LINEで相手をブロックするとどうなる?──トークやタイムライン、通知など変化すること/しないことを徹底解説

ブロックしても使える機能も紹介

LINE(ライン)で相手とのコミュニケーションを断つための「ブロック」機能。ブロックをするにあたり、相手への通知の有無や、ブロックした後のトークメッセージやタイムライン、アイコン、ホーム画面などの変化は気になるところです。

本記事では、LINEで相手をブロックしたことによって生じる自分側のLINEの変化を各カテゴリ別に詳しく解説します。なお、相手にブロック「された」ときに起こる現象については、以下の詳しく記事で解説しています。

本記事中の解説で頻繁に登場する「自分」「あなた」「相手」という言葉の意味は、おおむね以下のとおりです。

  • 自分/あなた:ブロックした人
  • 相手:ブロックされた人(自分がブロックした人)

【通知】ブロックしたという通知は相手に届かない

LINEでブロックをした際に気になるのが、相手に通知されるのかどうかという点です。不快・迷惑なやり取りを避けるためにLINE友だちをブロックしたものの「相手にブロックしたことが通知されてしまうのでは」と不安な人も多いでしょう。

ブロックが通知などで相手に報告されることはありません。相手をブロックしたからといって、その事実が相手に極力バレてしまわないような仕様になっているので安心してください。

もっとも、ブロックしたことが絶対に相手にバレないわけではありません。いくつかの兆候から「もしかしたらブロックされているかも?」と疑われる可能性もあります。また、LINEスタンプをプレゼントできるか試して、ブロックされているかどうかを確認する裏ワザも存在します。

ブロックされたときの主な兆候
  • メッセージが既読にならない
  • 無料通話をかけても応答しない
  • グループトークでは既読になるのに1対1のトークは未読のまま
  • 全体公開の投稿が相手のホーム画面では見られるのに自分のタイムラインでは見られない

【友だちタブ】ブロックした相手が消える

相手をブロックすると、あなたの友だちリストから相手の名前が消え、ブロックリストに移動します。「ブロック=削除」ではないため、ブロックを解除すれば相手の名前は友だちリストに復活します。

友だちリストから相手がいなくなる

「あぷりお次郎」をブロックしたら友だちリストから消え、友だちの人数も2から1に減った

ここでは、「あぷりお次郎」をブロックしてみます。ブロック前は「あぷりお次郎」が友だちリストに表示されていましたが、ブロック後には「あぷりお次郎」の名前が消え、友だちの人数が2人から1人に減ります。

このことから、ブロックすると友だちリストから相手の名前が消えることがわかります。

「ブロック=友だちの削除」ではない

ブロックをしたことで友だちリストから相手が消え、自分のLINE上から完全に相手が消滅したと思いがちですが、その認識は誤りです。ブロックすると友だちリストから相手の名前は消えますが、厳密には友だちの関係は維持されています。

ブロックリストからブロック削除する方法(左:iOS版LINE、右:Android版LINE)

相手をブロックすると「ブロックリスト」に追加され、このブロックリストから[削除]をタップすることで、ブロックした相手を完全に削除できます(「ブロック削除」とも呼ばれます)。

ブロック削除することで友だち関係は完全に解消され、再び友だち追加するまでは友だちリストには復活されません。

ブロックを解除する方法

ブロックリストからブロック解除する方法(左:iOS版LINE、右:Android版LINE)

なお、ブロックリストは[ブロック解除]の選択もできます。ブロック解除すればブロックリストから外れ、通常の友だちリストに戻ります。ブロックすることで制限されていた機能も、これまで通り使えるようになります。

ブロック解除はブロック削除と操作を間違えやすいので注意しましょう。

トーク検索ではブロックした相手を検索できる

LINEの「ホーム」タブや「トーク」タブでブロックした相手の名前を検索すると、友だちの検索結果にはヒットしませんが、トークの検索結果にはヒットします。

ブロックした相手は「友だち」の検索結果にはヒットしないが、「トーク」の検索結果にはヒットする

たとえば上の画像の場合、ブロックした「あぷりお次郎」と検索すると「友だち」タブではヒットせず、「トーク」タブにはヒットします。

ブロックすると友だちリストから相手の名前は消えますが、相手とのトークルーム(履歴)は削除されないため、「トーク」タブではブロックした相手の名前がヒットする仕様になっています。

