PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録して支払う方法──メリット・デメリットも解説

PayPayポイント付与の有無についても解説

スマホ決済のPayPay(ペイペイ)は、PayPay残高にチャージして決済するだけでなく、クレジットカードを登録して決済することもできます。

PayPayにクレジットカードを登録した場合、都度チャージせずPayPayで支払える利点がある一方、支払いによるPayPayポイント(PayPay支払い特典)の付与がないという欠点も。クレジットカードのなかで唯一の例外はPayPayカード(旧ヤフーカード)で、PayPay決済時に基本付与分のPayPayポイントをもらえます

本記事では、PayPayにクレジットカードを登録するメリット・デメリットについて解説した上で、実際にPayPayにクレジットカードを登録し、支払いに利用する手順を紹介します。

PayPayに登録できるクレジットカードの種類

PayPayに登録できるクレジットカードのブランドは、VISAとMastercardの2種類のみです。PayPayカード(旧ヤフーカード)に限ってJCBも登録可能ですが、その他のJCBカードは登録できません。American Express(アメックス)も登録の対象外です。

PayPayに登録できるクレジットカード
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB ※PayPayカード(旧ヤフーカード)のみ

「支払い方法の選択」で通常のクレジットカードを設定した場合、決済時に基本付与分のPayPayポイントを獲得できません(付与率0%)。しかし、PayPayカードなら決済時に0.5〜1.5%の付与(PayPay支払い特典)を受けることができます。PayPayカードをアプリに新規登録した場合の支払い方法は「PayPayあと払い」になります。クレジットカードの支払いで基本付与分のPayPayポイントがもらえるのは、PayPayカードを利用した場合に限ります。

「PayPayあと払い」機能に登録できるクレジットカードは、PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)だけです。繰り返しになりますが、PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)は、PayPayで支払い特典としてのPayPayポイントがもらえる唯一のクレジットカードなのです。

PayPayカードにはPayPay支払い特典を受け取る対象というメリットがある一方で、利用上の注意点があります。「PayPayでクレジットカードを使うメリット・デメリット」と「PayPayでPayPayカードを使うメリットと注意点」は次項以降で詳しく解説しています。

PayPayカード
年会費初年度:
0

2年目以降:
0
還元率
1.00%
ポイント
PayPayポイント
ウォレット
Apple Pay
電子マネー
QUICPay
申込条件
18歳以上(高校生不可)
審査/発行
最短2分審査
/
最短7分発行
支払い

毎月末日締め

/

翌月27日引落

  • 年会費無料でポイント還元率1%(1ポイント=1円相当)。PayPayポイント攻略に必携のクレカ

  • 横型・縦型の2タイプから選べる、スタイリッシュなデザイン

  • ナンバーレスで安心のセキュリティ

PayPayでクレジットカードを使うメリット・デメリット

PayPayにクレジットカードを登録するにはメリットもありますが、デメリットもあります。PayPay残高と併用してクレジットカード支払いを利用するなど、状況に応じて支払い方法を選択するのが実用的でしょう。

【メリット1】チャージせずにPayPayで決済できる

PayPayにクレジットカードを追加すると、通常のPayPay残高支払いと同様に使えます。PayPayで決済した分の請求は、後日登録したクレジットカードになされます。

そのため、決済時にPayPay残高が不足していたらチャージするという手間が省けます。チャージしたり残高を気にしたりせずPayPayを利用できるのは、クレジットカードを登録するメリットの一つです。

【メリット2】複数のクレジットカードを登録できる

PayPayには、複数のクレジットカードを登録することができます。所有するクレジットカードをPayPayに登録してしまえば、複数枚のクレジットカードを持ち歩く必要もありません。なお、同一のクレジットカードを複数のアカウントに登録することはできません。

【デメリット】決済時に基本付与分のPayPayポイントがもらえない

PayPayにクレジットカードを登録するうえで注意しなければならないのが、決済時に基本付与分のPayPayポイントがもらえないことです。クレジットカードでの支払いは、PayPay支払い特典の対象外です(PayPayカードを除く)。

PayPay支払い特典の内容(通常時)
支払い方法 付与率 付与上限
  • PayPay残高
  • PayPayあと払い
0.5〜1.5%
  • 7500円相当/回
  • 1万5000円相当/月
  • クレジットカード決済(PayPayカード除く)
0%

