LINEのトーク履歴をバックアップ・復元する方法 完全ガイド【iPhone/Android/PC】

スマホの故障や紛失に備えて、大事なデータを保存するのを忘れずに
2018-11-26 12:26
記事タイトルとURLをコピーする

【2018年版】LINEのトーク履歴をバックアップして復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

スマホの故障や紛失、LINEアカウントの引き継ぎ失敗などによって、大事なトーク履歴を突然なくしてしまうこともあります。そんな目に遭わないように、LINEのトーク履歴をバックアップ・復元する方法は確実に押さえておきたいものです。

本記事では、LINEのトーク履歴データをバックアップして復元する5つの方法を取り上げ、その手順を詳しく解説します(PC版ではトーク履歴の同期方法)。トーク履歴のバックアップ・復元によるデータ移行は、機種変更でLINEを引き継ぐ際にも欠かせないステップです。

失敗しない、機種変更時にLINEを引き継ぎする方法【iPhone・Android対応】

LINEのトーク履歴をバックアップする5つの方法

LINEのトーク履歴をバックアップする方法は、大きく以下の5つが挙げられます。

iOS版LINEアプリからiCloudにバックアップ・復元

LINE トーク履歴 バックアップ 復元

iPhoneからiPhoneへの機種変更時などに便利なのが、iCloudへの一括バックアップです。一括というのは、全友だち・グループのトークをまとめてという意味です。

iPhone(Apple ID)さえあれば、テキストやスタンプ、写真などを含めたすべてのトーク履歴をiCloud上にバックアップして、iOS版LINEに復元できます。ただし、Android版LINEへ復元することはできません。

実際の詳しい手順

Android版LINEアプリからGoogleドライブにバックアップ

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

AndroidスマホからAndroidスマホへの機種変更時などに標準的な方法が、Googleドライブへの一括バックアップです。

Googleアカウントがあれば、すべてのトーク履歴をGoogleドライブ上にバックアップ可能で、いつでもAndroid版LINEアプリの設定から復元できるのも便利です。ただし、iOS版LINEへトーク履歴を復元することはできません。

実際の詳しい手順

iTunesでトーク履歴をバックアップ・復元(iOS版LINE・要パソコン)

手元にパソコン(Windows/Mac)があるなら、iTunesによるバックアップ方法も使えます。iPhoneのデータを丸ごと移行するツールなので、LINEのトーク履歴だけを扱うiCloudやGoogleドライブによる方法に比べて、手数や時間はかかります。

とはいえ、iPhoneからiPhoneへの機種変更時に限れば、iPhone内の写真や連絡先データなどと合わせて、すべてのトーク履歴をバックアップ・復元(データ移行)できて便利な方法です。

実際の詳しい手順

テキスト形式によるトーク履歴バックアップ

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

バックアップしたLINEのトーク履歴をスタンプや写真などを含んだ形式で元通りに復元するには、バックアップ元のLINEアプリと、復元先で使うLINEアプリのOSが同じである必要があります。

つまり、異なるOS間での機種変更時(iPhoneからAndroidスマホ、AndroidスマホからiPhone)には、シンプルなテキスト形式でのトーク履歴のバックアップのみがおこなえます。

実際の詳しい手順

PC(パソコン)版LINEにトーク履歴を同期する

PC(パソコン)版LINEに同じアカウントでログインすれば、主に最近のやりとりを中心に、スマホ版LINEのトーク履歴を同期することが可能です。

ただし、トーク履歴データをバックアップしたり復元したりするわけではなく、あくまでトーク履歴をPC版LINE上で閲覧しているにすぎない点に注意が必要です。

実際の詳しい手順

1. iOS版LINEアプリでiCloudにバックアップ・復元

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

iPhoneユーザーなら、iCloudにLINEトーク履歴をバックアップする方法が標準的です。iPhoneからiPhoneへ機種変更する際に特に便利で、パソコンを所有しておらずiTunesでのデータ移行をしない場合などにおすすめです。ここでは、機種変更前に古いiPhoneのLINEでバックアップしたトーク履歴を、機種変更後の新しいiPhoneのLINEで復元する場合の手順を紹介します。

