au PAY(ペイ)とは──特徴やチャージ・支払い方法、使えるコンビニ・加盟店まで

au PAY(ペイ)とは──特徴やチャージ・支払い方法、使えるコンビニ・加盟店まで

スマホ決済サービスにおける各社の競争が加速する中、2019年4月に満を持して参入したのがKDDIの「au PAY(ペイ)」です。最近ではauユーザー以外も利用できるようになり、これまで以上に利用者数や加盟店が拡大していくと予想されます。

本記事ではまず、au PAYの利用メリットやポイント還元率、使えるコンビニ・加盟店などについてわかりやすく整理。その上で、登録や設定といった始め方から、チャージや支払いなどの使い方を解説します。

「au PAY」とは? その特徴と利用メリット

au PAY とは

「au PAY」は、KDDIグループが2019年4月から提供開始したスマホ決済サービスです。といっても、au PAYという名前でアプリがリリースされたわけではありません。

これまで提供されてきた「au WALLET アプリ」がリニューアルし、「au PAY」という名前のQRコード決済機能が追加されたものです。

auユーザー以外も利用できる

au PAY とは

以前は、au PAYの利用には、au回線を契約している必要がありました。しかし、2019年8月28日より、au回線を契約していない他キャリアのユーザーでもau PAYを利用できるようになっています。また、これまでauユーザーしか発行できなかった「au WALLET プリペイドカード」も、じぶん銀行の口座を持っていれば発行可能となりました。

auユーザー以外がスマホ決済au PAYを使うには、電話番号が付与されたスマートフォン・タブレットと、メールアドレスの登録により発行する「au ID」が必要です。なお、対応OSは以下のとおりです。

au WALLETアプリ対応OS
  • iOS 8.0以上のスマートフォン・タブレット
  • Android (TM) 4.2以上のスマートフォン・タブレット

決済額に応じてWALLETポイントが還元される

au PAYで支払うと、決済後の3日~4日後に利用金額に応じた「WALLETポイント」が付与されます。その還元率は、月額499円の「auスマートパスプレミアム会員」とauユーザー以外を含む通常会員でかなり差が出ます。

WALLETポイント還元率
通常時の還元率 三太郎の日の還元率(3日、13日、23日)
通常会員 0.5%(200円で1ポイント) 0.5%(200円で1ポイント)
auスマートパスプレミアム会員(月499円) 1.5%(200円で3ポイント) 20%(200円で40ポイント)

現状auスマートパスプレミアムは、au回線を契約しているユーザーのみが加入できるサービスです。そのため、ポイント還元率アップキャンペーンなどが開催されない限り、通常会員のポイント還元率は0.5%とそこまでお得感を感じられないのが難点。

全国約100万カ所で利用可能

au PAYは、全国約100万カ所で利用可能なスマホ決済です。下表のとおり、主なコンビニチェーン店であればセブンイレブン以外すべてで使えます。

au PAYが利用できるコンビニ
auPAYの利用
ローソン
セブンイレブン
ファミリーマート
ミニストップ
デイリーヤマザキ
セイコーマート
ポプラ

さらに「楽天ペイ」「メルペイ」を導入している店舗であれば共通QRコードでau PAYも利用できるなど、後発ながらもかなりのスピードで加盟店を増やしています。

主な利用可能店舗

ローソン、ミニストップ、ポプラ、松屋、目利きの銀次、サンドラック、スギ薬局、welcia、IKEA、メガネスーパー、ヤマダ電気。ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、Joshin、ケーズデンキ、島村楽器、ゲオ、earth music&ecology、Right-on、ジャンボカラオケ広場、ビッグエコー、自遊空間

au PAY:アプリ決済が使えるお店

au PAYの利用に必要な初期設定(登録)

