圧倒的に多い、LINEが全力をかける金融サービスの中核

LINE Pay

LINE Payのメリット
  • 使える店舗数・利用シーンが豊富
  • LINEに馴染み深い人であれば、操作がわかりやすい
  • 高還元のキャッシュバックキャンペーンを頻繁に開催
LINE Payのデメリット
  • クレジットカードによるチャージができない
  • キャッシュバックやLINEポイントが加算されるまでタイムラグがある

「LINE Pay(ラインペイ)」は、QRコード・オンライン決済に加え、送金・割り勘、またJCB加盟店で使えるLINE Payカード機能から、公共料金の請求書支払いまで、あらゆるシーンに対応したスマホ決済サービスです。お馴染みの「LINE」に会員登録している人であれば、アプリ内から簡単に利用開始できるようになっています。

LINEPay LINEPay

マイカラー制度で利用特典として付与されるLINEポイント(2019年8月からはLINE Payボーナス)は、毎月の利用金額に応じて0.5%〜最大2%まで還元率が変動するシステム。加えて、最大20%還元が得られる「Payトクキャンペーン」などのボーナスチャンスが頻繁に訪れるのも魅力です。なお、Androidスマホユーザーであれば非接触型決済の「QUICPay」と連携でき、利用できる店舗の幅が広がります。

近年、金融サービスへの注力姿勢を鮮明にしているLINE。LINE Payは、膨大なユーザー数を抱えるLINEのスマホ決済サービスであり、かつ、LINEの金融サービスの中核となる存在であるだけに、日本のスマホ決済サービスの中心部に居続けるはずです。

主な利用可能店舗

ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スターバックス、セイコーマート、ツルハ、くすりの福太郎、ドラッグストアウェルネス、阪急百貨店、阪神百貨店、LOFT(ロフト)、メガネドラッグ、メガネスーパー、ビッグエコー、はなの舞、ゲオ、白木屋、ビックカメラ、ジョーシン、ココカラファイン
LINE Pay:アプリ決済が使えるお店

LINE Pay(ラインペイ)の使い方 超入門──チャージや支払い(コンビニ等)、ポイント還元、銀行口座・クレカ登録、送金、出金まで徹底解説

PayPay:最大3%の高還元率が魅力、ヤフーサービスの要へ

PayPay

PayPayのメリット
  • 最大3%の高還元率キャッシュバックが常時受けられる
  • Yahoo! JAPANカードからの残高チャージで、Tポイント1%も獲得できる
PayPayのデメリット
  • Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードからPayPay残高のチャージができない
  • 利用特典のPayPayボーナスは現金化できない

ソフトバンクとヤフーが共同でスタートしたスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」。大胆なキャンペーンで一躍有名になりましたが、通常時でもPayPay残高やYahoo! JAPANカードでの支払いを対象に、3%の高い還元率キャッシュバック(PayPayボーナス)を提供しています。単体で3%の還元率はかなりおいしいので、キャンペーン期間が終了しても使う価値が大いにあります。

PayPay PayPay

支払い方法は2パターン。チャージしたPayPay残高やYahooマネーでの決済かクレジットカード決済が用意されているので、状況に応じて使い分けられて便利です。なお、「Yahoo!ショッピング」など一部のヤフー関連サービスでは、オンライン決済によるPayPay支払いが可能です。

ヤフーは最近、Yahoo!マネーのPayPayへの統合やPayPayの名を冠するフリマ・ショッピングサービスの開始を発表するなど、PayPayを軸に各種サービスを再編する動きを見せています。今後も要注目のスマホ決済サービスであることは間違いありません。

主な利用可能店舗

ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機、エディオン、Joshin、サンドラッグ、セイムス、Tomod's、ウェルシア、アインズ&トルペ、上島珈琲店、キッチンオリジン、松屋、牛角、ピザーラ、しゃぶしゃぶ温野菜、フレッシュネスバーガー
PayPay:アプリ決済が使えるお店

PayPay(ペイペイ)の使い方 超入門──はじめ方からチャージ、クレジットカード登録、銀行連携、支払い、送金まで全解説

楽天ペイ:抜群の使いやすさを誇る、楽天経済圏のスマホ決済アプリ

楽天Pay

楽天ペイのメリット
  • 楽天ポイントカードや楽天Edy機能を1つにまとめられる
  • 楽天カードと紐付けると還元率が1.5%にアップ
楽天ペイのデメリット
  • クレジットカードを持っていない人は利用できない
  • 楽天カードを持っていない人はおトク感が薄い

