【10秒診断】LINEの引き継ぎ方法が確実にわかる機種変更ガイド 2019年版【iPhone/Androidスマホ対応】

【10秒診断】LINEの引き継ぎ方法が確実にわかる機種変更ガイド 2019年版【iPhone/Androidスマホ対応】

LINE引き継ぎ検証回数が100回を超えているのは確実のアプリオ編集部が、スマホ機種変更時におけるLINE引き継ぎ方法(2019年最新バージョン)を順に分かりやすく解説します。

まずは編集部作成の「LINE引き継ぎ診断」で引き継ぎの可否や引き継ぎ方法を確認してみましょう。

LINE引き継ぎ診断

あなたはLINEを引き継げる?

10秒で診断します

本記事はiPhone版LINEをベースに解説していますが、Android版LINEでもほとんど同じ操作手順となっています。手順が違う場合は、Android版LINEでのやり方も説明しています。

LINEの引き継ぎ時、どんなデータ・設定を引き継げるか?

LINE 異なるOS間で引き継ぎできるデータ・引き継げないデータ

同じOS間で機種変更するケースと異なるOS間で機種変更するケースとで、引き継げるデータが異なります。

同一OS間であればデータをほとんど引き継げますが、違うOSに機種変更するとトーク履歴のような重要データを引き継げません。

同じOS間で機種変更する場合:全データを引き継ぎ可能

iPhoneからiPhone、AndroidからAndroidといったように同じOS間で機種変更をするときは、通知音など端末ごとの設定が必要な情報・データ以外はすべて引き継げます。

引き継げるデータ
  • 友だちリスト
  • グループ
  • 自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの内容
  • Keepに保存中のデータ
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど)
  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Pay残高・LINEポイント残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット
  • トーク履歴(別途バックアップが必要
引き継げないデータ
  • 通知音の設定
  • トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)

トーク履歴のバックアップは任意ですが、特段難しい作業ではないので、きちんとバックアップしておくことをおすすめします。機種変更時にトーク履歴を削除したいのであれば、この作業は不要です。

異なるOS間で機種変更する場合:トーク履歴・LINEコインなどの重要データを引き継げない

iPhoneからAndroidスマホ、もしくはAndroidスマホからiPhoneと、機種変更によってOSが変わる場合は要注意。トーク履歴やコイン残高をはじめ、新スマホで引き継げないデータがあります。iOSやAndroid OSの制約である以上、仕方ありません。

引き継ぎ作業自体は、同じOS間の機種変更時と同じ要領で進められます。

引き継げるデータ
  • 友だちリスト
  • グループ
  • 自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの内容
  • Keepに保存中のデータ
  • LINE Pay残高・LINEポイント残高
引き継げないデータ
  • トーク履歴
  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど)
  • 通知音の設定
  • トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)

大切な思い出(トーク履歴)やお金まわりのデータ(LINEコインなど)を引き継げないため、機種変更前に何らかの対策が必要です。

この点、トーク履歴は残しておきたいトークをテキストデータとして保存しておく対策をとれます。他方、コイン残高やLINE Outのチャージ済みコールクレジットなどは機種変更前にすべて使い切ってしまうほかありません。

引き継ぎ作業前に準備・確認するべき5つのこと

LINEの引き継ぎでは、機種変更前に旧スマホ側でおこなう事前の準備や確認がかなり重要です。1つひとつ確実に実行していきましょう。

注意
今まで使っていたスマホはデータ移行完了まで手元に残しておくこと

機種変更する際、データ移行を終わらせる前に旧スマホを下取りに出したり、初期化したりするのはおすすめできません。引き継ぎ認証番号の受け取りや、パスワードの登録漏れなど、LINEのデータ移行時に何かしらの問題が発生するケースが想定されるためです。

したがって、完全にデータ移行作業が完了するまで、旧スマホは下取りに出したり初期化したりせず、そのままの状態で手元に残しておきましょう。携帯会社には後日、郵送で下取りに出せます。