「PayPay残高」や「PayPayあと払い」で決済すると決済金額の0.5〜1.5%相当のPayPayポイントが支払い特典として付与されますが、クレジットカード支払いだと付与率は0%(還元なし)となります。

PayPayの各種特典は、クレジットカード支払い(PayPayカードを除く)だとPayPayポイントをもらえないケースがほとんど。PayPayカードを持たず、PayPayの還元を利用してお得に使いたいというユーザーは、クレジットカード以外の支払い方法による決済がほぼ必須といえます。

PayPayでPayPayカード(旧ヤフーカード)を使うメリットと注意点

PayPayが提供するクレジットカード「PayPayカード(旧ヤフーカード)」は、PayPayにおいて優遇される特別なクレジットカードです。

ただし、PayPayカードを利用するうえでの注意点も存在するので解説します。

【メリット1】決済時に支払い特典のPayPayポイントがもらえる唯一のクレカ

PayPayアプリに登録したクレジットカードで決済した場合、PayPay支払い特典としてのPayPayポイントを受けることはできませんが、PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む、以下略)だけは例外です。

PayPay支払い特典としてのPayPayポイントを獲得できる支払い方法は、2つあります。それは「PayPay残高」と「PayPayあと払い」による支払いです。どちらも支払い後、利用金額に対して0.5〜1.5%のPayPayポイントを受け取ることができます。

「PayPayあと払い」に登録できるクレジットカードは、PayPayカードに限定されています。また、「PayPay残高」にチャージできるクレジットカードもPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)だけです。

PayPayでクレジットカードによる支払いを選択する場合、PayPayカードは魅力的な1枚といえるでしょう。

「PayPayあと払い」とは

「PayPayあと払い」は、その月に利用した金額を翌月にまとめて支払える機能です。支払った代金については、PayPayカードの利用料金と一緒に指定の口座から引き落とされます。

PayPayにPayPayカードを登録後、支払い方法の選択で「PayPayあと払い」を選ぶと利用できます。支払い画面の色は、「PayPay残高」の選択で赤、「PayPayあと払い」の選択で青に切り替わるので、デザイン面で配慮されています。

PayPayを利用する際に、PayPay残高を気にしなくていいので、手軽に買い物することができます。

【メリット2】PayPay残高にチャージできる唯一のクレカ

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、PayPayカードだけです。

通常のクレジットカードは、PayPayに登録しても決済に利用できるのみで、残高チャージには使えません。しかし、PayPayカードだけは、PayPayに紐づければ残高チャージが可能になります。また、オートチャージにも対応しており、チャージ手数料も無料。チャージ金額はカードに請求されます。

PayPay残高が不足したときにチャージできるのは便利です。例えば、食事の割り勘で友だちに送金したいときに「PayPay残高(PayPayマネーまたはPayPayマネーライト)」が不足していると送金できませんが、PayPayカードを所有していればPayPay残高にチャージしてすぐに送金することができます。

PayPayカードで「PayPay残高」にチャージした場合には、「PayPay残高」の種類はPayPayマネーライトになります。ちなみに、PayPayマネーライトは出金できません。

【注意点1】PayPayあと払いを利用できないケースもある

PayPayのあと払いを利用できない店舗やサービスもあります。

PayPayあと払いを利用できない店舗・サービス
  • 請求書払い
  • 「PayPay残高限定」「PayPayマネー限定」加盟店での支払い
  • PayPayあと払い非対応のオンラインサービス

上記3つの店舗・サービスは、PayPayあと払いでの支払いができないので、注意が必要です。あと払いを使えない場合はPayPay残高から支払うと良いでしょう。

【注意点2】「あと払い」ではPayPayポイントを二重取りできない

PayPayカードの請求額のうち「あと払い」での利用額について、PayPayカード特典である利用金額の1%のPayPayポイント付与はないので注意が必要です。「PayPay残高」へのチャージをした場合も、「あと払い」を通じてPayPayカードから支払うので、1%のPayPayポイント付与はありません。

その代わり、「PayPay残高」と「PayPayあと払い」で支払えば0.5〜1.5%のPayPayポイントを受け取ることができます。

PayPayで受け取るPayPayポイントについて説明します。付与率の初期値は0.5%です。PayPay STEPで条件を達成することで、1.0%、1.5%に高めることが可能です。ただ、条件をクリアするのが難しい場合は、PayPayではなくPayPayカードで支払ったほうがお得、ということになります。例えば、食事をして1000円支払う場合、PayPayで付与率が0.5%のままなら5ポイントの入手になりますが、PayPayカードなら1%の付与なので10ポイントの獲得になるからです。

