楽天ペイで一番得する支払い元は? クレジットカード払いはおすすめしない

楽天カード+楽天キャッシュの組み合わせが一番お得

楽天ペイで特典(楽天ポイント)を得られるかどうかは、「クレジットカード」「楽天キャッシュ」「楽天銀行」のうちどれを支払い元に設定するかによって異なります。さらに、楽天キャッシュのチャージ方法によっても楽天ポイントの還元率が変わってきます。

このように、楽天ペイのポイント還元システムはかなり複雑な構造になっており、一見してどの支払い元が一番得するのか分かりづらいのが現状です。

そこで本記事では、還元率や機能面でそれぞれの支払い方法を比較したうえで、最もお得な支払い元の設定はどれなのかを解説。ポイント還元率を最大限に高める楽天ペイの使い方も具体的に紹介しています。

楽天ペイの「お支払い元の設定」におすすめなのは? 6パターンを徹底比較

楽天ペイで支払った金額の引き落とし元は、主に(1)登録したクレジットカードでの支払い、(2)楽天銀行からの引き落とし、(3)チャージした楽天キャッシュのいずれかを選択できます。さらに細分化すると、以下の通りに分類できます。

楽天ペイで利用可能な支払い方法6パターン
支払い元 楽天ペイの利用特典 その他の特典 合計の楽天ポイント還元率
楽天カード なし 楽天カードで100円支払うごとに1P付与(1%) 1%
楽天カード以外のクレジットカード なし (あれば)各クレジットカード固有のポイント還元/キャッシュバック -
楽天キャッシュ 楽天銀行/セブン銀行ATM/ラクマ売上金でのチャージ 100円支払うごとに1P付与(1%) なし 1%
楽天カードでのチャージ 100円支払うごとに1P付与(1%) チャージ200円ごとに1P付与(0.5%) 1.5%
楽天銀行からの引き落とし 100円支払うごとに1P付与(1%) なし 1%
楽天ポイント 100円支払うごとに1P付与(1%) なし 1%

注目したいのが、楽天カードを含めすべてのクレジットカード払いが楽天ペイのポイント還元システムの対象外だということ。クレジットカードを使った「ポイントの二重取り」が制限された形になっています。

現在、唯一ポイントを二重取りできるのは「楽天カードでチャージした楽天キャッシュ」での支払いです。

楽天キャッシュは、楽天銀行やセブン銀行ATMからのチャージこそポイント還元対象外ですが、楽天カードだけは200円チャージするごとに1ポイントが貯まります(0.5%還元)。楽天ペイの利用特典と合わせると、合計1.5%還元を実現できるというわけです(詳しい解説は後述)。

紐づけた楽天カードでの支払い

まず紹介するのは、紐づけた楽天カードで支払う方法です。楽天ペイで支払った分の金額がそのまま楽天カードの利用分として請求されます。

ポイント二重取り

現在、付与されるのは楽天カード側の特典(1%還元)のみ。楽天ペイ固有の特典は付与されません。ポイントの二重取りはできないというわけです。

正直なところ、楽天カード単体で支払っているのと何ら変わらない状態です。特典面で考えると、わざわざ楽天ペイを利用するメリットはあまり感じられません。

楽天カードを持っているなら、直接支払い元に設定するよりも、楽天カードで楽天キャッシュにチャージして支払うのがおすすめです後述)。

楽天カード以外のクレジットカード

VISA、Mastercard、JCB、American Expressブランドなら、楽天カード以外のクレジットカードでも楽天ペイに登録できます。

楽天ペイで支払った分の金額が、そのまま紐付けたクレジットカードの利用分として請求されます。

クレジットカード

先に述べたように、クレジットカードを紐付けての支払いは楽天ペイ固有のポイント還元システムの対象外です。

もちろん、クレジットカード固有のポイント還元システムやキャッシュバック制度があれば、その特典は付与されるでしょう。しかし、それはカード単体で支払っても同じこと。楽天カード以外のクレジットカードを登録するメリットはほぼないといってもよいかもしれません。

