LINEの「送信取り消し」と「削除」の違い、間違えた場合の対処法も

LINEの「送信取り消し」と「削除」の違い、間違えた場合の対処法も

LINE(ライン)で送信済みのメッセージを消す方法は、「送信取消」と「削除」の2つの手段があります。どちらも対象のメッセージを長押しするとメニューに表示される項目であり、言葉の意味も似ているため、どちらを選択すべきか迷った人も多いはず。

そこで本記事では、LINEにおける「送信取消」と「削除」両機能の違いをわかりやすく解説します。加えて、削除と送信取り消しを誤って実行してしまった場合の対処法も紹介しています。

はじめに確認
「送信取り消し」と「削除」の違い
  • 送信取り消し:自分と送信相手の双方のトークルームからメッセージを消せる
  • 削除:自分のトークルームに限ってメッセージが削除される。送信相手のトークルームには影響を及ぼさない

LINEにおける削除と送信取り消しの違い

LINE 送信取り消し 削除

LINEの「削除」と「送信取消」は両方とも送信済みのメッセージを消せる機能です。しかし、それぞれ影響範囲が異なります。

両者の大きな違いは、相手のトークルームから消せるか否か。ひとまず、送るつもりのないメッセージを誤って送ってしまった場合は「送信取消」を選択するということだけ押さえておけば問題ありません。

細かい仕様の違いなどは、必要に応じて以下の解説を確認してみてください。

相手のトーク画面から消せるのが「送信取消」

LINE 送信取り消し 削除 LINE 送信取り消し 削除 LINE 送信取り消し 削除

左:メッセージを長押し中:送信取消を選択右:確認メッセージで送信取消をタップ

送信済みのトークメッセージを相手側のトーク画面からも消せるのが「送信取り消し」機能です。

24時間以内、かつ未読のうちに送信取り消しを実行すれば、多くのケースでその内容は相手に見られずに済むでしょう。

送信取り消し機能の特徴
  • メッセージ自体は消えるが送信取消の履歴が残る
  • 24時間が経過すると実行できない
  • PC版LINE、iPad版LINEを含むすべての端末からメッセージが消える

【LINE】送信メッセージ「取り消し」方法──通知で相手にバレないかなども解説

特徴1:メッセージ自体は消えるが送信取消の履歴が残る

LINE 送信取り消し 削除

送信取消をおこなうと、自分と相手双方のトーク画面に「メッセージの送信を取り消しました」という履歴が必ず表示されます。

この履歴は自分のトーク画面上では削除できますが、相手のトーク画面からは消すことができません。そのため、メッセージ内容がバレていなくても、送信取消をした事実は必ず相手に知られてしまいます。

特徴2:24時間が経過すると実行できない

LINE 送信取り消し 削除

LINEで送信取り消しができるのは、送信してから24時間以内のメッセージに限られます。

送信後24時間が経過すると、メッセージを長押ししても送信取消ボタンがメニューに表示されません。

特徴3:PC版LINE、iPad版LINEを含むすべての端末からメッセージが消える

LINE 送信取り消し 削除

送信取消をおこなうと、自分と相手のトーク画面からだけでなく、PC版やiPad版など同じアカウントでログインしているすべての端末のLINE上からメッセージが消えます。別の端末だからといって、送信取消したメッセージを見られる心配はありません。

ただし、相手がAndroidスマホのユーザーで、かつ既読を付けずにLINEを読むアプリなどを利用していた場合、取り消したメッセージ内容が確認できる可能性があります。詳しくは以下の記事で解説しています。

相手のLINEから消せないのが「削除」

LINE 送信取り消し 削除 LINE 送信取り消し 削除 LINE 送信取り消し 削除

左:メッセージを長押し中:削除を選択右:削除したいメッセージにチェックを付けて「削除」をタップ

一方、自分のトークルームからメッセージや写真が消えるだけで、相手のトーク画面に残りつづけるのがメッセージの「削除」機能。

対外的には意味を成しませんが、個人的にトークルームを整理してスッキリさせたいときや、目視されたらまずい内容を隠したいときなどに有効でしょう。

「削除」機能の特徴
  • 相手の送信メッセージでも構わず消せる
  • 相手には通知されず、トークルームで削除の旨が表示されることもない
  • 自分の操作した端末でのみメッセージが消える

特徴1:相手の送信メッセージでも構わず消せる

LINE 送信取り消し 削除

「削除」機能では、自らの送信メッセージだけでなく、相手やグループトークのメンバーが送ってきたメッセージも削除できます。

削除するメッセージの複数選択も可能なので、無駄にスタンプなどが溜まったトークルームを一気にきれいに整理できるでしょう。

特徴2:相手には通知されず、トークルームで削除の旨が表示されることもない

削除機能は自身のトークルームからメッセージを削除するだけの機能なので、どれだけ消しても相手には何も影響ありません。

通知やメッセージも届かないので、相手に知られる可能性は低いでしょう。ただ、当然ですが自分のトーク画面を相手に目視された場合には、削除したことに気づかれてしまうので注意してください。

特徴3:自分の操作した端末でのみメッセージが消える

「送信取消」機能と対象的に、削除を実行したメッセージは操作している端末からのみ削除されます。つまり、同じアカウントでログインしているPC版やiPad版LINEにはメッセージが残ったままというわけです。

もし誤って削除してしまった場合などには、PC版、iPad版LINEなど他の端末からアクセスして確認するといいでしょう。

「送信取り消し」と「削除」を間違えて実行した場合の対処法

ここで気をつけたいのが、相手にバレたらまずいメッセージを「取り消したい」のに誤って「削除」してしまったケース。操作手順や言葉の意味合いが似ているため、起こりがちなミスです。

メッセージを消してしまうと、[送信取り消し]ボタン自体が表示できなくなるので動揺する人も多いはず。

LINE 送信取り消し 削除

間違えて削除してしまったメッセージは、PC版LINEやiPad版から改めて送信取り消しがおこなえます。メッセージの「削除」は操作をした端末にしか影響しないため、PC版LINEやiPad版LINEにはメッセージが残ったままなのです。

もしPCやiPad、AndroidタブレットなどLINEを扱える端末を持ち合わせていない場合は、残念ながら対処するのは難しいでしょう。

LINE 送信取り消し 削除

メッセージを取り消すには、PC版もしくはiPad版LINEを起動してスマホと同じアカウントでログインします。

トーク画面で送信取消を実行したいメッセージを右クリックしてください(Mac版では「control」キー+クリック、トラックパッドは2本指で触れながらクリック、iPad版LINEでは長押し)。

表示されるメニューの中から送信取消を選択して、確認メッセージを読んだ後に「確認」をクリックすると送信を取り消すことができます。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.12.1、Android版10.12.1

EDITED BY MOEGI