以下、機種変更前に旧スマホ側で必要なLINEの引き継ぎ準備・確認を解説します。

1LINEアプリをアップデートする

機種変更前には旧スマホ側のLINEを最新バージョンにアップデートしておきましょう。

LINEアプリのバージョンが旧スマホと新スマホとで異なると、アカウントやトーク履歴の引き継ぎが失敗するおそれがあります。

LINEアプリをアップデートする方法【iPhone/Android】

App Storeの手順(iPhone)

LINE 引き継ぎ アップデート iPhone LINE 引き継ぎ アップデート iPhone

まずApp Storeアプリを開きます。アップデートできるアプリがあると、画面下の[アップデート]タブにバッジが表示される仕組みです。

[アップデート]タブに切り替えるとアプリの一覧が表示されるので、LINEが該当する場合は横に表示された[アップデート]、もしくは[すべてをアップデート]をタップしましょう。

Google Playの手順(Android)

LINE 引き継ぎ アップデート Android LINE 引き継ぎ アップデート Android LINE 引き継ぎ アップデート Android

Google Playストアを開き、メニューボタン→[マイアプリ&ゲーム]をタップ。するとアップデートできるアプリの一覧が表示されるので、LINEの横にある[更新]ボタンを押します。

2トーク内の画像はできるだけアルバムやKeepに保存する

トークルーム内の消えてほしくない写真や動画は、機種変更の前にアルバムやKeepに保存しておくと安心。トークルーム内で共有されているだけだと、新スマホで復元できないおそれがあります。

特に異なるOS間で引き継ぎをするのであれば、トーク履歴がすべて消えてしまうので、写真・動画の保存作業を忘れないようにしましょう。

LINE 引き継ぎ Keep・アルバムに保存

トークルーム内で送信された画像を長押しして、表示されるメニューのなかから[アルバム]もしくは[Keep]を選択。画面の案内に沿ってどちらかに保存します。

3LINEに登録している電話番号・パスワード・メールアドレスを確認する

新バージョンの引き継ぎ方法でなによりも重要になったのが「パスワード」の登録です。パスワード登録の有無次第でLINEのアカウントの引き継ぎの可否が決まるといっても過言ではありません。

電話番号はほとんどの人が登録しているはずなので、問題になりづらいでしょう。しかし、以前のLINEではパスワード登録が必須ではなかったため、パスワードを登録していないままのユーザーも多いといいます。LINEが2018年に実施した調査によれば、パスワードを設定していると回答したユーザーが58%に留まっています。

繰り返しになりますが、パスワード設定をしているかどうか、引き継ぎ前に必ずチェックしてください。

LINE 引き継ぎ パスワードの確認 LINE 引き継ぎ パスワードの確認

パスワード登録はかんたんです。まず、「ホーム」タブで設定ボタン[]→[アカウント]とタップします。

右上の画像のように「電話番号」「メールアドレス」の項目に使用中のものが記載され、「パスワード」の項目が「登録完了」となっていれば、正常に登録されています。パスワードが未登録であれば、[パスワード]の欄をタップして登録画面に進んでください。

すでに登録済の人も、パスワードの記憶があいまいであれば、再登録して正確なパスワードを把握しておくと安心です。

LINE 引き継ぎ パスワードの確認 LINE 引き継ぎ パスワードの確認

パスコードや指紋認証で本人確認を済ませたら、新しいパスワード(6〜20文字)を2回入力し、[OK]ボタンをタップすれば完了です。

LINEでパスワードを忘れたらどうする? 確認できないが変更(再設定)はできる

メールアドレスも忘れずに登録しておこう

もしメールアドレスが未登録なら、この機会に登録しておきましょう。引き継ぎに絶対に必要というわけではありませんが、引き継ぎ時にパスワードを忘れてしまっても再設定ができるなど、登録しておくと万が一のときに役立ちます。

そもそもメールアドレスはLINEのアカウントとして重要な役割を担っており、LINEストアやPC版LINEなどにログインするときに利用します。メールアドレスの登録は、下記の記事に詳しい手順が書いてあります。

