【インスタグラム】DMのミュートとは? ブロック以外で受信拒否する設定方法

【インスタグラム】DMのミュート機能に“ブロック”の効果はない? 受信拒否の設定方法とは

インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)にも、投稿やストーリーと同じように「ミュート」機能が存在します。しかしDMにおけるミュートには、”受信拒否”や”メッセージの非表示”といった機能はありません。

本記事では、InstagramのDMにおけるミュートの効果や使い方を解説。不快なメッセージを受信拒否したり、非表示にしたりする方法を紹介します。

インスタのDMにおける「ミュート」機能とは?

インスタグラムのフィード投稿やストーリーで使える「ミュート」機能は、他ユーザーによる投稿を自分のフィード画面から非表示にするために使います。

【インスタグラム】ミュートの設定・解除方法 相手にバレずに投稿を非表示に

ところが、DMのミュートでは、相手とのメッセージが非表示になったり、メッセージが届かなくなったりするわけではありません。

インスタグラムのDMにおける「ミュート機能」の効果とは?

DMのミュートは、いわばLINEでいう「通知オフ」のようなもの。DMをミュートした相手とのスレッドにはミュートのマークがつき、受信のお知らせがアクティビティ(ハートアイコン)やホーム・ロック画面に通知されなくなります。

通知がないだけで、メッセージの送受信は普段どおり可能です。メッセージをやりとりしたいものの、毎回通知が入るのが嫌という場合に役立つ機能といえるでしょう。

メッセージの受信拒否については、後述する「DMで特定の相手からメッセージを受信しないようにする方法」を参考にしてください。

DMミュートを設定・解除する方法

DMのミュート設定・解除は簡単におこなえます。また、相手にその通知がいくことはないので安心してください。

ミュートを設定する

DMミュートの設定・解除方法 DMミュートの設定・解除方法

DMの画面を表示させたら、iOS版では相手とのスレッドを左へスワイプ後に[ミュート]をタップし、もう一度[ミュート]をタップします。

Android版では、相手とのスレッドを長押しして[メッセージをミュート]タップすればOKです。

DMミュートの設定・解除方法 DMミュートの設定・解除方法

相手とのトーク画面からもミュート設定ができます。トーク内右上の[i]マークから「メッセージをミュート」をオンにするだけです。

インスタグラムのDMにおける「ミュート機能」の効果とは?

ミュートした相手とのスレッドには、ミュートマークが付きます。

ミュートはグループスレッドにも適用可能なので、メンバーから頻繁にメッセージが届くときなどに設定しておくと、いちいち通知に邪魔されずに済むでしょう。

ミュートを解除する

ミュートを解除する ミュートを解除する

左:iPhone版右:Android版

iOS版では、ミュートした相手とのスレッドを左スワイプして[ミュート]をタップ後、[ミュートを解除]を選択してください。

Android版では、スレッドを長押しして[メッセージのミュートを解除]をタップすれば解除完了です。

DMで特定の相手からメッセージを受信拒否する方法

前述したように、DMのミュートはメッセージの受信を拒否する機能ではないことから、ミュートしたとしてもメッセージは届いてしまいます。そこで使えるのが「アカウント制限」と「ブロック」の2つです。

両者の大きな違いは、制限やブロックしたことが相手にバレるか否かです。バレたくない場合は「制限」を、バレても構わない場合は「ブロック」を選んでください。

ただしブロックを選択すると相互フォローが解除され、自分のアカウント情報が相手側からすべて失くなります(詳しくは後述)。

方法1:アカウントの制限

アカウントの制限とは「特定の相手からのコメントやDMをブロックする」機能です。

アカウントの制限 アカウントの制限

アカウント制限を設定した相手からのメッセージは、DM画面右上の[メッセージリクエスト]に移されるため、スレッドとして画面に表示されません。もちろん、ホーム・ロック画面やアクティビティにメッセージ受信通知が届くこともありません。

リクエスト画面からメッセージを開いても相手側に既読は付かず、トーク画面下で[制限を解除]を選ばない限り、DMのやりとりが開始できない仕様です。

アカウントを制限する手順

アカウントの制限 アカウントの制限 アカウントの制限

DMのスレッドから制限したい相手とのメッセージ画面を開いたら、右上の[i]マークをタップします。次の画面で[制限する]を選ぶと、「問題がありますか?」と記載された確認画面が表示されるので、[アカウントを制限する]をタップして完了です。

アカウント制限は、コメントやDMのオンラインマーク(緑の点)にも影響があります。詳しくは下記記事で解説しています。

方法2:アカウントをブロック

アカウントをブロックすれば、相手からのDMが届かなくなるだけではなく、自分の投稿やストーリー、プロフィールなど、自分に関するアカウント情報が相手に一切表示されなくなります。

メッセージリクエストとしてDMが届くこともありませんから、相手と一切関わりたくないといった場合に役立ちます。

アカウントのブロック アカウントのブロック

ブロックされた側(左)のメッセージには、既読マークがつきません。また、ブロックした側(右)には、メッセージが届かなくなります。

相手をブロックする手順

相手をブロックする手順 相手をブロックする手順 相手をブロックする手順

ブロックしたい相手のプロフィール画面を開いたら、右上のメニューボタン[]をタップし、[ブロック]を選択します。確認画面でもう一度[ブロック]をタップすればOKです。

ブロックは、DM以外にもフィード投稿やストーリー、コメントやプロフィールなどに影響があります。詳しくは以下の記事で解説しています。

検証したInstagramのバージョン:iOS版132.1、Android版121.0.0.29.119

EDITED BY BOTAN