au PAYの使い方 超入門──特徴やチャージ・支払い方法、使えるコンビニ・加盟店まで

au PAYの使い方 超入門 チャージ方法や使えるコンビニ・加盟店まで【iPhone/Android】

スマホ決済サービスにおける各社の競争が加速するなか、2019年4月に満を持して参入したのがKDDIの「au PAY」です。最近では「楽天ペイ」の加盟店でも利用可能になり、後発ながらもかなりのスピードで普及することが想定されます。

ただ、auではすでに「au WALLET プリペイドカード」や「au WALLETアプリ」といった決済関連のサービスを展開しており、au PAYがそれらと何が違うのかわかりにくい部分もあります。

本記事ではまず、au PAYの利用条件やポイント還元率、使えるコンビニ・加盟店などについてわかりやすく整理。その上で、アプリのインストールや登録といった始め方、チャージや支払いなどの使い方を解説します。

「au PAY」とは? その特徴と利用条件

「au PAY」は、KDDIグループが2019年4月から提供開始したスマホ決済サービスです。といっても、au PAYという名前でアプリがリリースされたわけではありません。

これまで提供されてきた「au WALLET アプリ」がリニューアルし、au PAYという名前のQRコード決済機能が追加されたものです。

au PAY 使い方

2019年6月現在、au PAYはauユーザーのみを対象したサービスとなっており、auの携帯電話またはインターネットの契約者でないと利用ができません。また、au PAYを使うには、プリペイド式の電子マネーカード「au WALLET(ウォレット)カード」の申し込みが必須となるなど、利用者が限られているのが現状です。

auユーザーのみが利用できる

au PAY 使い方 auユーザーのみが利用できる

au PAYを利用するには、au回線契約者が登録した「au ID」が必要となります。au IDとは、毎月の請求金額の確認などに使うユーザー固有のIDのこと。au WALLET アプリをインストールしても、au IDとパスワードを入力してログインしなければ利用開始できません。

他のキャリア利用者でもau IDの作成はでいますが、au PAYによる決済機能を使う場合には、au回線契約者が所有する「au WALLETプリペイドカード」に紐づけたau IDが必須です。

au WALLETプリペイドカードの申し込みが必須

au PAYを使うには、「au WALLET プリペイドカード」への申し込みが必須です。申込み後、自宅にau WALLET プリペイドカードが届いたら、同封の手順書どおりにカードの利用開始手続きと、au PAYの利用規約へ同意をすることで、ようやくau PAYが使えるようになります。

もちろん、これまでau WALLET プリペイドカードを使用していた人であれば、au PAYの利用規約へ同意するだけでOKです。

au PAY 使い方 au WALLETプリペイドカードの申し込みが必須

au WALLETプリペイドカードは、世界中のMasterCard加盟店やWEBサイトでクレジットカードとほぼ同様に使えるプリペイド(前払い式)のプラスチックカードです。以下の契約をしているauユーザーであれば、審査不要・年会費無料で発行できます。

au WALLETプリペイドカードの申し込み条件
  • 個人契約のau携帯電話(auケータイ・Androidスマートフォン・iPhone・iPad・タブレット端末)
  • 個人契約のデータ通信端末
  • 個人契約のauひかり・auひかり ちゅら

そもそもau PAYは、従来のau WALLETプリペイドカードの決済機能をスマホでも使えるようにしたものです。そのため、ベースとなるau WALLETプリペイドカードを申し込まなければ、決済システムを使えない仕組みになっているのでしょう。

ちなみに、au WALLETプリペイドカード、au PAYのどちらを使って決済をしても、共通のWALLET残高から支払われます。

au WALLETプリペイドカードの使い方

au WALLETプリペイドカードは、後述の方法で事前に使用金額をチャージしておけば、クレジットカードとほとんど同じように実店舗やWEBサイトで使えます。

au PAY 使い方 au WALLETプリペイドカードの申し込みが必須

レジで店頭スタッフにau WALLET プリペイドカードを渡して、「カードで払います」と伝えます。支払い回数を聞かれたら「1回払い」と回答してください(分割払いはできません)。最後に必要であればサインをして、支払いは完了です。

利用金額に応じて、au PAYと同じ「WALLETポイント」が還元されます。さらに、セブンイレブンなど特定の店舗ではau WALLET プリペイドカード支払いでポイント還元率がアップします。