LINEでメールアドレスを新規登録・確認・変更・登録解除(削除)する方法

4LINEトーク履歴をバックアップする

トーク履歴のバックアップ・保存は、アカウントを引き継ぐ上で必須の作業ではありません。とはいえ、難しい作業でもないので、機種変更時にトーク履歴を削除してしまいたい場合を除き、きちんとバックアップしておくことをおすすめします。

OSごとに手順が変わるので、自分が今使っているOSと機種変更後のOSに合わせて以下、手順を確認してください。

iPhoneからiPhoneへ引き継ぐ場合のトーク履歴バックアップ手順

iPhone版LINEのトーク履歴はiCloudに保存されます。

まず前提として、iOSのバージョンが最新であるかを確認します。最新バーションでなければ、必ずアップデートをしておきましょう。

iPhoneでiOSをアップデート(バージョンアップ)する方法

LINE 引き継ぎ トーク履歴 バックアップ iPhone LINE 引き継ぎ トーク履歴 バックアップ iPhone

最新バージョンにアップデートしたら、iCloud Driveがオンになっているかを確認します。「設定」アプリで最上部にあるユーザー名の部分をタップ。[iCloud]をタップして開いた画面を下にスクロールし、[iCloud Drive]がオンになっていればOK、オフであればタップしてオンに切り替えます。

なお、iCloud自体が未設定の場合は、iCloudの設定手順を参考にして設定してください。

LINE 引き継ぎ トーク履歴 バックアップ iPhone LINE 引き継ぎ トーク履歴 バックアップ iPhone

「ホーム」タブの設定ボタン[]から[トーク]→[トークのバックアップ]へ進みます。

[今すぐバックアップ]をタップすると、即座にすべてのトーク履歴のバックアップが始まります。「前回のバックアップ」の項目に、当日の日付が表示されていればバックアップは完了です。

現在、iTunesによる暗号化バックアップまたはiCloudバックアップを用いたLINEアカウントとトーク履歴の引き継ぎは、公式では推奨されていません。おこなう場合は自己判断でお願いします。いずれにせよ、トーク履歴をiCloudにバックアップしておいて損はありません。

【iPhone】LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップして引き継ぎ・復元する方法【PC不要】

AndroidからAndroidへ引き継ぐ場合のトーク履歴バックアップ手順

Android版LINEのトーク履歴はGoogleドライブに保存されます。このとき、Google ドライブのアプリがインストールされている必要はありません。

Android OSのバージョンが古い場合は、できるだけ新しいバージョンにアップデートしておきましょう。

今さら聞けない、Androidスマホをアップデートする方法と注意点【ドコモ/au/ソフトバンク端末など】

LINE 引き継ぎ トーク履歴 バックアップ Android LINE 引き継ぎ トーク履歴 バックアップ Android

「ホーム」タブから設定ボタン[]をタップし、[トーク]→[トーク履歴のバックアップ・復元]を選択します。

トーク履歴のバックアップ先であるGoogleドライブ(Googleアカウント)を設定するため、[Googleアカウント]をタップします。

LINE 引き継ぎ トーク履歴 バックアップ Android

スマホに登録してあるGoogleアカウント(Gmailアドレス)が表示されるので、新スマホでも引き続き利用するGoogleアカウントを選択し、[OK]をタップします。新規にアカウントを追加したければ、[アカウントを追加]へ進んでください(説明は省略)。

LINE 引き継ぎ トーク履歴 Android

Googleアカウントが設定されたら、[Googleドライブにバックアップする]をタップします。

即座にバックアップが始まり、「前回のバックアップ」の項目に日付と容量が表示されます。これで、すべてのトーク履歴データが一括でGoogleドライブにバックアップされました。