楽天銀行/ラクマ売上金/セブン銀行ATMでチャージした楽天キャッシュ

楽天ペイでは、「楽天キャッシュ」と呼ばれる電子マネーで支払う方法も用意されています。プリペイド(前払い)式のため、あらかじめ残高をチャージしておく必要があります。

チャージ

「楽天キャッシュ」を支払い元に設定して楽天ペイ決済をすると、100円につき1Pの楽天ポイントが還元されます(還元率1%)。

楽天キャッシュへのチャージ方法は「楽天銀行の口座振替」「楽天カード」「ラクマの売上金」「暗号資産(ビットコインなど)」のほか、2022年7月25日より「セブン銀行ATM」での現金チャージができるようになりました。

ただ、楽天カード以外はチャージ特典は付与されません。より貪欲にポイント還元率を上げたいなら、ポイントを二重取りできる楽天カードでのチャージがおすすめです(後述)。

楽天カードでチャージした楽天キャッシュ

現状、楽天ペイの支払い元として唯一ポイントの二重取りが可能なのが「楽天カード」+「楽天キャッシュ」の組み合わせです。

楽天カード

楽天キャッシュは、楽天銀行やセブン銀行ATMからのチャージこそポイント還元対象外ですが、唯一、楽天カードでは200円チャージするごとに1ポイントが貯まります(0.5%還元)。

加えて、楽天キャッシュを支払い元に設定した状態で楽天ペイを使うと1%分が還元されるので、楽天ポイントの還元率を合計1.5%までアップできるというわけです。

具体的な楽天カードの紐付け方やチャージ方法、支払い元の設定方法は後述しています。実際に試したい人は参考にしてください。

楽天カード
楽天カード
年会費初年度:
0

2年目以降:
0
還元率
1.00%
ポイント
楽天ポイント
ウォレット
Apple Pay
Google Pay
電子マネー
QUICPay
楽天Edy
申込条件
18歳以上(高校生不可)
審査/発行
/
最短1週間
支払い

毎月末日締め

/

翌月27日引落

  • 楽天ポイントの基本還元率が1%(100円につき1ポイント=1円相当)。しかも年会費は無料

  • 楽天市場では3%以上の還元率。SPU(スーパーポイントアッププログラム)やお買い物マラソンなどでポイント最大42倍も

  • 楽天ポイントは貯められる、使える店舗・サービスが多い

楽天銀行からの引き落とし

楽天ペイの利用代金を、楽天銀行から直接引き落とすことも可能です。

楽天銀行

「楽天銀行」を支払い元に設定して楽天ペイ決済をすると、100円につき1Pの楽天ポイントが還元されます(還元率1%)。

特典面では、前述の「楽天銀行でチャージした楽天キャッシュで支払う」方法とまったく同じです。チャージする手間が省ける分、直接引き落としに設定するほうがスムーズかもしれません。

楽天ポイントを充当する

貯まった楽天ポイントは1P=1円として、楽天ペイのQRコード決済やオンライン支払い時に利用できます。

楽天ポイント

特筆すべきは、楽天ポイントで支払った場合も、決済金額の1%分の楽天ポイントが付与されること。「ポイント払い」を還元対象外にしているサービスが多いなか、かなり太っ腹な仕様だといえます。

楽天ポイントを使う

ポイントを使うには、トップ画面で「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れて支払うだけでOK。チャージや変換など手間のかかる作業はありません。貯まったポイントは、積極的に楽天ペイで使っていくとよいでしょう。

