【インスタグラム】ビデオチャット(通話)の使い方──エフェクト、間違い発信、通知の仕様なども解説

【インスタグラム】ビデオチャット(通話)の使い方──エフェクト、間違い発信、通知の仕様なども解説

Instagramには、互いの顔を見ながら無料で通話ができる「ビデオチャット」機能が備わっているのをご存知でしょうか。インスタ上でテレビ電話のように楽しめます。

本記事では、インスタグラムにおけるビデオチャットの使い方をまるっと解説。発信・応答やカメラ・マイクのオン/オフといった基本操作、エフェクトや画面共有など通話中に活用できる機能をわかりやすく紹介します。

また、間違い発信や拒否、録画、通知の仕様など、インスタのビデオ通話でよくある疑問点についてもフォローしています。

インスタグラムの無料通話「ビデオチャット」とは?

ビデオチャットとは

インスタグラムには、互いの顔を見ながら通話できるビデオチャット機能があります。LINEのビデオ通話iPhoneのFaceTimeと同じように、無料でビデオチャットが可能です(通話料はかかりませんが、Wi-Fi環境以外ではモバイル通信量は消費します)。

インスタで相互フォローしている相手とはもちろん、フォローしていないアカウントにもビデオチャットを発信できます。なお、インスタでは音声だけのビデオなし通話も可能です。

ビデオチャットの基本的な使い方

インスタグラムのビデオチャットはダイレクトメッセージ(DM)の付属機能であるため、DMのメッセージルーム内から開始できます。

なお、PC(パソコン)版のインスタにはビデオチャット機能は搭載されていません。

1対1で通話する(発信・応答・終了)

特定の相手とビデオチャットで通話する手順を解説していきます。

発信する側の操作

「メッセージ」をタップビデオアイコンをタップ

ビデオチャットをしたい相手のアカウントで、[メッセージ]をタップしてDMに移動します。相手とのトークスレッド画面で右上にあるビデオアイコンを押すと、ほぼ同時に発信が開始されます。

発信画面

このとき、自分の画面ではインカメラが起動しますが、相手が着信に応答しない限り、発信側の映像は表示されないので安心してください。

応答する側の操作

iOS端末の画面iOS端末の画面

iOS端末で応答する場合

ビデオチャット通話がかかってくると、通知が表示されます。そこでiOS端末であれば[✓]の応答ボタンを押すか、[>]ボタンを右にスライドすることで通話開始されます。インカメラがすぐ起動して相手にも自分の顔が映るので注意しましょう。

Android端末の画面Android端末の画面

Android端末で応答する場合

Android端末の場合、ビデオチャットの着信がきたら、[参加する]もしくはビデオアイコンを上にスワイプすれば通話がスタートします。

通話を終了する

通話中の画面通話の終了画面

画面右上の[×]ボタンを押せば、通話を終了できます。「ビデオチャットを退出しました」と表示されるので、再度[×]ボタンをタップすると、スレッドの画面に戻れます。

ビデオ通話の終了画面

相手側の画面でも「通話終了」と表示され、ビデオチャットの通話が切れます。

ホームタブ→DM画面からもビデオチャットを開始できる

ビデオチャットを開始する方法は他にもあります。インスタグラムのホームタブからDM画面に移動する方法です。

Messengerアイコンをタップアカウントをタップビデオアイコンをタップ

右上のMessengerアイコンをタップし、ビデオチャットしたいアカウントを選びます。相手とのトークスレッド画面で右上のビデオアイコンを押せば通話開始できます。

ビデオアイコンをタップ「開始」をタップ

さらに、DMを開いてすぐのビデオマークをタップし、次の画面で通話する相手にチェックを入れて[開始]を選択しても、すぐに発信できます。

複数人で通話する(発信・応答・終了)

複数人でビデオチャットする場合、基本は最大6人まで同時に通話が可能です。

作成済みのグループスレッドから発信する

グループスレッドをタップビデオアイコンをタップ

ホームタブからMessengerアイコンをタップし、DM画面を開きます。

すでにスレッドとして作成済みのグループ/複数人スレッド内でビデオアイコンをタップすると、そのスレッド内のメンバー全員に対して発信されます。

【インスタグラム】DMグループの作り方 抜ける方法や削除後の挙動についても解説

新しくアカウントを選択して発信する

ビデオアイコンをタップアカウントを複数選択して「開始」をタップする

新しくビデオチャットをするアカウントを複数選びます。DMのスレッド一覧画面のビデオアイコンからアカウント選択画面を開き、チャットしたいアカウントを複数選択して開始をタップすれば発信されます。