PayPayポイントを貯めたいと考えていて、PayPay STEPのクリアが難しいと思ったら、PayPayカードでの支払いを優先したほうがよさそうです。

【注意点3】PayPayポイントの付与率は0.5〜1.5%

PayPayポイントの付与率によってはPayPayではなくPayPayカードで支払ったほうがお得になるので注意が必要です。【注意点2】で触れましたが、改めて解説します。

PayPayでPayPayカードを使った決済「PayPayあと払い」を利用すると、PayPayポイントの付与率は0.5〜1.5%です。「PayPayステップ」という仕組みにより、達成した条件に応じて翌月に付与されるPayPayポイントの付与率が変動します。

基本付与分は0.5%で、PayPayステップで条件をクリアすると最大付与率は1.5%になります。PayPayステップの条件は、月内での支払い金額や支払い回数、対象サービスの利用等があり、条件は月毎に変更することがあります。毎月同じ条件をクリアしていれば付与率が上がるわけではありません。

PayPayステップで付与率をアップするには高いハードルが設けられています。2022年9月であれば、「PayPay支払い」での達成条件は次の2つをすべて達成することです(クリアで0.5%アップ)。

  • PayPayで30回支払う(300円以上の支払いが対象)
  • PayPayで5万円支払う

なかなか難しい条件です。「PayPayで30回支払う(300円以上の支払いが対象)」をクリアするには、1回の支払いで300円未満ではカウントされないので、コンビニで500mlのミネラルウォーター1本を購入するだけでは足りません。何か他の商品を組み合わせようとすると支払いが増えるので、判断が難しい金額です。300円以上の支払いが多い人には達成が容易な条件かもしれませんが、それでも支払いの多くをPayPayにする必要があるのではないでしょうか。筆者は達成していますが、ランチから買い物まで、PayPayをなるべく多く使うようにしています。

そして、「PayPayで5万円支払う」も大変です。500円の支払いを30回しても1万5000円で、届きません。金額の大きな支払いをPayPayでおこなう必要があります。より多くのPayPayポイントが返ってくる「Yahoo!ショッピング」を利用する、ふるさと納税の「さとふる」を利用する等、関連サービスを使って少しでも得をしながら5万円を目指すこともできますが、それでも楽な条件とはいえないでしょう。

この2つの条件をクリアすると付与率は1%となり、基本付与分に0.5%加算されます。付与率1.5%まで上げるにはさらに別の条件をクリアする必要があります。これもなかなか大変です。

そこで、手っ取り早くPayPayポイントを貯めたい人におすすめなのが「PayPayカード」です。年会費無料・即日発行(申し込み時に審査が必要)が可能なクレジットカードで、PayPayカードで決済すると支払金額に対して1%のPayPayポイントが付与されます。

つまり、PayPayステップで還元率を0.5%から1%にアップさせるには高いハードルをクリアする必要がある一方で、PayPayカードから決済するだけで1%のPayPayポイントをゲットできるというわけです。

PayPayにクレジットカードを登録する方法

PayPayにクレジットカードを登録する方法は、PayPayカード(旧ヤフーカード)と、それ以外のクレジットカードで手順が異なります。

PayPayカード(旧ヤフーカード)を連携する場合は、PayPayアプリで「PayPayあと払い」の登録をして設定しますが、それ以外のクレジットカードだと2つの方法があります。今回は、PayPayカード以外のクレジットカードをPayPayに登録する手順をそれぞれ紹介します。

PayPayアプリに登録したクレジットカード

クレジットカードの登録が完了すると、「アカウント」タブ画面で[支払い方法]の管理から登録済みのクレジットカードを確認できます。

【方法1】クレジットカード情報をアプリに直接入力する

1つ目は、PayPayアプリからカメラを起動して、カード番号をスキャンする方法です。

「カード追加」をタップ

「アカウント」タブの[支払い方法の管理]をタップし、[クレジットカードを追加]を選択します。

カメラでクレジットカードをスキャンする

カメラでスキャンして読み取る

手動入力も可能

カメラが起動するので、クレジットカードを読み取れば自動でカード情報が入力されます。この時、[カード番号を直接入力する]をタップしてカード番号や有効期限を手動で入力することも可能です。

