PC版インスタグラムでDMを使う方法

PC版インスタのDMでできること・できないこと

インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)を使って、日常的にメッセージをやりとりするユーザーも多いはず。このDM機能はパソコンでも使えます。

本記事では、PC版インスタグラムでDMを送受信する方法をはじめ、アクティビティステータスなどのプライバシー設定、PC版インスタのDMででできること・できないことを紹介します。

PC版インスタでDMを使う方法

PC版インスタグラム(ウェブ版Instagramをデスクトップ表示)でDM機能を使ってメッセージを送受信する方法を解説します。

メッセージを送信する

PC版インスタグラムのDMでメッセージを送信する方法です。

ブラウザからInstagramにログイン

SafariやChromeなどのブラウザからInstagramへアクセスしたら、ユーザーネーム・パスワードを入力してアカウントへログインしてください。

吹き出しマークからDM画面を表示

ログインができたら、画面右上の吹き出しマークをクリックします。

メッセージを新規作成または既存スレッドでのチャットを再開

新規メッセージを作成

画面に表示される[メッセージを送信]ボタンか、スレッドの右上にある鉛筆ボタンをクリックすると、宛先選択画面が表示されます。

送信したい相手を決め、[次へ]をクリックすればスレッドが作成されます。宛先部分にユーザーネームの一部を入力することでも、相手を検索可能です。

既存のスレッドからメッセージを送る

アプリ版インスタグラムなどですでにメッセージのやり取りをしているスレッド一覧は、DM画面の左側に表示されています。

ここから再開したいスレッドをクリックすれば、メッセージの送信が可能です。これまでのやり取りもPC版で見られます。

メッセージを受信する

メッセージを受信すると、インスタ画面右上の吹き出しマークに通知が届きます。

ここに表示される数字は、メッセージの数ではなく、メッセージを受信したユーザー数を表しています。つまり、一人のユーザーから複数メッセージが届いたとしても、通知は「1」となります。

DM画面を開くと、左側のスレッド一覧の一番上から順に未開封のメッセージがあるスレッドが並びます。

すでに既読済みのスレッドよりも文字が太く、スレッドの右側に青い点マークがついているものが未読のスレッドです。これをクリックして開くとアプリ版インスタグラム上既読がつく仕様です(PC版インスタグラムでは既読は確認できない仕様)。

PC版インスタのDMでも使える便利な機能

アプリ版だけでなく、PC版インスタグラムのDMでも利用できる便利機能を紹介します。

DMを経由した投稿のシェア

フィード・ストーリー・リール・IGTVの投稿は、DMを経由して他のアカウントにシェアができます。

フィード投稿をシェア

投稿に表示されているシェアボタン(紙飛行機マーク)をクリックしたら、送信先を選択し[送信]でOK。送信ボタンの上にあるメッセージ入力欄にテキストを入力して送信も可能です。

DMで投稿をシェアしたときの画面です。写真や動画部分をクリックすれば、当該投稿の全体が展開され、キャプションやいいね、コメントなども見られるようになります。

複数人スレッド(グループ)を作る

PC版インスタグラムでも、複数人・グループスレッドの作成ができます。

複数人スレッドを作る

前述した手順でメッセージの新規作成から送信先を選択します。このとき、2人以上を追加すれば、複数人スレッドが作れます。

グループスレッドを作る

複数人スレッドに名前(グループ名)をつけることで、当該スレッドがグループスレッドになります。

まずは、複数人スレッドを作成し、スレッド内の右上にある[i]ボタンをクリックしてください。すると、「グループ名」の項目が表示されるので、そこに好きな名前を入力すればOKです。よければ[完了]を選択します。