相手とのスレッド内から1対1でビデオチャット通話をする相手とのスレッド内から1対1でビデオチャット通話をする

左:最大6人とビデオチャットができる右:7人目は参加できない

前述のとおり、ビデオチャットは最大で6名まで同時に楽しめます。発信したグループスレッドの参加者が7名以上であったり、7名以上の複数アカウントを選択してビデオチャットを開始したりすると、右上の画像のように7番目に参加したアカウントはチャットに参加ができません。

この点、誰かがビデオチャットから抜けると(終了すると)、繰り上がりで参加できるようになります。

応答する側の操作

iOS端末の画面iOS端末の画面

iOS端末で応答する場合

ビデオチャットの着信が届くと、通知が表示されます。そこでiOS端末であれば[✓]の応答ボタンを押すか、[>]ボタンを右にスライドすることで通話開始されます。インカメラがすぐ起動して相手にも自分の顔が映るので気をつけてください。

Android端末の画面Android端末の画面

Android端末で応答する場合

Android端末の場合は、ビデオチャットの着信がきたら、[参加する]もしくはビデオアイコンを上にスワイプすれば通話がスタートします。

通話を終了する

ビデオチャットを退出通話の終了画面

通話を終えるには、画面右上の[×]ボタンを押しましょう。「ビデオチャットから退出しました」という画面に切り替われば終了です。

1人が退出した際の画面

1人が先に退出した際の画面。1対1のビデオチャットに切り替わる

3人以上の複数人でビデオチャットをした場合、1人が通話終了ボタンを押しても、退出していない人はまだ通話が続くので、終わらせる場合は全員で[×]ボタンを押すようにしましょう。

「Messengerルーム」を使えば最大50人まで同時に通話可能に

Facebookが提供するグループビデオ通話機能「Messengerルーム」が、インスタグラムのDMからも利用できるようになりました。

Messengerルームでは、最大50人のビデオチャットが可能。InstagramやFacebookのMessengerを利用していない人であっても、専用のURLからアクセスすれば複数人でのビデオ通話に参加できます。

2021年1月15日時点で、本機能はiOS版Instagramでのみ利用できました。Android版にも順次ロールアウトされるものとみられます。

前提としてMessengerルームの作成者は、インスタグラムをFacebookと連携しておく必要があります。連携方法は、下記記事を参考にしてください。また、作成者側はFacebookやMessengerのアプリをインストールしておくと、スムーズに操作できます。

インスタグラムとFacebookを連携・解除する方法 同時投稿(シェア)なども解説

「ルームを作成」をタップルームを作成する

インスタのDM画面の「ルーム」タブで[ルームを作成]をタップ。画面下部の[○○○(Facebookアカウントの名前)としてルームを作成]を押してください。

リンクをDMで送信する

ビデオチャットするアカウントを選び、右端にある[送信]ボタンを押して、ルームのリンクをDMで送信します。続いてルーム作成者は[messengerでルームに参加]をタップすれば通話のできるルームが開始されます。

リンクを開くルームに参加する

リンクを送信された側の画面

リンクを送信された側は、DMでリンクを押してルームを開きます。次の画面で名前を入力し、messengerアカウントを持っていない人は[ゲストとして参加]、messengerアカウントを持っている人は[○○○(Facebookアカウントの名前)として参加]をタップすれば参加できます。

通話中のカメラ・マイクをオフにする

カメラをオフにするカメラをオフにした状態

通話中にカメラをオフにして、顔出しせずに会話することも可能です。通話画面の上部にあるビデオアイコンをタップするとカメラがオフになります。互いの画面にはインスタのアイコンが表示されます。

ただし、通話開始直後はインカメラが起動して自動で顔が映ってしまう仕様になっているので、最初から顔出ししたくない場合は内側のカメラを指などで押さえておくといいでしょう。

インカメラ/アウトカメラの切り替え

カメラはオフにするだけでなく、インカメラ/アウトカメラを切り替えることもできます。

マイクをオフにした状態

また、マイクアイコンを押すと音声が聞こえないようにミュートできるので、一時的に音声を流したくない時などに役立ちます。マイクも通話開始直後は自動でオンになっています。