カード番号、有効期限、セキュリティコードを読み取り(または入力)したら、[追加する]をタップしてください。

登録完了

これでクレジットカードの登録は完了です。登録したクレジットカードは決済などで利用できます。

【方法2】Yahoo!ウォレットに登録済みのクレジットカードと連携する

2つ目は、Yahoo!ウォレットに登録しているクレジットカード情報をPayPayアプリと連携させる方法です。この手順は、Yahoo!ウォレットにクレジットカードが登録されていることが前提となります。

クレジットカードを登録Yahoo!ウォレットからインポートする

PayPayの「アカウント」タブから[支払い情報の管理]を選び、[Yahoo!ウォレットからインポート]をタップしましょう。

Yahoo!JAPAN IDとの連携が必要

PayPayアプリとYahoo!JAPAN IDが連携できていない場合、[Yahoo! JAPAN IDと連携する]→[上記に同意して連携する]をタップし、IDを入力するなどして連携しましょう。

クレジットカードを選択

「クレジットカードの追加」画面で、Yahoo!ウォレットからインポートしたいクレジットカードを選択します。

セキュリティコードを入力して登録完了

クレジットカードのセキュリティコードを入力しましょう。これでYahoo!ウォレットに登録したクレジットカードのインポートは完了です。

PayPayでクレジットカードを使って支払う方法

PayPayアプリでは、支払いの前に決済方法を選択することができます。その際にクレジットカードを選択して決済すればよいわけです。

バーコード支払いの場合、「支払い」タブ画面から支払い用のバーコードを表示させて決済する前に[PayPay残高]をタップしましょう。支払い方法の選択ができるので、どのクレジットカードで支払うかを決めてください。

スキャン支払いの際も同様です。店舗に掲示されているQRコードをスキャンした際、[PayPay残高]をタップしてクレジットカードを選択するだけです。

なお、一度クレジットカードを選択すると、次回決済もそのクレジットカードが選択された状態での決済となります。次回の決済時にクレジットカード以外で支払う場合は、決済方法を選択するのを忘れないようにしましょう。

PayPayからクレジットカードを削除する方法

PayPayに登録したクレジットカードは簡単に削除できます。

PayPayの「アカウント」タブから[支払い情報の管理]を開きます。画面上部に表示されているカードをスライドし、削除したいクレジットカードに表示されているゴミ箱ボタンをタップし、[削除する]を選択すればクレジットカードの削除は完了です。

PayPayのクレカ利用上限を引き上げる方法

PayPayに登録したクレジットカードには、利用時に一定の利用上限があります。本人認証サービス(3Dセキュア)の設定状況により、上限金額が異なります。

支払い上限を引き上げるには、事前にクレジットカード会社で本人認証サービス(3Dセキュア)の設定を済ませた上で、設定したパスワードなどをPayPayアプリで入力することで引き上げることができます。[アカウント]→[支払い方法の管理]→クレジットカードを選択して[利用上限金額を増額する]をタップ→[本人認証(3Dセキュア)を設定する]で該当するクレジットカードのサイトに移行します。ここで手続きを済ませてください。

本人認証が未設定だと利用上限は5000円(過去24時間/過去30日間)ですが、本人認証が設定済みで過去24時間で2万円、過去30日間で5万円になります。本人認証設定済みでアカウント画面に青いバッジが表示されていると、利用上限は25万円(過去24時間/過去30日間)に変わります。

PayPayによると、「青いバッジの表示条件等の詳細については、セキュリティの都合上、お答えいたしかねます」とのことです。

クレジットカード決済の利用上限
  過去24時間 過去30日間
本人認証未設定 5000円 5000円
本人認証設定済 2万円 5万円
本人認証設定済み+青いバッジが表示されている 25万円 25万円
PayPayカード
年会費初年度:
0

2年目以降:
0
還元率
1.00%
ポイント
PayPayポイント
ウォレット
Apple Pay
電子マネー
QUICPay
申込条件
18歳以上(高校生不可)
審査/発行
最短2分審査
/
最短7分発行
支払い

毎月末日締め

/

翌月27日引落

  • 年会費無料でポイント還元率1%(1ポイント=1円相当)。PayPayポイント攻略に必携のクレカ

  • 横型・縦型の2タイプから選べる、スタイリッシュなデザイン

  • ナンバーレスで安心のセキュリティ

EDITED BY
AO
KON