LINEのトーク履歴をメールで送信する方法【iPhone/Android/PC】

LINEのトーク履歴をメールで送信する方法【iPhone/Android/PC】

LINE(ライン)のトーク履歴は、メールに添付して送信することができます。PC(パソコン)などに送れば、トーク履歴を保管しておくのにも便利な機能です。

トーク履歴はテキスト(txt)ファイルとしてシンプルな形式で送信されるため、保存しやすく、内容を確認したいときにどんな端末でも開きやすいのが特徴。本記事では、LINEのトーク履歴をメールで送信する方法を解説します。

トーク履歴の送信はバックアップ・復元とは異なるので注意

LINEで「トーク履歴を送信」する場合、トーク履歴データはテキスト形式のtxtファイルで生成されます。テキストファイルのため、機種変更で引き継ぐときのトーク履歴バックアップのように、消失したトーク履歴を復元することはできません。

【LINE】トーク履歴のファイル形式

txtファイルで生成したトーク履歴

トーク履歴のtxtファイルを閲覧する際も、トークでやりとりしたスタンプ・絵文字や写真・動画・音声ファイルなどは完全に再現されません。該当部分に「スタンプ」「写真」「通話時間」などと表示されるのみで、実質テキストメッセージが残せるだけです。

とはいえ、OSが異なる機種変更(iPhone⇄Androidスマホ)におけるLINE引き継ぎでは、移行先の新端末でトーク履歴の復元ができないため、この方法をトーク履歴を残すための方策の一つとして活用できます。

トーク履歴を送信できるのはトークルームごとであり、すべてのトーク履歴を一括で処理することはできない点は注意が必要。ただし同様の手順で、各トーク履歴のtxtファイルを端末に保存したり、LINEの友だちに送ったりすることも可能です(後述)。

もしトーク履歴を完全なかたちでバックアップ・復元したい場合や、機種変更で別の端末に引き継ぎたい場合は、下記記事を参照してください。

スマホ版LINEでトーク履歴をメールで送信する方法(iPhone/Android)

スマホ版のLINEでトーク履歴をメールで送信する手順を紹介します。iOS版/Android版いずれも操作は同様ですが、ここではAndroid版LINEをもとに解説しています。

1トークルームのメニューから「トーク履歴を送信」を選択

【LINE】トーク履歴をメールで送信 【LINE】トーク履歴をメールで送信 【LINE】トーク履歴をメールで送信

トーク履歴をメールで送信したいトークルームを開き、画面右上のメニューボタン[]から[その他]→[トーク履歴を送信]の順に進みます。

2シェアシートからメールを選択

【LINE】トーク履歴をメールで送信 【LINE】トーク履歴をメールで送信

左:iOS版LINEの場合右:Android版LINEの場合

共有メニューが表示されるので、ツール一覧からメールを選択します。主にiOS版であれば[メール]や[Gmail]、Android版であれば[Gmail]を選択する人が多いでしょう。

このとき、メールアプリではなくLINEのトークルームを選択すると、トーク履歴のtxtファイルをLINEのトークで送信できます。また、iPhoneならAirDropを使ったり、AndroidスマホならGoogleドライブに保存したりすることも可能です。

3メール作成画面が開く(トーク履歴が添付された状態)

【LINE】トーク履歴をメールで送信

トーク履歴のtxtファイルがメールに添付される

トーク履歴のtxtファイルが添付された状態でメールが作成されるので、あとはメールに宛先や本文などを入力し、通常のメールと同じ要領で送信しましょう。

4トーク履歴の送信が完了

【LINE】トーク履歴をメールで送信 【LINE】トーク履歴をメールで送信

左:受信したメール右:メールに添付されたtxtファイル

受信したファイルは、上の画像のように表示されます。テキストメッセージは明記されていますが、それ以外は「スタンプ」「写真」などのように簡略化されてしまいます。

PC版LINEでトーク履歴をメールで送信する方法

PC(パソコン)版LINEの場合、スマホ版のように共有ツールを選択する方式ではなく、トーク履歴のtxtファイルが直接パソコンにダウンロードされます。

メールで送信したい場合は、PCで利用しているメールツールでファイルを添付して送信しましょう。

1トークルームのメニューから「トークを保存」を選択

【LINE】トーク履歴をメールで送信(PC)

PC版LINEでトークルームを開き、右上にある[]ボタンから[トークを保存]をクリックします。

2トークの保存場所を選択する

【LINE】トーク履歴をメールで送信(PC)

画面はMacの場合。Windows PCでもtxtファイルの保存先を選ぶ手順は同様

確認画面が表示されたら[確認]をクリックし、トーク履歴のtxtファイルを保存先(デスクトップやドキュメント、ダウンロードなど)を選んで保存します。

【LINE】トーク履歴をメールで送信(PC)

PCで閲覧した際のトーク履歴のtxtファイル

保存したtxtファイルは、スマホ版と同様に、テキストメッセージは明記されていますが「スタンプ」「写真」「通話時間」などのように簡略化されています。

3(必要に応じて)メールで送信する

【LINE】トーク履歴をメールで送信(PC)

あとは保存したtxtファイルをGmailなどのメールツールに添付して送れば完了です。

トーク履歴のファイルはLINE Keepに保存して端末にダウンロードもできる

LINEのトーク履歴のtxtファイルを端末に保存するだけであれば、メールで送信するのではなく、LINE Keepに保存するのがいいでしょう。LINE Keepを利用すれば端末の容量を消費することもなく、管理もしやすくなります。

【LINE】トーク履歴をKeepに保存 【LINE】トーク履歴をKeepに保存

左:iOS版LINEの場合右:Android版LINEの場合

上記の手順で[トーク履歴を送信]をタップしたら、共有メニューからLINE Keepを選択すると、LINE Keep内に保存されます。

iOS版なら[Keepに保存]→[保存]、Android版なら[LINE▼]→[LINE Keep]をタップします。

【LINE】トーク履歴をKeepに保存 【LINE】トーク履歴をKeepに保存

LINE Keepに保存されたtxtファイルを端末に保存

トーク履歴はLINE Keepの中の「ファイル」タブに保存されます。ファイルを参照する際は、HTMLビューアなどを利用しましょう。

ファイルの右上にある[]ボタンから[端末に保存]をタップすれば、LINE Keepに保存されたトーク履歴を端末に保存することも可能です。

LINE Keepの使い方については、以下の記事で詳しく解説しています。

トーク履歴を送信しても相手にはバレない

トーク履歴をメールなどで送信しても、通知や表示などによってそのトークの相手にバレることはありません。1対1トークはもちろん、グループトークでも同様です。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.20.0、Android版10.21.3、PC版6.4.0.2388

EDITED BY AO