「PayPayあと払い」とは一体何なのか──デメリット・注意点など気になる疑問を徹底解説

実際に「PayPayあと払い」を使って検証してみた

PayPayアプリを使っていると、目につくのがTOP画面の「あと払い」ボタン。どんなサービスなのかよく分からず、利用をためらっている人は多いはず。

「PayPayあと払いとは」などのキーワードで検索してみるとさまざまな記事がヒットしますが、いずれも曖昧な内容ばかり。公式サイトを見ても、結局「あと払い」という機能が何なのかはいまいちよくわかりません。

そこで本記事では「PayPayあと払い」とは一体何なのか、その明確な答えを紹介します。その上で、実際に筆者が「PayPayあと払い」機能を使って感じたメリットやデメリット、注意点などを詳しく解説します。

PayPayあと払い=紐付けたPayPayカードでの支払い

「PayPayあと払い」とは、PayPayアプリで決済した代金を、紐付けたPayPayカードで支払う行為のこと。つまり、あと払いを利用するにはPayPayカードというクレジットカードの発行が必須なのです。

「PayPayあと払い」というまぎらわしい名称のせいで、ユーザーがサービス内容を勘違いしやすく、混乱させる状況を招いていると感じています。

詳しく知りたい人向けに解説すると、まずPayPayあと払いには「PayPayあと払い(一括のみ)」という前身サービスがありました。2020年4月、一部の対象者に提供を開始しました。

仕組みとしては、毎月1日から末日分までの支払い分を翌月27日までにまとめて清算するというもの。精算方法は、口座振替とPayPay残高の2通りが用意されていました。多くの人がイメージする「あと払い」機能は、おそらくこちらの方が近いと思います。

しかし、この「PayPayあと払い(一括のみ)」は2022年1月28日(金)をもって新規申し込み受付を終了。これに伴い、2022年2月1日から新たにスタートしたのが現行の「PayPayあと払い」です。

現行のPayPayあと払いでは、精算方法がPayPayカードという自社発行のクレジットカードに限定されています。口座振替やPayPay残高での精算はできなくなったのです。

「精算」というよりも、あと払い機能で支払った分の金額がそのまま登録したPayPayカードの利用分として請求されるイメージでしょう。

クレジットカードなので、当然支払いは“後払い”です。1日〜月末までの利用分が翌月の27日に登録した口座から自動で引き落とされます。また、一括払いに加えてリボ払いができるようになったのも特徴のひとつだといえます。

したがって、現在PayPayアプリの「あと払い」ボタンをタップすると、クレジットカードの「PayPayカード」の申し込み画面が開きます。PayPayカードを発行して初めて「あと払い」が機能するというわけです。

PayPayカードの発行手続きは、PayPayカード公式サイトからも可能です。

PayPayあと払いの始め方・使い方

ここからは、PayPayあと払いの具体的な始め方・使い方を紹介しましょう。筆者が実際に「PayPayあと払い」で決済するまでにやったことをまとめました。

PayPayカードを申し込み、引き落とし先の口座を登録する

繰り返しになりますが、PayPayあと払い=紐づけたPayPayカードによる支払いです。PayPayカードを発行しなければ何も始まりません。

まずはスマートフォンでPayPayカード公式サイトにアクセスし、PayPayカードの申し込み手続きをおこないましょう。

なお、手続きの最後にオンラインで口座登録をするか、カード到着後郵送で口座登録をするか問われます。可能であれば、「ウェブで手続き」に進み、オンラインでの口座登録を済ませておくのがおすすめです。

オンラインで口座設定しておけば、審査完了後すぐに16桁のカード番号、3桁のセキュリティコード、有効期限といった決済に必要な情報が発行されるので、オンラインショップでの支払いやPayPayあと払いとしてすぐに使用できるようになります。

なお、最終的な発行手順や審査、プラスチックカードの仕様などについては以下の記事で詳しくレビューしているので、ぜひ参考にしてください。

PayPayカードを作ってみた──申込から審査・発行の流れ、支払い方法、明細の見方まで徹底レビュー

審査が完了したら自身のカード情報を確認

申し込み完了メールが届いてから3分後、審査完了を知らせるメールが届きました。筆者がこれまで発行してきたクレジットカードのなかでも最速です。

審査にかかる時間は個人差が大きいとは思いますが、申し込みサイトで「最速2分」と謳っているだけのことはあります。

審査完了メールが届いたら、「PayPayカード会員専用ページへ(https://www.paypay-card.co.jp/)」ボタンをタップしてYahoo! JAPAN IDでログインしましょう(左のリンクからも直接遷移できます)。