ポイント
iCloudとは

「iCloud」とはAppleが提供しているクラウドサービスで、iPhoneやiPad、MacやWindowsパソコンでも使うことができます。同じApple IDでサインインすることで、iCloudの様々なサービスにアクセスできる仕組みです。

「iCloud」の使い方まとめ──バックアップと復元、Drive、写真共有、メール、ミュージックライブラリなど

LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップして復元する際の大まかな手順は下記のとおりです。

  1. iOSやLINEアプリを最新版にアップデートする
  2. iCloudをオンにしてiPhoneがiCloudに接続されているか確認
  3. トーク履歴をiCloudにバックアップする
  4. LINEにログインしてiCloudからトーク履歴を復元する

iOSやLINEアプリを最新版にアップデートする

最初にiOSが最新版になっているか確認してください。たとえば、iOS 11など古いバージョンでバックアップしたデータは、iOS 12搭載のiPhoneで復元できないエラーが発生することがあるためです。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

iPhoneの「設定」アプリから[一般]→[ソフトウェア・アップデート]をタップして、現在のバージョンを確認できます。

iPhoneでiOSをアップデート(バージョンアップ)する方法

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

また同時に、LINEアプリも古いバージョンだった場合は、App StoreやGoogle Playで最新版にアップデートしておきましょう。LINEアプリの現在バージョンは、[友だち]タブで設定ボタン[]→[LINEについて]と進んで確認できます。

LINEアプリをアップデートする方法【iPhone/Android】

iCloudをオンにしてiPhoneがiCloudに接続されているか確認

またバックアップの前に、iCloud Driveの設定状況がオンになっているか確認しましょう。iPhoneの「設定」アプリから[自分のアイコン]→[iCloud]と進み、[iCloud Drive]をオンにします。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

もしiCloud Driveの設定がオフになっている場合は、タップしてオンに切り替えましょう。

トーク履歴をiCloudにバックアップする

トーク履歴をiCloudにバックアップします。基本的にはWi-Fi環境下での作業が推奨されていますが、バックアップデータの容量(通信量)を気にしないようなら、モバイルデータ通信下でおこなっても問題ありません。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

LINEアプリを起動して、[友だち]タブから設定ボタン[]→[トーク]を選択します。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

[トークのバックアップ]を選択し、[今すぐバックアップ]をタップしましょう。

データにもよりますが、一般的にバックアップには数秒から数分かかります。画面に「バックアップ完了」と表示されたら終了です。

LINEにログインしてiCloudからトーク履歴データを復元する

復元にあたっては、旧端末でLINEにメールアドレス登録を済ませてあり、新端末ではバックアップ時と同じApple IDでiPhone(iCloud)を利用する必要があります。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

まずはじめに、新端末でiCloudドライブが「オン」になっていることを確認します。

iPhoneの「設定」アプリから、自分のアイコンをタップ。[iCloud]を選択して次の画面で[iCloud Drive]をオンにします。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

続いて、機種変更後の新しい端末にLINEアプリをインストールし、アプリを起動した最初の画面で[ログイン]を選んでください。次の画面で、旧端末のLINEに登録していたメールアドレスとパスワードを入力して[OK]をタップし、LINEにログインします。

この時、画面に「以前に使用していた端末ではLINEを利用できなくなります。また、ログインするとトーク履歴は削除されます」と表示されますが、[OK]をタップ。トーク履歴はiCloudにバックアップされているので問題ありません(旧端末のLINE上では削除されます)。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

新端末で使っている電話番号を入力し、電話番号による認証(SNS/通話)をおこなってください(またはFacebookによる認証)。

最後に「トーク履歴の復元」ステップが表示されるはずです。ここで[トーク履歴をバックアップから復元]をタップすれば、トーク履歴データの復元が完了します。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

LINEへのログインや電話番号認証、二段階認証(アカウント引き継ぎ設定)といった詳細な手順については、下記の特集も参照してください。

【iPhone】LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップして引き継ぎ・復元する方法【PC不要】

