LINEの「メッセージ受信拒否」とは? 既読にならないのは友だち追加されていないからかも

友だち追加していない相手からのメッセージを一切受信しない設定

第三者から紹介されたLINEアカウントを「友だち」に追加してメッセージを送ったのに、既読が付かず一向に返事がこない、なんてことはありませんか。相手からの反応がないため、無視(未読スルー)やブロックされたのでないかと不安になるかもしれません。

こうしたケースでは、実は相手が「メッセージ受信拒否」設定をオンにしており、メッセージが届いていない可能性もあります。そこでこの記事では、LINEの「メッセージ受信拒否」について解説。設定をオンにしている相手と互いに友達になる方法も4つ紹介します。

LINEの「メッセージ受信拒否」とは?

メッセージ受信拒否とは、友だち以外の相手からのメッセージを一切受信しない設定のことです。

知らない相手や業者アカウントなどからLINEのメッセージが届いて困っている人は、メッセージ受信拒否を設定することで解決できます。

友だち追加していない人からのメッセージを受信しない

LINEでは、自分が友だち追加していない人からでも、相手に友だち追加されていればメッセージが届く仕組みになっています。そこでこの設定を使えば、自分が友だち追加していない人からのメッセージを完全に拒否できるようになります。

スパムや迷惑メッセージ対策として有効であるため、設定しているユーザーも多くいます。通報やブロックでも対策はできますが、あらかじめメッセージ受信拒否の設定をしておくことで、迷惑なアカウントと関わらないように予防できるので安心です。

LINEに知らない人から届く迷惑トーク・電話への対策まとめ

受信拒否設定は、友だちリストから削除したアカウントにも適用されます。友だちを削除をすると、その友だち登録が解除されるので、追加していないアカウントと同じ状態になります。

「メッセージ受信拒否」を設定/解除する方法

メッセージ受信拒否の設定は簡単におこなえます。iOS版アプリとAndroid版アプリで操作方法は変わりません。

まず、LINEの「ホーム」タブで設定ボタン​をタップします。続けて[プライバシー管理]を選択してください。

次の画面でメッセージ受信拒否の項目がオンになっていれば、友だち追加されていない人からのメッセージは一切届かなくなります。

反対にオフに切り替えると、メッセージ受信拒否の設定が解除されます。

「メッセージ受信拒否」しているとどうなる?

LINEでメッセージ受信拒否を設定していると、どのような影響が及ぶのかまとめました。

受信拒否していることはバレない

メッセージの受信拒否をしていることが他人にバレることはありません。したがって、周りの目を気にせず気軽に設定できます。

友だち以外のメッセージは届かず「未読」状態のまま

友だち登録されていないアカウントにメッセージを送信したとしても、相手がメッセージ受信拒否設定を有効にしていると、相手のトーク画面にメッセージは表示されません。送信者側の画面は、いつまでも「未読」のままです。

送信したメッセージは相手に届いていないので、既読もつかなければ返信も来ないということになります。

また、相手が受信拒否設定を解除しても、解除前に送られてきたメッセージは読むことができません。

友だち以外からの通話は着信しない

メッセージだけでなく、LINE通話も同じように拒否できます。受信拒否設定をしている相手に電話をかけることはできますが、着信の知らせが相手には届かないため、発信者側の画面では発信音が鳴り続けるだけになります。

グループへの招待やグループ内メッセージは届く(条件付き)

メッセージ受信拒否設定をした状態でも、友達登録していない相手からのグループ招待通知を受け取ることができます。

ただし、グループを作るときに作成者側が「友だちをグループに自動追加」をオフにしていないと、メッセージ受信拒否を設定している友だちにグループ招待通知やメッセージが届かない仕組みになっています。

