LINE通話の「応答なし」「キャンセル」「不在着信」表示の意味と違い、「ブロック」との関係とは?

LINE通話の「応答なし」「キャンセル」「不在着信」表示の意味と違い、「ブロック」との関係とは?

LINE(ライン)でつながっている友だちとは簡単に無料通話(電話)ができます。ただ、いつも応答がないという相手はいませんか。もしかしたら相手に「ブロック」されているのでは? と心配になってしまいますが、実は通話できないときに残るトークの表示には、

の3パターンがあります。

本記事では、これらLINE通話(電話)における表示の意味や違い、ブロックされているとどうなるかといった仕様について詳しく解説します。

「応答なし」「キャンセル」「不在着信」の意味と違い

LINEで無料通話をかけてつながらなかった時のトーク上の表示は、「応答なし」「キャンセル」「不在着信」のいずれかになります。それぞれ、どのようなケースで表示されるのか意味や違いを解説します。

LINE「無料通話」の使い方まとめ──発信・応答から通知の仕様、ミュートまで

「応答なし」と表示されるケース

自分のトーク上で「応答なし」が表示されるケースは3つあります。

1. 自分がかけた通話を相手が強制的に切った(拒否)

相手が着信に気づいたものの、何らかの事情で「拒否」をタップしたというような状況です。この時、相手側(拒否したユーザー)のトーク画面には「キャンセル」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。

LINE 通話 ブロック 応答なし LINE 通話 ブロック 応答なし

左:自分側右:相手側

2. 一定時間が経っても相手が電話に出なかった

相手が着信に気づかなかった、もしくは何らかの事情で通話に出られなかったというような状況です。この時、相手側のトーク画面には「不在着信」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。

LINE 通話 ブロック 応答なし LINE 通話 ブロック 不在着信

左:自分側右:相手側

なお、自分が発信した際に相手が通話中だった場合、「○○は通話中のため応答することができません」という画面が表示されたのち、相手側のトーク画面に「応答なし」、自分側のトーク画面に「不在着信」と表示されます。

LINE 応答なし・不在着信・キャンセルの違い

相手が通話中だった場合

3. 相手がブロックしている(自分がブロックされている)

相手が自分をブロックしている状態で通話を発信し続けると、一定時間経過後に発信が終了し、自分のトーク上には「応答なし」と表示されます。この場合、相手側では通話着信は鳴らず、通知も残りません。

ただし、「応答なし」が表示されたからといって、必ずしも相手にブロックされているとは限りません。LINE通話とブロックの関係については、本記事で後述しています。

LINE 通話 ブロック 応答なし LINE 通話 ブロック 応答なし

左:自分側右:相手側

「キャンセル」と表示されるケース

LINE通話で自分のトーク画面に「キャンセル」が表示されるのは、自分から電話を切ったとき。しばらく鳴らしても相手が通話に出ないのでこちらから切った、というような状況です。相手側のトーク画面には「不在着信」と表示されます。

LINE 通話 ブロック キャンセル LINE 通話 ブロック 不在着信

左:自分側右:相手側

「不在着信」と表示されるケース

自分のトーク上で「不在着信」が表示されるケースは2つあります。

1. 相手が通話をかけてきたが、出る前に相手から発信を切った

相手から着信があったものの、何らかの事情でこちら(自分)が出る前に切れたというような状況です。この時、相手側のトーク画面には「キャンセル」、自分側には「不在着信」と表示されます。

LINE 通話 ブロック 不在着信 LINE 通話 ブロック キャンセル

左:自分側右:相手側

2. 相手が通話をかけてきたが、一定時間こちら(自分)が出なかった

相手が通話をかけてしばらく応答を待っていたが、こちら(自分)が出なかったというような状況です。この時、相手側のトーク画面には「応答なし」、自分側には「不在着信」と表示されます。

LINE 通話 ブロック 不在着信 LINE 通話 ブロック 応答なし

左:自分側右:相手側

LINE通話の「応答なし」表示とブロックとの関係

LINEで「応答なし」が続いた場合に、自分が通話相手にブロックされているのではないかと不安になる人も多いようです。結論から言うと、「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。

現在のLINEでは、無料通話を介してブロックされているかどうかを確認する手段はありません(iOS/Android版問わず)。

LINE無料通話 ブロックとの関係 LINE無料通話 ブロックとの関係

ブロックされていてもされていなくても、同じ画面が表示される(右:iOS版LINE/左:Android版LINE)

相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、「一定時間が経っても相手が電話に出なかった」ときのケースと同様、上のような画面が表示されます。

仮に自分が相手にブロックされていても、ブロックされていない状態と同じ画面が表示されるため、ブロックされているかどうかを判別することはできないわけです。

なお、相手にブロックされているかどうかを確認する手段はいくつかあります。詳細は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.2.0、Android版10.2.1

EDITED BY AO