2. Android版LINEアプリでGoogleドライブにバックアップ・復元

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

AndroidからAndroidへ機種変更する場合などには、Googleドライブ経由でトーク履歴データを一括バックアップして復元する方法があり、手軽かつ効率がよいのでおすすめです。ここでは、機種変更前に古いAndroidスマホのLINEでバックアップしたトーク履歴を、機種変更後の新しいAndroidスマホのLINEで復元する場合の手順を紹介します。

ポイント
Googleドライブとは

「Googleドライブ」とはGoogleが提供するクラウドに写真や動画、ファイルなどのデータを15GBまで無料で保存できるクラウドサービスです。Googleアカウントを保有しているユーザーなら、すぐに使うことができます。

まず、LINEアプリのアップデートが完了したら、下記の手順でトーク履歴をバックアップしていきます。

旧端末でGoogleドライブにトーク履歴をバックアップする

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

旧端末のLINEを開き、[友だち]タブから設定ボタン[]→[トーク]と進み、[トーク履歴のバックアップ・復元]を選択してください。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

続いて、[Googleドライブにバックアップする]を選択します。

すると、Androidスマホ(旧端末)に紐付いているGoogleアカウントが表示されるので、選択して[OK]をタップします。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

すぐにバックアップが開始され、完了すると「前回のバックアップ」の項目にバックアップの日付と容量合計が表示されます。これで、すべてのトーク履歴データが一括でGoogleドライブにバックアップされました。

なお、Googleドライブにバックアップしたトーク履歴データはいつでも復元することができますが、機種変更後の新端末で復元する場合にはLINEへのログインが必要になるため、旧端末のLINEでメールアドレス登録を済ませておく必要があります。

新端末でバックアップしたトーク履歴データを復元する

新端末に機種変更したら、旧端末と同じLINEアカウントでLINEにログインします(ログインや認証などの詳しいアカウント引き継ぎ手順は下記記事を参照)。また、バックアップ時と同じGoogleアカウントで新端末を利用する必要があります。

失敗しない、機種変更時にLINEを引き継ぎする方法

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

アカウントの引き継ぎが完了した時点では、まだトーク履歴データは復元されていない状態です。そこで、LINEの[友だち]タブの設定ボタン[]から[トーク]→[トーク履歴のバックアップ・復元]と選択します。

「Googleアカウント」内に表示されているのが旧端末でバックアップした時と同じGoogleアカウントかを確認の上、[復元]をタップすればトーク履歴の復元が完了します。

なお、AndroidスマホからAndroidスマホへの機種変更する際のトーク履歴のデータ移行については、下記の特集でも詳しく解説しています。

【Android】LINEでトーク履歴をGoogleドライブにバックアップして引き継ぎ・復元する方法【PC不要】

トーク履歴をzipファイルで個別バックアップする方法【Androidのみ】

現在は主流ではありませんが、Android版LINEにはトークごとにzipファイル形式でトーク履歴を個別バックアップする方法も残されています(利用メリットが少ないため非推奨です)。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

まず、保存したいトーク画面の右上にある[V]をタップ。

メニューから[トーク設定]を選び、次の画面で[トーク履歴をバックアップ]を選択します。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

ポップアップが表示されたら[すべてバックアップ]を選択。すぐにバックアップがスタートします。

バックアップが済むと、右上の写真のような表示が出ます。[いいえ]をタップすると、スマホの内部ストレージにトーク履歴ファイルがzip形式で保存されます。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

トーク履歴のzipファイルをメールに添付したりLINE Keepに保存したりする場合は、バックアップ先の選択で[はい]をタップしてください。あとは保存(添付)先を指定して、バックアップが完了します。

なお、(機種変更時の引き継ぎなどで)トーク履歴のzipファイルを復元する際の手順詳細は、下記の特集で紹介しています(非常に複雑なため、ここでは割愛します)。

機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法【iPhone/Android/PC対応】

3. iTunesでLINEトーク履歴をバックアップ・復元(iOS版LINE・要パソコン)

