【インスタグラム】ブロックされたらDMは消える? 既読やメッセージ履歴、オンライン表示などへの影響も解説

【インスタグラム】ブロックされたらDMは消える? 既読やメッセージ履歴、オンライン表示などへの影響も解説

Instagramでブロックされると、基本的に相手の投稿した写真や動画が見られなくなります。では、相手と直接メッセージのやりとりができるDM(ダイレクトメッセージ)には、どのような影響が及ぶのでしょうか。

本記事では、インスタのDM特有のオンライン表示(緑の点)や、既読・スレッド・メッセージ履歴の有無などについて、ブロックされたときの挙動を徹底解説。あわせて、DMを経由してブロックされたかほぼ見分けられる確認方法や、思わずブロックを疑ってしまう現象とその正体についても紹介します。

【インスタグラム】ダイレクトメッセージ(DM)の使い方 総まとめ──送り方からプライバシー設定まで

インスタで相手にブロックされたらDMに起こる7つの現象

インスタのDMにはメッセージのやりとり以外にも、グループスレッドやビデオチャット、オンラインマークの表示などの機能が備わっています。ブロックされたとき、それらのDM機能に生じる7つの現象について解説します。

その1:オンラインマーク(緑の点)が消える

ブロックされる前の画面ブロックされた後の画面

左:ブロックされる前の画面右:ブロックされた後の画面

ブロックされる直前には、相手のアイコンに緑のオンラインマークがついていましたが、ブロックされた後にもう一度DMを開くとオンラインマークが消えていました。ブロックされると、現在相手がインスタグラムを閲覧しているか否かがわからなくなるのです。

ただし、相手が意図的にオンラインマーク表示をオフにしている可能性もあります。その場合、相手以外のユーザー全員、あるいは特定の相手には緑の点が表示されないように設定されているだけなので、ブロックではないでしょう。

相手のオンラインマークがまったく点灯しないからといって、それだけでブロックされたと断定するのは早計です。

その2:既読がつかなくなる

インスタグラムのDMには、送ったメッセージに「既読」がつく機能があります。

メッセージの下に「既読」がついている

通常は相手がメッセージを読むと既読がつく

ただし、LINEのように送ったメッセージすべてに既読がつくわけではなく、インスタのDMは相手がスレッドを開いて閲覧した最新のメッセージにのみ既読がつく仕様になっています。

ブロックされるとメッセージに既読がつかない

ブロックされてしまうと、いくらメッセージを送ったところで相手には届きません。当然、メッセージに「既読」がつくこともないわけです。

ただ、この場合も既読がつかないとはいえ、相手が単純にメッセージを開いていない可能性などもあるため、ブロックされているとは断定できないでしょう。

その3:チャットルームとメッセージ履歴は残ったまま

ブロックされてもスレッドは画面上から消えない

ブロックされても、相手とのスレッド(メッセージの履歴)はDM画面から消えません。ブロックした側の画面にも、手動で削除しない限りスレッドは残っています。

前述のように、オンライン表示(緑の点)が急に消えてしまった、あるいは一向に点灯しないならばブロックの可能性は出てきますが、断定は難しいでしょう。

その4:ビデオチャットが開始できない

インスタグラムのDMには、相手とビデオ通話ができる「ビデオチャット」機能が存在します。ビデオチャットは最大6人で利用ができるため、グループスレッドなどで活用している人も多いでしょう。

ビデオマークをタップして発信ブロックされていると瞬時にビデオチャットが終了する

相手とのDM画面の右上にあるビデオマークをタップすると、すぐに発信されます。このときブロックされていると、瞬時に「ビデオチャットが終了しました」と表示されます。ブロックしている側に着信が入ることもありません。

相手がビデオチャットに気づかず応答しなかったり、通信状況によってはうまくつながらなかったりするケースもあるため、これだけでブロックされているとは言い切れないのが現状です。

その5:グループスレッド内では相手にもメッセージが届く

グループスレッド既読したアカウント名も表示される

ブロックされていても、複数人でチャットができるDMのグループスレッド内であれば、相手にメッセージが届きます。そのため、グループスレッドに受信したメッセージを相手が読めば、ブロックの有無にかかわらず既読がつきます。

また、グループ内の誰が読んだかがわかるように、既読マークの横にアカウント名も表示される仕様になっているのもグループスレッドの特徴です。

グループスレッドでは相手の既読がつくのに、1対1のDMにはまったく既読がつかないならば、ブロックの存在を疑ってもいいでしょう(ただし、この場合も確実にブロックであるとは断定できません)。

その6:DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる

ブロックされた場合の画面相手が投稿を削除しただけの場合

左:ブロックされた場合の画面右:相手が投稿を削除した場合の画面

DMで過去に「相手の投稿」を共有していた場合、ブロックされると投稿部分に「この投稿を見ることができません」と表示されてしまいます。

単純に該当の投稿を相手が削除しただけなら、右上の画像のように「この投稿は削除されたため表示できません」との表示があるため、ブロックではないことがわかります。

しかし「投稿を見ることができません」と表示されたからといって、ブロックされたとは限りません。理由は後述します。

その7:新規で個人チャット・グループチャットを作成できない

検索やおすすめにも表示されない

ブロックされていると、その相手と個人・グループ含めて新しくチャットを始めることができません。

チャットで新規メッセージ作成時には、メッセージの宛先を選びます。しかし、そこに相手のアカウント名を検索しても表示されず、画面下の「おすすめ」にも表示されません。

ブロックされている場合の画面

相手のプロフィール画面からDMを送ろうとしても、DMを送るためのボタンが表示されないようになっています。

ただ、チャットを新規で作成できないだけでは、ブロックされたことの判断基準にはなりません。この理由も後述します。

ほぼ確定、DM経由でブロックされたか確認する方法

上述のように、DMに起こる現象だけでは「相手にブロックされている」と断定するのは難しいでしょう。ところが、DMを経由してほぼブロックを確認できる方法が存在します。