国内において、QRコード決済利用者数ナンバーワン(ICT総研調べ 2018年12月)といわれているのが「楽天ペイ」です。スマホでクレジットカード決済ができる楽天ペイは、チャージ形式のように事前に残高を気にする必要がありません。また、クレジットカード単体で決済するときに求められるサインや暗証番号は不要。スピーディーに決済できます。

楽天Pay 楽天Pay

楽天ポイントの高い還元率も魅力。通常は支払額の0.5%の楽天ポイントが還元されますが、楽天カードを支払い先に設定することで1.5%まで還元率をアップできます。楽天ポイントカードや楽天Edy機能も楽天ペイアプリにまとめられるので、普段から楽天サービスを愛用している人に特におすすめです。

主な利用可能店舗

ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、魚民、AOKI、はるやま、ピザーラ、和民、ライトオン、ポプラ、はなの舞、マックハウス、ザザホラヤ、アート引越センター、ステップスポーツ、自遊空間、アリさんマークの引越社、ディスクユニオン、武田メガネ
楽天ペイ:アプリ決済が使えるお店

楽天ペイの使い方 超入門──特徴や支払い方法、送金、ポイントの仕組みまで解説

メルペイ:メルカリユーザー向け、最大70%還元のチャンスも訪れる

メルペイ

メルペイのメリット
  • iDと連携できるので全国に使える店舗数が多い
  • メルカリユーザーの場合、売上金を現金同様に使える
  • 最大70%還元など大胆キャンペーンが不定期で開催される
メルペイのデメリット
  • メルカリユーザー以外は初期登録に若干手間がかかる
  • 通常時はポイント還元やキャッシュバックシステムがない

「メルペイ」は、フリマアプリ「メルカリ」の中に組み込まれた決済サービス。メルカリで得た売上金や銀行口座からチャージしたお金を、実店舗やメルカリ内の買い物、Suicaへのチャージ(iOSのみ)などに利用できます。QRコード決済に加えて、加盟店数の多い非接触型決済のiDとも連携できるため、利用できる実店舗は約90万店舗以上。ほかのサービスと比べてもかなりの数です。

メルペイ メルペイ

常設のポイント還元やキャッシュバックのシステムがないのは残念。しかし、特典としてメルペイ支払い限定の割引クーポンが頻繁に配布されたり、これまで最大70%のポイント還元キャンペーンが数回実施されたりしていることから、今後も不定期で大型キャンペーンが開催されそうな予感がします。開始して間もないサービスなだけに、今後の動向に注目したいところです。

主な利用可能店舗

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、イトーヨーカドー、まいばすけっと、かっぱ寿司、牛角、ガスト、マクドナルド、すき家、ミスタードーナッツ、タリーズ、サンドラック、マツモトキヨシ、ドン・キホーテ、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、TSUTAYA、ブックオフ、紀伊国屋書店
メルペイ:アプリ決済が使えるお店

メルペイの使い方 超入門──iD決済やSuica、あと払いの方法、ポイント・残高チャージの仕組みまで【iPhone/Android】

d払い:ドコモのスマホ決済、ドコモユーザー以外も使える

d払い

d払いのメリット
  • ドコモユーザーなら携帯電話料金との合算払いができる
  • dポイントとクレジットカード固有のポイントとの二重取りが可能
d払いのデメリット
  • ほかのサービスと比較して通常時のポイント還元率が低い
  • ドコモユーザー以外はクレジットカードをもっていないと利用できない

NTTドコモが提供するスマホ決済サービスが「d払い」です。ドコモ回線を契約していない人でも利用できますが、特典がドコモ関連サービスの「dポイント」という点や登録ハードルの低さなどから、ドコモユーザーに特におすすめしたいサービスです。

d払い d払い

d払いはQRコード決済専用のアプリとなっています。支払い方法はクレジットカード決済のほか、携帯電話料金との合算払い(ドコモユーザーのみ)にも対応。利用特典であるdポイントの還元率は実店舗で0.5%、オンライン決済では1%で、貯めたdポイントは支払いに充てることもできます。クレジットカード固有のポイントとの二重取りも可能です。