ポイントアップ店一覧|au WALLET ポイントプログラム

決済額に応じてWALLETポイントが還元される

au PAYやau WALLET プリペイドカードで支払うと、利用金額に応じて「WALLETポイント」が付与されます。還元率は会員の種類でかなり差が出ます。

WALLETポイント還元率
通常時の還元率 三太郎の日の還元率(3日、13日、23日)
通常会員 0.5%(200円で1ポイント) 0.5%(200円で1ポイント)
auスマートパスプレミアム会員(月499円) 3%(200円で3ポイント) 20%(200円で40ポイント)
au STAR会員 0.5%(200円で1ポイント) 5%(200円で10ポイント)

※三太郎の日の特典ポイントは翌月末~翌々月上旬を目途に付与されます。月間合計5000ポイントが付与上限です。

三太郎の日の還元率は、通常会員ではなく「au STAR会員」でないとアップしません。au STAR会員には、au携帯電話(スマートフォン・ケータイ)の契約者であれば無料で登録できるので、可能であれば入っておくといいでしょう。

また、WALLETポイントは毎月のau携帯電話、auひかりなどの利用でも貯まります(1000円ごとに10ポイント)。貯めたWALLETポイントは、au WALLET残高にチャージして実店舗で利用できるほか、3000ポイント以上あれば毎月の携帯料金にも充てられます。

au PAYに搭載された支払い方法は2つ

au WALLET アプリでは、機種を選ばずアプリの起動だけで支払える「QRコード決済」と、Apple Payにau WALLETプリペイドカードを登録して支払う「非接触型決済」の2通りの支払い方法を利用できます。どちらを使うにしても、事前にWALLET残高へチャージしておく必要があります。

QRコード決済

QRコード決済は、2019年4月にWALLETアプリに新たに搭載された機能です。アプリからQRコードを表示し、支払い時に店頭スタッフに「au PAYで支払います」と伝えてコードを読み取ってもらうだけで、支払いが完了します。

また、全国の楽天ペイ対象加盟店においては、共通QRコードをスキャン(読み込み)することで決済がおこなえます。

QUICPay加盟店でのApple Pay決済

こちらは従来からあった機能ですが、Apple Payにau WALLETプリペイドカードを登録することにより、全国約81万店で導入されているJCBの非接触型決済「QUICPay(クイックペイ)、QUICPay+(クイックペイプラス)」で決済できます。

ただ、利用できるのはiOSユーザーで、かつApple Payに対応した下記の端末に限られます。

au WALLETプリペイドカードを登録できる端末・OS
  • iPhone 7以降のiPhone
  • Apple Watch Seires 2以降のApple Watch

au PAYが使えるコンビニ・加盟店

QRコード決済とQUICPay加盟店でのApple Pay決済に加え、MasterCard加盟店で使えるau WALLETプリペイドカードも含めると、使える店舗数はかなりの数です。

それぞれの決済方法を駆使すれば、ほぼすべてのコンビニは網羅できます。

QRコード Apple Pay(QUICPay) au WALLETプリペイドカード
ローソン
セブンイレブン ◯(ポイント還元率+0.5%アップ)
ファミリーマート
ミニストップ
デイリーヤマザキ
セイコーマート
ポプラ

また、2019年6月25日から楽天ペイとの提携がスタートし、楽天ペイを導入している店舗であればau PAY(QRコード決済)が使えるようになりました。

今後はメルペイなどとも提携を予定しており、2019年度中には利用可能店舗を100万箇所にまで拡大するようです。

au PAY 使い方 使える店舗 au PAY 使い方 使える店舗

au PAYが使える実店舗は、WALLETアプリから検索できます。アプリ下部のメニューバーから[使えるお店]をタップし、支払い方法を「au PAY(QRコード決済)」「au WALLETプリペイドカード」「Apple Pay」から選択。

キーワードやエリアを入力すると、現在地から地図上に利用可能な店舗を表示してくれます。

au PAYを使う「au WALLETアプリ」のダウンロード方法と注意点

前提として、au WALLETアプリが使えるのは、Android 4.0以上の端末、またiOS 8.0以上のiPhone 4S以降の端末です。

au WALLETアプリは、iPhoneならApp Store、Androidスマホなら「au Market」からダウンロードできます(au Marketがない場合は、Androidスマホからauスマートパスへアクセス)。auのAndroidスマホでは、au WALLETアプリがプリインストールされているケースもあります。

au PAY 使い方 ダウンロード方法 au PAY 使い方 ダウンロード方法

左:iPhoneはApp Storeから右:Androidスマホならau Marketから

ここで注意してほしいのが、SIMフリーのAndroidスマホを持ち込んでau回線を契約しているユーザー。持ち込んだ端末がアプリ非対応であればアプリのインストールができない可能性があるので、事前に対応端末かを調べておくことをおすすめします。実際にPixelシリーズは対応しておらず、インストールできませんでした。

