ゼロからわかる「Google Pay」超入門ガイド──使い方からメリット・デメリット、チャージ方法まで全解説

始め方から支払い方法まですべて網羅

多くのAndroidスマホにプリインストールされている「Google Pay(グーグルペイ)」。気になってはいるけど、活用方法がイマイチ分からないという人も少なくないでしょう。

この記事では、Google Payがどんなサービスなのか、その仕組みや特徴を一問一答の形式でわかりやすく紹介します。そのうえで、利用登録から支払い方法の設定、決済方法まで、幅広くかつ初心者向けに使い方をやさしく解説しています。これからGoogle Payを使い始めたい、活用方法が知りたいという人はぜひ参考にしてください。

Google Payとは? 気になる疑問を一問一答形式で解説

最初に、Google Payがどんなサービスなのか、その仕組みや特徴を一問一答の形式でわかりやすく紹介します。

Google Payはどんなサービス?

Google Payは、Suica、PASMO、楽天Edy、WAON、nanaco、iD、QUICPayといった非接触型決済サービスをはじめ、各種ポイントカード、チケット、クレジットカード情報などを一括で管理できるサービスです(詳細)。

Google Payは財布

いまいちピンとこない人は、Google Payは“お金”ではなく“財布”だとイメージしてもらうと理解しやすいでしょう。

たとえばお店で買い物をする際、財布の中から使いたい決済手段(現金やクレジットカード、ポイントカードなど)を選んで支払います。スマホでも同じように「Google Pay」という財布の中から、電子マネーやポイントカードなど使いたい手段を選んで決済ができるのです。

Google Payを使ってコンビニで支払うには?

コンビニなどの実店舗では、「Google Payそのもの」ではなく「Google Payに登録した各決済サービス」で支払います。したがって、レジでの会計時にはスタッフに「Google Payで」と伝えるのではなく「Suicaで」「QUICPayで」といったように電子マネー名を伝えるとスムーズでしょう(詳細)。

以下、Google Payを使ってコンビニなどの実店舗で支払う流れをイラストで紹介します。詳しい手順は後述を参照ください。

Google Pay

Google Payを使うメリットは?

Google Payを使うことで、非接触型決済を利用開始するまでの準備・作業が大幅に短縮できます。

Google Payのメリットは、1台のスマホで複数の決済サービスを利用するケースを想定すると分かりやすいでしょう。

Google Payのメリット

本来、Androidスマホで非接触型決済をするには、Suicaなら「モバイルSuica」、楽天Edyなら「楽天Edy」、iDなら「iD」といったようにそれぞれ専用アプリをダウンロードする必要があります。

さらに、各アプリごとに初期設定を済ませて、クレジットカードなどの支払い手段を登録しなければなりません。

スッキリ

その点、Google PayはそれひとつでSuica、PASMO、WAON、nanaco、iD、QUICPayなど複数の決済サービスの発行・利用・管理ができます。

わざわざ複数の決済アプリをダウンロードする手間がかかりませんし、Googleアカウントに登録している情報(氏名や住所)を流用できるので、初期設定も圧倒的に手軽です。

クレジットカードの登録も1回だけでOK。Google Payに登録中のクレジットカード情報を流用して、複数の電子マネーへチャージ・紐付けが可能です。カード番号やセキュリティコードなどのカード情報を何度も入力しなくて済みます。

Google Payのデメリットは?

Google Payでは、電子マネーへのチャージや決済といった基本的な動作しかおこなえません。各決済サービスの専用アプリをインストールしないと、どうしても利用できない機能があるのがデメリットです(詳細)。

Google PayのSuicaの例を挙げると、残高の払い戻しや定期券の新規購入などができません。また、いずれの電子マネーも機種変更に伴うデータ移行は、専用アプリでしかおこなえない仕様です。

「Google Payで電子マネーを使い始めたけれど、結局アプリのインストールが必要になった」というケースも少なくないでしょう。

Google Pay

逆に、Google Payでしか利用できない機能もあります。たとえばGoogle PayのSuicaでは、指定した残高を下回った際に通知してくれる「リマインダー」機能を設定できます。残高が足りなくて改札や支払いで引っかかることが多い人は重宝するはずです。

また、モバイルSuicaでは500円単位でしかチャージができませんが、Google PayのSuicaでは1円単位で自由に金額を指定できます。無駄な端数を残すことなく使えるのは地味に嬉しいポイントです。

Google Payアプリはどこにあるの?

