未読スルー? LINEで既読にならない8つの理由

未読スルー? LINEで既読にならない8つの理由

LINE(ライン)のトークで友だちに送ったメッセージがなかなか「既読」状態にならず、「なぜ既読にならないのか? 未読スルーされてる?」と心配になってしまうユーザーが多いようです。

既読表示は相手の既読・未読を判別できる便利な機能。しかし、スマホの画面からは相手がどのような状況でLINEをしているかが分からないため、既読機能はLINE上の適切なコミュニケーションを難しくする原因の一つにもなっています。

この記事では、そもそも既読にならず未読のまま放置される「未読スルー」の理由を8つにまとめました。ほとんどの場合、いまトークしている相手がメッセージを既読にしてくれない理由は、以下8パターンのいずれかに該当するはずです。

理由1:相手が既読にできない状況にある

一番可能性が高そうなのが、この「相手がLINEのメッセージを既読にできない状況にある」というパターン。相手側が常にLINEで会話できる状況にあるとは限りません。

自転車で移動中

勤務中でスマホを触れる状況ではないかもしれませんし、既に寝ている時間帯なのかもしれません。電波の状態が悪いことや、そもそもスマホの電源を切っていることも考えられます。自転車で移動中だったり、スマホが手元になかったりすることもあるでしょう。友だちが多いユーザーだと、トークリストにトークが埋もれてしまって気がつかないというケースもありえます。相手が置かれている状況は千差万別です。

面と向かって会話していればひと目で判断できることでも、スマホを通してしまうと分からなくなってしまう典型例でしょう。

理由2:相手が既読を付けない方法で読んでいる

LINE トークリスト ロック画面での通知

左:メッセージを開かずトークリスト上でも確認できる右:ロック画面上の通知センターから確認

iPhoneの場合、通知上で既読を付けずにメッセージを読むことができます。3D Touchや触覚タッチ機能で通知を拡大表示させれば、メッセージを開くことなく内容を確認することができるほか、機内モードを利用しても未読状態のままメッセージをチェックできます。

もしかしたら、相手側は意図的に既読を付けない方法でメッセージを読んでいるかもしれません。

相手が故意に未読状態にしているのであれば、トーク上で自分からできることは何もありません。緊急性が高ければ、電話やLINEの無料通話などでコンタクトを取るほかないでしょう。

既読を付けずにメッセージを読む方法については次の記事で詳しく解説しています。

理由3:相手にブロックされている

LINE 既読にならない ブロック

あまり考えたくないのが、相手からブロックされてしまっているというケースです。

LINEでは、相手からブロックされると、自分が送ったメッセージは相手に一切届かなくなります。つまり、自分のことをブロックした相手は、自分からのメッセージを読むことができなくなるため、既読にすることが不可能になるわけです。次の記事ではブロックされているかどうかを(ほぼ確実に)確認する方法を解説しています。

ちなみに、相手がブロックを解除してくれたとしても、ブロック期間中に送信したメッセージは相手に届かないままなので既読になりません。もし未読のメッセージが未読のままで、そのあとに送ったメッセージだけが既読になったら、相手から一時的にブロックされていたことになります。

理由4:相手が「メッセージ受信拒否」設定をしている

LINE 既読にならない メッセージ受信拒否

「メッセージ受信拒否」設定とは、友だち以外からのメッセージを一切受信しない設定のことです。友だち登録していないアカウントにメッセージを送り、いつまでも既読がつかない場合、相手がこの設定を有効にしている可能性があります。

メッセージ受信拒否設定をしている相手と友だちになり、メッセージをやり取りする方法などについては次の記事で詳しく解説しています。

理由5:相手がトークルームを削除した

LINE 既読にならない トークルーム削除

LINEでは、1対1のトークルームを削除すると既読・未読にかかわらず相手とのトーク履歴がすべて削除されます。未読メッセージがある状態で相手がトークルームを削除していた場合、メッセージが既読になることはありません。

LINEの操作時に相手が誤ってトークルームを削除してしまった場合、相手がメッセージを確認するには他の端末(PCなど)からLINEにアクセスする必要があります。トークルーム自体はメッセージを再受信すれば復活するため、再送してみることをおすすめします。

理由6:相手が機種変更でアカウントを引き継いだが、トーク履歴を復元していない

LINE 機種変更 引き継ぎ

iPhoneやAndrodスマホで機種変更するとき、LINEアカウント自体は電話番号やFacebook連携によって引き継げます。その際、トーク履歴を復元できていなければ、相手は機種変更後に未読のメッセージを読めなくなるので、既読になりません。未読メッセージは未読のままになるというわけです。

また、機種変更時に相手が既存アカウントでログイン(引き継ぎ)せず、同じ電話番号で新規登録を選択すると、相手はトークルームから強制的に退出させられます(既存アカウントが削除されます)。このケースでも、未読メッセージが既読にならないことが確定します。

理由7:相手がLINEアプリをアンインストールした

LINE 既読にならない アプリをアンインストール

相手がLINEアプリをアンインストールしてしまい、すでにLINEユーザーではなくなっている可能性も考えられます。この場合、未読メッセージは未読のままになります。

アンインストールの前に相手がアカウントを削除してしまった場合は、相手アカウントがトークルームから退出してしまうので、未読メッセージは永久に既読になりません。

理由8:LINEの不具合

他のウェブサービスと同様にLINEでも不具合が発生することがあります。既読にしたはずなのにすぐに既読にならないことがあるというような現象が、Twitterなどで多数報告されています。

もっとも、こういった不具合やバグに関しては、ケース・バイ・ケースとしか言いようがありません。結局のところ、相手が既読にしてくれないのか、不具合で既読にならないのかを判断する術はありません。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.18.1、Android版9.21.1

EDITED BY SORA