【Android】LINEでトーク履歴をGoogleドライブ/Keepにバックアップして引き継ぎ・復元する方法【PC不要】

異なるOS(iPhone、Android)間で引き継ぐ場合の対応方法

残念ながら、異なるOS間での機種変更の場合、バックアップしたトーク履歴を新端末のLINEで復元できません。苦肉の策として、テキストデータとしてトークを保存しておくことが考えられます。

LINE 引き継ぎ トーク履歴 保存 LINE 引き継ぎ トーク履歴 保存

任意のトークルームで[∨]をタップし、メニューで[設定]を選択。トーク設定画面で[トーク履歴を送信]をタップします。

LINE 引き継ぎ トーク履歴 保存 LINE 引き継ぎ トーク履歴 異なるOS

メモ帳やメール、ファイルアプリまたはDropboxのようなオンラインストレージなどの中から、任意の送信先(保存先)を選択します。

ただし、あくまでテキストベースでの保存となるので、スタンプや画像は見られなくなります。また、トーク履歴の一括保存はできないので、トークルームごとにトークの送信作業を繰り返す必要があります。

5アカウント引き継ぎ設定をオンにする

機種変更の当日に[アカウントを引き継ぐ]設定を有効化させます。

とくに機種変更で電話番号が変更される場合は、アカウント引き継ぎ設定をオンにしておかないと引き継ぎの手間が増えるだけでなく、引き継ぎができなくなる可能性があります。忘れずにオンにしておきましょう。

LINE 引き継ぎ アカウントを引き継ぐ LINE 引き継ぎ アカウントを引き継ぐ

まず「ホーム」タブの設定ボタン[]→[アカウント引き継ぎ]とタップし、[アカウントを引き継ぐ]のスイッチをタップ。確認を求められるので[OK]を選択して、アカウント引き継ぎ設定をオンに切り替えます。

LINE 引き継ぎ アカウントを引き継ぐ

設定をオンにすると、向こう36時間は引き継ぎ設定が有効になった状態になります。間違ってオンにしてしまったら、オフに切り替えれば問題ありません。

注意
引き継ぎ前ではないのに、アカウント引き継ぎ設定をオンするのはNG

アカウント引き継ぎ作業をするわけではないのに、アカウント引き継ぎ設定をオンにする行為は、アカウント乗っ取りの危険性を高めるだけです。絶対にやめましょう。

LINEアカウントのパスワードが外部に漏洩していたり、そもそもパスワードが未登録だったりするなど、いくつか特定の条件が不運にも重なってしまうと、悪意のある第三者にあなたのLINEアカウントを乗っ取られるおそれがあります。

引き継ぎ方法(A):機種変更後も同じ電話番号を使う人向け

電話番号を変更しない場合、旧スマホ側での事前準備をしっかりおこなっていれば、新スマホ側での作業はスムーズに進みます。以下、順番どおりに説明していきます。

注意
iPhoneユーザーがトーク履歴を復元したい場合、iCloud Driveをオンにしておくと安心

バックアップしたトーク履歴を復元するため、iPhoneユーザーは引き継ぎの開始前に新しいiPhoneの「設定」アプリ→画面上部のユーザ名→[iCloud]でiCloud Driveをオンにしておきましょう。

iPhone版LINEのトーク履歴は、引き継ぎ作業の流れの中でのみ復元できる仕組みになっています。iCloud Driveが無効のままで引き継ぎ作業中にトーク履歴を復元しようとすると「iCloudに接続できません。iCloud Driveがオンになっているか確認してください。」と案内が表示され、先に進めなくなります。その時点でiCloud Driveを有効化しても構いませんが、あらかじめ有効にしておくことをおすすめします。

1LINEアプリをインストールして起動する

新しいスマホにLINEアプリをインストールして、起動します。

2電話番号を入力し、SMSに届いた番号を入力する

LINE 引き継ぎ 電話番号 LINE 引き継ぎ 電話番号

インストールが完了したら、「LINEへようこそ」の画面が表示されるので、[はじめる]をタップします。次の画面で端末の電話番号を入力すると、SMSに認証番号が書かれたメッセージが届くので、この認証番号を入力してください。

