LINEのアカウント登録・新規作成の方法と注意点まとめ【最新版】

LINEのアカウント登録・新規作成の方法と注意点まとめ【最新版】

いまや誰もが利用しているLINE(ライン)。アカウントを作って登録する方法など、今さらちょっと訊きにくいかもしれません。加えて、Facebookログイン機能の提供終了など、アップデートを重ねて以前と変わっている部分も多くあります。

本記事では、最新のLINE登録(アカウントの新規作成)について、注意点を踏まえながら詳しく解説します。

LINEアカウントを登録・新規作成する際の注意点

まずは、LINEアカウントを新規作成するときにチェックしておきたい注意点を解説します。

Facebookアカウントによるログインはできなくなった

LINE Facebook ログイン

LINEではサービス開始当初から「電話番号登録」と「Facebookログイン」の2通りのアカウント作成方法が存在しました。しかし、2020年4月上旬頃に、FacebookアカウントにログインしてLINEに新規登録する機能の提供が終了しています。

これによりLINEの新規登録において、「電話番号」による認証が必須化されました。

LINE Facebook ログイン

Facebookログイン機能は終了している

Facebookログインが利用できなくなるのは、LINEアカウントの新規作成時のみ。すでにFacebookログインによってLINEアカウントを登録して使っているユーザーは、引き続きLINEを利用できます。

また、機種変更などでLINEアカウントを引き継ぐ際にも、Facebookログインは今後も利用可能と案内されています。

LINEの登録にはSMS受信または通話できる電話番号が必須

Facebookログインによるアカウント登録が廃止された現在、LINEのアカウント作成には必ず電話番号が必要。ただ、電話番号といっても、厳密には「音声通話またはSMSが受信できる端末の電話番号」でなければなりません。

LINE 電話番号認証 LINE 電話番号認証 LINE 電話番号認証

というのも、そもそもLINEアカウントの電話番号認証は、(1)端末の電話番号入力、(2)SMSや音声通話で6桁の認証番号を受け取り、(3)その番号をLINEアプリに入力する、という手順を踏みます。

データ通信専用の格安SIM/スマホにも電話番号自体は発行されているケースがありますが、電話番号に紐づく音声通話・SMS機能を利用できなければ意味がないのです。

SMS・通話機能が備わっている場合でも、「050」から始まる電話番号や、仮想電話番号が割り当てられた端末ではLINEアカウントの認証はおこなえません。

LINEに登録できるのは1つの電話番号につき1つのアカウントのみ

LINEでは、1つの電話番号につき1つまでしかアカウントを持てない仕組みになっています。

LINE 電話番号

すでにLINEに登録してある電話番号を使って新規のLINEアカウントを作成すると、(その電話番号を使って作成した)既存アカウントの登録が解除され、LINEのデータがすべて消失(初期化)してしまいます。

LINE 複数端末でログイン

また、1つの電話番号につき1アカウントの原則から、ログインしておける「スマートフォン」も1つのLINEアカウントにつき、1台のみ。現状、スマホ版LINE(iPhone/Androidスマホ)と同じアカウントでログインして使えるのは、スマホ以外のPCやiPadに限られます。

LINE 複数端末でログイン

もし、2台目のスマホでログイン(電話番号とパスワード入力)すると、1台目のスマホで使っていたLINEアカウントが2台目のスマホのLINEに引き継がれることになるので注意しましょう。

LINEアカウントを新規作成する2つの方法

先に述べているように、LINEアカウントの作成にはSMSまたは通話ができる電話番号が必要です。しかし、あくまでも必要なのは電話番号であり、登録可能なデバイスはスマートフォンに限られません。

ここでは、スマホとパソコンそれぞれのデバイスでLINEアカウントを登録する方法を紹介します。

電話番号による認証を通じてスマホでLINEアカウントを作成・登録する

スマホの電話番号を利用した、一般的なLINEアカウントの作成手順です。

1LINEアプリをインストールして起動

まずは、Google PlayまたはApp StoreからLINEアプリをインストールしてください。

LINE 新規登録

LINEアプリを起動したら、最初の画面で[新規登録]を選択します。

2電話番号を入力

LINE 電話番号を入力 LINE 電話番号を入力

次の画面で、端末の電話番号を入力し[→]ボタンをタップします。すると「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります」のメッセージが表示されるので、[送信]を押します。