主な利用可能店舗

ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ、スリーエイト、上島珈琲店、和民、にくスタ、三代目鳥メロ、JapanTaxi、高島屋、エディオン、ビックカメラ、ケーズデンキ、ジョーシン、コジマ、ソフマップ、ウエルシア、ハックドラッグ、ツルハドラッグ、トモズ、マツモトキヨシ
d払い:アプリ決済が使えるお店

d払いの使い方 超入門──加盟店や登録手順、dポイント活用、支払い方法など

au PAY:auユーザーなら使って損はない

au PAY

au PAYのメリット
  • auユーザーにとっては、au WALLETポイント利用の幅が広がり使い勝手が向上
  • iPhoneユーザーであればApple Payに登録してQUICPay+加盟店で支払える
  • 毎月3日、13日、23日の三太郎の日は還元率がアップ
au PAYのデメリット
  • 利用できる人がauユーザーかつau WALLETプリペイドカードと限定的
  • auユーザーのなかでもスマートパスプレミアム会員でない人には、あまりおトク感がない

「au PAY」は「au WALLET」アプリから利用できるスマホ決済サービスです。QRコード決済に加え、Apple Payに登録することでJCBの非接触型決済「QUICPay+(クイックペイプラス)」の加盟店で利用できます。

2019年6月時点では、au回線の契約と「au WALLETプリペイドカード」の所有が利用条件となっており、auユーザー向けのスマホ決済サービスとなっています。ソフトバンク・ヤフー系のPayPayやNTTドコモのd払いにはキャリア縛りがないのと対照的です。

au Pay au Pay

利用特典は、利用金額に応じて還元されるau WALLETポイント。還元率は通常会員は0.5%、auスマートパスプレミアム会員は1.5%で、貯めたau WALLETポイントは残高にチャージできます。毎月3日、13日、23日に実施している「三太郎の日」にau PAYで決済すると、auスマートパス プレミアム会員は20%、au STAR会員は5%まで還元率がアップします(一般ユーザーはアップなし)。

主な利用可能店舗

ローソン、ミニストップ、ポプラ、松屋、目利きの銀次、サンドラック、スギ薬局、welcia、IKEA、メガネスーパー、ヤマダ電気。ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、Joshin、ケーズデンキ、島村楽器、ゲオ、earth music&ecology、Right-on、ジャンボカラオケ広場、ビッグエコー、自遊空間

au PAY:アプリ決済が使えるお店

au PAYの使い方 超入門──チャージや支払い、使えるコンビニ・加盟店まで

Origami Pay:おトク感と使い勝手のバランスが取れた独立系Payサービス

Origami Pay

Origami Payのメリット
  • クレジットカードか銀行口座振替か支払い方法を自由に変更できる
  • 割引形式の特典が分かりやすい
Origami Payのデメリット
  • 搭載されている機能が少ない
  • 利用できる店舗があまり多くない

QRコードによるスマホ決済サービスのなかでは比較的早く、2016年5月にスタートしたのが「Origami Pay(オリガミペイ)」です。ポイントやキャッシュバック還元ではなく、会計額に対する2%割引が適用されるのが大きな特徴(例外あり)。特典付与までのタイムラグがないので、即時におトク感を得られます。また、半額割引クーポンが配布される機会が多く、通常より安く買い物や飲食ができることもあります。

Origami Pay Origami Pay

送金や割り勘、オンライン決済などの機能はなく、コード決済とスキャン機能のみですが、その分シンプルで分かりやすい操作性になっています。なお、支払先は銀行口座引振替かクレジットカードの2通りが用意されており、銀行口座振替を利用すると、割引率が上がるケースがあります。

主な利用可能店舗

ローソン、ミニストップ、吉野家、ケンタッキー・フライドチキン、LOFT、PARCO、DEAN & DELUCA、AOKI、日本交通、Francfranc、、自遊空間、AZURA、Zoff、URBAN RESEARCH、エディオングループ、和民、白木屋、サンドラッグ、ポプラ、新生堂薬局、Right-on、靴下屋、ロクシタン
Origami Pay:アプリ決済が使えるお店

Origami Pay(オリガミペイ)の使い方──特徴やはじめ方、クーポン、Kyash併用、キャンペーン情報まで

EDITED BY MOEGI

スマホ決済

LINE Pay

PayPay

楽天ペイ

メルペイ

d払い

au Pay

Origami Pay