Google Payアプリは多くのAndroidスマホにプリインストールされています。ホーム画面やアプリ検索で探してみてください(詳細)。

Google Pay
Google Pay
Google Pay

ホーム画面を下から上にスワイプすると、スマホにインストールされているすべてのアプリを表示できます。上部の検索窓に「Google Pay」と入力して、該当するアプリがないか探してみてください。

ただ、Galaxyスマホなど、プリインストールされていないケースもあります。見つからない場合は、下ボタンをタップしてGoogle Playストアからダウンロードしましょう。

アプリ「Google Pay」をダウンロード

Google Payは誰でも使えるの?

交通機関や店舗でかざして決済(非接触型決済)をするなら、「FeliCa」という機能を搭載したスマートフォンでなければなりません。

Google Payのアプリ自体は、Android 5.0以上を搭載していれば機種を問わず利用できます。

ただし、手持ちのスマホが「FeliCa(フェリカ)」という通信規格に対応していない場合、Suica、PASMO、楽天Edy、WAON、nanaco、iD、QUICPayを使った非接触型決済が利用できません(Visaタッチ決済とMastercardタッチ決済なら、FeliCa非対応のスマホでも利用できます)。

端末の背面にあるFeliCaマーク

端末の背面にあるFeliCaマーク

自分のスマホがFeliCaを搭載しているかどうか調べるには、背面にFeliCaマークがあるかをチェックするのが最も手っ取り早い方法です。

とはいえ、PixelシリーズのようにFeliCaを搭載していても背面にマークが付いていないケースもあるので、メーカー公式サイトなどを確認するのが確実でしょう。スペック表に「おサイフケータイ対応」もしくは「FeliCaチップ搭載」などと記載されていればOKです。

Google Payアプリとおサイフケータイアプリの違いは?

「おサイフケータイ」は、複数の電子マネーのチャージ残高や利用状況をまとめて確認できるだけのアプリです。クレジットカードの登録やチャージなどはおこなえません。

Google Payとおサイフケータイ比較
  Google Payアプリ おサイフケータイ
提供元 Google NTTドコモ
各電子マネーの新規発行 ×
クレジットカードの登録 ×
チャージ ×
残高の確認
決済履歴の確認 ×
アプリ「おサイフケータイ アプリ」をダウンロード

同じように複数の非接触型決済サービスを管理できるサービスとして、NTTドコモが提供する「おサイフケータイ」というアプリが存在します。それぞれの違いは上表の通り。

「おサイフケータイ」アプリは、それひとつでは何もできません。せいぜいチャージ残高などをまとめて確認できるくらいです。実際に決済するには、モバイルSuicaならモバイルSuicaの、iDならiDのアプリをそれぞれインストールして各アプリから初期設定やチャージをする必要があります。

一方、Google Payはそれひとつで電子マネーの新規発行からクレジットカードの登録、チャージ、決済まで一通りおこなえます。

「おサイフケータイ」という言葉は、それ自体が「Felica対応のスマホ」「Suica、PASMO、楽天Edy、WAON,nanaco、iD、QUICPayが使えるスマホ」であることを表す場合もあります。

Google Payで利用できる決済方法

2023年現在、Google Payでは「Suica」「PASMO」「楽天Edy」「WAON」「nanaco」「QUICPay(QUICPay+)」「iD」「Visaタッチ決済」「Mastercardタッチ決済」と9種類の決済サービスを登録・利用できます。

いずれも専用端末に“かざして”支払う「非接触型決済」タイプであることには変わりませんが、その性質・種類は2つに大別されます。

Google Pay

ひとつは事前にチャージした残高から支払う「前払い(プリペイド)型」のサービス。SuicaPASMO楽天EdyWAONnanacoが該当します。

もうひとつは「後払い(ポストペイ)型」のサービスで、紐付けたクレジットカードやデビットカードの利用分としてまとめて請求されます。当てはまるのはiDQUICPay(QUICPay+)Visaタッチ決済、Mastercardタッチ決済です。

事前にチャージしたり、残高不足を気にしたりするのが煩わしく感じる人は「後払い型」を選ぶといいでしょう。逆に使いすぎが気になる人は、入金した分だけを使える「前払い型」だと計画的な利用がしやすくなります。

Suica(スイカ)

Suica

Suica(スイカ)は、事前にチャージした残高で支払う「前払い型」の決済サービス。JR東日本(東日本旅客鉄道)が提供・運営しており、交通系ICカードや交通系電子マネーとも呼ばれます。

