【LINE】ブロックした相手にも確実にバレてしまう6つの行動

【LINE】ブロックした相手にも確実にバレてしまう6つの行動

「LINEのプロフィールやアイコン、トプ画を変更したいけど、ブロックした相手にも知られてしまう?」──そんな心配をしたことはないでしょうか。LINEでは、友だちを簡単にブロックできます。相手をブロックした場合、原則として相手はこちら側の行動を認識できなくなります。

しかし、知られたくないとしても、例外的にブロック中の相手にバレてしまう行動がLINEには存在します。本記事では、ブロックした相手にも確実にバレてしまう6つの行動を紹介します。

1. プロフィールの変更(アイコン/ステメ/BGM)

自分のプロフィールを変更すると、変更した事実が友だちにも伝えられる場合があります。ブロックされた相手の視点でみると、友だちリスト上にある自分のプロフィールアイコンの横に「緑の点」が付きます。

【LINE】ブロックしてもバレる行動(プロフィール変更)

プロフィールを変更すると、ブロックしている相手のLINE上であなたのアイコンに緑の点が表示される

以下のプロフィールを更新した場合、ブロックの有無にかかわらず、友だちリストのアイコン横に緑の点が表示されます。そのため、ブロックした相手にも変更したことを知られてしまうわけです。

緑の点が表示される条件
  • LINEのアイコン画像を変更した
  • LINEのステータスメッセージを変更した
  • LINEのプロフィールBGMを変更した

プロフィール背景(いわゆるトプ画)なども変更すれば、その新しい画像はブロックした相手に見られてしまいます。プロフィール背景を変更しても緑の点は表示されず、変更のサインこそありませんが、変更後の画像をブロックした相手に見られないようにする方法はありません。

2. グループトーク/複数人トークのメッセージ

相手をブロックすると、その相手との1対1トークはできなくなります。相手側はブロック前と変わらずトークルームを表示でき、メッセージを送信することもできますが、あなたにはメッセージが届かないので既読になりません。相手は、あなたに無視されているのかブロックされているのかを区別できないわけです。

しかし、グループトーク/複数人トーク内でのメッセージの内容は、ブロックした相手にも見られてしまうことになります。

【LINE】ブロックしてもバレる行動(グループ/複数人トーク)

3人以上でトークするグループトークまたは複数人トークとなると、ブロックの有無に関係なく、トーク内のメッセージはメンバーであれば誰もが閲覧できます。

というのも、ブロックした側である自分が、ブロックとは無関係の第三者である友だちとは会話できるのにブロックされた側である相手とは会話できないとなると、複数人の間でトークが成立しなくなってしまうからです。

3. グループ通話(音声・ビデオ)

【LINE】ブロックしてもバレる行動(グループ通話)

Aさんをブロックしていても、同じグループトーク/複数人トークに参加していればグループ通話できてしまう

グループ通話においても、グループトーク/複数人トークのケースと同様、ブロックした相手と通話できるようになっています(音声通話・ビデオ通話いずれも)。

グループ通話内でブロックした/されたユーザー同士だけ通話ができない状況だと、グループ通話が成り立たず、ブロックの事実が明らかになってしまうためです。

4. 誕生日

【LINE】ブロックしてもバレる行動(誕生日) 【LINE】ブロックしてもバレる行動(誕生日)

左:誕生日設定画面右:ブロックした相手があなたの誕生日にあなたのプロフィールを見ると、風船が飛ぶ演出が表示される

プロフィールで誕生日を設定し、[誕生日を公開]を有効にしている場合、あなたの誕生日当日にブロックしている相手があなたのプロフィールを閲覧した際、風船が飛ぶ演出が表示されます。

つまり、その日があなたの誕生日であることがブロックしている相手にも知られてしまうということになります。

[誕生日を公開]を無効にしていればブロックしている相手に誕生日であることを知らずに済みますが、同時にブロックしていない友だちにも誕生日であることが知られなくなってしまいます。

【LINE】ブロックしてもバレる行動(誕生日)

「今日が誕生日の友だち」はブロックしている相手には表示されない

誕生日の前日から誕生日後1週間は、友だちのホームタブにある「今日が誕生日の友だち」にあなたの名前が表示されますが、ブロックしている相手にはこれは表示されません。

つまり、ブロックした相手があなたの誕生日を知ることができるのは、あなたが誕生日を公開設定していて、かつ誕生日当日にあなたのプロフィール画面を開いた場合のみです。

なお、誕生日には「バースデーカード」がタイムラインに投稿される機能もあり、この「バースデーカード」もブロックしている相手に見られてしまう可能性があります(詳細は後述)。

5. タイムラインの全体公開投稿

LINEのタイムラインに全体公開設定で掲載した投稿は、あなたのプロフィール(ホーム)画面上で誰でも閲覧できます。これは、ブロックした相手も例外ではありません。相手があなたのプロフィール(ホーム)画面を訪れると、全体公開の投稿は表示されてしまいます。

【LINE】ブロックしてもバレる行動(タイムライン全体公開)

相手をブロックしていても、あなたのプロフィールから全体公開のタイムライン投稿を閲覧できる

もちろん、「すべての友だち」や「選択した友だちのみ」が閲覧できるよう公開範囲を設定すれば、ブロックした相手にタイムラインの投稿を見られてしまうことはありません。また、公開範囲を「全体公開」にしてタイムラインを投稿しても、ブロックした相手の「タイムライン上には」あなたの投稿は表示されません。

6. タイムラインのリレー投稿(誕生日投稿を含む)

友だちと一緒にタイムラインに写真や動画を投稿できる「リレー」。リレーに参加すると、ブロックした相手のタイムラインにもあなたのリレー投稿が表示されてしまうケースがあります。

【LINE】ブロックしてもバレる行動(リレー) 【LINE】ブロックしてもバレる行動(リレー)

Aさんをブロックしていても、Aさんと同じリレーに参加していればAさんはあなたのリレー投稿を閲覧できる

リレーは、友だちと共通の話題でアルバムをまとめられるような機能です。その性質上、ブロックした相手とあなたに共通の友だちが作成したリレーに、あなたとブロックした相手がともに参加することも考えられます。

こうした場合、ブロックした相手にあなたがリレー内に投稿した内容を見られてしまいます。

友だちの「バースデーカード」投稿へのコメント・いいねも見られる

友だちの誕生日になるとタイムラインに表示される「バースデーカード」は、リレー投稿の一種です。誕生日である本人と友だちであれば、誕生日カードやいいね、コメントがすべて見られます。そのため、知り合いではない人のコメントや誕生日カードも表示される場合があります。

【LINE】ブロックしてもバレる行動(バースデーカード) 【LINE】ブロックしてもバレる行動(バースデーカード) 【LINE】ブロックしてもバレる行動(バースデーカード)

左:「バースデーカード」の投稿中:誕生日のメッセージがブロックしている相手に見られてしまうことも右:[非公開に設定する]をタップすれば、誕生日の本人しかメッセージを見られない

つまり、誕生日の友だちとの共通の友だちに「ブロックした相手」がいて、あなたがバースデーカードの投稿やいいね・コメントをすれば、相手のタイムラインでもそれらが表示されるのです。

LINE「バースデーカード」の使い方 風船や非公開の誕生日カードも解説

検証したLINEのバージョン:iOS版10.14.0、Android版10.14.2

EDITED BY BOTAN, AO