3パスワードを入力する

LINE 引き継ぎ パスワードの入力 LINE 引き継ぎ パスワードの入力

「おかえりなさい〇〇!」と、入力した電話番号に紐付いたアカウント名が表示されます。自分の情報で間違いなければ、[はい、私のアカウントです]を選んで進みます。

次の画面でパスワードの入力が求められるので、登録してあるパスワードを入力し[→]ボタンをタップ。これで新しい端末で自分のLINEアカウントにログインができます。

パスワードを忘れてしまった場合は、後述のパスワードを忘れてしまったケースを確認してください。

4友だち追加設定のオン・オフを設定する

LINE 引き継ぎ 友だち追加設定

続いて、友だち追加設定のオン・オフを設定します。本設定の意味や仕組みがよく分からない人は、どちらもオフにしておくのが無難です。

「友だち追加設定」や「友だちへの追加を許可」の項目をオンにすると、アドレス帳に登録してある電話番号とLINEが紐付きます。結果として、会社の上司や元カレ元カノなどできれば繋がりたくない人が友だち追加されてしまう可能性があります。

LINEの電話帳同期(友だち自動追加)のリスク、「#」登録で同期しない方法【iPhone/Android】

5年齢確認をする

LINE 引き継ぎ 年齢確認

年齢確認は、LINE IDや電話番号による友だち検索・追加をおこなう際に必要なものです。普段からLINE IDを活用している人は、[年齢確認をする]をタップし、指示に従って年齢確認をおこなってください。引き継ぎ完了後にも設定できるので、先を急ぎたければ後回しにしても大丈夫です。

なお、年齢確認ができるのは、NTTドコモ・au・Softbankとワイモバイル、LINEモバイルのみです。基本的に格安SIMユーザーは年齢確認をできないようになっています。

LINE IDとは? 設定登録や確認・変更・削除の方法などを全解説

6トーク履歴を復元する

LINE 引き継ぎ トーク履歴の復元 LINE 引き継ぎ トーク履歴の復元

左:iPhoneの復元画面右:Androidの復元画面

ようやくここでトーク履歴を復元できるようになります。トーク履歴の復元はかんたんで、iPhoneなら[トーク履歴を復元]をタップするだけでOK。Androidスマホは、[トーク履歴を復元]をタップ後にバックアップ先のGoogleアカウントを選択してください。

最後に「サービス向上のための情報利用に関するお願い」という画面が表示されるので、内容をよく読んで問題なければ[同意する]、不安を感じるのであれば[同意しない]をタップしてください。これでLINEアカウントの引き継ぎは完了です。

7スタンプ・絵文字・着せ替えを再ダウンロードする

今まで使っていたスタンプや絵文字、着せかえはここまでの手順では復元できません。今までと変わらないメッセージ入力環境を再現するためには、あらためてダウンロードする必要があります。

LINE 引き継ぎ スタンプの復元 LINE 引き継ぎ スタンプの復元

「ホーム」タブの設定ボタン[]→[スタンプ]と進み、[マイスタンプ]をタップすると個別または一括でスタンプを再ダウンロードできます。[絵文字]タブでは、同じ手順で絵文字を再ダウンロードできます。

着せかえもスタンプと同様の手順(「ホーム」タブの設定ボタン[]→[着せかえ]→[マイ着せかえ])で再ダウンロードできます。

8通知音・着信音などを再設定する

旧スマホでの通知設定は、新スマホに引き継がれません。「ホーム」タブの設定ボタン[]→[通知]と進み、通知のさまざまな設定を変更しましょう。

トークごとに通知設定をしたい場合は、トークルーム右上の[∨]ボタンから、[通知オフ]をタップします。

引き継ぎ方法(B):機種変更で電話番号が変わる人向け

機種変更で新しい電話番号を取得する場合でも、旧スマホでしっかりと事前準備をしておけば、問題なくLINEアカウントを引き継げます。

ただ、[アカウントを引き継ぐ]のスイッチをオンにしていなかったり、パスワードが未登録だったりすると、引き継ぎがスムーズに進みません。電話番号を変更するケースでは、特に旧スマホでの準備が重要になってくることを覚えておきましょう。