PayPayカード会員専用ページにアクセスしたら、[カード番号・ご利用可能額]をタップ。すると、16桁のカード番号、3桁のセキュリティコード、有効期限といったオンライン決済に必要な情報を確認できます。

筆者はオンラインで口座設定を済ませているので、この時点ですでに決済ができる状態です。PayPayアプリに登録してあと払いに設定できるほか、AmazonやYahoo!ショッピング等のオンラインショップでの決済にも利用できます。

(必要に応じて)PayPayカードをあと払いに紐付ける

筆者はブラウザから公式サイト経由でカードを申し込んだので、改めてPayPayアプリにPayPayカードを紐付ける作業をおこないます。

なお、PayPayアプリの「あと払い」ボタンをタップして申し込んだ場合は、申し込み後、審査が完了すると即座にPayPayあと払いが利用可能となります。ここを飛ばしてステップ4に進んでください。

PayPayアプリ「ホーム」タブのあと払いをタップ。あと払いに関するチュートリアルが表示されるので、次へを押して先に進みます。

情報提供に関する注意事項を一読して上記に同意して続ける次への順にタップしてください。

Yahoo! JAPAN IDとPayPayを連携している場合は、勝手に利用中のPayPayカード情報が認識されます。間違いなければ、画面を下にスクロールして利用規約を一読し、あと払いの利用を開始するボタンを押してください。

最後に、PayPayに登録した電話番号宛にSMS(ショートメッセージサービス)で届いた4桁の番号を入力すれば設定完了です。

PayPayアプリの支払い方法を「あと払い」に切り替えて決済する

PayPayカードの連携を済ませたら、PayPayアプリのホーム画面で残高払いスイッチをあと払いに切り替えます。青い画面が表示されれば準備OKです。

この状態でPayPayアプリのコード払いなどをおこなえば、支払った分の金額がそのまま登録したPayPayカードの利用分として請求されます。

ただ、請求書払いに関しては、PayPay残高でのみ支払いが可能です。PayPayあと払いで請求書払いを利用したい場合は、後述する方法で「PayPayあと払いを利用したPayPay残高へのチャージ」をおこないましょう。

PayPayあと払いを利用したPayPay残高へのチャージ方法

PayPayあと払い(PayPayカード)でPayPay残高にチャージすることもできます。請求書払いなど、残高払い限定の決済をおこないたいときに利用するとよいでしょう。

PayPayアプリ「ホーム」タブの[+チャージ]ボタンをタップ。既存のチャージ方法をタップして「PayPayあと払い」に切り替えればOKです。チャージした金額が、そのままPayPayカードの利用分として請求されます。

PayPayあと払いの明細と引き落とし日を確認する

最後に、PayPayあと払いの利用明細と引き落とし日の確認方法を紹介します。

あと払い設定を済ませた上でPayPayアプリの「あと払い」ボタン進むと、PayPayあと払いを利用した決済の総額が表示されます。さらに画面下部の[明細]ボタンをタップすると、PayPayカード自体の利用明細や月ごとの請求額が確認できる仕組みです。

[明細]ボタンをタップしてみると、PayPayカードの利用明細と支払い日が一覧で表示されます。ここには、PayPayカード単体での決済だけでなく、PayPayあと払いを利用した決済、Apple Payを経由したPayPayカード決済も含まれます。

なお、PayPayカードでの支払いが利用明細に反映されるのは最短でも2〜3日後とのこと。利用先によっては1〜2カ月遅れて反映されるケースもあるようです。

実際使って感じたメリット・デメリット、注意点

最後に、実際にPayPayあと払いを使って感じたメリットやデメリット、注意点について解説していきます。

メリット1:手元にお金がなくても欲しい物を購入できる

あと払いの本質的なメリットは、やはり「手元にお金がなくても欲しい物を購入できる」ということでしょう。

PayPayあと払い、もといPayPayカード払いでは、1日〜月末までの利用分がまとめて翌月の27日に口座から引き落とされます。つまり、引き落とし日の前日までに請求金額分のお金を口座に用意しておけばいいわけです。

例えば「欲しいバッグが最後の1点で今買わなければならない、でも給料日前で手持ちのお金が足りない」といった場合、支払いタイミングを先にずらせると大変助かります。ただ、あと払いは「お金が減る」という実感を感じにくくなるので、使いすぎには十分注意しなければなりません。