【1対1トーク】ブロックで多くの機能が制限される

ブロックすると、いくつかの機能を選択できなくなる

ブロック後の1対1トークでは、トークルーム内の多くの機能が制限されます。メッセージの送信や無料通話、アルバムやトークなどの機能は利用できなくなります。

とはいえ、制限されずに利用できる機能もあります。ブロックした後であっても、相手とのトークルームが自動的に削除されたり、非表示化されたりすることもありません。ブロック前にやりとりしたメッセージも、ほとんど変わらず閲覧できます。

相手をブロックして制限される機能・制限されない機能
制限される機能 制限されない機能
  • 検索
  • ブロック機能
  • 写真/動画の閲覧
  • トーク編集(Keep、メッセージ削除、転送、スクショなど)
  • 設定(通知のオン/オフの切り替え、背景デザインの変更、アルバムのキャッシュ削除など)

メッセージの送受信ができない/メッセージ関連機能が制約される

ブロックをすると、相手とのトークのメッセージ入力欄が「ブロック中」となり、メッセージを送受信できなくなります。ブロックされた相手はメッセージを送信できているように見えますが、あなた(ブロックした側)にそのメッセージは届きません。

ブロック以前の過去のトーク内でのやりとりであれば、基本的に閲覧可能で、あみだくじや日程調整など、そのまま利用できるものもあります。ただし「投票」に関しては参加できません。

ブロックによるメッセージ関連機能の変化
あみだくじ ブロック前に投稿されたものには参加できる(結果の投稿はできない)
位置情報 ブロック前に投稿されたものは開ける
Keep 過去にKeepで保存されたものは、自分のホーム画面から確認できる
ファイル 過去に投稿されたものは、有効期限内に限り開ける
日程調整 過去に作られた日程調整には参加できる
ボイスメッセージ 再生できる
投票 ブロック後は投票できない

他の友だちをトークに招待できなくなる

ブロックをすると[招待]が使えなくなるので、トークに他の人を呼んでグループトークを作成することができなくなります。

グループトークの仕様でブロックがバレることも

相手からグループトークに招待されたとしても、通知は届きません。このとき、相手はブロックされていると知らずに普段と同じように招待できますが、長時間が経過しているのにいつまでも既読の数が合わないことから、ブロックしているのがバレる可能性もあります。

ノート機能が制限される

ブロックすると、トークルームの設定画面で[ノート]を選択できなくなります。ただし、トーク内にあるノートのサムネイルからノート画面にアクセスするのは可能です。

iOS版LINE

Android版LINE

ノートを新規に投稿しようとすると「ブロックしたユーザーとはノートを使えません」と表示され、投稿画面に移動できません。

新規投稿はできませんが、ノートの投稿がトークに残っていれば、ブロック前に投稿された過去のノートを閲覧でき、コメントも残せます。

相手はブロックされた後もノートを投稿できますが、あなたの側には通知されず、ノートが更新されることもありません。

アルバム機能が制限される

iOS版LINEの場合。サムネイルをタップしてもアルバムは開けない

iOS版LINEの場合、閲覧・投稿も含めて一切のアルバム機能を利用できなくなります。

メニューのアルバムがグレーアウトしてタップできないのはもちろん、トークに残った過去のサムネイルをタップしても「ブロックしたユーザーとはアルバムを使えません」と表示され、閲覧することすらできません。

Android版LINEの場合。設定画面からはアルバムを選択できないが(左)、トーク画面のサムネイルからであれば写真の追加が可能

Android版LINEであれば、ブロック後でもアルバムを閲覧できます。設定画面ではアルバムを選択できないため閲覧・追加はできませんが、アルバムのサムネイルからであれば写真の追加は可能です。

