インスタグラムで「非公開アカウント」に設定/解除する方法と注意点

勝手にフォローされたくない人におすすめ

通常、Instagramに投稿された写真や動画などは誰でも見ることができます。それが心配であれば、自分が承認したフォロワーだけが閲覧できるように「非公開アカウント(いわゆる鍵垢)」に設定するのがおすすめ。とはいえ、非公開アカウントでもすべてが見られなくなるわけではないので注意が必要です。

本記事では、インスタグラムでアカウントを非公開(鍵アカ)に設定する方法、および解除する方法を紹介。さらに、非公開アカウントであっても他ユーザーに見られてしまう情報などについて解説します。

【はじめに確認】インスタでアカウントを非公開に設定/解除する方法
  1.  プロフィール画面右上のメニューボタン​をタップ
  2.  設定ボタン​をタップ
  3. [プライバシー設定]を選択する
  4. 「非公開アカウント」のスイッチをオン
  5. [非公開アカウントに切り替える]をタップで非公開アカウントに設定完了
  6. 「非公開アカウント」のスイッチをオフ→[公開アカウントに切り替える]を押せば非公開設定を解除できる

※画像付きの詳しい手順は後述

インスタで非公開アカウントにするメリット

インスタグラムの自分のアカウントページから身元が特定されてしまったり、迷惑なアカウントからフォローされてしまったりするリスク・トラブルを避けるためにおすすめしたいのが「非公開アカウント」設定です。アカウントを非公開にすれば、自分のフォロワーだけにアカウント情報や投稿写真・動画などを見せられます。

まずは、非公開アカウントにするメリットを紹介していきます。

見知らぬユーザーから勝手にフォローされない

非公開アカウントの場合、フォローは承認制になる

アカウントを非公開にすれば、知らないアカウントから勝手にフォローされることはありません。フォローリクエストは承認制になっているので、それを受け入れればフォロー許可ができ、そのままリストから削除してフォローリクエストを拒否することも可能です。

また、フォロワーでない第三者があなたのプロフィール画面を表示しても、投稿した写真・動画やストーリーはすべて非公開です。知らない人やフォロー許可していない人から、勝手に自分の投稿やストーリーを見られるといったリスクがなくなります。

フィード投稿・リールが検索画面に公開されない

公開アカウントの場合、フィード投稿やリールがランダムに検索画面(虫眼鏡の検索タブ画面)に表示されることがあります。

しかし非公開アカウントに設定すると、フォロワーのタイムラインにのみ投稿が表示されるため、あなたの投稿が検索画面に掲載される心配はありません。

外部サービス・アプリからも閲覧制限できる

たとえばインスタグラムのストーリーでは、閲覧した履歴が足跡として残ってしまう仕様です。そこで、足跡をつけずにストーリーを見る手段として、外部サービスやアプリを使う方法があります。

しかし、非公開アカウントに設定していれば、第三者が外部サービスやアプリから閲覧しようとしても、投稿やストーリーを非表示にできるというメリットがあります。

非公開アカウントに設定する方法

自分のInstagramアカウントを非公開に設定する手順を解説していきます。画像はiOS版アプリですが、Android版アプリでも操作方法は同じです。

プロフィール画面から設定を開いて「プライバシー設定」に進む

プロフィール画面右上のメニューボタン​から設定ボタン​をタップし、[プライバシー設定]を選択します。

「非公開アカウント」のボタンをオンにする

「非公開アカウント」のボタンをオンにして、[非公開に切り替える]をタップすれば完了です。

非公開アカウントにすると公開されなくなるもの

アカウントを非公開にしても、すべてをフォロワーでない第三者から隠せるわけではありません。ただ前述した通り、第三者によるフィード投稿やストーリー投稿の閲覧、外部サービス・アプリからの閲覧などはできない仕組みになっているので安心してください。

まずは、非公開アカウントにすると公開されなくなるものを紹介します。反対に、非公開アカウントにしても第三者にも公開されてしまうものについては後述しています。

自分のフィード投稿・リール・ライブ動画

過去に投稿したものも含め、プロフィール画面に表示されるフィード投稿、リール、ライブ動画はフォロワー以外に公開されません。これで、フォロー関係にないアカウントからの閲覧が防げます。