さきほどつけたグループ名が反映されているでしょう。またスレッド内には、「○○○(誰)がグループ名を設定しました」といった通知が表示される仕組みになっています。

メッセージにリアクションスタンプをつける

特定のメッセージに対して絵文字をつけられる「リアクションスタンプ」も使えます。

リアクションしたいメッセージへカーソルを持っていくと、顔マークが表示されます。ここをクリックすると、顔文字などが選択できます。

顔文字の横にあるバーを上下に動かすことで画面上に表示されていない絵文字も選べるようになるので、好きなリアクションスタンプを見つけられるでしょう。

なお、WindowsとMacでは表示される絵文字のデザインが異なるようです(画像はWindows)。

メッセージを「送信取り消し」する

送信したメッセージを、自分・相手のスレッド上から消せる「送信取り消し」機能が使えます。

消したいメッセージへカーソルを持っていき、メニューボタンから[送信を取り消し]を選択します。確認画面で[送信を取り消し]をもう一度選ぶと、当該メッセージがきれいに消えているでしょう。

PC版でも有効、オンラインがわかる緑の丸を非表示にする方法

DM画面のスレッド一覧で、アイコンの横に表示される緑の丸は「アクティビティステータス」。相手がオンライン(ログイン状態)であるときに点灯するマークです。

自分がログインしているときも、相手側のDM画面には緑の丸がつくため、オンラインがバレてしまうというもの。

このアクティビティステータスは、PC版インスタからも非表示設定が可能です。

方法1:アクティビティステータスの設定から非表示にする

まず、画面右上のアイコン部分をクリックして[設定]を開きます。

続いて、画面左側のメニューから[プライバシーとセキュリティ]を選択。ここで「アクティビティのステータス」のチェックを外せば完了です。

アクティビティステータスをオフにした状態でもう一度DMを開いてみると、スレッド上からオンラインの緑の丸が消えているはずです。

自分のオンラインステータスをオフにすると同時に、相手側のオンライン状態もわからなくなります。

方法2:「アカウントの制限」を使う

インスタグラムのプライバシー設定のひとつ「アカウントの制限」を使えば、オンラインの緑の丸(アクティビティステータス)を特定の相手から非表示にできます。

ただし、その相手からのメッセージや投稿へのコメントは、承認性になる点に注意してください。

制限をする相手のプロフィール画面を表示させたら、右上のメニューボタンをクリックします。続いて[制限する]を選択してください。

アカウントの制限が設定されると、相手のプロフィール画面上に「○○(相手)を制限しました」と表示されます。ここにある[制限を解除]をクリックで設定を解除できます。

方法3:相手をブロックする

特定の相手をブロックしてしまえば、アクティビティステータスも当該相手から非表示にできます。ただし、自分の投稿の閲覧非表示やDMメッセージの拒否、フォロー解除など、さまざな制限がかかってしまう点に注意してください。

ブロック方法はかんたんです。相手とのスレッドを開き、画面右上の[i]ボタンから[ブロック]を選択すればOKです。

PC版インスタのDMで利用できない機能

スマホアプリ版インスタをわざわざ開く手間が省ける、PC画面上で他の作業をしながらメッセージを送受信できるといった点で、PC版インスタでのDM機能は重宝するでしょう。しかし、PC版では利用できない機能がいくつか存在します。

メッセージにつく「既読」機能

PC版インスタのDM画面。メッセージに既読がつかない

PC版インスタグラムのDMでは、相手がメッセージを読んだのかどうかを確認できる「既読機能」がありません。

アプリ版インスタグラムで確認するほかないでしょう。

消える写真や動画の送信

アプリ版インスタグラムで送信できる「消える写真・動画」は、DMに送る写真や動画の閲覧回数を1回または2回に制限できる機能です。残念ながら、この機能はPC版では利用できません。

前述した「送信取り消し」機能を使って、手動でコンテンツを消去する必要があります。

ビデオ通話・音声通話

アプリ版インスタグラムでのビデオチャット画面

アプリ版インスタグラムでの音声通話画面

アプリ版インスタグラムのDMで使える音声通話ビデオチャットは、PC版からは利用できません。着信が入ったとしても、その履歴がDMのスレッド上に残るだけです。

検証バージョン
NEC LAVIE(Hybrid ZERO)
Windows 10
MacBook Air
macOS Big Sur
11.5.1
EDITED BY
BOTAN