鉄道やバスといった公共交通機関をはじめ、交通系ICカード加盟のお店で利用できます。おそらく最も普及率が高く、一番汎用性があるのがこのSuicaです。何を利用するか迷ったら、とりあえずSuicaを選べば間違いないでしょう。

Google PayのSuicaでできること

Google PayのSuicaでは、何ができるのでしょうか。専用アプリ「モバイルSuica」との違いを下表にまとめてみました。

  Google PayのSuica モバイルSuicaアプリ
記名式Suicaの発行
無記名Suicaの発行
チャージ残高の表示
Suica利用履歴の表示
JRE POINTを貯める
JRE POINTをSuica残高に交換 ×
定期券の購入 △(継続購入のみ可能)
Suicaグリーン券の購入 ×
タッチでGo!新幹線の利用
エクスプレス予約 ×
残高払いもどし ×
機種変更に伴うデータの移行 ×
Suicaの再発行 ×
Suicaネット決済 ×

記名式のSuicaを発行してJRE POINT WEBへの会員登録を済ませると、電車賃の支払い50円につき1ポイント(=2%)の割合でJRE POINTが貯まります。

「Google PayのSuica」と「モバイルSuicaアプリ」どちらを使ってもポイント付与の対象ですが、貯まったJRE POINTの交換は「モバイルSuicaアプリ」からしかおこなえません。また、Google Payアプリでは機種変更に伴うデータ移行もできないので注意が必要です。

アプリ「モバイルSuica」をダウンロード

Google PayのSuicaで使えるチャージ方法

「Google PayのSuica」と「モバイルSuicaアプリ」では、チャージ方法の仕様が少し異なります。

  Google PayのSuica モバイルSuicaアプリ
クレジットカードでのチャージ
現金でのチャージ
JRE POINTでチャージ ×
オートチャージ(ビューカード経由) ×
最低チャージ金額 1円 500円
チャージ金額の指定 1円単位 500円単位

Google PayのSuicaは、ポイントチャージやオートチャージには対応していません。しかし、登録できるカードの種類がモバイルSuicaよりも豊富という利点があります。

例えば、「モバイルSuicaアプリ」ではデビットカードやプリペイドカードでのチャージができませんが、Google PayのSuicaなら利用可能です。

PASMO(パスモ)

モバイルPASMO

PASMO(パスモ)は、事前にチャージした残高から支払う「前払い型」の決済サービスです。東京メトロや小田急電鉄、京急電鉄、バス事業者などが共同で提供・運営しています。

前述した「Suica」と同じ交通系電子マネーであり、電車やバスの運賃の支払いに利用できます。対応エリアや加盟店数はSuicaとほぼ変わらないので、すでにGoogle PayでSuicaを使っているならわざわざPASMOを発行する必要はないかもしれません。

Google PayのPASMOでできること

Google PayのPASMOでは何ができるのでしょうか。専用アプリ「モバイルPASMO」との違いを下表にまとめてみました。

  Google Payに登録したPASMO モバイルPASMOアプリ
記名PASMOの発行 ×
無記名PASMOの発行
チャージ残高の表示
利用履歴の表示
定期券の購入 △(継続購入のみ可能)
残高の払いもどし ×
機種変更に伴うデータの移行 ×(おサイフケータイ経由でおこなう) ×(おサイフケータイ経由でおこなう)
退会 ×
再発行 ×

無記名PASMOはGoogle Payアプリでも発行できますが、記名PASMOは「モバイルPASMO」アプリでないと発行できません。記名PASMOは、氏名、住所、生年月日など個人情報の届け出が必要なため、株式会社PASMOの提供している「モバイルPASMO」アプリからでないと発行することはできないのです。

その関係で、定期券の新規購入や払いもどし手続きは、Google PayアプリのPASMOではおこなえません。

アプリ「モバイルPASMO」をダウンロード

Google PayのPASMOで使えるチャージ方法

「Google PayのPASMO」と「モバイルPASMOアプリ」では、チャージ方法の仕様が少し異なります。

  Google PayのPASMO モバイルPASMOアプリ
クレジットカードでのチャージ
現金でのチャージ
オートチャージ ×
最低チャージ金額 1円 500円
チャージ金額の指定 1円単位 1000円単位

モバイルPASMOアプリは500円以上1000円単位でしかチャージができません。一方で、Google PayのPASMOなら、1円単位で、自由にチャージ金額を指定できます。無駄な端数を残すことなく使えるのは、地味に嬉しいポイントです。

