インスタグラムのビデオチャット(通話)の使い方まとめ

1対1でも複数人でも楽しめる

インスタグラムに備わっている「ビデオチャット」機能。アプリ上でお互いの顔を見ながら、テレビ電話のように楽しめます。

本記事では、インスタにおけるビデオ通話の使い方を解説。発信・応答やカメラ・マイクのオン/オフといった基本操作、エフェクトや画面共有など通話中に活用できる機能などをわかりやすく紹介します。

間違えて発信してしまったらどうなるのか、録画やスクショはできるのか、ビデオチャットマークに付いている緑の点の意味など、気になる点についても答えています。

インスタグラムの無料通話「ビデオチャット」とは?

インスタグラムでも、LINEのビデオ通話やiPhoneのFaceTimeと同じように、お互いの顔を見ながら無料でビデオ通話が可能です(通話料金はかかりませんが、Wi-Fi環境以外ではモバイル通信量を消費します)。

インスタグラムで相互フォローしている相手とはもちろん、フォローしていないアカウントにもビデオチャットを発信できるほか、音声だけの「ビデオなし通話」も可能です。なお、PC(パソコン)版のインスタにはビデオチャット機能は搭載されていません。

ビデオチャットは相互フォローしていなくても発信できる

ビデオチャットはフォローしている/していないにかかわらず、基本的に誰にでも発信できます。

ただし、相互フォローしていない場合、ビデオチャットの通知はDM(ダイレクトメッセージ)の「リクエスト」フォルダに入ります。相手に着信が通知されないため、気づいてもらえない可能性があります。

インスタグラムの「メッセージリクエスト」とは? 知らない人からDMが届いた場合の対処法

相手にメッセージリクエストを「承認」してもらうと着信通知が表示される

発信相手にメッセージリクエストを[承認]してもらえば、相手側の画面にも着信が通知されるようになります。

相手に電話番号がバレる心配はない

インスタグラムのビデオチャットは電話回線ではなく、インターネット回線を使ったチャット機能。したがって電話番号がチャット相手にバレることなく、安心して使うことができます。

ビデオチャットは最大8人まで同時に通話可能

最大8人までビデオチャットに参加できる

8人を超えると満員でビデオチャットに参加できない

インスタグラムのビデオチャットは最大で8人まで参加可能です。

発信先が8人以上の場合は、早く応答した7人が参加可能(+発信者の計8人)。ビデオチャット中に誰かが抜けると、繰り上げで参加できるようになります。

「Messengerルーム」を使えば最大50人まで同時に通話できる

インスタのビデオチャットは最大8人までですが、「Messengerルーム」というFacebookのグループビデオ通話機能を使うと、最大50人まで同時に通話ができます。

アプリ「Facebook」をダウンロード
アプリ「Messenger」をダウンロード

Messengerルームを使うには、まずフィード画面右上の吹き出しアイコンをタップしてDMページを開き、ビデオカメラアイコンを押します。

[リンクを作成]をタップすると、Facebookアカウントへのログインを求められます。ログイン後、[○○(Facebookのアカウント名)としてルームを作成]をタップします。

あとはチャットに参加してほしい人にリンクを[送信]したのち、[Messengerでルームに参加]へ進めばOKです。

ビデオチャットの基本的な使い方

インスタグラムのビデオチャットはダイレクトメッセージ(DM)の付属機能であるため、DMのメッセージルーム内から開始できます。

ビデオチャットを発信する(1対1または複数人)

まずはビデオチャットを発信する方法から解説します。

まずフィード画面右上にある吹き出しアイコンをタップして、ビデオカメラアイコンを押します。

一覧からビデオ通話したい相手を選択し(最大8人まで同時通話可能)、右上の[開始]をタップすると発信します。

この時自分の画面ではすぐにインカメラが起動しますが、相手が着信に応答しない限り発信者側の映像は表示されないので安心してください。

その他の発信方法

ビデオチャットの発信方法は他にもあります。

通話したい相手のプロフィール画面から[メッセージ]を押して、相手とのトーク画面の右上にあるビデオカメラアイコンを押すと、ビデオチャットが発信されます。1対1でのビデオチャットのときに便利です。

また、DM画面でビデオチャットをする相手やグループのスレッドを開き、右上のビデオカメラアイコンを押して発信してもいいでしょう。自分の使いやすいやり方を選んでください。

ビデオチャットの着信に応答する

ビデオチャット通話がかかってくると通知が表示されます。

iOS端末の場合、ロックが解除されていれば画面上部に表示される[✓]の応答ボタンを押しましょう。画面ロックしている場合は、右にスライドすることで通話が開始されます。

すぐにインカメラが起動して相手にも自分の顔が映るので注意しましょう。

Androidスマホ(画像はAndroid 12搭載のAQUOS sense4)では、画面ロックしていない状態なら画面上部に表示される[参加する]を押し、ロックされているときはビデオカメラアイコンを上にスワイプしましょう。

通話中のカメラ・マイクをオフにする

通話中にカメラをオフにして、顔出しせずに会話することも可能です。

自分のカメラ・マイクがオンになっている状態

自分のカメラ・マイクをオフにした状態

通話画面の上部にあるビデオカメラアイコンをタップすれば、カメラがオフになります。そのとき互いの画面にはInstagramアカウントのアイコンが表示されます。

ただし、通話開始直後はインカメラが起動して自動で顔が映ってしまう仕様になっているため、最初から顔出ししたくない場合は内側のカメラを指で押さえておくなどするといいでしょう。