また、紛失や故障等で引き継ぐ前のスマホが一切使えない状態で電話番号を変更してしまうと、本人確認に必要なSMSやLINEのトークが受け取れないためLINEのアカウントを引き継ぐのが難しくなります(詳細は後述)。

1新しい電話番号を入力し、SMSに届いた番号を入力する

LINEアプリをインストール・起動し、[はじめる]をタップします。

LINE 引き継ぎ 電話番号変更のケース

(古い電話番号ではなく)新しく使う電話番号を入力して[→]をタップすると、新しい電話番号宛にSMSで6ケタの認証番号が届きます。指示に従って認証番号を入力してましょう。

2「アカウントを引き継ぐ」を選択する

LINE 引き継ぎ 電話番号変更のケース

続いて「アカウントを引き継ぎますか?」と問われるので、[アカウントを引き継ぐ]をタップします。

なお、稀に新しい電話番号が誰かのLINEアカウントに紐付いていることがあり、「おかえりなさい!〇〇」と見知らぬアカウントが表示される可能性があります。この場合は必ず、「あなたのアカウントですか?」という問いに[いいえ、ちがいます]で答えて先に進んでください。

3ログイン方法を選び、パスワードを入力する

LINE 引き継ぎ 電話番号変更のケース

アカウントに登録済みの電話番号またはメールアドレスでログインできます。

電話番号でログインするなら[以前の電話番号でログイン]を、メールアドレスでログインするなら[メールアドレスでログイン]を選択します。

LINE 引き継ぎ 電話番号・メールアドレスの入力 LINE 引き継ぎ 電話番号変更のケース

画面遷移先で電話番号またはメールアドレスを入力し、パスワードを入力します。

パスワードを忘れてしまった場合は、後述のパスワードを忘れてしまったケースの対処法を確認してください。

4引き継ぎ認証をおこなう(スキップされる場合もある)

LINE 引き継ぎ 電話番号変更のケース

電話番号を変更したとき、またはFacebookログインを利用したときは、引き継ぎ認証を求められることがあります。もし表示されたら、基本的には[続行]をタップすればOKです。[続行]をタップしても先に進めない場合、それぞれのケースに合わせて対応します。

チェック
「アカウントの引き継ぎを続けるためには?」の画面で先に進むには
  • まだ旧スマホでLINEが利用できる場合
    • 旧スマホのLINEを起動し、設定ボタン[]から[アカウント引き継ぎ設定]で[アカウント引き継ぎ]のスイッチをオンにします。新スマホ側のLINEで[続行]をタップしましょう。
  • LINEに登録していた電話番号でSMSの受信ができる場合
    • [引き継ぎ認証番号を受け取る]をタップ。LINEに登録していた電話番号にSMSが届くので記載されている6ケタの認証番号を新スマホに入力してください。
  • PC版、iPad版LINEを利用している場合
    • [引き継ぎ認証番号を受け取る]をタップ。PC版、iPad版LINEのトークで認証番号が送信されるので、確認した認証番号を新スマホに入力してください。

5自分のアカウントでログインし、友だち追加設定や年齢確認などを済ませる

LINE 引き継ぎ 電話番号変更のケース

問題なく認証が済めば、自分のアカウント名で「〇〇としてログイン」と表示されているはず。ここで[ログイン]をタップしてください。あとは友だち追加設定と年齢確認、トーク履歴の復元を進めて、アカウントの引き継ぎは完了です。

スタンプ・絵文字・着せ替えの再ダウンロードや通知音・着信音などの再設定をおこなえば、以前と同じ環境でLINEが使えるようになります。ちなみに、LINEには新しい電話番号が登録されます。