メリット2:PayPayカード自体が無料にしてはハイスペック

前述したように、PayPayあと払いを利用するにはクレジットカードの「PayPayカード」を発行しなければなりません。クレジットカードの新規発行に消極的な人にとって、PayPayあと払いを利用するためにPayPayカードを作るのはハードルが高く感じるかもしれません。しかしながら、PayPayカードの利用でもメリットがあるので、発行について検討する余地はあると考えます。

筆者が実際に使ってみて感じたのは、PayPayカードはそれ自体がかなりスペックの高いクレジットカードであること。PayPayやYahoo!関連サービスを利用する機会が少しでもあるなら、1枚持っていても損はないといえるでしょう。

まず、PayPayカードは永年無料で発行・所有できるクレジットカードです。手数料・入会費・年会費などは一切かかりません。

そして無料にも関わらず、PayPayカードで支払うと特典として1%(100円の支払いにつき1ポイント=1円相当)のPayPayポイントが付与されます。一般的なクレジットカードの還元率は0.2〜0.5%程度が相場といわれるなかで、1%の還元率を誇るカードはかなり貴重な存在だといえます。

加えて、Yahoo!ショッピングでの支払いにPayPayカードを使うと、特典としてさらに+1%が付与。誰でももらえるストアポイントと合わせて、合計3%還元になります。こういったYahoo!関連サービスと親和性が高いのも、高評価ポイントです。

また、その使い勝手の良さも魅力のひとつ。PayPayに紐づけてあと払い設定すれば、PayPay残額をチャージする手間が不要になります。残高に端数が残ってしまうこともないため、PayPayアプリの使い勝手はかなり向上するでしょう。

さらに、プラスチックカードを発行すれば、世界中にあるVisa/Mastercard/JCB加盟店でのカードショッピングができるほか、カードそのものを端末にかざして支払う「タッチ決済」も利用可能。さらに、全国186万カ所以上で使える非接触型決済の「QUICPay」にも対応しています(QUICPayは現在iPhoneのみ)。

デメリット1:ポイントの二重取りができない

これはデメリットというよりも「期待はずれ」といった意味合いが強いのですが、「PayPayあと払い」ではポイントの二重取りができません。

前述したように、PayPayカード単体で決済すると特典として1%(100円の支払いにつき1ポイント=1円相当)のPayPayポイントが付与されます。

しかし、PayPayカードをPayPayアプリに紐づけて「あと払い」として決済する場合、付与されるのはPayPay側の特典(PayPayステップに応じた0.5%〜1.5%還元)のみ。PayPayカード固有の特典(100円につき1P)は付与されないので、いわゆる「ポイントの二重取り」はできません。

PayPayステップで最高ランクの1.5%に到達している人は別として「PayPayカード1枚で支払って1%還元を実現したほうがお得」という人は多いでしょう。

そもそも、PayPayカード単体で決済しても、PayPayに紐づけて「あと払い」として決済してもその実態は何も変わりません。いずれにしろPayPayカードの利用分として請求されますし、引き落としのスケジュールも同じです(月末締め翌27日支払い)。

PayPayカードを持っているなら、わざわざPayPayアプリと組み合わせて「あと払い」として使うメリットは薄いかもしれません。

デメリット2:リボ払いを利用すると手数料が発生する

PayPayカードは、入会費・年会費・更新料等が一切かからないクレジットカードです。毎月の引き落としが滞りなくおこなわれる限りは、ユーザー側への手数料などは発生しません。

ただ、気をつけたいのが「まるごとフラットリボ」や「これだけスキップリボ」といったリボルビング払いを利用するケースです。現在5000P付与キャンペーンも開催しており、利用を検討している人もいるのではないでしょうか。

リボ払いとは、ざっくりいうと、毎月の支払額を一定額に設定できる支払い方法のこと。

例えば、「まるごとフラットリボ」で毎月の支払い額を1万円に設定しておけば、PayPayあと払いで5万円の決済をしたとしても月の引き落とし額は1万円だけ。残りの4万円分は、翌月以降に分散されて精算していくことになります。

一見、メリットしかないように思えるサービスですが、最大の注意点は実質年率18%の手数料が発生してしまうこと。

仮に、「まるごとフラットリボ」を利用して5万円分の請求を毎月5000円ずつ支払っていくとします。

すると毎月の支払い額は、元本の5000円に手数料750円が加算された5750円から払い始めることになります。これを元本がなくなるまで返済し続けると、最終的に手数料だけで4125円発生してしまうというわけです。

とはいえ、手元にまとまったお金がない場合や、高額商品を購入するときにはリボ払いは有用な手段のひとつとなり得るでしょう。もし利用するならは、支払い回数を3〜5回程度までに抑えてなるべく早めに支払いを終えることをおすすめします。

EDITED BY
MOEGI