「プロフィールを表示」をタップ

具体的には、ブロックされている可能性のある相手とのDMスレッドを表示させ、[プロフィールを表示]をタップします。

ブロックされている場合の画面

通常なら相手のプロフィール画面が表示されるはずですが、「ユーザーが見つかりませんでした」「投稿がありません」と表示されてプロフィールが閲覧できないなら、ブロックされている可能性はかなり濃厚です。

必ずしもDM経由である必要はありませんが、インスタでブロックされていると相手のプロフィールのごく一部しか表示されないのです(詳細は下記参照)。

ブロックされた? DMに生じる疑わしい現象の正体を解説

今まで相手と普通にDMで会話をできていたのに、突然相手のDMが通常と違う表示に変わると、「ブロックされたのでは?」と思わず疑ってしまう人もいるはずです。ここでは、DMに起こるブロックと混同してしまいがちな現象の正体について解説します。

なかには気にしなくてもいいものもありますが、望まないやりとりを防ぐ「アカウントの制限」をされている可能性を含む事象もあるので、ブロックされていなかったとしても安心はできません。

一度ついたはずの相手の「既読」表示が消えた

メッセージの下に既読表示がついている既読が消えた

DMを送った相手がメッセージを読むと、既読がつきます。しかし、相手から返信が来た瞬間、表示されていた既読の文字が丸々消えてしまいました。さらに、こちらから返信をしたらすぐに既読がついたので、相手は自分の返信をちゃんと見てくれていることがわかります。

既読が消えた理由はブロックされているからではなく、インスタの仕様で消えるようになっているからです。インスタのDMでは、最新のメッセージにのみ既読がつきます。つまり、「相手が返信を返してきた場合は既読も一緒に消える」仕様になっています。

LINEの既読とは機能が異なるので、インスタの既読が消えたとしても、相手とDMのやりとりができているのであれば心配する必要はありません。

DMで友達のアカウント名が「インスタグラマー」と表示されている

友達のアカウント名が「インスタグラマー」になっている友達のアカウント名が「インスタグラマー」になっている

左:DMの画面右:友達のプロフィール画面

DMを見ていると、友達のアカウントプロフィール画像が初期化され、ユーザーネームも「インスタグラマー」という表記になっていることがあります。

これが起きる原因は、その友達が何らかの理由でインスタグラムのアカウントを削除したか、あるいはアカウントの一時停止をしたからです。

こちらがブロックされたり、アカウント制限されたりしたわけではないので、安心していいでしょう。

DMにまったく既読がつかない

メッセージに既読がつかない

ブロックされた形跡はないのに、チャットにメッセージを送っても一向に既読がつかなくなることがあります。

前述の通り、これはただ相手がDMに気づいていなかったり、通信環境が悪くてメッセージが届いていないなどの単純な原因も考えられます。

しかし既読がつかない原因の一つに「アカウントの制限」をされている可能性もあり、その場合は相手がこちらを不快に感じているかもしれないので注意が必要です。

メッセージリクエストにスレッドが移動するメッセージを読んでも既読はつかない

アカウントの制限をされていると、相手がメッセージを読んでも既読がつかない仕様になっています。

制限をした側の画面上では、不快なメッセージを直接目にしなくて済むように、制限したアカウントとのDMがスレッドごとメッセージリクエストへ移動します。メッセージリクエストに移動したメッセージを開いて読んでも既読はつかず、制限した側が「承認」しない限りずっと既読はつきません。

相手のオンラインマーク(緑の点)がいつもつかない

緑のオンラインマークがつかない原因も、ブロックされている以外に複数存在します。

相手がずっとインスタグラムを開いていないか、オンラインマークがつかないように設定をしている(アクティビティステータスの表示をオフにしている)ことがあります。

プライバシーの設定画面表示をオフにする

プロフィール画面のメニューボタン[]→[設定]→[プライバシー設定]→[アクティビティのステータス]で表示をオフにするとオンラインマークが常に表示されないように設定できます。

一方で、相手からアカウントを制限されている場合もオンラインマークが表示されません。

DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる

前述した通り、ブロックされた場合、DMで過去に共有した「相手の投稿」が見られなくなります。

しかし、ブロックされていなくても同じ現象が起きることがあります。それは、相手が自分自身のアカウントを一時停止または削除したときです。

削除されたアカウントとのDM画面

アカウント削除したユーザーとのDM画面

ブロックされるとDMの投稿部分は「投稿を見ることができません」と表示されますが、アカウントを一時停止・削除をしても同じように表示されました。

ちなみに、相手からアカウントの制限をされた場合、DMの投稿部分に影響はありませんでした。

新規で個人チャット・グループチャットを作れない

ブロックされていると、新しくそのアカウントとDMのチャットを作れなくなることは前述した通りです。

また、相手がアカウントの一時停止・削除をした可能性もあります。そのときもブロックと同様に、新規のチャットを作成できません。

ただし、相手からアカウント制限をされている場合は、そのアカウントと新しくグループチャットや個人チャットを作ることが可能でした。ただし、メッセージを相手が読んでくれるかはわかりません。

検証したInstagramのバージョン:iOS版167.0、Android版167.0.0.24.120

EDITED BY
MIKAN