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

パソコン(Windows/Mac)を持っているユーザーなら、iTunesを通じてiOS版LINEのトーク履歴データをバックアップ・復元可能です。iTunesの暗号化バックアップを利用すれば、LINEトーク履歴はもちろん、iPhoneに保存されている連絡先や写真、アプリ、音楽など諸々の情報を一度にまとめてバックアップできて効率的です。

ここでは、機種変更前の古いiPhoneのLINEからトーク履歴をiTunesに暗号化バックアップし、機種変更後の新しいiPhoneのLINEに復元する場合の手順を紹介します。

機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法【iPhone/Android/PC対応】

LINEアカウント引き継ぎの事前準備をおこなう

機種変更前の旧端末で、LINEアカウントを引き継ぐための設定をおこないます。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

機種変更前の旧端末のLINEアプリの[友だち]タブで設定ボタン[]をタップして[アカウント引き継ぎ]へと進み、[アカウントを引き継ぐ]をオンにします。

この時、前述のようにiCloudへのトーク履歴バックアップしておくと安心です。また、LINEにメールアドレス登録を済ませておきます。

旧iPhoneのデータをiTunesで暗号化バックアップする

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

iPhone(旧端末)とパソコンをLightningケーブルで接続してください。

右上部にある端末アイコンをクリックすると、iPhoneの概要画面が表示されます。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

画面上方の右から現在のiOSバージョンを確認できます。

旧バージョンになっていた場合は、画面の指示に従って最新バージョンのiOSに更新してください。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

「自動的にバックアップ」の項目で[このコンピュータ]を選択。iCloudでは無料で使える容量が5GBと少ないため、バックアップ先に利用中のパソコンを指定するためです(もちろんiCloudをアップグレードして容量を拡張してもOKです)。

続いて、[iPhoneのバックアップを暗号化]にチェックを入れます。「パスワードを設定」のダイアログが表示されるので、任意のパスワードを2回入力し、[パスワードを設定]をクリックします。このパスワードはデータを復元する際に使うので、絶対に忘れないよう控えてください。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

パスワードを設定した後、LINEのトーク履歴を含むiPhoneの各種データの暗号化バックアップが開始されます。なお、自動でバックアップが始まらない場合は、「手動でバックアップ/復元」の項目にある[今すぐバックアップ]をクリックしてください。

データの容量にもよりますが、所要時間は30〜90分程度となります。バックアップの途中でLightningケーブルを抜かないようにしてください。

iTunesを通じてバックアップデータを新iPhoneへ復元する

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

PCと機種変更後の新しいiPhoneをLightningケーブルで接続してください。新しいiPhoneが認識されたら、復元したいデータ(バックアップした日時で判別)を選択して[続ける]をクリックします。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

バックアップのロックを解除するパスワードを求められるので、バックアップ前に設定したパスワードを入力し、[OK]をクリックしてください。復元が始まったら、完了するまでケーブルを外さず待機します。

復元が終わると、iPhoneに「こんにちは」と表示されるので上にスワイプ。次の画面で「復元しました」と出たら、[続ける]をタップします。Face IDやパスコードの登録、Apple IDの入力などをおこない、iCloudの設定がアップデートされるのを待ちます。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

位置情報やウォレットの登録などを経て、「ようこそiPhoneへ」という表示が出たら上にスワイプ。メニュー画面に移動しましょう。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

写真やアプリなどバックアップデータが、iTunesから順次転送されていきます。

LINEにログインして本人確認、2段階認証、電話番号認証をおこなう

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

新しいiPhoneでLINEアプリを起動すると、本人確認を求める画面が現れる場合があります。(今回筆者が試した際は表示されませんでしたが、本人確認が求められた時の手順も紹介します)。

本人確認にあたり、[本人確認する]をタップして、登録済みのメールアドレスとパスワードを入力してください。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

続いて、2段階認証を要求されるので、事前にアカウント引き継ぎ設定を済ませている場合は[続行]をタップしてください。

設定をしていない場合は、旧iPhoneのLINEで[友だち]タブから設定ボタン[]から[2段階認証]と進み、[アカウントを引き継ぐ]をオンにして、新iPhoneのLINEで[続行]をタップしてください。