ただ、Google PayのPASMOはオートチャージに対応していないので、残高不足には注意が必要です。

楽天Edy

楽天Edy

「楽天Edy」は、事前にチャージした残高から支払う「前払い型」の決済サービスです。楽天市場や楽天モバイルでおなじみの楽天グループの会社が提供・運営しています。

楽天Edyマークがあるお店で利用でき、加盟店数は2022年6月時点で100万カ所を突破。加えてGoogle Playストア決済(いわゆるアプリ課金)でも利用できるので、Androidユーザーなら使っておいて損はないでしょう。

Google Payの楽天Edyでできること

専用アプリ「楽天Edy」と「Google Payの楽天Edy」の違いを下表にまとめてみました。

  Google Payに登録した楽天Edy 楽天Edyアプリ
楽天Edy残高の表示
利用履歴表示
楽天ポイントを貯める
楽天ポイントを使う ×
機種変更に伴うアカウント・残高などのデータ移行 ×
残高の払い戻し × ×
再発行 ×

楽天Edyを使って買い物をすると、200円につき1円相当の楽天ポイントがもらえます。「Google Payの楽天Edy」と「楽天Edyアプリ」どちらを使ってもポイント付与の対象です。

ただ、保有している楽天ポイント数を確認したり、楽天ポイントを残高に交換したりするには「楽天Edyアプリ」が必要。また機種変更に伴うデータ移行も、Google Payアプリ上ではできません。

アプリ「楽天Edy」をダウンロード

Google Payの楽天Edyで使えるチャージ方法

「Google Payの楽天Edy」と「楽天Edyアプリ」では、利用できるチャージ方法が異なります。

  Google Payに登録した楽天Edy 楽天Edyアプリ
クレジットカードでのチャージ
現金チャージ ×
楽天ポイントチャージ ×
銀行口座チャージ ×
オートチャージ ×
チャージ金額 1000円単位 1000円単位

「楽天Edyアプリ」では、クレジットカードのほか、現金や銀行口座引き落とし、貯まった楽天ポイントでのチャージが可能。また、一定金額を下回った場合に自動でチャージされる「オートチャージ」にも対応しています。

一方、Google Payの楽天Edyで利用できるのは「クレジットカード(デビットカード/バーチャルカード含む)」のみ。それ以外の方法ではチャージできません。

楽天ポイント

なお、楽天Edyのチャージにクレジットカードの「楽天カード」を使うことで、200円チャージごとに1円相当の楽天ポイントが付与されます。「Google Payの楽天Edy」と「楽天Edyアプリ」どちらからチャージしてもポイント付与の対象です。

楽天カード
楽天カード
年会費初年度:
0

2年目以降:
0
還元率
1.00%
ポイント
楽天ポイント
ウォレット
Apple Pay
Google Pay
電子マネー
QUICPay
楽天Edy
申込条件
18歳以上(高校生不可)
審査/発行
/
最短1週間
支払い

毎月末日締め

/

翌月27日引落

  • 楽天ポイントの基本還元率が1%(100円につき1ポイント=1円相当)。しかも年会費は無料

  • 楽天市場では3%以上の還元率。SPU(スーパーポイントアッププログラム)やお買い物マラソンなどでポイント最大42倍も

  • 楽天ポイントは貯められる、使える店舗・サービスが多い

WAON(ワオン)

WAON

「WAON」は、イオンが提供・運営している決済サービス。事前にチャージした残高から支払う前払いタイプです。

WAONマークがあるお店で利用でき、加盟店数は2022年11月時点で110万8000カ所を突破。“イオングループ専用”というイメージが強いですが、最近はグループ外でも利用できる場所が増えています。

Google PayのWAONで利用できる機能

専用アプリ「モバイルWAON」と「Google PayのWAON」では、利用できる機能が異なります。違いを下表にまとめてみました。

  Google Payに登録したWAON モバイルWAONアプリ
チャージ残高の表示
利用履歴の表示

WAONポイントを貯める

WAONポイントを使う ×
再発行 ×
機種変更に伴うアカウント・残高などのデータ移行 ×

専用サイトに会員登録をした上でWAON決済をすると、200円につき1円相当のWAONポイントが付与されます。「Google PayのWAON」と「WAONアプリ」どちらを使ってもポイント付与の対象です。

ただ、貯まったWAONポイントを残高に交換するには「WAON」アプリが必要。また機種変更に伴うデータ移行や再発行なども、Google Payアプリではできません。