au PAY 使い方 対応端末の調査 au PAY 使い方 対応端末の調査 au PAY 使い方 対応端末の調査

au WALLETアプリの対応端末を調べるには、ブラウザでau WALLETを開き、最初に出てくるポップアップメッセージから[アプリで開く・インストールする]をタップ。アプリの詳細画面で、[その他の情報]から[対応機種・OS]へと進むと確認できます。

au PAYにチャージする主な5つの方法

au PAYを使うには、事前に「WALLET残高」にチャージしなければなりません。WALLET残高へのチャージ方法は、クレジットカード、現金、WALLETポイントや携帯料金との合算払い(auかんたん決済)など豊富に用意されています。

チャージ方法ごとにチャージ最低金額や上限金額、また利用できる機能とできない機能があるなど、少々ややこしい仕組みになっています。

au PAYにチャージする方法と使える機能
1回あたりチャージ可能な金額 オートチャージ機能 送金・払出機能※
auかんたん決済 ユーザーごとに異なる
じぶん銀行口座振替 1000円~4万5000円
クレジットカード 3000円〜4万5000円
auショップ 500円〜4万5000円
ローソン 1000円~4万5000円
セブン銀行ATM 1000円~50万円
WALLET ポイント 100ポイント~2万ポイント(1ポイント=1円)
au WALLET チャージカード 1000円〜5000円

※送金・払出機能を使うには、じぶん銀行の口座登録が必須

なお、WALLET残高には100万円までチャージしておけますが、決済1回あたりの利用上限額は5万円未満と決められています。

auかんたん決済

auかんたん決済を選択すると、チャージした金額を月々のau通信料金と合算して支払えます。銀行口座振替で通信料金を支払っている人であれば、問題なくauかんたん決済によるチャージがおこなえます。

一方、クレジットカードでの支払いに設定している人は注意が必要です。以下の表に記載されたブランド・発行元以外のクレジットカードを支払い元に設定しているのであれば、auかんたん決済でのチャージはできません。

au PAY 使い方 auかんたん決済でチャージ

※JCBブランドのアプラス、オリコ、ジャックス、USC、ライフカード、VIEWカード、ゆめカード、ポケットカード、日専連カード、NCカードは対象外

さらに、不便なのが毎月の利用上限額を以下の基準に沿ってau側で設定されてしまうこと。人によっては数千円と、日常使いにはかなり厳しい金額に設定される可能性もあります。

au加入月数
契約者の年齢 1〜3カ月 4カ月~
20歳未満 3000円/月
20歳以上 5000円/月 1万円/月

その反面、子どもに携帯を持たせているなど利用者と契約者が異なるケースでは、使いすぎの防止として効果的です。

クレジットカード

クレジットカードチャージでも、auかんたん決済と同様にチャージに利用できるブランド・発行元が限られています。なお、チャージにあたっては各カード発行会社が提供する本人認証サービスの登録が必要です。

au PAY 使い方 クレジットカードでチャージ

クレジットカードでのチャージでは、月に合計10万円までとチャージ上限額が定められています。

じぶん銀行からの口座振替

「じぶん銀行」は、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資で運営しているネット銀行です。ほかの銀行口座では不可能ですが、じぶん銀行の口座を持っていれば、WALLET残高に口座振替でチャージできます。

加えて、じぶん銀行からのチャージは、ほかのチャージ方法よりも機能面やお得感でメリットが多く設定されています。

じぶん銀行でチャージするメリット
  • オートチャージができる
  • WALLET残高の送金・払出機能が使える
  • 新規口座開設者を対象に、チャージ金額の5%分がWALLETポイントで還元

ほかにも、KDDIが運営に参加しているだけあってauユーザーに対する特典が多く設定されています。今後もauを契約し続ける予定なら、新規で開設するだけの価値はありそうです。

現金によるチャージ(ローソン、セブン銀行ATM、auショップ)

クレジットカードも銀行口座も不要で、だれでも簡単におこなえるチャージ方法です。ローソンでチャージする場合にはWALLET プリペイドカードの実物を持っていく必要があるので、忘れないようにしましょう。

ローソン

「ローソン」のほか、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」の店舗でもチャージができます。

au PAY 使い方 ローソンでチャージ

出典:au WALLET

店頭スタッフへau WALLET プリペイドカードへのチャージをお願いし、チャージする金額を伝えます。カードリーダが点灯したら、自分でau WALLET プリペイドカードをカードリーダでスライドします。