楽天ペイの還元率を最大限に高める支払い手順を紹介

最もお得な楽天ペイの支払い元がわかったところで、実際に楽天カードから楽天キャッシュにチャージし、それを楽天ペイの支払い元に設定する手順を解説します。

なお、楽天キャッシュにチャージした残高は、楽天ペイでの支払いのほか楽天市場、楽天証券、楽天トラベル、ラクマなど、楽天が運営するサービスでの決済にも利用可能です。また、「送金」にも使えます。

楽天カードを用意する

楽天ペイのポイント還元率を最大まで高めるには、楽天カードが必須です。

楽天カード

楽天カードは、楽天キャッシュへのチャージで唯一ポイントが貯まるクレジットカードです(200円につき1P)。

また、AndroidユーザーならSuicaへのチャージで0.5%が還元されたり、楽天市場での買い物でポイント還元率が3%にアップしたり、楽天カード保有者が優遇される特典はたくさんあります。

いま楽天カードを持っていない人でも「今後長く楽天ペイを使いたい」「楽天市場など楽天系サービスを多く使う」といった場合は、わざわざ発行する価値のあるクレジットカードといえるでしょう。年会費無料で発行・利用できます。

楽天カード
楽天カード
年会費初年度:
0

2年目以降:
0
還元率
1.00%
ポイント
楽天ポイント
ウォレット
Apple Pay
Google Pay
電子マネー
QUICPay
楽天Edy
申込条件
18歳以上(高校生不可)
審査/発行
/
最短1週間
支払い

毎月末日締め

/

翌月27日引落

  • 楽天ポイントの基本還元率が1%(100円につき1ポイント=1円相当)。しかも年会費は無料

  • 楽天市場では3%以上の還元率。SPU(スーパーポイントアッププログラム)やお買い物マラソンなどでポイント最大42倍も

  • 楽天ポイントは貯められる、使える店舗・サービスが多い

楽天カードで楽天キャッシュにチャージする

楽天ペい
楽天ペイ

「楽天ペイ」アプリを開き、画面上部の[チャージ・送る]をタップします。

楽天キャッシュ未使用の場合、チャージ方法に「未設定」と表示されているはず。ここをタップしてください。

楽天カード

楽天カードが未登録なら、+新しいカードを登録ボタンを押して楽天カードを支払い方法に追加しましょう。

すでに楽天カードを登録済みの場合は、登録した楽天カードを選択し[設定する]ボタンを押してください。

3Dセキュア
3Dセキュア
3Dセキュラ

楽天カードの3桁のセキュリティコードを入力します。すると3Dセキュアによる本人認証を求められるので、本人認証パスワードを入力しましょう。

本人認証パスワード未登録の人は、楽天e-NAVIへをタップして登録をしてください。

チャージする
チャージ完了

3Dセキュア認証が完了し次第、チャージ画面が表示されます。任意の金額を入力して[チャージする]ボタンを押せばOKです。

楽天カードで200円チャージするごとに楽天ポイントが1Pが付与されます。ここでは1000円を楽天キャッシュにチャージしたので、5P獲得できました。

楽天ペイの支払い元を楽天キャッシュに設定する

楽天ペイ お支払い元
楽天キャッシュを設定する

続いて、チャージした楽天キャッシュを楽天ペイの支払い元に設定します。トップ画面中央の[お支払い元]をタップしましょう。

楽天キャッシュ

お支払い元に「楽天キャッシュ」が記載されていれば設定完了です。この状態で楽天ペイのQRコード決済やオンライン決済をすれば、支払金額100円(税込)ごとに楽天ポイントが1P付与されます。

たとえば、楽天ペイで1000円(税込)の買い物をすると、10Pが付与されます。チャージ時に付与された5Pと合計すると、15Pを獲得できたことになります。

PayPayの支払いで楽天カードを使うとPayPayポイントがもらえない?

クーポンが豊富なPayPay。楽天カード利用者なら知っておきたい、PayPayをお得に使える情報をまとめました。

PayPay(ペイペイ)で楽天カードは使える? 登録方法、還元率、注意点を解説

EDITED BY
MOEGI