LINEのトーク履歴をメールで送信する方法【iPhone/Android/PC】

トーク履歴はテキスト形式で送信・保存できる

LINE(ライン)のトーク履歴は、メールに添付して送信できます。PC(パソコン)などに送れば、トーク履歴を保管したり、内容を一目で確認したりすることが可能です。

トーク履歴はテキストファイルとしてシンプルな形式で送信されるため、保存しやすく、どのような端末でも確認できるという特徴があります。本記事では、LINEのトーク履歴をテキストファイル化して、メールで送信したり保存したりする方法を解説します。

トーク履歴はテキストファイル形式で生成、バックアップ・復元とは異なるので注意

LINEで「トーク履歴を送信」する場合、トーク履歴はテキストファイルとして生成されます。テキストファイルとしてtxt形式で送信されるため、LINEのスタンプや写真・動画・音声ファイルなどは、ただの項目名として表示されます。

生成されるトーク履歴のテキストファイルは、機種変更時のバックアップのような復元可能なデータと異なります。送信したトーク履歴から、消失したトーク履歴を復元することはできません。

トーク履歴のテキストファイルを閲覧するときも、トークでやりとりしたスタンプや写真・動画・音声ファイルは再現されません。該当部分には「スタンプ」「写真」などのテキスト表示のみが残ります。

とはいえ、OSが異なる機種変更(iPhone⇄Androidスマホ)におけるLINEの引き継ぎでは、移行先の新端末でバックアップからトーク履歴を復元できません。そのため、トーク履歴をテキストファイルとして送信することは、トーク履歴を残すための有効な方法であると言えます。

トーク履歴を送信する場合の注意点として、トーク履歴はトークルーム単位でしか送信できないという点があります。すべてのトーク履歴を一括で管理することはできませんが、同様の手順で各トーク履歴のテキストファイルを保存したり、LINEの友達に送ったりできます(後述)。

トーク履歴を完全なかたちでバックアップ・復元したい場合や、機種変更で別の端末に引き継ぎたい場合は、下記記事を参照してください。

スマホ版LINEでトーク履歴をメールで送信する方法(iPhone/Android)

ここからは、スマホ版のLINEでトーク履歴をメールで送信する方法を紹介します。操作方法はiOS版もAndroid版も同様ですが、今回はiOS版LINEを使ってトーク履歴をメールで送信する方法を解説します。

トークルームのメニューから「トーク履歴を送信」を選択

トーク履歴を送信したいトークルームを開き、画面右上のメニューボタン​を選択して、[その他]→[トーク履歴を送信]の順に進みます。

共有メニューからメールツールを選択

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

表示される共有メニューから「メール」や「Gmail」など、使用したいメールソフトを選択しましょう。

このとき、メールツールではなくLINEのトークルームを選択すると、トーク履歴のデータをLINEのトークに送信できます。また、AirDropやGoogleドライブ、チャットツールなど、連携しているさまざまなツールを活用することも可能です。

メール作成画面が開く(トーク履歴が添付された状態)

メールツールを選択すると、トーク履歴のテキストファイルが添付された状態でメールが作成されます。通常のメールの送信時と同じように、宛先や件名、本文を入力し、送信しましょう。

トーク履歴の送信が完了

受信したメール

メールに添付されたtxtファイル

受信したメールは、上の画像のように表示されます。問題なく表示されたら、ダウンロードして端末に保存することが可能です。

PC版LINEでトーク履歴をメールで送信する方法

PC(パソコン)版LINEの場合、スマホ版のように共有ツールを選択するのではなく、トーク履歴のテキストファイルを直接パソコンにダウンロードできます。メールで共有したい場合は、PCで利用しているメールツールでファイルを添付して送信しましょう。

トークルームのメニューから「トークを保存」を選択

PC版LINEで送信したいトークルームを開き、右上にあるメニューボタン​をクリックして、[トークを保存]を選択します。

確認のメッセージが表示されるので、問題がなければ[OK]を選択します。

トークの保存場所を選択する

トーク履歴の保存先を選んだら、[保存]してください。

PCで閲覧した際のトーク履歴のtxtファイル(Windows)

保存したトーク履歴は、上の画像のようなテキストファイルになります。スマホ版と同様にテキストメッセージは明記されますが、スタンプや写真などは「スタンプ」「写真」のようにただの項目名として表示されます。

(必要に応じて)メールで送信する

トーク履歴を共有したい場合は、パソコンで使用しているメールツールを開き、添付して送信しましょう。

トーク履歴のファイルはLINE Keep(ラインキープ)に保存して端末にダウンロードもできる

トーク履歴のテキストファイルを保存するだけであれば、メールで送信する方法ではなく、LINE Keepに保存する方法がおすすめです。

LINE Keepでは、基本的に無制限でLINE上にデータを保存できます。LINE Keepを活用すれば、端末の容量を消費せずにトーク履歴を管理することが可能です。

トークルームのメニューから「トーク履歴を送信」を選択

送信したいトークルームを開き、画面右上のメニューボタン​を選択して、[その他]→[トーク履歴を送信]の順に進みます。

共有メニューから「LINE Keep」を選択

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

共有メニューが表示されたら、iOS版の場合は[Keepに保存]、Android版の場合はLINEアプリのアイコンを選んで[LINE Keep]をそれぞれ選択しましょう。

LINE Keepに保存する

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

LINE Keepの保存確認画面に遷移するので、[保存]ボタンをタップするとLINE Keepへの保存は完了です。

トーク履歴は、LINE Keep内の「ファイル」タブに保存されます。ファイルの右上にあるメニューボタン​から[端末に保存]をタップし、トーク履歴を端末に保存することも可能です。

LINE Keepの使い方については、以下の記事で詳しく解説しています。

LINEトーク履歴のメール送信に関するよくある疑問と答え

LINEのトーク履歴をメールで送信する際によくある疑問点とその答えをまとめています。

トーク履歴を送信したら相手にバレる?

トーク履歴を送信しても、トーク相手に知られることはありません。

トーク履歴をメールなどで送信しても、通知や表示などによって相手にバレることはありません。1対1のトークだけでなく、グループトークでも同様です。

送信できるトーク履歴に文字数の制限はある?

送信できるトーク履歴に文字数の制限はありません。

数年分のトーク履歴もすべてテキスト化されて送信されるので、文字数に制限はありません。ただし、一部のトーク履歴を選択して送るといったことはできません。

送信したトーク履歴はトーク画面のように見やすくできる?

送信したトーク履歴は、テキスト形式のみで確認できます。

トーク履歴は、テキスト形式で送信されるのでスタンプや写真は共有されず、トーク画面のように確認することはできません。なお、アカウント名と送信時間は表示されます。

EDITED BY
KON