チャージ金額を確認したら、レジ横の画面で[承認]ボタンを押し、最後にチャージ金額分の現金を店頭スタッフへ支払えば完了です。承認後の取消や返金はできないのでチャージの際はよく確認してください。

セブン銀行ATM

ゼブンイレブンの店内に加え、駅構内やショッピングモールなど全国2万3000台以上設置されている「セブン銀行ATM」からも、現金によるチャージができます。なお、セブン銀行の口座を持っていなくても大丈夫です。

au PAY 使い方 セブン銀行ATMでチャージ

セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択し、QRコードを表示させます。au WALLET プリペイドカードは必要ないので、ATMに差し込まないでください。

au PAY 使い方 セブン銀行ATMでチャージ au PAY 使い方 セブン銀行ATMでチャージ

au WALLET アプリを開き、チャージ(入金)→[セブン銀行ATMチャージ]と進んだら、[QRコードをスキャン]をタップし、セブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み取ります。

QRコードを読み取るとスマホに「8434」と4桁の番号が表示されるので、セブン銀行ATMに設置されているテンキーからこの番号を入力してください。

au PAY 使い方 セブン銀行ATMでチャージ

あとは、セブン銀行ATMの案内に従って、現金を1000円~50万円の範囲でチャージしたい金額分の現金を入金し、確認ボタンを押せば完了です。アプリからWALLET残高が増えているのが確認できます。

auショップ(au SaKuTTO)

auショップでは、一部のauショップに設置された「au SaKuTTO」という機械を使ってチャージできます。

au PAY 使い方 auショップでチャージ

出典:au WALLET

auショップ内のau SaKuTTOで、「チャージ」ボタンを押下後、バーコード読み取り部分にau WALLET プリペイドカードの裏面に記載されたバーコード、またはau WALLET アプリのチャージ用バーコードをかざしてチャージ受付をします。あとは画面の案内に従って、チャージしたい金額分の現金を入金すれば完了です。

WALLETポイントでチャージ

au PAY貯まったWALLETポイントは、1ポイント=1円としてWALLET残高にチャージできます。最低100ポイントから、月あたり2万ポイントまでチャージ可能です。

au PAY 使い方 ポイントでチャージ

ポイントによるチャージは、au WALLET アプリの「HOME」タブの[ポイント入金]または[チャージ]をタップし、チャージ方法から[ポイント]を選択しておこないます。

WALLET残高に有効期限はありませんが、WALLETポイントには付与から4年間と有効期限が設定されています。できるだけこまめにWALLET残高にチャージしておくといいでしょう。

au PAYでの支払い方法

au PAYは、WALLETアプリをインストールすれば誰でも実店舗で使えるQRコード払いと、ApplePayと連携して非接触型決済のQUICPay加盟店で支払う方法があります。また、au WALLET プリペイドカードを使えば、オンラインショップでの決済もできます。

QRコード決済で支払う

QRコードを読み取ってもらう

au PAY 使い方 QRコード決済

au PAYは最新のau WALLET アプリに搭載されている機能なので、アプリが古い場合は最新バージョンへのアップデートが必要です。購入前に前述のいずれかの方法でチャージを済ませておきましょう。

au PAY 使い方 QRコード決済

auWALLETアプリを起動し、メニューのなかから[au PAY]を選択します。初めてau PAYを使うユーザーは、最初に利用規約への同意が求められます。[利用規約を確認する]をタップし、利用規約を確認しましょう。

au PAY 使い方 QRコード決済 au PAY 使い方 QRコード決済

利用規約に同意すると、au PAY画面にQRコードが表示されます。支払い時にレジ店頭スタッフへ「au PAYで」と伝え、このQRコードを読み取ってもらうだけです。支払いが完了すると、決済した店舗名と支払い額、それに獲得ポイントが表示されます。

なお、[この画面のショートカットを作成する]をタップすると、このQRコードをスマホのホーム画面からすぐに呼び出せます。

au PAY 使い方 QRコード決済

iPhoneのショートカットアイコン

[この画面のショートカットを作成する]をタップすると案内画面が表示されるので、Androidスマホは「追加」をタップ、iPhoneはメニューのなかから「ホーム画面に追加」をタップでショートカットを作成できます。