なお、[続行]タップ後も先に進めない場合は、新しいiPhoneで[認証コードを受け取る]をタップしてください。電話番号宛てのSMSで4ケタの認証コードを受け取り、それを入力するかたちでもかまいません。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

2段階認証が終わると、次は電話番号による認証があります。[番号認証]をタップした後、新しいiPhoneの電話番号を入力してSMS等で認証番号を取得してください。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

受け取った認証番号を入力したら[次へ]をタップしましょう。

SMSが受け取れない場合は、通話によって認証することもできます。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

この段階で、旧iPhoneのLINEが使えなくなります。

[確認]をタップすると、旧iPhoneのLINEが初期化されます。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

新iPhoneのLINEでは、友だちやトークなどが復元されています。

なお、iTunesを使用したバックアップと復元のより詳細な手順は、下記の特集でも紹介しています。

【最新版】失敗しない、iPhone機種変更時のデータ移行 完全ガイド──iTunes/iCloudによるバックアップ・復元方法や、Androidスマホからの引き継ぎ専用アプリ「Move to iOS」の使い方を徹底解説

4. テキスト形式によるLINEトーク履歴のバックアップ

iOSとAndroidといった異なるOS間で機種変更するケースでは、バックアップしたトーク履歴データを機種変更後のLINEで元通り復元させることができません。そんな場合でも、テキスト形式でならトーク履歴をバックアップする方法があります。あくまで大事なトークを「テキストのみで」保存する手段です。

iOS版LINEでトーク履歴をテキストバックアップ

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

iPhoneの場合は、LINEアプリで履歴を保存したいトーク内の[V]をタップし、メニューから[設定]を選択します。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

ここで[トーク履歴を送信]をタップします。保存先として、メールやメモなどを選択してください。

今回はメールに保存してみました。保存日時やトークした相手、やりとりした日時と文面といったシンプルな内容が保存されたことがわかります。

Android版LINEでトーク履歴をテキストバックアップ

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

Androidスマホの場合も、LINEアプリで履歴を保存したいトーク内の[V]をタップし、メニューから[トーク設定]→[トーク履歴をバックアップ]と進みます。

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

[テキストでバックアップ]を選択したら、データの保存先として「LINE Keep」を選択して完了です。(「メール」などから選んでもOK)

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

LINEの[友だち]タブで、自分のアイコンをタップし、[Keep]に進むと、テキスト形式の保存データ一覧が表示されています。

保存日時をもとに、自分の読み返したいトーク履歴を確認できます。

5. PC(パソコン)版LINEにトーク履歴を同期する

PC版LINEにスマホ版のアカウントでログインすることにより、最近のやりとりを中心にトーク履歴を同期することができます。トーク履歴のバックアップではありませんが、スマホの故障でLINEが起動できない時や、異なるOS間の機種変更でLINEのトーク履歴を引き継げない場合などに、一部ですがパソコン上でトーク履歴を再現可能です。

PC版LINEにログインするだけ

パソコン(Windows/Mac)に下記よりLINEをインストールしてください。

コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

LINEに登録してあるメールアドレスとパスワードを入力するか、スマホのバーコードリーダーでQRコードを読み取る形でログインしてください。

PC(パソコン)版LINEの登録と使い方──ログインから通話、アルバム、改行、同期、アップデートまで

LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】LINEのトーク履歴を「バックアップ」して復元する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

ログインが完了すると、スマホで利用しているLINEの各種データが同期され、トーク履歴もすべてはないものの確認することができます。

今回調べたところ、テキストや写真、スタンプなども含めた各トークの履歴は36日〜38日程度同期されており、最大46日間分同期されていたトークルームもありました。トークリスト(一覧)単体でみれば過去46日間まで同期されていましたが、トークルーム内の履歴は確認できませんでした。

検証したLINEのバージョン:iOS版8.16.1、Android版8.16.2、PC版(Mac)5.11.1.1829

EDITED BY CK