なお、SMS機能でなく音声通話で認証したい場合も、ひとまず[送信]を押してください。電話番号が分からない場合は、それぞれ以下の記事を参考に確認しましょう。

3SMSもしくは通話で届いた認証番号を入力

SMSもしくは通話で届いた認証番号を入力

SMSが使える場合は、その番号宛てにLINEから4桁の認証番号が届くので、30分以内に取得した認証番号を入力しましょう。

SMSもしくは通話で届いた認証番号を入力
通話で届いた認証番号を入力

SMSが使えない場合は、[通話による認証]をタップし、続く画面で注意事項に問題なければ[OK]を選択します。

しばらくすると登録した電話番号宛てに着信があり、「こちらはLINEです。認証番号は○○○○です」というアナウンスが流れます。アナウンスされた認証番号を入力しましょう。

4「新規作成」を選択する

「新規作成」を選択する

認証した電話番号がどのアカウントにも紐付いていなければ、上の画面が表示されるので[アカウントを新規作成]をタップします。

また、まれに認証した電話番号が以前LINEに登録されていた場合、そのLINEアカウントに設定されていた名前が画面に表示されます。この場合は、[いいえ、違います]のボタンをタップしてください。

5パスワード登録

パスワード登録

続いて、LINEアカウントにログインするためのパスワードを登録します。半角英字と半角数字の両方を含む半角6文字以上で任意のものを設定してください。

このパスワードは、機種変更時のLINEアカウント引き継ぎに必要となるほか、端末の故障や紛失にLINEアカウントを復旧する備えにもなる非常に大事なものです。

6プロフィールアイコンと名前を決める

アイコンと名前を設定する

ここで、アカウントのアイコンと名前を登録しましょう。丸いプロフィールアイコンをタップすると、写真の撮影またはアルバムから写真を選択できます。

アイコンと名前はいつでも変更可能なので、ひとまず暫定のものを設定しておいても構いません。

7友だち追加設定・年齢確認

友だち追加設定・年齢確認 友だち追加設定・年齢確認

続いて、友だち追加設定のオン・オフ設定と(必要であれば)年齢確認をおこないます。

友だち追加設定は、とりあえず[オフ]にしておく(チェックを両方外す)ことを推奨します。これらの項目は引き継ぎ完了後にも設定できるので、先を急ぎたければ後回しにしても大丈夫です。年齢確認もここでは[あとで]を選んでおいてよいでしょう(詳しくは下記記事を参照)。

8サービス利用の確認項目に目を通す

サービス向上のための情報利用に関するお願い サービス向上のための情報利用に関するお願い

最後に「サービス向上のための情報利用に関するお願い」が表示されます。目を通して問題なければ[同意する]、気がかりなことがあれば[同意しない]を選択します。

なお、ここで[同意しない]を選択してもLINEは利用できるので安心してください。

固定電話やガラケーの番号による認証でPC(パソコン)でLINEアカウントを作成・登録する

PC(パソコン)と電話番号があれば、スマホなしでもPC版LINEからLINEアカウントを新規で作成できます。SMSの受信または通話ができるなら、ガラケーや固定電話の番号でも登録に支障ありません。

バージョンアップに伴い、PC版LINEからの新規登録機能が提供終了した模様です。一定バージョン以上のPC版LINEでは、スマホなしでのLINEアカウント作成がおこなえなくなっています(2020年5月現在)。

ただし、固定電話やガラケーなどの電話番号と、iPadまたはAndroidタブレットを所有しているなら、スマホなしでLINEアカウントの新規作成が可能です。詳しくは下記記事を参照してください。

iPadでLINEにログイン/新規登録して使う方法──通話や着せかえなどの機能も解説
AndroidタブレットでLINEを使う方法──スマホ版との同期はできないので注意

PCでアカウントを作成・登録する

登録後は、電話番号と専用パスワードでログインしてPC版LINEを利用できます。

この方法なら、すでにスマホ版LINEで1つアカウントを持っている場合でも、PC版LINE上で2つ目のLINEアカウントを持つことが可能。仕事用はPC版LINE、プライベートはスマホ版LINEといったように、アカウントもデバイスも分けて使うには便利でしょう。

アカウントの作成方法や注意点などについては、下記記事で詳しく解説しています。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.6.0、Android版10.6.1

EDITED BY MOEGI