また、マイクアイコンを押すと音声が聞こえないようにミュートでき、一時的に音声を流したくないときに役立ちます。マイクも通話開始直後は自動でオンになっています。

カメラはオフにするだけでなく、インカメラ/アウトカメラを切り替えることもできます。

ビデオチャットを終了する

画面右上の[×]ボタンを押せば通話を終了できます。「退出しました」と表示されるので、再度[×]ボタンをタップするとDMの画面に戻れます。

相手側の画面でも「通話終了」と表示され、ビデオチャットの通話が切れます。

ビデオチャットをもっと使いこなす便利機能

ビデオチャットでは通話中に背景画面などにエフェクトを追加して楽しんだり、相手とインスタの投稿を同じ画面で共有したりすることが可能です。

ここではビデオチャットをもっと使いこなすための便利機能をいくつか紹介します。

エフェクト/フィルター/タッチアップを使う

エフェクト」はさまざまな種類が用意されており、顔を別人に変装させるなどユニークなものから、キラキラやハートといったかわいらしいものまであります。左にある[エフェクト]ボタンを押すと起動するので、好きなエフェクトを選択しましょう。

フィルターで画面の色を調整

タッチアップで肌をキレイに見せることができる

画面全体の色味を調整してくれる「フィルター」は、iOS版アプリでは11種類、Android版アプリでは13種類用意されています。

「タッチアップ」は肌をキレイに見せてくれる機能。バーをスライドして数字が大きくなるほど補正力が高まります。

インスタの投稿を一緒の画面に共有する

通話画面下部に表示されている[メディア]をタップすると、自分がいいね・保存したインスタの投稿などを相手と一緒に見られます。共有できるものは以下の通りです。

  1. いいね!した投稿
  2. 保存済みの投稿
  3. おすすめの投稿
  4. インスタアプリ内のテレビ番組と映画
  5. リール

通話しながら画面を切り替えられるマルチタスク機能

画面左上の矢印アイコンでマルチタスク機能が使えます。

アイコンをタップすると通話画面が小さくなり、通話しながら端末で他のアプリの操作もできるようになります。なお、通話画面は好きな位置に動かすことも可能です。

インスタのビデオチャットに関するよくある疑問と答え

通話画面のスクショ・録画はできる?

ビデオチャット中に画面のスクショ(スクリーンショット)を撮影したり、画面録画したりすることも可能です。スクショ撮影や画面録画をしても、通話相手にバレることはありません。

iPhoneの画面

Androidスマホ(Pixel 3a、Android 12)の画面

Instagramアプリのビデオチャット自体にその機能はないので、端末の標準機能を使いましょう。iOSの標準機能である画面録画を使うとビデオチャット中の画面を録画できます。また、Androidスマホも画面録画(スクリーンレコード)などを使えば可能です。

ただし、どちらの端末でも録画したビデオに音声は入らないので、音声なしの動画が端末に保存されます。

iPhoneでスクリーンショットを撮る方法──背面タップ、仮想ボタン設定、全体スクショも解説Androidスマホでスクリーンショットを撮影する方法──保存先や全画面スクショも解説

間違えてビデオ通話を発信したら相手にバレる?

すぐに通話を切ったとしても相手に通知され、DMにも履歴が残ってしまい、ビデオ通話を発信した事実は相手にバレます。ただし、相手が応答する前に通話を切れば、発信者側の顔が相手の画面に映ることはありません。音声も相手に届かないので安心してください。

相手の着信画面

すぐに切っても相手とのDMに不在着信の履歴が残る

発信後はすぐに相手側へ着信の通知が届き、通話をすぐ切ったとしても相手のDMのスレッドには「ビデオ通話の不在着信」と表示が残ります。

間違って発信してしまったときは、相手に「間違って通話ボタンを押してしまった」と念のため連絡をしておくといいかもしれません。

インスタのビデオ通話を間違えて発信したらどうなる? 相手への影響まとめ

ビデオ通話に相手が応答しないのは着信拒否?

ビデオ通話に相手が応答しないときは、相手から着信拒否されている可能性もありますが、それ以外にも考えられる原因がいくつかあります。

相手がビデオチャットに応答してくれない場合、以下のような原因が考えられます。

  • 通知設定をオフにしていてビデオチャットの着信に気づいていない
  • スマホの電源が切れている
  • Wi-Fi環境など通信状況が良好でない
  • 着信中のアカウントからログアウトしている
  • 呼び出しに応答できる状態ではなかった
  • 着信に気づいているが無視している
  • 相手からアカウントを制限されている
  • 相手からアカウントをブロックされている

インスタグラムの通知を完全にオフにしていると、ビデオチャットの着信もホーム画面・ロック画面に反映されないため気づかないうちに通話が終了してしまうでしょう。単に相手が気づいていない、呼び出しに応じられない状況であったなら特に心配はありません。一方、相手がこちらの着信を無視していたり、アカウント制限・ブロックをしていたりするケースもあり得ます。

このようにさまざまな原因が考えられるので、相手がビデオチャットに応答しないという事実だけで原因を突き止めるのは難しいのが現状です。

ビデオアイコンに付いている緑の点は何?

相手とのDM画面右上にあるビデオマークにある緑の点は、相手がインスタグラムにリアルタイムでアクセスしている(オンライン中である)ことを示すサインです。

緑のオンラインマークが点灯中であれば、相手はインスタを開いている状態だとわかるので、ビデオチャットを発信しても気づいてくれる可能性は高いでしょう。

この緑の点が相手に表示されるのが嫌な人は、設定で非表示にすることも可能です(下記記事を参照)。

アプリ「Instagram」をダウンロード
検証バージョン
Instagram
iOS
232.0.0.12.114
Instagram
Android
232.0.0.16.114
EDITED BY
MIKAN