ビデオチャットをもっと使いこなす便利機能

ビデオチャットでは、通話中に背景画面などにエフェクトを追加して楽しんだり、相手とインスタの投稿を同じ画面で共有したりすることが可能です。この章では、ビデオチャットをもっと使いこなすための便利機能をいくつか紹介します。

エフェクトを使って通話を楽しむ

エフェクトをタップエフェクトを選択エフェクトが適用された

エフェクトは23種類用意されており、顔を別人に変装させるものや画面にフィルターをかけるものなどがあります。通話中画面の右下にある[エフェクト]を押すと起動するので、好きなエフェクトを選択しましょう。

インスタの投稿を一緒の画面に共有する

メディアをタップいいねした投稿などの画面を共有できるいいねをした投稿を共有できる

通話画面の[メディア]をタップすると、自分がいいね・保存したインスタの投稿などを相手と一緒に見ることができます。

共有できるのは画面左下のタブから、「テレビ番組(海外の映像)」「おすすめのIGTV」「いいねした投稿」「保存した投稿」「おすすめの投稿」です。

通話画面の録画・スクショはできる?

ビデオチャット中の画面を録画したり、スクリーンショット(スクショ)を撮ったりすることが可能です。ただし、インスタのビデオチャット自体にその機能はないので、端末の機能を使う必要があります。

通話中に画面録画する

iOS端末でビデオチャット中に画面録画した場合

iOSの標準機能である画面収録を使うと、ビデオチャット中の画面を録画できます。またAndroidスマホも画面録画(スクリーンレコード)などを使えば可能です。

ただし、録画したビデオに音声は入らないので、音声なしの動画が端末に保存されます。録画をしても相手にバレることはありません。

通話中にスクリーンショットを撮る

iOS端末でビデオチャット中にスクショした場合

なお、スクリーンショットもiOS・Android端末に標準装備されている機能で利用できます。スクショを撮っても相手に通知されないので、撮ったことがバレる心配はありません。

マルチタスク機能で通話しながら端末で他の操作ができる

マルチタスク機能が使える通話しながら他の操作ができる

また、画面左上の四角形が2つ並んだボタンでマルチタスク機能が使えます。ボタンを押すと通話画面が小さくなり、通話しながら端末で他の操作をできるようになります。

間違えて発信してしまったら相手に通知や履歴は残る?

ビデオチャットでは、ビデオアイコンあるいは[開始]をタップすると、発信と同時にインカメラが起動して自分の顔が画面に表示されます。誤ってビデオチャットを開始してしまった場合、その通知やインカメラに映った映像が届いてしまうのかは気になるところです。

発信すると相手に通知され、履歴も残る

×ボタンで通話を切る通話を切った画面

ビデオアイコンをタップするとすぐに発信画面に切り替わります。間違えて発信した際には、右上の[✕]ボタンでビデオチャットを中止にできます。通話を切ると、「通話終了」と画面に表示されます。

「着信中」と通知される不在着信があったと通知される

着信を受けた側の画面

発信後はすぐに相手側へ「◯◯◯◯(アカウント名)からビデオチャット着信中」と通知が届き、通話をすぐ切ったとしても「◯◯◯◯(アカウント名)からビデオチャットの不在着信がありました」と通知されます。

スレッドに履歴が残るスレッドに履歴が残る

相手のDM画面には、「ビデオチャットが終了しました」という表示が新着メッセージとして表示されます。またスレッドを開くと、ビデオチャットの開始と終了の履歴が残っています。

したがって間違って発信してしまった場合は、相手側に「間違って通話ボタンを押してしまった」と念のため連絡をしておくといいかもしれません。

応答する前に切れば音声や動画は相手に届かない

ビデオチャットで誤発信してしまっても、そのときの音声や映像が録音・録画されたり、相手に届いたりはしません。

ただし前述のとおり、ビデオチャットの着信があった事実は相手のスレッドやトーク内に履歴として残ってしまうでしょう。

相手からの発信を拒否するとどうなる?

相手からの発信を拒否するとどうなる?