ストーリー・ストーリーハイライト

非公開アカウントはストーリーやハイライトが表示されない

公開アカウントの画面

ストーリーが投稿されると、アイコンの周りにグラデーションのリングが表示されます。非公開設定にしていると、このストーリーリングが非表示になり、アイコンをタップしてもストーリーが再生されることはありません。

また、過去のストーリーズを編集した「ハイライト」も、非公開設定中であれば第三者から見られることはありません。

フォローアカウント・フォロワー

フォロワーやフォロー中のユーザーは一覧表示されない

フォロワーやフォロー中アカウント数は、プロフィール画面上のアイコン横に表示されます。あなたをフォローしている人や、公開アカウントの場合は誰でも、この数字をタップすれば、あなたのフォロー・フォロワーアカウント一覧が見れるようになっています。

非公開アカウントにすると、この数字部分をタップしてもアカウント一覧を表示できなくなります。つまり、第三者があなたのフォロワーを見つけたり、フォローしたりすることも防げます。

ハッシュタグ検索から除外される

第三者がハッシュタグで検索をしても、非公開アカウントによるハッシュタグ投稿は検索結果にヒットしなくなります。第三者がハッシュタグ検索であなたの投稿を見つけることがなくなるため、勝手にフォローされたり、プロフィールを閲覧されたりしなくなるのです。

別のSNSでシェアされたInstagramの非公開投稿

Twitterでシェアしたインスタの非公開アカウントによる投稿

リンクを開いても投稿内容は表示されない

インスタで投稿したものを別のSNSでシェアしたり、同時に投稿していた場合でも、インスタを非公開設定にしていればOK。ページを開いても「このアカウントは非公開です」と表示され、シェアした投稿は表示されません。

非公開アカウントでも公開されてしまうもの

続いて、非公開アカウントにしても、第三者に公開されてしまう情報をまとめました。

ユーザーネームやアイコン、プロフィール紹介文

Instagramアカウントを非公開に設定していても、ユーザーネームアイコン(プロフィール画像)自己紹介文は隠せません。当然、アカウント名検索であなたのプロフィールがヒットする可能性は大いにありえます。

ただし、投稿やストーリーなどは非公開のまま。あなたが相手からのフォローを許可しない限り、投稿を見られることはありません。

相手の投稿へのいいねやコメント、ストーリーの閲覧履歴

他のユーザーの投稿にした「いいね」やコメントは、非公開設定にしても残っています。

相手は「いいね」やコメントから、あなたのプロフィールを表示できますが、非公開設定中はプロフィールの投稿一覧やストーリー・ストーリーハイライトは非表示のままなので安心してください。

非公開アカウントでもストーリーの閲覧履歴は残る

相手のストーリーを再生すると自身(閲覧者)のアカウント名が残る「足跡」は、自分が非公開アカウントであっても相手の閲覧者リスト上に残ってしまいます。

とはいえ、ストーリーは24時間経過すると自動的にフィードからは消え、さらに閲覧者リストが「閲覧数」へと変わる仕組みです。また、ストーリーの足跡からあなたのプロフィールを表示されたとしても、相手のフォローを承諾しない限りは、投稿を見られません。

投稿へのタグ付け

相互フォローしている相手の投稿にあなたがタグ付けされた場合、タグ付けした相手のフォロワーであれば投稿画面であなたのタグを表示できます。

ただし、そのタグからあなたのプロフィールへ遷移したとしても、フォロー承諾しないかぎり非公開のままです。

非公開アカウント設定を解除する方法と注意点

非公開アカウント設定を公開アカウントへ戻すのは簡単ですが、注意すべき点もあります。

フォローリクエストがないか確認する

注意しておくべき点は、アカウントを非公開にしている間に溜まったフォローリクエストが、非公開を解除した途端に自動的に承認されてしまうこと。もしその中にフォローされたくないアカウントが含まれているなら、非公開を解除する前にフォローリクエストから削除しておきましょう。

非公開アカウントの設定を解除する

プロフィール画面右上のメニューボタン​から設定ボタン​→[プライバシー設定]へと進みます。

続いて「非公開アカウント」のボタンをオフにし、確認画面で[公開に切り替える]をタップすれば非公開アカウントの解除が完了します。この時点で承認していなかったフォローリクエストがすべて承認となり、自動的にフォローされます。

アプリ「Instagram」をダウンロード
検証バージョン
Instagram
iOS
213.0
Instagram
Android
212.0.0.38.119
EDITED BY
MIKAN