楽天ペイとの共通QRコード台紙をスキャン

au PAY 使い方 楽天ペイ

上の指定ステッカーやQR台紙が提示された対象店舗において、楽天ペイとの共通のQRコードを読み込むことで決済が可能です。

au PAY 使い方 楽天ペイ au PAY 使い方 楽天ペイ

使い方はいたってシンプル。レジで店頭スタッフに「スキャン支払いで」と伝えた上で「au PAY」タブから[スキャン支払い]を選択し、店舗に設置されたQRコードを読み込みます。

すると決済内容が表示されるので、問題なければ[確認]ボタンをタップして支払い完了です。

Apple Payに登録してQUICPay加盟店で支払う

QUICPay加盟店で非接触型決済を利用するには、事前にApple Payにau WALLETプリペイドカードを登録しておく必要があります。

Apple Payへの登録方法

au PAY 使い方 Apple Pay au PAY 使い方 Apple Pay

Apple Payにau WALLETプリペイドカードを登録するには、「HOME」タブのメニューのなかから[Apple Pay]を選択。チュートリアルが表示されるので、[次へ]→[ApplePayを設定]の順にタップして進みます。

au PAY 使い方 Apple Pay au PAY 使い方 Apple Pay au PAY 使い方 Apple Pay

au WALLETプリペイドカードに登録した氏名とカード番号が自動で表示されるので、問題なければ[次へ]をタップ。利用規約を確認後に[同意する]を押し、最後に「QUICPay」マークが出てくれば登録完了です。

なお、Apple Watchで設定する場合はau WALLETアプリからではなく、プリインストールされている「Wallet」アプリからau WALLETプリペイドカードを読み込んで登録します。

ApplePayでの支払い方法

au PAY 使い方 Apple Pay

Apple Payに登録したau WALLETプリペイドカードを使えるのは、上の「QUICPay」マークが表示されている店舗です。

au PAY 使い方 Apple Pay

支払うときは、Face IDを搭載したiPhoneならサイドボタンをダブルクリックしてWalletアプリを起動し、Face IDで顔認証をしたうえでiPhoneをリーダー端末にかざします。

Touch IDを搭載したiPhoneなら、ホームボタンをダブルクリックするとWalletアプリが起動するので、Touch IDに指を載せたままiPhoneをリーダー端末にかざしてください。

au PAY 使い方 Apple Pay

リーダー端末が「クイックペイ」と鳴り、緑色に点灯すれば支払い完了です。iPhone画面上で「完了」と表示されても、リーダー端末から決済音「クイックペイ」が鳴らず緑色に点灯していない場合、支払いは完了していないので注意してください。

オンラインショッピングで支払う

クレジットカードのMasterCard、またはWebMoneyが使えるサイトでau WALLET プリペイドカードの情報を入力すれば、WALLET残高による決済が可能です。

ただし、月額制で料金が発生するサービスや、3Dセキュアによる認証が必須のサイトでは利用できない可能性が高いです。

au PAY 使い方 オンライン支払い

出典:auサポート

MasterCardによるクレジット決済ができるサイトでは、商品の購入画面で支払方法から「クレジットカード決済」を選択し、「MasterCard」を選びます。 カード表面のMasterCard番号(数字16桁)など必要情報をすべて入力すれば、チャージしたWALLET残高から購入代金が支払われます。

au PAY 使い方 オンライン支払い

出典:auサポート

WebMoneyに加盟しているサイトで利用するには、 商品の購入画面で支払い方法にWebMoneyを選択。 カード裏面のWebMoneyプリペイド番号(英数字16桁)など、必要情報を入力すればOKです。

まとめ:現状は従来のau WALLETプリペイドカードのほうが便利

前述のようにau PAYは、従来のau WALLETプリペイドカードの決済機能をQRコード決済でも使えるようにリニューアルしたものにすぎない印象があります。共通のWALLET残高を使っているので、用意されたチャージ方法はどちらも同じ。WALLETポイントの還元率も変わりません。

唯一違うところは、au WALLETプリペイドカードのほうが圧倒的に使えるシーンが多いということです。なんといっても世界約4330万あるMasterCard加盟店で使えるほか、多くのオンラインショッピングでも利用できます。さらに、セブンイレブンなどはau WALLETプリペイドカードの支払い限定でポイント還元率がアップします。

LINE Payのようなポイント還元率が上がる長期キャンペーンの開催など、わざわざQRコード決済を使うメリットがない現状では、利用できる機会の多いau WALLETプリペイドカードをそのまま使ったほうが便利だと個人的には思います。

今後は、スマホ決済サービスとしての「au PAY」を使うことによるauユーザーへの手厚い特典や、大規模なポイント還元キャンペーンを期待したいところです。

EDITED BY MOEGI