また、新しいアルバムも作れます。

イベントの追加・閲覧ができなくなる

イベントは、トークルーム内でスケジュールを共有できるカレンダー機能です。ブロック後は設定画面から[イベント]を選択できなくなるため、イベントの追加・閲覧ができません。

トーク内で共有されたサムネイルから過去のイベントを開こうとすると、「このイベントへのアクセス権限がありません」と表示されて閲覧できなくなっています。ブロックした相手は今までどおりイベントを作成できますが、あなたに共有されることはありません。

トークBGMを設定・再生できない

[その他]からBGMを設定しようとしても、変更や削除はできない

ブロックするとトークルームで設定できるBGMを選択できなくなり、設定・変更もおこなえません。また、ブロック前に設定していたBGMも再生されなくなります。

「リアクション」機能が使えない

ブロック前

ブロック後

ブロック後はトークメッセージなどに直接反応できる「リアクション」機能も使えなくなります。

相手のトークメッセージを長押しして選択できますが、顔文字ミニスタンプ(リアクションアイコン)は表示されません。

ブロック後も使える機能

ブロックするとほとんどの機能が使えなくなる一方、トークメニューのいくつかはブロック後でも利用できるものがあります。

トークに送信された写真や動画の閲覧、リンクやファイルの参照などは利用できる

「その他」画面では、BGM以外の機能は利用できる

ブロック後も利用できる主な機能
  • 検索:トーク内を検索できる
  • ブロック解除:ブロックリストから友だちリストに戻し、制限されていた機能を通常に戻す
  • 写真/動画:ロック前までにトークに直接投稿された写真/動画を閲覧できる(有効期限が切れたら閲覧できなくなる)
  • トーク編集:「イベント」の項目はなくなるが、その他の「Keep(キープ)に保存」「メッセージを削除」「転送」「スクショ」「アナウンス」などはブロック前と同じ
  • 設定:通知のオン/オフの切り替え、背景デザインの変更、トーク履歴の送信、アルバムのキャッシュリセット、データ削除など利用可能

【グループトーク】ブロック後も変わらず機能する

グループトークでは、すでに参加済みのグループトークにブロックした相手も参加している場合、ブロックした相手ともその中でメッセージのやりとりができてしまいます。

このため、グループトークでは会話できたり既読が付いたりするのに、1対1のトークでは一向に既読がつかないと、ブロックしていることを疑われる可能性があります。

【LINE通話】発着信できなくなる

ブロックした相手があなたにLINE通話を何度かけてこようとも、着信はもちろん、着信履歴や通知は残りません。コール音が一定時間(約60秒)流れ続け、その後発信が切れて「応答がありません」(iOS版LINE)「応答なし」(Android版)と表示されます。

また、自分から相手にLINEの音声通話やビデオ通話を発信できなくなります

グループラインでの通話はブロックした相手と話すことが可能です。

ブロックすると通話アイコンが表示されなくなる

ブロックをしていない状態であれば相手とのトーク画面の右上には受話器ボタンが表示されますが、相手をブロックするとこの受話器ボタンは消えてしまうのでトーク画面からの発信はできなくなります。

【タイムライン】相手の投稿が流れてこなくなる

相手をブロックした直後にタイムラインから投稿が消える

ブロックすると、タイムラインに相手の投稿が流れてこなくなります。ただ、投稿自体は相手のプロフィール画面から見られる可能性があります。

タイムラインの公開範囲設定や投稿を見る手順について説明します。

タイムラインに相手の投稿が流れてこなくなる

タイムライン投稿には、以下の4種類の公開範囲設定が設けられています。

  • 全体公開(友だちの友だちまで公開される)
  • 自分のみ
  • すべての友だち(自分のLINE友だちのみ。非公開にしたい友だちも設定できる)
  • 「親しい友だち」リストを作成(公開範囲を指定する)

タイムラインの公開範囲は自由に設定できる

ブロック前に表示されていた相手のタイムライン投稿は、相手がどの公開範囲に設定していたとしてもブロック直後に消えてしまいます。ブロックを解除すれば、過去の投稿はタイムラインに復活します。