au PAYの利用に必要な作業は、au回線を契約しているユーザーとそれ以外のユーザーとで異なります。

au回線を契約している場合

auを契約している人がau PAYを利用するには、「au WALLET プリペイドカード」の申込みが必須となります。

au WALLETプリペイドカードとは、世界中のMasterCard加盟店やWEBサイトでクレジットカードとほぼ同様に使えるプリペイド(前払い式)のプラスチックカードです。条件さえ当てはまれば、審査不要・年会費無料で発行できます。なお、じぶん銀行の口座を持っていれば、au回線の契約者以外も発行できます。

au WALLETプリペイドカードの申し込み条件
  • 個人契約のau携帯電話、もしくは個人契約のauひかり・auひかり ちゅら回線
  • じぶん銀行の口座

申し込み後、自宅にau WALLET プリペイドカードが届いたら、同封の手順書どおりにカードの利用開始手続きと、au PAYの利用規約への同意をすると、ようやくau PAYが使えるようになります。

もちろん、これまでau WALLET プリペイドカードを使用していた人であれば、au PAYの利用規約へ同意するだけでOKです。

au WALLET プリペイドカード

そもそもau PAYは、従来のau WALLETプリペイドカードの決済機能を、スマホでも使えるようにしたものです。そのため、auユーザーは、ベースとなるau WALLETプリペイドカードとauPAYを連携させなければ、決済システムを使えない仕組みになっているのでしょう。

ちなみに、au WALLETプリペイドカード、au PAYのどちらを使って決済をしても、共通のWALLET残高から支払われます。

au以外の回線を契約している場合

一方、auを契約していない人は、au WALLETプリペイドカードの申し込みは不要。au WALLETアプリのダウンロードと、au IDの発行、au PAYの利用開始手続きをすれば、すぐにau PAYを使えます。

1au IDを発行する

au IDを発行する au IDを発行する

au WALLETアプリをインストールしたら、[au IDを新規登録する]をタップします。続いてメールアドレスを入力し、[確認メールを送信]ボタンを押してください。

なお、ここで入力したメールアドレスが、「au ID」となります。入力したメールアドレス宛に数字6桁の「確認コード」が送付されるので、確認後入力し[次へ]をタップ。

au IDを発行する au IDを発行する

確認コードが認証されたら、パスワードを半角数字6文字以上で設定しましょう。生年月日、性別などの必要情報を案内に従って入力し、[次へ]を押してください。

最後に「新規登録が完了しました」と表示されれば、au IDの発行は完了です。

2au WALLETアプリにログインする

au WALLETアプリにログインする au WALLETアプリにログインする

続いて、先程発行した「au ID」でau WALLETにログインします。二段階認証を有効にする画面でチェックを入れて、個人情報などの利用規約に問題なければ[同意する]ボタンをタップして進みましょう。

3au PAYの利用開始手続きをする

au PAYの利用開始手続きをする au PAYの利用開始手続きをする

au WALLETにログインできたら、中央の[au PAYを使う]をタップします。電話番号の入力とSMS認証が求められるので、案内に従っておこなましょう。

au PAYの利用開始手続きをする au PAYの利用開始手続きをする

あとは必要情報をすべて入力し、登録完了画面が表示されればau PAYの利用開始手続きは完了です。

au PAYにチャージする方法

au PAYを使うには、事前に「WALLET残高」にチャージしなければなりません。WALLET残高へのチャージ方法は、クレジットカード、現金、WALLETポイントや携帯料金との合算払い(auかんたん決済)など豊富に用意されています。

チャージ方法ごとに利用できる条件があり、チャージ最低金額や上限金額、また利用できる機能とできない機能があるなど、かなり複雑な仕組みになっています。

au PAYのチャージ方法
利用条件 1回あたりチャージ可能な金額 オートチャージ機能 送金・払出機能※
auかんたん決済 au回線の契約者 ユーザーごとに異なる
クレジットカード 規定のブランド・発行元のクレジットカード所有※ 3000円〜4万5000円
じぶん銀行口座振替 じぶん銀行の口座所有者 1000円~4万5000円
セブン銀行ATM なし 1000円~50万円
ローソン店頭レジ au WALLET プリペイドカードの所有 1000円~4万5000円
auショップ なし 500円〜4万5000円
WALLET ポイント 100P以上の所有 100ポイント~2万ポイント(1ポイント=1円)