アプリ「WAON」をダウンロード

Google PayのWAONで使えるチャージ方法

「Google PayのWAON」と「WAONアプリ」では、利用できるチャージ方法が異なります。

  Google Payに登録したWAON WAONアプリ
クレジットカードでのチャージ △(イオンマークのついたクレジットカードのみ)
現金チャージ
WAONポイントチャージ ×
オートチャージ ×
チャージ金額 500円単位 500円単位

WAONアプリではクレジットカードのほか、現金や貯まったWAONポイントでのチャージが可能。また、一定金額を下回った場合に自動でチャージされる「オートチャージ」にも対応しています。

一方、Google PayのWAONで使えるチャージ方法は「イオンマークのついたクレジットカード」か「現金」のみ。他社のクレジットカードやデビットカードではチャージできません。

nanaco(ナナコ)

nanaco

「nanaco(ナナコ)」は、セブン&アイグループが提供・運営している決済サービス。事前にチャージした残高から支払う前払いタイプです。

加盟店数は、2022年9月末時点で全国約101万7000カ所以上。セブンイレブンやイトーヨーカドー、西武・そごう、デニーズといったグループ系列店のほか、各種ドラッグストアやコンビニなどグループ外での普及率もますます高まっています。

Google Payのnanacoでできること

専用アプリ「nanaco」と「Google Payのnanaco」の違いを下表にまとめてみました。

  Google Payのnanaco nanacoアプリ
nanacoの新規発行
チャージ残高を表示する
利用履歴を表示する

nanacoポイントを貯める

nanacoポイントを表示する
nanacoポイントを使う(ポイントチャージ) ×
再発行 ×
機種変更に伴うアカウント・残高などのデータ移行 ×

nanacoを使って買い物をすると、200円につき1円相当のnanacoポイントがもらえます。「Google Payのnanaco」と「nanacoアプリ」どちらを使ってもポイント付与の対象です。

ただ、貯まったnanacoポイントを残高に交換するには「nanaco」アプリが必要です。また機種変更に伴うデータ移行や再発行なども、Google Payアプリ上ではできない仕様になっています。Google Payだけでnanacoを使うのは、かなり不便かもしれません。

アプリ「nanaco」をダウンロード

Google Payのnanacoで使えるチャージ方法

「Google Payのnanaco」と「nanacoアプリ」では、利用できるチャージ方法が異なります。

  Google Payに登録したnanaco nanacoアプリ
クレジットカードでのチャージ ×
現金チャージ
ポイントチャージ ×
オートチャージ ×
チャージ金額 1000円単位 1000円単位

「nanaco」アプリでは、クレジットカードや現金のほか貯まったnanacoポイントでの残高チャージも可能です。また、セブンカードを使った「オートチャージ」にも対応しています。

一方、Google Payのnanacoで使えるチャージ方法は「現金」のみ。クレジットカードを使ったチャージができません。注意しましょう。

iD(アイディ)

ID

iD(アイディ)は、NTTドコモが提供・運営している「後払い(ポストペイ)型」の決済サービス。支払った金額がそのまま紐付けたクレジットカードやデビットカードの利用分としてまとめて請求されます。

特徴は、ずばりチャージの手間がかからないところでしょう。残高不足を気にせず、ドンドン買い物をできます。加盟店数も約175万カ所以上と多く、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードにも迫る勢いです。

Google PayのiDでできること

「Google PayのiD」と「iDアプリ」で機能の差は“ほとんどない”といってよいでしょう。むしろ、利用履歴を表示できるGoogle Pay版のほうが便利かもしれません。

  Google Payに登録したiD iDアプリ
タッチ決済(非接触型決済)
利用履歴の表示 ×

カードの登録

カードの削除
機種変更に伴うデータ移行 ×

なお、Google PayのiDには機種変更時のデータ移行機能がありませんが、特に問題はありません。iDは事前チャージがいらない後払いタイプなので、そもそもデータを移行させる必要性があまりないからです。

新しいスマホで再度Google PayにiDを設定し、クレジットカードを登録し直せば以前と同じように利用できます。

アプリ「iD」をダウンロード

Google PayのiD(アイディ)で利用できるカード

「Google PayのiD」と「iDアプリ」では、利用できるクレジットカード/デビットカード/プリペイドカードが異なります。以下、その一例を紹介します(詳しくはiDの公式サイトをチェックしてください)。