なお、相手をブロックすると相手のタイムラインに自分の投稿が流れなくなるので、ブロックされたことに相手が気づく要因のひとつになります。

プロフィール(ホーム)画面ではブロックした相手の投稿を見られる

プロフィール画面からであれば、ブロックした相手のタイムライン投稿を閲覧できる

トーク内の相手のプロフィール画像をタップすると、相手のプロフィール画面へ移動します。プロフィール画面では通常、下にある[タイムライン投稿]をタップすると、相手の投稿だけを閲覧できます。

ブロックした相手の投稿は「タイムライン」タブに流れてきませんが、自分が公開範囲に含まれている投稿であれば、ブロックをしていてもプロフィール画面(相手のホーム画面)から見られます。

ブロックしていてもコメントやいいねは可能

相手のプロフィール画面では、ブロックの有無に関わらず投稿を閲覧できるだけでなく、コメントや「いいね」などのリアクションも可能です。

【スタンプ】プレゼント機能が使えなくなる

ブロックした相手にはLINEスタンプをプレゼントできない

ブロックした相手にLINEスタンプや着せかえ、絵文字をプレゼントすることはできません。スタンプ情報画面からスタンプなどをプレゼントしようとしても、プレゼントを送れる友だちリストの中にブロックした相手が表示されなくなるためです。

またブロックした相手は、あなた宛てにスタンプなどをプレゼントできなくなります。

【注意】相手がスタンプをプレゼントしてきた場合、ブロックしていることが相手にバレる可能性大

ブロックした相手があなた宛てにスタンプをプレゼントしようした場合、「○○はこのスタンプを持っているためプレゼントできません」と表示され、ブロックしたことを相手に気づかれる可能性があります。

【LINE Pay】送金できなくなる

LINE Payを使えばLINEの友だちに送金できますが、ブロックした相手には送金できなくなります。

ブロックした相手は表示されないため、送金もできない

送金先の友だちを選択する画面で、ブロックした相手は表示されないため、LINE Payの送金は利用できないことがわかります。

逆に、ブロックした相手があなた宛てに送金するのは可能です。相手をブロックしているため、送金を知らせるメッセージはトークルームに届かず、送金の事実に気付きにくいものの、その分の残高は増えます。

【LINEギフト】ギフトのプレゼント・受け取りが難しくなる

LINEギフトのサービスは、誕生日プレゼントに喜ばれそうなギフトやコンビニで買えるようなお菓子、コーヒーなどをLINE友だちにプレゼントできる機能です。トークルームのメッセージ機能や「ウォレット」タブから使えます。

原則としてブロックした相手にギフトは贈れない

LINEギフトを贈りたい相手をブロックしている場合、贈り先選択の画面にブロックした相手は表示されません。原則として、ブロックした相手にギフトはプレゼントできないということです。

ブロックした相手が同じグループに参加している場合はギフトを贈れる

ブロックした相手が贈り先のグループに含まれていると、ブロックした相手にもギフトを贈れる

LINEギフトは個人だけでなくグループに贈ることもできます。その際、ギフトを贈ったグループにブロックした相手が含まれていると、その相手にもギフトを贈れてしまいます。

ブロックした相手からのギフトは受け取れるが、通知は来ない

ブロックしている相手からLINEギフトが贈られてきても、何も通知されません。そのため、ギフトがプレゼントされたことに気付きづらくなっていますが、ギフトの受け取りは可能です。

ギフトを受け取る手順

ブロックした相手からのギフトが届いていると、LINEギフトのページの「マイページ」→[もらったギフト]に反映されます。ここでギフトを受け取れます。

もっとも、「ギフトを贈ったのにもかかわらずLINEメッセージに既読がつかない」「お礼のメッセージが来ない」といった状況から、相手がブロックされていることを疑う可能性はあるでしょう。

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.16.0
LINE
Android
11.15.3
EDITED BY
KON