※送金・払出機能を使うには、じぶん銀行の口座登録が必須

なお、WALLET残高には100万円までチャージしておけますが、決済1回あたりの利用上限額は5万円未満と決められています。

auかんたん決済

auかんたん決済を選択すると、チャージした金額を月々のau通信料金と合算して支払えます。銀行口座振替で通信料金を支払っている人であれば、問題なくauかんたん決済によるチャージがおこなえます。

一方、クレジットカードでの支払いに設定している人は注意が必要です。以下の表に記載されたブランド・発行元以外のクレジットカードを支払い元に設定しているのであれば、auかんたん決済でのチャージはできません。

auかんたん決済 利用可能なクレジットカード

さらに、不便なのが毎月の利用上限額を以下の基準に沿ってau側で設定されてしまうこと。人によっては数千円と、日常使いにはかなり厳しい金額に設定される可能性もあります。

au加入月数
契約者の年齢 1〜3カ月 4カ月~
20歳未満 3000円/月
20歳以上 5000円/月 1万円/月

その反面、子どもに携帯を持たせているなど利用者と契約者が異なるケースでは、使いすぎの防止として効果的です。

クレジットカード

クレジットカードチャージでも、auかんたん決済と同様にチャージに利用できるブランド・発行元が限られています。なお、チャージにあたっては各カード発行会社が提供する本人認証サービスの登録が必要です。

クレジットチャージ 利用可能なクレジットカード

なお、クレジットカードでのチャージでは、月に合計10万円までとチャージ上限額が定められています。

じぶん銀行からの口座振替

「じぶん銀行」は、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資で運営しているネット銀行です。ほかの銀行口座では不可能ですが、じぶん銀行の口座を持っていれば、WALLET残高に口座振替でチャージできます。

加えて、じぶん銀行からのチャージは、ほかのチャージ方法よりも機能面やお得感でメリットが多く設定されています。

じぶん銀行でチャージするメリット
  • オートチャージができる
  • WALLET残高の送金・払出機能が使える

ほかにも、KDDIが運営に参加しているだけあってau PAYユーザーに対する特典が多く設定されています。今後もau PAYを主に使っていくつもりなら、新規で開設するだけの価値はありそうです。

セブン銀行ATMで現金チャージ

ゼブンイレブンの店内に加え、駅構内やショッピングモールなど全国2万3000台以上設置されている「セブン銀行ATM」から、現金をチャージします。セブン銀行の口座を持っている必要はありません。au WALLET プリペイドカードも不要で、だれでも簡単におこなえるチャージ方法です。

セブン銀行ATMで現金チャージする

セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択し、QRコードを表示させます。

続いてau WALLET アプリを開き、チャージ(入金)→[セブン銀行ATMチャージ]と進んだら、[QRコードをスキャン]をタップし、セブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み取ります。

QRコードを読み取るとスマホに4桁の番号が表示されるので、セブン銀行ATMに設置されているテンキーからこの番号を入力してください。

セブン銀行ATMで現金チャージする

あとはセブン銀行ATMの案内に従って、現金を1000円~50万円の範囲でチャージしたい金額分の現金を入金し、確認ボタンを押せば完了です。アプリからWALLET残高が増えているのが確認できます。

ローソンで現金チャージ(au WALLET プリペイドカード経由)

「ローソン」のほか、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」の店舗レジでも現金チャージができます。ただし、WALLET プリペイドカードの実物を持っていく必要があります。

ローソンで現金チャージ(au WALLET プリペイドカード経由)

店頭スタッフへau WALLET プリペイドカードへのチャージをお願いし、チャージする金額を伝えます。カードリーダが点灯したら、自分でau WALLET プリペイドカードをカードリーダでスライドします。