  Google PayのiD iDアプリ
dカード ×
イオンカード ×
オリコカード ×
セゾンカード ×
ユーシーカード ×
JP BANK カード ×
三井住友カード
三井住友カード提携のクレジットカード(Amazon Mastercard・Visa LINE Pay プリペイドカードなど)
SMBCファイナンスサービス発行のクレジットカード ×
SMBCデビットカード
ライフカード
ローソンPontaカード ×
ファミマTカード ×

iDアプリのほうが対応カード会社は豊富です。自身の持っているカードの種類に応じて、どちらを利用するか選んでください。

三井住友カード提携のクレジットカードは、Amazon MastercardやVisa LINE Pay クレジットカード、京王パスポートカード、名鉄ミューズカードなど多岐にわたります。下記の公式サイトにアクセスし、発行形態の「提携カード」にチェックを入れて表示されたカードなら、基本的にGoogle PayのiDに紐付けられると考えてかまいません。

QUICPay(クイックペイ)

QUICPay

QUICPay(クイックペイ)は、JCBが提供・運営しているタッチ決済サービス。前述した「iD」と同じく、利用分が紐付けたカードに請求される「後払い(ポストペイ)型」です。加盟店数は、2022年6月末時点で188万カ所以上。

QUICPayは、紐付けられるカードが豊富なのが特徴です。プリペイドカードやバーチャルカードも登録できるので「クレジットカードを持てない」「持ちたくない」人でも利用しやすいでしょう。

なお、これまで紹介してきた電子マネーと異なり「QUICPay」の専用アプリはありません(2021年3月31日にサービス終了)。したがってAndroidスマホでは、Google PayアプリでのみQUICPayの新規発行・利用ができます。

Google PayのQUICPayで利用できるカード

以下、Google PayのQUICPayに登録できるカード発行会社の一例を紹介します(詳しくはQUICPayの公式サイトをチェックしてください)。

Apple PayのQUICPayに登録できるカードの一例
  対応しているカード
クレジットカード

JCBカード/楽天カード/セゾンカード/オリコカード/りそなカード/au PAYカード/ジャックスカード/ゆめカード/auじぶん銀行デビットカード/セブンカード/アメリカン・エキスプレスカード/出光カード/髙島屋カード/アコムカード

デビットカード auじぶん銀行デビットカード/みずほ銀行デビットカード/JCBデビットカード
プリペイドカード/バーチャルカード au PAYプリペイドカード/Kyash/TOYOTA Walletプリペイドカード/MIXIプリペイドカード

ちなみに、QUICPayでは紐付けるのが「クレジットカード」か「プリペイド/デビットカード」かによって、利用できる店舗と1回あたりの利用上限金額が異なります。

QUICPay クレジットカード

クレジットカードを紐付けている場合は、「QUICPay」および「QUICPay+」マークが提示された店で買い物ができます。一方、プリペイドカード・デビットカードを紐付けた場合は、「QUICPay+」マークが提示された店でのみ買い物ができる仕組みです。

Visaタッチ決済・Mastercardタッチ決済

タッチ決済

Google Payに登録したVisaタッチ決済の画面(Visa LINE Pay プリペイドカード使用)

「Visaタッチ決済」および「Mastercardタッチ決済」は、いずれも後払い(ポストペイ)型の決済サービス。チャージ不要の後払いタイプで、紐付けたクレジットカード/デビットカード/プリペイドカードで支払います。

かつて日本国内では一部の場所でしか利用できませんでしたが、2020年以降急速に加盟店が増えた印象です。現在は、各種コンビニやスーパー、ドラッグストアなど身近なお店でも利用できるようになっています。

タッチ決済

「Visaタッチ決済」「Mastercardタッチ決済」のメリットのひとつが、FeliCa非対応のスマホで利用できること。

SuicaやiD、QUICPayなどはFeliCa(NFC Type-F)という通信技術で決済します。対して、Visaタッチ決済やMastercardタッチ決済はNFC(NFC Type-A/B)という通信技術を使います。NFC(NFC Type-A/B)は、基本的にAndroid 5.0以降を搭載できるスマホなら機種を問わず利用できるので、利用できるユーザーの幅が広いです。

利用できるカード

Google Payの公式サイトによると、利用できるカードはそれぞれ以下の通り。

Visaのタッチ決済対応カード

三井住友カード/エポスカード/Visa LINE Payプリペイドカード/ソニー銀行デビットカード/りそな銀行デビットカード/三菱UFJ銀行デビットカード/埼玉りそな銀行デビットカード/ちばぎんデビットカード/関西みらい銀行デビットカード/北國銀行デビットカード/PayPay銀行デビットカード/Revolutカード