ビデオチャットを着信したときに、[拒否]を選択すると相手側の画面にどう表示されるのかを解説します。

発信画面が強制終了し、「応答なし」と表示される

応答なしと表示される

ビデオチャットの着信を[拒否]した直後に、相手側には「応答なし」と表示されて発信が強制終了します。着信を無視し続けた場合も同じ結果となります。

スレッド内にビデオチャットの開始・終了メッセージが残る

スレッドにメッセージが残る

ビデオチャットの着信を拒否すると、相手側のスレッド内に「ビデオチャットを開始しました・終了しました」という表示が残ります。拒否した側のユーザー名が記載されることはありません。

なお、着信を無視し続け、自動で着信が終了した場合でも、同じようにビデオチャットの開始・終了履歴が残るようになっています。

注意点1:スレッドを開くと開始・終了メッセージに既読がつく

スレッドを開くと既読がつく

ビデオチャットを着信拒否した後に相手とのスレッドを開いてしまうと、相手側の画面でビデオチャット開始・終了の表示にも「既読」がついてしまいます。

着信には気づいているのに反応してくれない、つまり無視されていると思われるリスクがあります。既読をつけてしまったら「外出中」「食事中」などの理由を伝えておくといいでしょう。

注意点2:オンラインマーク(緑の点)に気づかれている?

オンラインマークの表示

DM(ダイレクトメッセージ)画面では、インスタグラムにオンライン状態であるユーザーのアイコン付近に緑の点が表示される仕組みです。相手はこのオンラインマークを見て、あなたにビデオチャットを発信している可能性があります。

それにもかかわらず着信を拒否されたり無視されたりすると、「オンラインなのになぜ反応がないのか?」と相手を不快にさせるかもしれません。オンライン状態がバレてしまうと困る場合は、以下の記事で解説している「オンラインマークを消す方法」を参考に、緑の点を非表示にするのがおすすめです。

発信したのに相手が応答しない場合に考えられる原因

相手が応答しない場合に考えられる原因相手が応答しない場合に考えられる原因

ビデオチャットを着信すると、上の画像のように着信通知が届きます。しかし、相手がビデオチャットに応答してくれない場合、以下のような原因が考えられます。

相手がビデオチャットに応答しない場合に考えられる原因
  • 通知設定をオフにしていてビデオチャットの着信に気づいていない
  • スマホの電源が切れている
  • Wi-Fi環境など通信状況が良好でない
  • 着信中のアカウントからログアウトしている
  • 着信に気づいているが無視している

インスタグラムの通知を完全にオフにしていると、ビデオチャットの着信もホーム画面・ロック画面に反映されないため気づかないうちにチャットが終了してしまうでしょう。あるいは、着信には気づいていても呼び出しに応じられない状況の可能性もあります。

ビデオチャットをミュート/着信拒否する方法

ビデオチャットは相互フォローしていなくても発信することができるので、公開アカウントにしている人は見知らぬユーザーからビデオチャットがかかってくる場合があります。しかし、インスタにはビデオチャット自体をオフにする機能は用意されていません。

そこで、迷惑なビデオチャットを拒否したい場合は、着信が表示されないように設定するか、特定のアカウントをブロックしましょう。

ビデオチャット自体の通知をオフにする

設定画面を開く「お知らせ」をタップ

プロフィールタブからメニューボタン[]→設定ボタン[]→[お知らせ]の順に進んでください。

「メッセージ」をタップビデオチャットの通知をオフにする

次の画面で[メッセージ]を選択します。画面下部にあるビデオチャットの項目で、[オフ]または[フォロー中の人]をタップします。初期設定では「全員」にチェックが入っているので、そのまま放置しておくと着信通知が来てしまいます。

[オフ]にするとすべてのユーザーからの着信をオフにでき、[フォロー中の人]ではフォローしていない人からの着信を防げます。

個別に着信をミュートする

「i」をタップする「ビデオチャットをミュート」をタップ

特定のアカウントからの着信をミュートすることも可能です。

ミュートしたいアカウントとのスレッド画面で、[i]ボタンをタップし、詳細画面で[ビデオチャットをミュート]をタップすればOKです。

特定のアカウントからの着信を拒否する

特定のアカウントからの着信を拒否するには、アカウントをブロックするしかありません。

ブロックをタップブロックをタップ

左:DMのスレッドからブロックする場合右:相手のアカウントからブロックする場合

DMのスレッドで[i]ボタンをタップし、詳細画面で[ブロック]を押すか、あるいはアカウントのプロフィール画面でメニューボタン[]→[ブロック]を押すと、アカウントブロックできます。

「通話終了」と表示される

ブロックされた相手の画面では、ビデオチャットを開始してもすぐに[通話終了]と表示され、かけること自体できなくなります。

検証したInstagramのバージョン:iOS170.0版、Android版170.0.0.30.474

EDITED BY
MIKAN