チャージ金額を確認したら、レジ横の画面で[承認]ボタンを押し、最後にチャージ金額分の現金を店頭スタッフへ支払えば完了です。承認後の取消や返金はできないのでチャージの際はよく確認してください。

auショップ(au SaKuTTO)で現金チャージ

auショップでは、一部のauショップに設置された「au SaKuTTO」という機械を使ってチャージできます。

auショップ(au SaKuTTO)で現金をチャージする

auショップ内のau SaKuTTOで、「チャージ」ボタンを押下後、バーコード読み取り部分にau WALLET プリペイドカードの裏面に記載されたバーコード、またはau WALLET アプリのチャージ用バーコードをかざしてチャージ受付をします。

あとは画面の案内に従って、チャージしたい金額分の現金を入金すれば完了です。

WALLETポイントでチャージ

au PAYの利用で貯まったWALLETポイントは、1ポイント=1円としてWALLET残高にチャージできます。最低100ポイントから、月あたり2万ポイントまでチャージ可能です。

WALLET残高に有効期限はありませんが、WALLETポイントには付与から4年間と有効期限が設定されています。できるだけこまめにWALLET残高にチャージしておくといいでしょう。

au PAYでの支払い(決済)方法

au PAYは、基本的にアプリ上でQRコードの表示/スキャンをすることで決済します。さらに、au WALLET プリペイドカードを持っている人は、ApplePayに登録してQUICPay加盟店での非接触型決済の利用や、オンラインショップでの決済も可能です。

QRコードを表示して支払う

QRコードを表示して支払う QRコードを表示して支払う

auWALLETアプリを起動し、メニューから[au PAY]を選択してください。なお、初めてau PAYを使うユーザーは、最初に利用規約への同意が求められます。

利用規約に同意すると、au PAY画面にQRコードが表示されます。

QRコードを表示して支払う

あとは、支払い時にレジ店頭スタッフへ「au PAYで」と伝え、このQRコードを読み取ってもらうだけです。支払いが完了すると、決済した店舗名と支払い額、それに獲得ポイントが表示されます。

QRコードをスキャンして支払う

指定ステッカーや共通QR台紙が提示された対象店舗において、QRコードをスキャンする(読み込む)ことで決済ができる機能も備わっています。

QRコードをスキャンして支払う QRコードをスキャンして支払う

使い方はいたってシンプル。レジで店頭スタッフに「スキャン支払いで」と伝えた上で「au PAY」タブから[スキャン支払い]を選択し、店舗に設置されたQRコードを読み込みます。会計金額を入力する場合は入力し、OKボタンをタップすれば支払い完了です。

au WALLETプリペイドカードがあれば非接触型決済やオンライン決済も可能

auユーザーやじぶん銀行の口座所有者のみ発行できる「au WALLETプリペイドカード」があれば、利用シーンがかなり広がります。世界約4330万あるMasterCard加盟店で使えるほか、iOSユーザーであればQUICPay加盟店で非接触型決済を利用できます。

また、クレジットカードのMasterCard、またはWebMoneyが使えるサイトでau WALLET プリペイドカードの情報を入力すれば、オンラインショッピングでの決済が可能です。

依然として「使う人を選ぶ」スマホ決済

2019年8月28日より、au回線を契約していない人でもau PAYを使えるようになりました。しかし、依然として機能の制限が多く、個人的には使う人を選ぶスマホ決済だと感じます。

逆にいうと、メリットが最大限得られる「auユーザー」と「じぶん銀行ユーザー」は使って損はないでしょう。

これらのユーザーは便利なオートチャージ機能を使えるうえに、じぶん銀行ユーザーであればWALLET残高の送金・払出機能が使えます。また、ポイント還元率が大幅にアップする「auスマートパスプレミアム」に加入できるのも、現時点ではauユーザーのみです。さらに、非接触型決済やオンラインショップでの支払いなど、利用シーンが圧倒的に広がる「au WALLETプリペイドカード」を発行できるのも大きな強みです。

今後は、全利用者を対象とした手厚い特典や、大規模なポイント還元キャンペーンを期待したいところです。

EDITED BY MOEGI