Mastercardのタッチ決済対応カード 住信SBIネット銀行

デビットカード、プリペイドカードが多いのが現状です。おそらくクレジットカードの場合、カード自体にタッチ決済機能が付いているものが多いため、わざわざスマホを経由する必要がないからでしょう。

Google Payの使い方

実際にGoogle Payを使った支払い方法を3パターン紹介します。

電車の改札やバスでタッチ決済する

Google Pay Suica

まずは、Google Payに登録したSuicaやPASMOを使って、鉄道やバスの運賃を支払ってみましょう。

Google Payで利用できる交通系電子マネーは「Suica」「PASMO」の2種類です。同じ交通系電子マネーでも「ICOCA」や「PiTaPa」「はやかけん」などは、非対応なので登録できません。

  1. 「Suica」もしくは「PASMO」アカウントを作成する

    お支払い方法
    お支払い方法

    前述した通りに「Google Pay」アプリを起動して、画面下部の「支払い」タブを開きます。[+ お支払い方法]を押しましょう。

    電子マネー
    Suica

    [電子マネー]を選択し、SuicaもしくはPASMOにチェックを入れて[同意する]ボタンを押してください(ここではSuicaを選択)。

    「Suica」と「PASMO」両方を登録しておくことも可能ですが、1台のスマホで利用できる交通系ICカードは1枚のみです。「Suica」と「PASMO」両方登録する場合は、いずれかを無効にしておく必要があります。

    アカウントを作成
    アカウントを作成

    ユーザー登録をおこないます。メールアドレスや電話番号、パスワード、生年月日などを入力し、アカウント作成をタップしてください。

    Suica

    「Google PayでSuicaが使えるようになりました」と表示されたら、Suicaアカウントの作成は完了です。[OK]をタップしましょう。

  2. 残高にチャージする

    チャージ

    ユーザー登録が完了するとメイン画面が表示されます。ここで[チャージ]をタップしてください。

    カードを追加

    前述したように、Google PayのSuicaで使えるチャージ方法は「クレジットカード(デビットカード/バーチャルカード含む)」と「現金」の2通りです。

    クレジットカードを使ってチャージするには、[カードを追加]をタップしてください。現金でチャージする際は、JR東日本のモバイルSuica対応チャージ専用機やコンビニ、セブン銀行ATMなどを経由しましょう。

    カードを追加

    [カードを追加]を押すと、端末のカメラが起動するので、枠にピッタリ収まるようにクレジットカードを写します。16桁のカード番号や有効期限などの情報が自動で読み取りがおこなわれます。

    ナンバーレスカードの場合は[カード情報を手動で入力する]をタップして、手入力してください。

    チャージする

    「お支払い方法」欄にカード情報が表示されたら、チャージ金額を指定して[チャージする]ボタンを押しましょう。チャージ金額は1円単位で自由に設定可能です(今回は10円をチャージします)。

    チャージする

    チャージが完了し次第、メイン画面に戻ります。残高が増えていることを確認しましょう。

  3. 読み取り機にかざして決済する

    Google Pay Suica

    電車やバスの料金を支払う場合は、そのままスマホを読み取り機にかざせばOKです。表面でも背面でもどちらでも読み取りできます。

    このとき、わざわざGoogle Payアプリを立ち上げる必要はありません。デフォルト設定では画面ロックの解除(パスコードの入力や指紋認証)も要求されないので、スピーディーな支払いが可能です。

    タッチ決済時に画面ロックを要求する方法

    デフォルト設定では画面ロックの解除が要求されないので、スピーディーな支払いが可能です。

    これは裏を返せば、スマホさえ手元にあれば誰でも非接触型決済を使えるということ。スマホを落としてしまった場合、拾った人が簡単に不正利用できてしまいます。不安な人は、事前に画面ロックの解除(パスコードの入力や指紋認証)を要求する設定にしておきましょう。

    接続済みのデバイス
    接続の設定

    端末の「設定」を開き、[接続済のデバイス]→[接続の設定]の順にタップして進みます。

    ロックを要求する
    ロックを要求する

    [NFC]を押して、「NFCの使用にロック解除を要求」をオンにしてください。

お店で店舗でタッチ決済をする

非接触型決済

続いて、Google Payに登録した非接触型決済サービスを使って、コンビニやスーパーなどのお店で支払う手順を紹介します。以下では、一例として「iD」の利用方法を紹介します。