よくあるLINE引き継ぎトラブルの対処法

通常の手順とは別に、特別な作業が必要なケースを以下にまとめました。

パスワードを忘れてしまった

登録したパスワードを忘れてしまっても、メールアドレスを設定していれば問題なくアカウントを引き継げます。

LINE 引き継ぎ パスワード忘れた場合 LINE 引き継ぎ パスワード忘れた場合

パスワードの入力画面で、[パスワードを忘れた場合]をタップ。メールアドレスを入力し、[確認]ボタンを押します。

LINE 引き継ぎ パスワード忘れた場合 LINE 引き継ぎ パスワード忘れた場合

パスワード再設定メールが送付されます。メールを受信してから1時間以内に、送られたURLからパスワードを再設定してください。

メールアドレスが未登録の場合は、パスワードを再設定できずアカウントを引き継げないことになります。万が一の場合に備えてメールアドレスも登録しておくと安心です

パスワードを登録していなかった

アカウント引き継ぎ設定がオンの場合は問題ない

LINE 引き継ぎ パスワード未登録

パスワードが未登録の状態でアカウント引き継ぎをすると、途中でパスワードの登録を求められます。このとき、前述の「アカウント引き継ぎ設定」がオンになっていれば、問題なくパスワードを登録でき、引き継ぎをおこなえます。

アカウント引き継ぎ設定がオフの場合、引き継ぎが難しくなることも

LINE 引き継ぎ パスワード未登録

旧スマホでの「アカウント引き継ぎ設定」をオフの場合、手元に旧スマホがあればアカウントを引き継げます。後述するように「パスワード設定番号」を旧スマホで受け取れるからです。

一方、故障や紛失のせいで旧スマホでの「アカウント引き継ぎ設定」をオンにできないまま機種変更した場合、パスワード未登録のユーザーの引き継ぎ難易度は非常に高くなります。結論からいうと、アカウントを引き継げるのはPC版、iPad版LINEにログインしたことのある人だけとなります。

というのも、「アカウント引き継ぎ設定」がオフ状態であれば、[パスワード設定番号を送信]をタップして本人確認を済ませる必要があります。「パスワード設定番号」はLINEのトークにのみ届く仕組みになっていますが、旧スマホが手元になければ当然スマホ版LINEからトークを見れません。そのため、PC版、iPad版LINEしかパスワード設定番号を確認する手段が残されていないのです。

さらに、PC版、iPad版LINEへの初回ログインには、スマホ版LINEと連携させる本人確認が必須です。過去にPC版かiPad版LINEのどちらにもログインしたことがなければ、自力でアカウントを引き継ぐのは厳しいでしょう。

もっと言えば、通常はPC版やiPad版LINEにログインする際、パスワード入力が必要です。パスワード入力が不要なのはQRコードログインの場合のみ。つまり、パスワード未登録ユーザーがPC版・iPad版LINEを利用できるのは、QRコードログインをおこなっている場合となります。

しかも、QRコードログインにはLINEが使えるスマホが必要であるため、新たにログインすることができません。たまたまログイン状態が保持されているPC・iPadがある……という非常にレアなケースでのみ、自力でアカウントを引き継げるに過ぎないのです。

FacebookアカウントでLINEに登録していた

普段からFacebookと連携したLINEアカウントを利用しているユーザーにも、機種変更時のLINEアカウントの引き継ぎ方法は用意されています。同じOS間であれば、トーク履歴の引き継ぎも可能です。

ただ、Facebook連携アカウントの場合は、引き継ぎ手順が本記事とは異なります。くわしくは下記記事を参照してください。

機種変更時にLINEをFacebookログイン(連携)で引き継ぐ方法【電話番号不要】

引き継ぎ後に電話番号がなしになる(SMSが使えない)

格安SIMへの機種変更で、データ専用プラン・データ専用SIM(LINEモバイルを除く)を契約する人は、引き継ぎの認証に必要なSMSや電話が利用できません。このケースでは、Facebookと連携することでデータの引き継ぎがおこなえます。