自動追加をオフにしていれば、グループ作成後に友だちへ招待メッセージが送られます。

LINE、グループ作成時に相手の参加承認が不要に──アップデートで複数の仕様変更

招待が届いた側のトーク画面では[参加][拒否][通報]というボタンが表示され、グループに入るか否かを選択できます。

  • 参加:グループに参加する
  • 拒否:グループの招待を拒否する
  • 通報:グループへの参加を拒否し、運営に通報する

グループに参加すれば、相手を友だち追加せずともグループ内でのメッセージはやりとり可能です。しかし、グループ参加前に交わされていたメッセージは見られません。

グループへの参加を拒否した場合でも、相手に拒否したことは通知されません。もし見知らぬ人からグループ招待が来た場合、拒否をすれば相手との関わりを防げます。拒否しても何度も招待が届くなどの悪質な迷惑行為があった際には、LINEの運営に伝えるため「通報」を選択しましょう。

メッセージ受信拒否を設定している相手と互いに友だちになる方法

相手がメッセージ受信拒否の設定をオンにしていると、自分が友だち追加されない限り、メッセージは届きません。ここでは、メッセージ受信拒否設定をしている相手と互いに友だちになる方法を紹介します。

方法1:共通の友だち経由で連絡先を伝えてもらう

共通の友だちに連絡先を伝えてもらう

相手にあなたを友だち追加してもらう

共通の友達がいるなら、その友達経由で自分の連絡先を相手に伝えて、LINEの友だちに[追加]してもらうようにしましょう。

友だちになったら、改めて相手からメッセージを送ってもらうことで、あなたも相手をトーク画面から友だちに[追加]できます。

もっとも、相手からのメッセージを初めて受け取る際、こちらがメッセージ受信拒否設定をしているのでは相手からのメッセージを受信できません。事前に自分の受信拒否設定もオフにしておきましょう。

方法2:相手が拒否設定を解除後にもう一度メッセージを送る

共通の友達がいる場合、その友達経由で相手にメッセージ受信拒否設定をオフにするよう伝えてもらうという方法もあります。

相手にメッセージ受信拒否をオフにしてもらう

解除後にメッセージを再送すれば相手もメッセージを受け取れる

相手がメッセージ受信拒否の設定をオフにすれば、こちらからのメッセージを受け取れるようになります。

相手は設定をオフにする前に送られていたメッセージを見られないので、設定を解除後に再度こちらからメッセージを送り、そこから友だちに[追加]してもらいましょう。

方法3:「知り合いかも?」から友だち追加してもらう

相手がメッセージ受信拒否設定をオンにしていたとしても、相手側の「知り合いかも?」リストにはあなたのアカウントが表示されます。相手があなたのアカウントに気づけば、友だちに追加してもらえるかもしれません。

LINEで友達追加する方法とは? シーン別に最適なやり方を紹介

方法4:グループに招待し、友だち追加してもらう

前述の通り、メッセージ受信拒否しているアカウントにもグループ招待の通知や、グループ内でのメッセージは届きます。

そこで、友だち追加してもらいたい相手を含んだ新規のグループトークを作成する方法も使えるでしょう。

グループ作成時は、「友だちをグループに自動追加」をオフにしておきます。こうすることで、メッセージ受信拒否を設定している友だちにもグループ招待通知が届きます。

招待メッセージを受け取った相手がグループに[参加]すれば、グループトーク内で相手に友だち追加してほしいと直接伝えることができます。

ただしグループを新規作成する場合、相手がグループ参加を「拒否」したらこの方法は使えないので、注意してください。

メッセージ受信拒否していないのにLINEで既読にならない原因

メッセージを送っても既読がなかなか付かない「未読スルー」状態になっている場合、メッセージ受信拒否設定だけが原因ではないかもしれません。たとえば以下のような原因が考えられます。

既読にならないときに考えられる主な原因
  • 忙しくてLINEに気づいていない
  • 既読をつけない方法でメッセージを読んでいる
  • 相手にブロックされている
  • 相手がLINEアプリをアンインストールした など

メッセージを送っているのに相手の既読がつかない状態でも、日が浅い場合にはもうしばらく待ってみましょう。既読にならない理由については、以下の記事も参考にしてください。

未読スルー? LINEで既読にならない7つの理由とは

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
12.1.0
LINE
Android
12.1.0
EDITED BY
MIKAN