  1. Google Payにカードを登録する

    お支払い方法

    Google Payアプリを起動したら、画面下部の「支払い」タブに移動します。

    お支払い方法
    Google Pay

    [+ お支払い方法]ボタンをタップし、[クレジット/デビット/プリペイド]に進みます。Suica、楽天Edy、WAON、nanacoといった前払い式の電子マネーを使いたい場合は[電子マネー]を選択してください。

    カードを追加

    端末のカメラが起動したら、枠にピッタリ収まるようにクレジットカードを写しましょう。16桁のカード番号や有効期限などの情報が自動で読み取りがおこなわれます。ナンバーレスカードの場合は「カード情報を手動で入力する」をタップし、手入力してください。

    氏名や住所、電話番号など案内に従って必要情報を入力し、保存ボタンをタップしてください。

  2. カードの認証をおこなう

    iD

    登録したカードの種類によって「iD」「QUICPay」「Visaタッチ決済」「Mastercardタッチ決済」いずれかが利用できる旨が表示されます。問題なければ、続行をタップしましょう。

    「このカードは非接触型決済用として設定できません」と表示された場合は、「iD」「QUICPay」「Visaタッチ決済」「Mastercardタッチ決済」どのサービスにも対応していません。

    とはいえ、クレジットカードを登録しておけばオンラインショップでの支払いに利用できるほか、Suica、楽天Edyなどの電子マネーのチャージにも使えるので、登録しておいて損はないでしょう。

    カードを登録する
    カードを登録する

    多くの場合、カード会社側で本人確認が求められるので、SMSなどで確認コードを受け取って入力します。無事に認証されれば、カードの登録は完了です。

    カード
    カード

    「支払い方法」画面に戻り、登録したカードの下に「〇〇(サービス名)のメインカード」など記載されているか確認しましょう。

    なお、1台のスマホでiDやQUICPayのメインカードに指定できるのは1枚のみです。メインカードを変えたい場合は、クレジットカードをタップして[無効にする]を押し、新しくクレジットカードを登録してください。

  3. 店舗の読み取り機にスマホをかざして決済する

    支払い方法の掲示

    各決済サービスは、その加盟店でしか利用できません。たとえば、QUICPayにしか対応していないお店でiDを使うことはできないのです。

    たいていの場合、お店の入り口やレジ横に利用できる決済手段の一覧が掲示してあるはず。これを見て、自身がGoogle Payアプリに登録している決済手段が使えるか確認しておきましょう。

    伝え方

    スタッフに「QUICPay(クイックペイ)で支払います」や「iD(アイディ)で」といったように電子マネー名を伝えてください。「グーグルペイで」と言っても間違いではないので、なんとか伝わるかもしれませんが、具体的なサービス名を伝えたほうがスムーズです。

    非接触型決済

    スタッフに「読み取り機にかざしてください」などと指示されたら、スマホの背面を読み取り機にかざします。表面でも背面でもどちらでも読み取りできます。

    このとき、わざわざGoogle Payアプリを立ち上げる必要はありません。デフォルト設定では画面ロックの解除(パスコードの入力や指紋認証)も要求されないので、スピーディーな支払いが可能です(ロック設定の方法は前述)。

    iDで支払う

    音が鳴り、読み取り機が青く光ったら決済完了。決済後スマホにはなにも表示されませんが、読み取り機側には決済金額とサービス名が表示されるはずです。

    なかなか読み取られない場合は、端末のFeliCaマークを読み取り機のFeliCaマークに合うように位置を合わせてかざしてみましょう。

対象のウェブサイトでオンライン決済をする

対象のアプリやウェブサイト(ネット通販など)では、Google Payに登録しているクレジットカード情報を使って買い物をすることができます。

16桁のカード番号やセキュリティコード、有効期限などの情報を入力する手間が省けて、とても便利です。また、決済情報の登録先をGoogle Payに一本化させることで、カード情報流出のリスク軽減が期待できます。

Google Pay
Google Pay

対象のアプリやウェブサイトには「Google Pay」が表示されます。これを選択して、利用するクレジットカードを選ぶだけで支払いは完了です。

Google Payのオンライン決済が使えるウェブサイトの一例

「Vanilla Air」「BookLive」「Creema」「minne」「Japan Taxi」「美食日本」「えこよみ」など

EDITED BY
MOEGI