LINEでFacebookと連携/解除する方法、メリット・デメリットも紹介

使っていたスマホが紛失/故障した

LINE 引き継ぎ 故障

故障や紛失が原因で急遽スマホの機種変更をする場合もあるでしょう。故障・紛失の場合、以下の3項目すべてに当てはまる人は、残念ながら自力でのLINEアカウント引き継ぎはできません。

LINEアカウントを引き継げるかのチェック項目
  1. 引き継ぎ前のスマホが手元にない、または一切操作できない状態でパスワードの登録もしていない
  2. 旧スマホと新スマホで、電話番号が異なる
  3. 今まで一度もPC版・iPad版LINEにログインしたことがない

前述の通り、電話番号が変わったり、パスワード未登録の状態だったりすると、引き継ぎの途中で本人確認が求められます。ただ、旧スマホが手元になければ[アカウント引き継ぎ]のスイッチをオンにすることも、LINEのトークで認証番号を確認することもできません。

LINE 引き継ぎ 電話番号変更のケース

PC版LINEに届く認証番号

唯一、認証番号が確認できるPC版、iPad版LINEも、初回のログイン時には「本人認証」をしなければならない仕組みになっており、引き継ぎ前のスマホ版LINEが必須となります。過去にPC版、iPad版LINEにログインしたことがなければ、認証番号を確認できないのです。

こうなると、自力でのLINEのアカウント引き継ぎはかなり難しいといわざるを得ませんが、LINEに問い合わせればサポートしてもらえる可能性もあります。問い合わせフォームより連絡してみましょう。

LINE公式:機種変更時の引き継ぎに役立つリンク集&アカウント

LINEのサービス開始から最近まで、LINE社はアカウント引き継ぎに関して充実した解説を提供してきませんでした。しかし、それも過去のこと。今ではLINE社自身が、引き継ぎシミュレータや「LINEかんたんヘルプ」アカウントによる診断コンテンツを作成しているほか、わかりやすい解説をPDFでダウンロードできるようにしています。

LINE公式:引き継ぎ方法ガイド

LINEは公式ブログだけでなく、さまざまな手法で引き継ぎ方法を案内しています。

LINE引き継ぎシミュレータ(ウェブ版)

LINE引き継ぎシミュレータ

実際にLINEアカウントを引き継ごうとしたとき、ユーザーによって置かれている状況はさまざまです。「LINE引き継ぎシミュレータ」は、質問に回答していくだけで、自分のおこなうべき引き継ぎ作業を教えてくれます。ウェブサイトとして提供されています。

LINEかんたんヘルプ(公式アカウント)

LINEかんたんヘルプ

LINE公式アカウント「LINEかんたんヘルプ」は、LINEの使い方やセキュリティに関して説明してくれます。アカウント引き継ぎについては特に力を入れており、メニューから「引き継ぎができるかどうかチェックする」を選ぶと、メッセージのやり取りによって引き継ぎのやり方の概要を示してくれます。

友だち追加は以下のボタンから。

LINE公式引き継ぎガイド(PDF)

LINE公式引き継ぎガイド 印刷版

「ウェブサイトを見てもよくわからない」
「公式アカウントによる診断?なんだか難しい」
「紙で説明書がほしい」

紙にプリントアウトされた一覧性のある解説を手元に置きながら、LINEの引き継ぎを進めたい人におすすめなのが「LINE公式引き継ぎガイド」です。PDF形式なのでプリントアウトが簡単。キレイに解説冊子を作成できます。

LINE公式:引き継ぎで問題が発生したときの問い合わせフォーム

LINE問い合わせフォーム

LINEの引き継ぎに失敗したり、どうすればいいのか途方に暮れたりして、周囲に頼れる人もいないとき、最後の砦となるのが「問い合わせフォーム」です。状況を説明すれば、突破口が開けるかもしれません。

LINEの引き継ぎトラブル全般に関する問い合わせフォーム

「アカウントの引き継ぎを続けるためには?」の画面で操作を進めることができない場合の専用問い合わせフォーム

検証したLINEのバージョン:iOS版9.8.0、Android版9.11.0

EDITED BY MOEGI